アルザスワイン街道とストラスブール

2022年7月29日 (金)

ストラスブール ロマンチック市内見物 炎舞うタルト・フランベ

01.独仏国境に位置する古都、ストラスブール

 

イル川クルーズのあと、 大聖堂前広場から

プチトランに乗って市内見物に出かけた。

01_20220728210901

 

 


02.  「 プティット フランス 」

中世の木組みの家々が残る イル川沿いの

最も美しい地区。 

02_20220728210901

 

 


03. 川沿いに建つ 昔の皮なめし業者の家

(Maison des Tanneurs 1572年)


現在は雨戸が設けられているが かつては

皮を干すために窓が大きく開けられていた。

03_20220728210901

 

 


04. 「ブレッツェル」  岩塩とクミンの種が

まぶされた塩味の硬いパン。 

 

今 ここに 皮なめし産業がある訳ではないけれど

皮ベルトを売る人がいた !

04_20220728210901

 

 

 

05. クルーズ船で体験した 楽しい閘門通過。


木橋が渡されており 陸側からも水位の上げ下げ

を見物出来る。  素晴らしいアトラクションだ。

05_20220728211001

 

 

 

06. 「ヴォーバン・ダム」 17世紀、 

ダムだが 屋根付きの建物の様にも見える。

 

これは 敵に襲われた時の防御拠点で、

水門を一挙に開けると 南側に洪水が起こり

敵を襲う仕組みとなっている。

06_20220728211001

 

 


07. クルーズ船から街を、 街から船を見る。

 

どちらも最高の風景画 !

07_20220728211001

 

 


08.   校外学習

08_20220728211001

 

 


09. ロマンチックな風景画 !?

09_20220728211001

 

 


10.  プチトランは 街の中心部に戻り ~

10_20220728211001

 

 


11. やがて

ストラスブールは 宵闇をまとう

11_20220728211001

 

 

 

12. レストランでは アルザス特有の料理を

アルザス特有の 白ワイングラスで楽しんだ。

 

’キャラフ壺’ は 意図的に ワインを空気に

触れさせる役割があるのだが、 

 

ボトル一本では多過ぎるが グラス一杯では

少な過ぎる、 という時に便利なアイテムだ。

12_20220728211001

 

 

 

13. 当夜のデザートは 「タルト・フランベ」

Tarte Flambee は アルザス特有の焼き菓子だ。

 

チーズ 玉ねぎ サワークリームなどを乗せた

ピザ系のタルトもあるが、

 


何といっても アップル・フランベ が最高だ !

薄切りのりんごに シナモンをまぶし、

カルヴァドスを振り掛けたら 火を付ける。

 

薄紫の炎が 小さな妖精のように舞う。

13_20220728211001

 

 

隣りのテーブルのフランス人たちと 親しくなり

一くさり レクチャーしてもらった。

 

私たちは この半分の大きさを注文して

” 炎の舞 ” を動画に収め、


ストラスブールの 実に佳き思い出となった。

 

 

 

*    *    *    *    *

 

 

 

 

2022年7月22日 (金)

ストラスブール・イル川クルーズ 楽しい閘門体験 EUの国際会議場も

ストラスブールは ライン川の支流のイル川や

運河に囲まれた 美しい街だ。


観光の目玉として大人気の

イル川クルーズに出かけた。

 

 

01. ロアン宮前の船乗り場から出発、

旧市街の周辺を巡る 約70分の船旅となる。

01_20220722152601

 

 

 

02. 屋根の向こうに見えるのは

「 裁判所 Palais de Justice 」

 02_20220722152601

 

 

 

03.次の建物は 「旧税関 Ancienne Douane」。

 
14世紀 ストラスブールの商業の繁栄を支えた建物。

今は 大きなレストランとなっている。

03_20220722152601

 

 


04. 世界のどこの橋にも 悲喜こもごもの

物語りがある。  ストラスブールの


この橋からは 親族や嬰児を殺した罪人が

檻に入れられ川に沈められたそうだ。

 

現代は プチトランと交差して 笑顔を交わす

平和な様相に ホッとさせられる。

04_20220722152601

 


 

05.「プティット フランス La Petite France」

ストラスブールの華ともいえる美しい地区だが

 

中世、このあたりは大量の水を必要とする

皮なめし職人が集まる地区で、

皮革の独特の悪臭が漂う町だったと言う。

05_20220722152701

 

 

 

06. さて、クルーズには 幾つかの閘門を

くぐり抜けるという 思いがけなくも楽しい

”アトラクション” があった。


木枠の向こう側と 水位が同じになるまで

ひたすら待つのだが、 イライラもせず

目を輝かせて その仕組みに見入った!

06_20220722152701

 

 


07. さて、「プティット フランス地区」 には

かつては 天然痘、そしてその後 性病患者を

隔離する病院があった。

 

 

シャルル8世の時代、ナポリを包囲した傭兵達が

戦地から持ち帰った梅毒が この辺りに蔓延し、


彼らが持ち込んだ病気は ’フランス病’ と呼ばれ

地区の名も 「Petite France」 となった。

 

 

従ってこの辺りは ”場末” だった訳で

現在の繁栄からは とても想像がつかない !

07_20220722152701

 

 

 

08.「ヴォーバン・ダム 1681年」(左下) 

水量調節や 要塞の役割があった。

 

「ポン・クヴェール 1200年」(右下) 

Pont couvert という名の通り かつては

橋は屋根で覆われていて、 橋には

多くの塔 (現在は4つ) が付随していた。

 08_20220722152701

 

 

 

09. また 別な閘門を通過。

09_20220722152701

 

 

 

10. 閘門の隣りを並走する激しい流れ!


「サン・ポール教会 」19C末 (左下)

10_20220722152701

 

 

 

11.「 アルテ Arte」 は独仏共同出資の放送局。


ここでは フランス語とドイツ語で番組が制作され、

両国ばかりでなく、スイス オランダ ベルギー

カナダ イタリア ルクセンブルク オーストリア

などでも放送されている。

 

1990年 独仏間で調印・発足したアルテ放送局

の形態は非常に珍しい。  日本の識者によれば

アルテでは 質の高い番組が作られているそうだ。

11_20220722152701

 

 

 

12.そして 「 欧州議会 Parlement Europeen」


ヨーロッパの平和は まずは独仏の和解から、

という概念を元に 1949年に欧州評議会が

ストラスブールに置かれたが、 その後 現在


EUには28か国の加盟国 そして諸機関も増え、

この様に 立派な建物が続々増設されている。

12_20220722152701

 

 

 

13. しかし、最近のEU関係の国際会議は 

ストラスブールよりブラッセルに 多く 移行

されがちだと言う。      そう言えば


ブラッセルには EUと NATOの本部があり、

いつの間にか

欧州そして欧米の政治の中心地となっていた!

 


大国間の力関係 言語上の問題 地理的便利さ

などから  ベルギーなら妥協できる、 

文句が出ずらい というのが理由らしい。 

13_20220722152701

 

 

実際 ヨーロッパのやや内陸にある 地方都市・

ストラスブールより  国際ハブ空港がある

ブラッセルは 国際会議にはすごく便利だと思う。 

 

 


こうしてクルーズで 美しいストラスブールを

楽しんだ事を思い出すと、 


近頃 テレビで EU会議のニュースを見る度

それが ストラスブールか ブラッセルか

とても気になるわたしです ・・・

 

 

 


*    *    *    *    *

 

 

 

 

2022年7月15日 (金)

バラ色のストラスブール大聖堂 無表情・棒立ちは無し!驚きの彫像群

「ストラスブール Strasbourg」 は

ドイツとの国境近く、ライン川の左岸に 

フランス最大の河川港を持つ大都市だ。

 

 

01. 「ストラスブール大聖堂」 はそのシンボル。

( Cathedrale Notre Dame de Strasbourg)


高さ142mもあるその姿を 丸ごと 一気に

カメラで収めることは なかなか難しい。 

01_20220715115901


 

 


02.創建は11世紀、尖塔は1439年の完成だ。


西欧の大聖堂は どんなに立派でも  滅多に

驚かない私だが、 レース飾りのような繊細な

美しさと色と 完成度に心を奪われた。

02_20220715115901  

 

 

 

03. 正面(西側)の 賑やかな門前通り

03_20220715115901

 

 

 

04. 正面には見事な彫刻が施された

3つのファサードがあるが、 

 

中央のタンパンには 最後の晩餐 復活など

キリストの生涯が描かれている。 

04_20220715115901

 

 

 

05. 左右のファサードにも 表現力豊かで 

エモーショナルな彫像群(14世紀)が立っている。

 

左壁の3体は 誘惑の象徴像 ’愚かな乙女たち’。

リンゴを持つ男の誘惑に負け堕落の運命を辿る。

 

右壁は イエスと ’賢き乙女たち’。 彼女らは

正しい道を照らすランプをしっかり掲げている。

05_20220715115901

 

 

 

06. 大聖堂内外に散りばめられた数千の彫像群は

日本で言えば ’軍神’ のように 


棒立ちとはほど遠い 驚くほどダイナミックな

立ち姿と 豊かな表情で 語りかけてくる。

06_20220715115901

 

 

 

07. 大聖堂前広場

 07_20220715120001

 

 

 

08. さて 聖堂内に入ると 高さ18mの

「天文時計」 が待っている。 毎日12時半に

からくり人形が動き出すが (見るのは有料)、


この装置は いわゆる天文時計 Horloge Astronomique 

であり、 太陽の動き 月の満ち欠け 季節 月 年 

黄道十二星座 いくつかの惑星の位置まで示す

大型精密機器なのだ。

08_20220715115901

 

 


09. 正面右手から 332段の石段を登ると、

高さ66mの屋上展望台から 

ストラスブール市街を一望出来る。

09_20220715115901

 

 


10. 校外学習

10_20220715115901

 

 


11. 美人さんたち

11_20220715120001

 

 


12. さて、カテドラルは 

ヴォージュ産の砂岩を建材としており

日中でも独特なバラ色をしているが、

 

夕日に染まるこの茜色の大聖堂を見た人が 

何人いるだろうか ・・

12_20220715120001

 

 


13. そして 茶褐色の木立を 

見事な紅葉に染めたのも  

秋の夕日の ほんの一瞬の仕業だった。

13_20220715120001

 


翌日は 船で運河を巡り、

プチトランで 街角を巡る予定だ 。。。

 

 


*   *   *   *   *

 

 

 

2022年7月 1日 (金)

コルマール ジブリ映画と自由の女神像と レストラン「シェ・アンシ」

01. 仏アルザス地方の 「コルマール Colmar」、

中世の木骨組の建物が 人々の目を惹きつける。

01_20220630182001

 

 


02.「プフィスタの家 Maison Pfister」1537年


裕福な帽子商人のために建てられた館だが 今日は

19世紀末の所有者 Pfisterの名前で呼ばれている。

02_20220630182001

 

 


03. 独特な雰囲気を持った 造りと絵だが、

16世紀 神聖ローマ帝国の皇帝や伝道者たち、

聖書の物語などが 描かれている。

 

スタジオジブリの映画 ”ハウルの動く城” の

街並みは アルザスにロケハンしたもので、 

特に このプフィスタの家はこのままの姿で

映画に登場している。

03_20220630182001

 

 

 

04. アルザスワインなどのお土産、


ドイツ人観光客も沢山来ていた。

04_20220630182001

 

 

 

05. さて、ロシュ川から水を引いた 街中を

巡る運河が コルマールの美しさを際立たせている。

05_20220630182101

 

 

 

06. 運河と一体化したカフェやレストラン、

木立が垂れ込める緑のオアシス、 羨ましい風景だ。

06_20220630182101

 

 

 

07. 街じゅうの運河全てを こうして花で飾る

のは並大抵の努力ではない。 季節や場所により


殺風景な!?風景に 出会うこともある。

この時は 運が良かったと思う!

07_20220630182101

 

 

 

08. さて コルマールの各所にある銅像は

建築家であり彫刻家である 「バルトルディ」 

によって作られたものが多い。

 

彼の作品である アメリカに贈られた

「自由の女神像 1886年」 も

独仏間の領土争いの狭間で 犠牲となって来た

アルザスにも 平和が訪れるよう 祈りつつの

制作だったと言われる。

08_20220630182101

上は ジュベンディの噴水

左下は パリ・リュクサンブール公園の自由の女神像

右下は コルマール市の入り口にある自由の女神像

 

 

 

 

09. もう一人コルマールが生んだ芸術家がいる。

「 Hansi アンシ 本名Jean-Jacques Waltz 」


彼は1873年コルマールに生まれ 画家となるが

第二次世界大戦中 反ドイツ的な活動で 

ゲシュタポに睨まれ、スイスに亡命した人だ。

09_20220630182101

 

 

 

10, レストラン 「Chez Hansi シェ・アンシ」

10_20220630182101

 

 

 

11. メニューは ソーセージ シュクルート

キルシュなど ご当地的なもので美味しかったが


特にお皿の アンシの描いた図柄が印象的だった。

11_20220630182101

 

 

 

12. それに メットレス(フロア係) の衣装も

アルザス的で素敵だった。   私が彼女に


Tres belle robe! 綺麗な服ね、と褒めたら

Tres beau fransais! 綺麗なフランス語、と返された。

 

嬉しいのは嬉しかったが、  改めて 

男性形・女性形に使い分けられるフランス語に 

今さらながら へんに感動した。 

12_20220630182101

 

 

 

13. アンシは イラストが今日有名だが

水彩画も多く描いている。

 

左下は 第一次大戦後 コルマールから

ドイツに帰還する人々。 

 

ドイツに敵対心を持つアンシの絵だったが、 

今や独仏の垣根を越えみんなに愛される芸術だ。

13_20220630182101

 


ところで 上のフロア担当さんが 

” ハンシ ” と発音していたので

私もずっと ハンシと思っていた。


でも フランス語だから アンシが正解だ。

 

ドイツ語を話したり フランス語を話したり

アルザス語を話したりする地域ならではの

ことなのでしょう・・・

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 

 

 

2022年6月24日 (金)

アルザスワイン街道 珠玉の観光地コルマール 花と運河と中世の街

仏国東部アルザス地方の 「コルマール Colmar」 

は 13世紀来 神聖ローマ帝国の自由都市で、


ドイツ色が強いものの、 戦争の度に 独仏間で 

取ったり取られたりした 現在フランスの街だ。

 

 


01.大通り Grand Rue に面したホテルの

洒落た看板が 目の前にある部屋に宿泊。


夜の帳が下りる頃、それなりの趣きがある。 

01_20220624160401

 

 


02. 翌朝 朝日が昇ると

我が部屋の窓が 暖色に染められた。

02_20220624160401

 

 


03.部屋からは 540年も前からそこにある

旧税関の美しい色瓦の屋根と時計台が見えた。

03_20220624160401

 

 


04. 観光の手始めに訪れたのが 

ロシュ川から水を引いて 街中に張り巡らせた運河。

04_20220624160501

 

 


05. ここは ’小ヴェニス La Petite Venise’

と呼ばれる魅力満載の運河で、 ボートに揺られて

見物も出来る。  丁度 TVカメラも来ていた。

05_20220624160401

 

 


06. 白鳥がいると ムードに華が添えられる。


フランスには ヴェニスの運河を連想させる

これと似た地区が アヌシー ストラスブルクなど 

計7か所あるのだが、   かつてはどこも


汚物が流れ込んだり 工場の匂いがしたり

一般市民が住むのには適さない地域だった。

06_20220624160501

 

 


07. コルマールの運河は 基本 船で農作物や

魚河岸の魚を運搬するのに使われたが、


運河沿いには 皮なめし工場からの ペストの死臭

を思わせるような悪臭が満ちた箇所も あった。

07_20220624160501

 

 

 

08.今日の 絵のように美しい情景からは 

そうした悪夢のような過去は想像出来ない。

 

さて、橋を挟んで反対側の風景も 滅法美しい!

コルマール観光の代表的シーンとして 

ポスターになるのは たいていこのアングルだ。

08_20220624160501

 

 

 

09. ボートによる遊覧は 1150mを60分、

もっと短い距離を25分で巡るなど 様々だ。

 

私は 残念ながら運河巡りは逃したが、

プチトランで市内を見物した。  


中世からのコロンバージュ・木骨組の家々と 

鉄細工の看板に 何度も目を奪われた。

09_20220624160701

 

 

 

10. 「頭の家 Maison des Tetes」 1609年

建物のファサード一面に 106のグロテスクな

頭の彫刻が施されている。

 

かつてはワイン取引所だったが 今は 百年の歴史を

持つレストランと ホテルになっている。

10_20220624160501

 

 

 

11. 仏語版ウイキペディアから写真を借りたが、

確かに面白い。    因みに現在の頭の家は 


すっかり綺麗に整備され オレンジ色の外観だ。

私が見た頃の 渋さは失われている・・

 


建物の頂上に立つ像は、ニューヨークの

自由の女神の作者である コルマールの建築家

バルトルディが製作した樽職人の像 1902年。

11_20220624160701

 

 

 

12. 「 旧税関 Ancienne douane 」 1480年

現在は コルマールワイン博物館となっている。

12_20220624160701

 

 

 

13. コルマールの街中風景


バルトルディが自由の女神と共に 建物の壁に

描かれていました~
 13_20220624160701

 

 


次回 コルマール散策 その2に続きます。

 

 


*   *   *   *   *

2022年6月17日 (金)

アルザスワイン街道 古城建つヴォ―ジュ山麓の素朴で美しいブドウ畑

01. 「アルザスワイン街道 Route des Vins d'Alsace」 

 

は ヴォージュ山脈の 麓の町や村をつなぐ 

全長170kmにおよぶ街道だ。

01_20220616144201

 

 


02. 太陽を透かして輝くブドウ畑は宝石のよう。

02_20220616144201

 

 


03. 風よけか美観か わからないが 

赤いバラの花が 趣きを添えていた。

03_20220616144201

 

 


04. アルザスは ボルドー ブルゴーニュと共に

フランス三大ワインの銘醸地で、 年間 ワインボトル

1億7千本という 白ワインの一大生産地だ。

04_20220616144201

 

 

 

05. レンタカーでその街道の一部を縦走したが、


街道には百の町や村 千のワイン生産者がおり、

名前も分からぬ小さな村々をいくつも通り過ぎた。

05_20220616144201

 

 

 

06. 10月のこの日 収穫中の畑もあった。

06_20220616144201

 

 

 

07. ヴォ―ジュ山脈には中世の城が点在している。 


ワイン畑と丘のお城、 何と素敵な組み合わせ!

07_20220616144201

 

 

 

08. 遥か 丘の上まで 一面ワイン畑が広がる。


この村の生活と収入の全てが そして村人の身体に

流れる血液さえ ”ワインで出来ている” のでは!

08_20220616144201

 

 


09. 今日の宿泊地に向かう前、 もう一度

磔刑のキリストに挨拶をしておこう ・・

09_20220616144201

 

 

大規模経営のボルドーワイン圏、 ブルゴーニュ王国

の 誇りを引き継ぐブルゴーニュワイン圏、

 


それらと比べて ドイツ文化の香りもする

素朴で美しい アルザスワイン街道の風景だった 。。

 

 


 
*   *   *   *   *

2022年6月10日 (金)

アルザスワイン街道・リクヴィール 一番人気 別名「ブドウ畑の真珠」

アルザスワイン街道 「リクヴィール Riquewihr」


”フランスの最も美しい村” に選ばれた、 別名 

“ ブドウ畑の真珠 ” と呼ばれるこの村は

街道筋で一番小さく 一番人気のある村だ。

 

 


01. 到着したのが秋の日の夕刻、

ロマンチックなムードが溢れていた。


奥の鐘楼が 城壁に囲まれたこの村の象徴。

01_20220609152401

 

 


02. 花で飾られた木骨造り(コロンバージュ)の

建物は 殆どが15~18世紀に建てられたもの。

02_20220609152401

 

 


03. 敷石とアルザス特有の木組みの家々に

囲まれると  誰もが夢見心地となる !

03_20220609152401

 

 


04. ライン川の上流域にあるこの村

湧き水にも恵まれている。

04_20220609152401

 

 


05.’Fontaine’ は普通 泉 と訳されるが

給水場であり 井戸であり 湧き水 噴水である。


それぞれが個性的で絵になる美しさ!

05_20220609152401

 

 


06. ’ パンデピ ’ バターを使わない

香辛料とはちみつ入りの ビスケット。 

06_20220609152501

 

 

 

07. ’ 貯蔵庫 Cellier ’

と言う名のワインレストラン。

07_20220609152501

 

 


08. アルザスワイン街道は リースリングなど

白ワインの産地。  醸造所 Cave の入口には 

ブドウの木のアーチが架かっている。

08_20220609152501

 

 


09. リクヴィールは 人口1200人、

四方をブドウ畑に囲まれた 

中世そのままの本当に小さな可愛い村だ。

09_20220609152501


 

 

10.  ホテル&レストラン 

10_20220609152501

 

 

 

11. どの建物も とてもカラフル。


青い家 コルク栓を抜こうワインステューベで 、、

ドイツ語と仏語が混ざったアルザス語 、、

 

ピンクの家  クグロフ屋さん

外見はカヌレに似ているけど クグロフは

干しブドウを練り込んだ発酵菓子(写真02)。

11_20220609152501

 

 


12. おや、子供たちが下校して来ました。

観光地とは言え 普通の生活がちゃんとある。


この後 彼らは 友のかがんだ背中を越える 

馬跳びをして じゃれ合ってました~

12_20220609152501

 

 


13. 日没も間近、そろそろ村を出て

予約してある隣町のホテルに向う。

13_20220609152501

 

’La Dime ’ と言う名の レストランホテル

美しい鉄看板が夕空に透けて見えた。

 

畑に種を蒔いて得たもののうち十分の一を、

狩猟で得た獲物の十分の一を、

神にささげる。

 

’ 十分の一献金 La dime ’ という

旧約聖書の概念だ。

文字の分からない人にも 一目で意味が通じる。

 


現代の ピクトグラムみたいなもの・・!?

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 

 

2022年6月 3日 (金)

アルザスワイン街道・オーベルネ 木組みの街歩くだけで心晴れ晴れ

フランス東部 ドイツとの国境近くにある 

アルザス地方、 ストラスブールに次ぐ第二の都市


「 オーベルネ  Obernai 」 は

アルザスワイン街道の拠点になっている。

 

中世以来の木組みの街を 散策するだけで 

心晴れ晴れ、  目と心の保養になる!

 

 

 


01. 「サン・ピエール&ポール教会」1872年 

12世紀のロマネスク教会を礎としている。

 

右手が 「6つの桶の井戸」 1579年

01_20220603152701

 

 

 


02. 井戸は八角形の天蓋を コリント式の

3本の円柱が支えている。 

当初は彩色されていたという。


6つの桶は 3つの滑車で吊られている。

02_20220603152801

 

 

 

 

03. お洒落なランジェリショップの奥が

高さ60mの 「鐘楼」 1285年

 


華やかな鐘の音が空から降り注ぎ、

特に観光客は びっくりさせられる。

03_20220603152701

 

 

 

04. 「観光案内所」

04_20220603152701

 

 

 


05. 警察もこんなにお洒落

05_20220603153101

 

 

 

06.  街の中心、 市役所や

「聖オディールの噴水」 などがある広場。

06_20220603152801

 

 

 


07. ” ツバメが飛び交う春となり、

ジャッキーと彼の馬車が戻って来ました~


街の人々や 世界中からやってくる観光客に

オーベルネの魅力を振りまきま~す  ”

 

お馬さん 冬はお休みするのですね・・

07_20220603152801

 

 

 

08. 馬車の向こう側、 噴水の支柱に立つ

のは  この街の守護神・聖オディール

08_20220603152801

 

 


09. 色瓦屋根の美しい建物

婦人服屋やレストランが入っている。

09_20220603152801

 

 

 


10. 再び 噴水のある広場、

正面が 市庁舎。   想像では


ITを備えた超モダンな 実利的市庁舎は

旧市街の外側に建っていると思う・・

10_20220603152801

 

 

 


11. 木組みの家々

11_20220603152801

 

 


12. お髭が立派!!


「ATM automatic teller machine 」 は

フランス語では 「BA」 って表現する !?
12_20220603152801  

 

 

 

13. 八百屋さん 


この辺りは 昔はドイツだった訳で、

食事には 発酵キャベツの料理 

シュクルートが必ず付いてくる。 

 

周辺には ブドウ畑と共にキャベツ畑も多いらしい。

13_20220603152801

 

 

さて 街を出て ブドウ畑などを

 

眺めることとしよう・・

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

 

その他のカテゴリー

スペイン サンチャゴ・デ・コンポステーラ bellaのアトリエ 「アメリカ国立公園」は雄大なり! 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント 「チロル地方」オーストリア やっぱり凄い モンサンミッシェル りんごの村 アムステルダム アメリカ サンフランシスコ アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園 アメリカ ヨセミテ国立公園 アルザスワイン街道とストラスブール アルザス・ロレーヌ アールヌーボー発祥の地 イギリス 植物王国 イタリア ウンブリア地方 アッシジなど イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど イタリア トスカーナ地方 イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど イールドフランス ウイーン 中欧・花の都 オンフルールは画家の聖地 カナダ メープル紅葉便り カナダからの手紙 英国の香り カンボジア アンコール遺跡群の旅 グラスゴーは意外とお洒落な街! ゴッホ終焉の地 ゴーギャンのブルターニュ ゴージャス!「イタリア湖水地方」 シスレー と ミレー スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 スコットランド エジンバラ スコットランド ネッシーとハイランド スコットランド中東部 歴史ある古都巡り スペイン サラゴサとタラゴナ スペイン サンチャゴ・デ・コンポステーラ スペイン マドリッド・セゴビア・アビラ・サラマンカ スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル スペインの「白い村」 スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と スロバキア ブラチスラヴァ セビリアとコルドバ アンダルシアの華 チェコ チェスキー・クルムロフと骸骨教会 チェコ プラハ チベット自治区・ラサ ダライ・ラマの宮殿 ドイツ 「ロマンチック街道」 ドイツ ドレスデン・マイセン ドイツ ベルリン・ポツダム ドイツ「 古城街道 」 ドイツワイン街道 ファルツ地方 ドイツ南端 「アルペン街道」 ノルマンディ(フランス) バカラ クリスタルの町 パンプローナとその周辺 ピレネー山脈・大自然とその文化 ピレネー山麓・フランス側も面白い! フランス・中世ロマネスクの旅 ブダペスト ドナウの真珠 ブルゴーニュ 美食の地 ブルターニュ どの町も個性的! ベルギー ブラッセル ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 ポルトガル コインブラ バターリャ アルコバサ ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 ポルトガル中部・ナザレ ファティマ トマール ポルトガル北部 ポルト ギマランイス ブラガ ポルトガル鷹の巣城 マカオ ”エキゾチックタウン” ミャンマー インレー湖 ミャンマー バガン・千の仏塔がある古都 ミャンマー ヤンゴンと郊外 ミャンマー・マンダレー ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” モネの色彩を育んだ町 モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” リヨン、フランス第2の都市 ルノワールのセーヌ川 ローマ 永遠の都 信州の風 光のスイスアルプス 光のフランスアルプス 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 北仏画家の町 北欧 スウェーデン・ストックホルム 北欧 ノールウェー オスロ 北欧 ノールウェー ベルゲン 北欧 ノールウェー 滝とフィヨルド 北欧 フィンランド・ヘルシンキ 南フランス これぞ憧れのプロヴァンス 南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン 南フランス カンヌ グラス 南フランス ツールーズ・アルビ・カルカソンヌ 南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス 南フランス ヴェルドン大渓谷 ムスティエ 南仏画家の町 台湾 異国情緒と懐かしさと 国内旅行 国内旅行 中国編 国内旅行 九州編 国内旅行 北海道編 国内旅行 北陸編 国内旅行 千葉の旅 国内旅行 東北編 国内旅行 東海編 国内旅行 沖縄編 国内旅行 関東編 奇岩のイタリアアルプス 活気のバルセロナ 花の都フィレンツェ 香港 びっくり見物記 魅惑のパリ

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド