台湾 異国情緒と懐かしさと

2021年10月 8日 (金)

台湾・高雄市「六合夜市」 台湾から来る次の流行は何でしょう

台湾と言えば ” 夜市 ”、

台湾第三の都市 高雄(がおしおん)の夜市を

ぶらぶらしてみた。

 

 

01. ここは 高雄中心部 「六合夜市」、


観光客ばかりでなく 地元の家族連れが

多いのが 本場の証拠だ。


夕方になると車が止められ 道路に卓が並び

夜市天国 となる。

01_20211007143801

 

 


02. もともと高雄港の空き地に 屋台が

数軒並んだのが始まりだが、  近年は


無いものは無い程 多種の屋台がひしめき、

特に漁港からの海産物は 新鮮で豊富だ。

02_20211007143801

 

 

 

03.  高級カラスミ、 台湾カラスミは

日本でも大人気。  この店には品質保証の

検定マークみたいものが 掲げてあった。

 

淡水のタニシや 何かの幼虫の佃煮もある。

03_20211007143801

 

 

 


04. 肉類も食べ歩きの人気アイテム。

ホルモン類と野菜を組み合わせる肉麺屋。
 


ところで、 自分の経験では アジアの

国々の屋台の食べ物は 清潔感が乏しく、


お腹を壊すのではとおじけづいて 手が

出せないこともあったが、 さすが台湾

04_20211007143801

 

 

 


05. 屋台のレイアウト 店主の佇まい、

清潔な食文化を持っているように感じた。


もしかして 日本的なきれい好き流儀が

統治時代に根付いたかも知れない。

 

こちらも 豪華な伊勢海老やホタテだ。

05_20211007143801

 

 

 


06. 有名な 水餃子酸辣湯の店では 

餃子を作る手が 片時も休むことは無い。


その見事な手さばきに 暫し見入った!

06_20211007143801

 

 

 

 

07. 鴨かアヒルの首も 残さず食する!

 

近くの店では香水の特売会 ・・

07_20211007143801

 

 

 


08. 子供も交えた一族の食事会。

楽しそう、、 美味しそう、、

 

中華料理のターンテーブル 本領発揮 !

08_20211007143801

 

 

 

 

09.大仏の螺髪に似た果物 釈迦頭しゃかとう 

(左端 緑色)は甘く口当たりが良い。 右側の

赤いドラゴンフルーツも 日本への本格的輸出が

期待されていると言う。

 

板栗は甘栗という意味。 隣は刺青屋さん。

09_20211007143801

 

 

 

 

10. 台湾で大人気 パパイヤミルクの店。


色々な味付けがあるが 基本はパパイヤだ。

意外と癖のない 美味しいジュースでした。

 

日本同様 有名人の写真やサインがびっしり!


タピオカのあと 台湾からもたらされる名物は

このパパイヤ !?

10_20211007151901

 

 

 

 

11. 「愛狛衣」 ペットウエア

愛犬愛は いずこの国も同じ。

 

大看板の写真に登場の ’ご本人’ が

入口でお出迎えしてました ~ 

11_20211007151901

 

 

 

 

12.今日本で流行の兆しありが 台湾カステラ。


なんで台湾から次々 トレンドがやって来るの、

なんで日本が台湾の真似をしなければならないの、


なんて 古~~い観念を 私は持ってました。

 


しかし、 台湾は豊かな産物に恵まれ 

中華料理など食文化の素地があり、

加えて 流行を発信するエネルギーもある、と


感じさせられた 夜市見聞でありました~

12_20211007151901

 

 

 

 

13.「六合夜市」 の最寄駅 「美麗島駅」


昼間の街の雰囲気は 一変するが

地下鉄の構内は 夜市を彷彿させる華やかさだ。

13_20211007151901

                      ( 地下鉄入り口 )

 

 

 

台湾は コロナ対策も首尾よく駆け抜けた。


九州よりやや小い国土に 2385万人が住む。

 


まだ 日本の様な高齢化社会ではなく

労働人口が60%を占める。

 

 

中国との微妙な関係を踏まえつつ

独自の政治経済文化を発展させる力と熱を持つ国、

 


そんな敬意も感じつつ 旅を続けます・・

 

 

 


*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年10月 1日 (金)

台湾・高雄市 湖上に龍と虎の七重の塔 百万ドルの夜景が見える丘

台湾島の西海岸を南下、 人口台湾3位

「高雄 がおしおん」 にやって来た。

 

 


01.高雄随一の観光名所 「蓮池潭 れんちたん」、


湖のほとりに建つ 如何にも中国風の塔から

下を覗くと 、、


観光客たち 虎に食べられそう ?!

01_20210930110301

 

 

 


02.湖には 龍と虎を象徴とする七重の塔が

並んで建っている。   お参りの順路は


龍の口から入り 虎の口から出ると

邪気が払えるのだとか。

02_20210930110301

 

 

 


03. 塔の内部は 陶製の歴史画やゴテゴテ

した装飾が満艦飾!  が、わびさび文化の

日本人には かえって元気の源になる。

03_20210930110501

 

 

 


04. 塔からは 湖が360度見渡せ、

足元のジグザグの参道・九曲橋もよく見える。


参道がジグザグなのは 急角度で進むと 

悪霊を振り落とせるから !

 


画面奥 参道の起点にあるのが 「慈済宮」

04_20210930110301

 

 

 

05. ツインタワーを 04.の逆側から見る。


塔の階段は下から上まで 百段ある。 従って

龍塔と虎塔それぞれ踏破したら 合計400段、

かなりのエクササイズとなる。

05_20210930110301

 

 

 

06.伝説上の生き物 「贔屓ひいき(龍亀)」

のご利益を願って 皆 触って行く。

06_20210930110301

 

 

 

07. 湖には 春秋閣 五里亭 北極玄帝等々 

他にも楽しい! 施設が ぐるりと配されている。

 


あずまや的なもの、 英雄の塔には体内階段が

あり、、  お参りと観光が上手くミックス

された 大人気のエリアとなっている。

07_20210930110301

 

 

 

08. 「慈済宮」 

医学の神 保生大帝が祭られている。


なんでも おみくじは ’薬箋’ と呼ばれ、

何種類かの漢方薬を進言する処方箋が 出ると言う。

08_20210930110301

 

 

 

09. 湖の龍虎塔は20世紀の新しい施設だが、

この慈済宮は 1661年建立の 本格的寺院で

こちらの方が 実は偉い!? のだ。

 

従って 内部の設えは目を見張るほど精工・豪華で

本物の重みがある。

09_20210930110301

 

 

 

10. 「慈済宮」の門前風景。


日本の石垣島や 最も近い与那国島との距離は

約110km、 時差も日本と1時間、


沖縄の植生に似て ガジュマル類の樹々が

茂っていた。

10_20210930110301

 

 

 

11. 街に出ると よくある東南アジア風の 

親しみある下町風景も見られたが、

11_20210930110501

 

 

 


12. 百万ドルの夜景の名所、テーブル状の台地

「寿山」 から見た高雄は かなりの大都会だ!

12_20210930110501

 

 

 

13. 高雄は 台湾を代表する貿易港を持ち、

 

台北に次ぐ 第2の経済・文化都市

’台湾の大阪 ’ とも呼ばれている。

13_20210930110501

 


そもそもは16世紀に オランダ東インド会社の

植民地時代  高雄に港が拓かれたのが発端だが、
 

 

ここでも  日本統治時代に 


海洋技術に優れた日本が 近代的な港の開発を

進めたことで 今日の高雄がある と言えそうだ。

 

 

 

台湾、 次は東海岸へと 移動します~

 

 

 


*   *   *   *   *

 

 

 

2021年9月24日 (金)

台湾「台中・宝覚寺 日本人遺骨」「台南・赤嵌楼 日本人修学旅行」


01. 台湾のちょうど真ん中あたり、「台中」

は 人口280万を有する台湾第二の都市だ。 


日本の統治時代に 街は碁盤の目状に整備され

今日まで 経済文化の中心地となっている。

01_20210923161801

 

 

 

02. 街の看板は読めそうで読めないが、


’洗腎’ は透析、 セブンイレブンもあり、

’康是美’ は 健康こそ美なり。

02_20210923161801

 

 

 


03. 「宝覚寺」 日本統治時代1927年に

建立された 臨済宗派のお寺。 笑顔一杯の


金色の大仏は 布袋風だが弥勒仏と呼ばれて

いる。    日本にない大らかさだ!

03_20210923162001

 

 

 


04. 老朽化が進んだ木造の宝覚寺の本堂を覆う

巨大な石造りの大雄寶殿は 後から造られたもの。

 

さて宝覚寺には 「日本人遺骨安置所」 がある。

 

統治時代に亡くなった日本人の遺骨14000柱

が あちこちの共同墓地から集められた。

04_20210923161801

 

 

 


05. 一方 大東亜戦争時、大日本帝国軍に

志願または応召によって 従軍した台湾人が 

20万余、うち3万3千が戦死したと言う。

 

戦後しばらく放っておかれた彼らの 英霊鎮魂碑

の建立が 1997年に 日台の有志によって

やっと実現した。

 


今更ながら 日台の関係の深さが感じられる。

05_20210923161801

 

 

 

 

06.次は 人口188万 第六の都市 「台南」

へ移動。  クリーニング屋 ペットクリニック


髪型設計美容室ヘアサロン 鳥料理食堂など、

読めなさそうで 読める!?

06_20210923162401

 

 

 

 

07.台南での見どころは 「赤嵌楼せきかんろう」


1624年から台湾を統治していたオランダが

築城した当時は ’ プロヴィンティア城 ’ 

と呼ばれていたが

 

清の統治時代になると 「赤嵌楼」 となった。


前の建物が 「海神廟」 後ろ側が 「文昌閣」。

07_20210923161801

 

 

 


08.大きな石碑を背負った9匹の生き物は

亀ではなく 「贔屓ひいき」 という龍の子共だとか。

08_20210923161801

 

 

 

 

09.「赤嵌楼」 の東北側には 築城当時の

稜堡部分 (防衛のため 城から外に向かって

突き出した部分) が保存されている。

09_20210923161801

 

 

 

 

10.「鄭成功の像」 1661年に 鄭成功が

オランダ軍を降伏させ 38年に及ぶオランダ統治

を終焉させたことを記念する像。

 

因みに 鄭は日本・肥前国松浦郡の平戸生まれ

日本名は福松、台湾に渡り鄭氏政権の祖となった

人物というから 驚きだ!

 


ここでも 多くの 日本の修学旅行生に遭遇。

10_20210923162101

 

 

 

 

11. 制服が微妙にそれぞれ違う。 校名を

聞いたが忘れてしまった。 コロナ前は 相当

多くの学校が来ていたに違いない。

 

現代も 日台交流は続いているのだ ・・

11_20210923162101

 

 

 

 

12. 今回の旅は 図のように 

台湾島の主たる街を ぐるりと回った。 

 

台南に続いて 次は 高雄を訪ねます。

12_20210923162101

 

 

 

 

13. 最後に おまけのショット。

 

何か罪を犯した人・・

後ろ姿を,  プライバシーに配慮しつつ。

 

 

男子トイレで。 用足しはもう一歩前に出て!

水滴が外に落ちないよう。 

13_20210923162101

 

 


台湾 続きます。

 

 

 

*   *   *   *   *

 

2021年9月17日 (金)

台湾「日月潭・日本統治時代の湖」「文武廟・孔子と関羽と岳飛」

日本人にも人気の観光都市、香港に続いて 

台湾も にわかに 中国との関係が

不穏な状況となって来た。


これから どうなっていくだろうか。

 

以下は コロナ前 2018年12月の

台湾の旅の記録です~

 

 

 

01. 台湾のちょうど真ん中あたり

台湾第二の都市 「中台」 の南東40kmに

ダム湖 「日月潭 にちげつたん」 がある。


湖に面して建つのが 「文武廟 ぶんぶびょう」、

これがその廟門だ。

01_20210916153301

 

 

 


02.門前に 台湾の修学旅行の一団が。

制服のデザインも 学生たちの雰囲気も 

日本と とても良く似ている。

 

文武廟は 丘の裾から上へ 建物が三段に

建てられている。  広場の先の階段を

上ると まず 前殿に当たる「拝殿」がある。 

02_20210916153301

 

 

 

 

03. 拝殿では普段様々な祭祀が行われる。


とりあえず 中央の祭壇に 文武廟の三人の

主役の像が飾られているので、 観光客にも 

この廟の性格が端的に伝わってくる。

03_20210916153301

 

 

 

 

04.2段目の建物 正殿にあたる「式聖殿」 

との間にある 黒龍のレリーフは迫力満点だ!

04_20210916153301

 

 

 


05. この廟にお参りする人々が捧げるのが

金色の鈴、 赤い糸と相まってとても華やかだ。

 

写真のように 廟は漢字の ”日” の形に

三段に配置されている。

05_20210916153301

 

 

 

 

06. 式聖殿には ほぼ 神格化された 

三国志の英雄「関羽」と 彼から千年も後代の

英雄 「岳飛」 が祀られている。

 

丸天井には びっしりと金色の仏像が居並び、

二人の英雄武人も 華やかな金の装飾額に

おさまっている。

06_20210916153301

 

 

 


07.像の前にはアクリル板があり、近づいて

金箔を貼ったりは出来ない。    岳飛は

髭の英雄と言うが 二人共長い髭を蓄えている。

 

プレートの説明で 左が岳飛 右が関羽 と

分かった。キリスト教の聖人が飾りや持ち物で


分かるように、 中国の英雄も 顔や衣服 

物語設定で それが誰か分るに違いない。

07_20210916153301

 

 

 


08. 後殿にあたる 「大成殿」との

あいだにある 龍のプレートはカラフルで

モダンアートのようだ。

08b_20210916153401

 

 

 


09. 最も高いところ 三段目の建物・大成殿

に祀られているのが 「孔子」 だ。


儒教の創始者・孔子が 三人の英雄の中で

最高位に祀られるのは 当然と言えるだろう。

 

文武廟では ’文’ が ’武’ の上にある。

09_20210916153401

 

 

 

 

10.大成殿のさらに奥には 美しく品のいい

階段と塀が設えられている。  


その丘から 風光明媚な日月潭湖が一望出来る。

10_20210916153401

 

 

 

 

11. レリーフ彫刻には 中国四千年の歴史、

故事 戦 教えなど様々な場面が満載だ。

 

台湾の根っ子は やっぱり中国そのものだなあ 

と感じた。

11_20210916153401

 

 

 


12. 台湾最大の日月潭湖は ちょっと形が

北海道のよう。 右側を太陽に 左側の柄の様な

部分を三日月に見立て その名が付いたらしい。

 


日月潭は 日本統治時代の1932年 水力発電

事業で 元からの湖の水位が上げられた為


湖畔にあって 水没しかけた二つの廟が 合併し 

1938年 現在の場所に 豪華な廟として

再建された ということだ。

 


湖畔にホテルも増え 観光事業も盛んになったが

コロナ禍や中国との軋轢で 観光客の数も

伸び悩むのではと 気になるところだ。

12_20210916153401

 

 

 

 

13.門前のミュージシャン、辺りを気にせず

スピーカーで流す音楽は 明るく大らか、

中国風なのにハワイアン的 ・・

 

中国人は 公園で体操や太極拳をするけれど

台湾人も ’屋外健康オタク’ でしょか。

 

誰も気にしてないところが  いかにも

日常的な風景 と見えました ~

13_20210916153401
  

 


台湾続きます。

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 



その他のカテゴリー

スペイン サンチャゴ・デ・コンポステーラ bellaのアトリエ 「アメリカ国立公園」は雄大なり! 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント 「チロル地方」オーストリア やっぱり凄い モンサンミッシェル りんごの村 アムステルダム アメリカ サンフランシスコ アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園 アメリカ ヨセミテ国立公園 アルザス・ロレーヌ アールヌーボー発祥の地 イギリス 植物王国 イタリア ウンブリア地方 アッシジなど イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど イタリア トスカーナ地方 イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど イールドフランス ウイーン 中欧・花の都 オンフルールは画家の聖地 カナダ メープル紅葉便り カナダからの手紙 英国の香り カンボジア アンコール遺跡群の旅 グラスゴーは意外とお洒落な街! ゴッホ終焉の地 ゴーギャンのブルターニュ ゴージャス!「イタリア湖水地方」 シスレー と ミレー スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 スコットランド エジンバラ スコットランド ネッシーとハイランド スコットランド中東部 歴史ある古都巡り スペイン サラゴサとタラゴナ スペイン サンチャゴ・デ・コンポステーラ スペイン マドリッド・セゴビア・アビラ・サラマンカ スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル スペインの「白い村」 スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と スロバキア ブラチスラヴァ セビリアとコルドバ アンダルシアの華 チェコ チェスキー・クルムロフと骸骨教会 チェコ プラハ チベット自治区・ラサ ダライ・ラマの宮殿 ドイツ 「ロマンチック街道」 ドイツ ドレスデン・マイセン ドイツ ベルリン・ポツダム ドイツ「 古城街道 」 ドイツ南端 「アルペン街道」 ノルマンディ(フランス) バカラ クリスタルの町 パンプローナとその周辺 ピレネー山脈・大自然とその文化 ピレネー山麓・フランス側も面白い! フランス・中世ロマネスクの旅 ブダペスト ドナウの真珠 ブルゴーニュ 美食の地 ブルターニュ どの町も個性的! ベルギー ブラッセル ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 ポルトガル コインブラ バターリャ アルコバサ ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 ポルトガル中部・ナザレ ファティマ トマール ポルトガル北部 ポルト ギマランイス ブラガ ポルトガル鷹の巣城 マカオ ”エキゾチックタウン” ミャンマー インレー湖 ミャンマー バガン・千の仏塔がある古都 ミャンマー ヤンゴンと郊外 ミャンマー・マンダレー ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” モネの色彩を育んだ町 モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” リヨン、フランス第2の都市 ルノワールのセーヌ川 ローマ 永遠の都 信州の風 光のスイスアルプス 光のフランスアルプス 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 北仏画家の町 北欧 スウェーデン・ストックホルム 北欧 ノールウェー オスロ 北欧 ノールウェー ベルゲン 北欧 ノールウェー 滝とフィヨルド 北欧 フィンランド・ヘルシンキ 南フランス これぞ憧れのプロヴァンス 南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン 南フランス カンヌ グラス 南フランス ツールーズ・アルビ・カルカソンヌ 南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス 南フランス ヴェルドン大渓谷 ムスティエ 南仏画家の町 台湾 異国情緒と懐かしさと 国内旅行 国内旅行 中国編 国内旅行 九州編 国内旅行 北海道編 国内旅行 北陸編 国内旅行 千葉の旅 国内旅行 東北編 国内旅行 東海編 国内旅行 沖縄編 国内旅行 関東編 奇岩のイタリアアルプス 活気のバルセロナ 花の都フィレンツェ 香港 びっくり見物記 魅惑のパリ

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド