南フランス ヴェルドン大渓谷 ムスティエ

2021年2月12日 (金)

南仏・ムスティエ どうやって岩壁に鉄の鎖と金の星を架けたの?

フランスのグランドキャニオン、 ヴェルドン大渓谷の

西側の起点に「ムスティエ・サント・マリー」がある。

 

 

 

 

01.  ムスティエは 高さ数百メートルの石灰岩の

断崖を背にした  他に類を見ないような 驚くべき

舞台装置のただ中にある町だ。

 01_20210211205901

 

 

 


02. 観光客は まるで 立ち塞がる岩壁に

吸い寄せられるように 村の中へ入って行く。 

02_20210211205901

 

 

 

 

03. どん詰まりで 屹立した2つの断崖が待ち受ける。  

 


よく見ると 2つの峰の 高さ60m付近に

長さ135mの 鉄の鎖が架けられて、 


なんと 真ん中に 金色の星が輝いている ! 

03b

 

 

 

 


04.   伝説によれば 10世紀 

地元ブラカス家の騎士が 十字軍遠征に従軍した折り 

サラセン人の捕虜となってしまう。

 


彼は 無事故郷に帰れた暁には 故郷の断崖に

星を捧げると神に誓いをたて、  解放後 彼は 

本当にそれを実践、 鉄の鎖と星を峰に掲げたのだ。

04_20210211205901

 

 

 

 

05. 10世紀の 最初の星には 突起が16あったが 

現在の星には 大小合わせて10個の突起があり ⤴


星の大きさも 30cm 180cm と変化し、

現在は125cm、 鎖の重量は150kgだと言う。

 


写真は ノートルダム渓谷沿いの古い教会。 ↙

ロマネスク様式のアーチを持つ鐘楼塔が

すっくと立つ様が 印象的だ。

05_20210211205901

 

 

 


06. 一方山腹の 「ノートルダム・ド・ボーヴォワール

礼拝堂」 までは 262段の石段を登らねばならない。

 

ロマネスクのポーチと ルネッサンス様式の木製ドア

の礼拝堂に 糸杉が寄り添い、 頭上には金の星、 


何とも言えず 劇的な構図だ。

06_20210211205901

 

 

 

 

07. さて、清らかな湧水もムスティエの魅力だ。

07_20210211205901

 

 

 


08. 伏流水が 石灰質の断崖から湧き出たたことで

5世紀来 修道士が凝灰岩の洞窟に住むようになり、

 


村にも湧水が流れ込んだことで、教会が建ち 産業が興り

やがて ムスティエは 立派な町になった。

08_20210211205901

 

 

 

 

09. その産業の代表が 「 ムスティエ磁器 」。

アトリエがあちこちにあり、 見て回るのが楽しかった。

 


そもそもは 17世紀イタリアから来た修道士が、  

乳白色の磁器を作る技術を伝えたのが始まりだ。

 

そして 当初は地場産業だったムスティエ焼きだが、

09_20210211205901

 

 

 

10.   ルイ14世によって 

戦争で疲弊した財政負担を軽減する為 

贅沢な金銀の食器の 使用禁止令が 出されると 

 

ムスティエ焼きは 一躍 王侯貴族にも 

もてはやされるテーブルウエアの主役になった。

 


その後 21世紀まで 盛衰はあったものの 

一品一品手作りされる 高級品の誉れが高い。

10_20210211205901

 

 

 


11.  ところで 食器の白地に対し 図柄には

時代ごとに 大きな変遷があった。

 

初めは 王侯貴族の狩りなどをヒントにした図柄、 

イタリア趣味のグロテスク模様などが 主流だったが

 

近年では プロヴァンス独特の草花模様が描かれ、

私など より親しみを感じたが、  値段もあり

実際 買うまでには至らなかった ・・

11_20210211205901

 

 

 


12. ムスティエは 当然ながら

 ”フランスの美しい村 ” に指定されており、 

穴場の観光地として 大変人気が高い。

 


こんな奥地へよく行ったものだ、と私も感慨深い。

12_20210211205901

 

 

 

 

13. ところで、 千年も前 どうやって

60mの高さに 鎖を架けたのだろうか 、、

 

大昔のことは 実際 何も分かってないらしい。

 


ただ、これまでに10回以上の架け替えがあり、

一番最近が 1957年で、 鎖は64歳となる。

( 04.の写真参照 )

 

13_20210211205901

 

但し 1995年に 一度鎖が切れて落下したので

現在のは 修理後26歳ということになる。

 


その折 星には新たに金箔が貼られ、  なんと

ヘリコプターを使って 鎖を架け直したと言う。


 

 


次に行かれる方がいらしたら、 望遠鏡を持って

 

星の突起が幾つあるか、 金箔の具合はどうか、

 

鎖に傷みが無いか 見て来ていただきたい !

 

 

 

*     *    *    *    *

 

2021年2月 5日 (金)

南仏・ヴェルドン大渓谷 フランスにもグランドキャニオンがある!

ナポレオン街道上の カンヌ グラース サンヴァリエを

訪ねたあと、  地方道に入り 西方へと向かった。  


やがて 目が眩むような

「 ヴェルドン大渓谷 Grand Canyon du Verdon 」 が現れた。

 

 

 


01.  勇敢な!? ワンちゃんの視線の先には ・・・

01_20210204221901

 

 

 

02.  ヴェルドン川の深い渓谷に刻まれた 

’ ホースシューベンド 馬蹄形の彎曲 ’ があった。

 

 

ターコイスブルーの流れは  米国グランドキャニオン 

コロラド川の  ’赤’ とは対照的な色合いだ。

02_20210204221901

 

 

 

 


03.  岩壁の道路際のバーレストランが賑わっている。

ドイツからの観光バスも来ていた。

 

見物人のいる 「 ラ・メスクラの展望台 」 ↘

 

その眼下では 支流のアルテュビー川が合流し、

そそり立つ崖壁が 一層 身近に迫り来る。

03_20210204221901

 

 

 


04.  ラ・メスクラの展望台からは 先程のレストラン

は こんな風に見える。


犬が覗いていた崖は こんなに深い。

 

ワンちゃん 落ちなくて良かった !

04_20210204221901

 

 

 

 

05. 「 アルテュビー橋 」 はアルテュビー川を跨ぐ 

長さ100mの ワンスパン構造のアーチ橋だ。 

 

 

今回は ” 至高の縣崖 ” と呼ばれる約20kmの

ヴェルドン大渓谷の南岸を車で走ったが、


北岸には 健脚向きのハイキングコースがあって

南岸とは趣きを異にする見晴らしポイントが点在している。

05_20210204221901

 

 

 

 


06.  ここは 「カヴァリエ・クリフ」 と呼ばれる

300mの懸崖、ヴェルドン大渓谷のハイライトの一つだ。

 

大渓谷全体で見れば 

谷幅は狭い所で200m 広い所で1500mある。

谷の深さは250mから600mに及ぶ。

06_20210204221901

 

 

 


07.  06.のクリフは この 「 ル・ファイエのトンネル 」 

から 身を乗り出して撮ったものだ。


180度 恐くて腰が引けるのに撮りたい絶景ばかり・・

07_20210204221901

 

 

 


08. 大渓谷の白い石灰岩の山肌は 3500万年も

続いたジュラ紀の 堆積・浸食作用で出来たものだ。

 

アリゾナの雄大な 赤いグランドキャニオンと比べたら 

樹木の緑を纏った白い岩肌は 優雅そのものと感じた。

08_20210204221901

 

 

 


09.  ヴェルドン大渓谷には 多くのオートバイ族が

来ていた。   唐突だが  若者文化の日本と違って 

フランスでは オートバイは ’ 中年文化 ’ だ。

 

フランスでは 大学か就職かに拘らず 18歳で世の中に

放り出されるから、自活を強いられる若い人はみんな貧しい。

オートバイどころではない。

  

多くの趣味・娯楽・文化が 中年仕様となっている!

09_20210204221901

 

 

 

 


10. さて、 車で走った ” 至高の縣崖ルート ” を

振り返って見たら、  「 ル・ファイエトンネル 」 は

こんなに高いレベルにあった ・・

10_20210204221901

 

 

 


11. さて そのルートの終わりに近づく頃


「 ヴォ―メール・ポイント (1204m) 」 から 

赤紫のアザミ越しに ただ一筋、  夢のように

ターコイズブルーのヴェルドン川が 輝くのが見えた。

11_20210204221901

 

 

 


12.  有名なデュランス川の支流であるヴェルドン川、

V字の渓谷をうがったその岩壁に 人が住んだ形跡はなく、 


ヨーロッパに並ぶもののない このような大パノラマが

存在すること自体も あまり知られてないようだ。

12_20210204221901

 

 

 

 

13.  ヴェルドン川は このサントクロワ湖に流れ込んで

その旅路を終える。

13_20210204221901

 


何事もなかったかのように平穏な人里に辿り着き

 

私も ホッと一息ついた旅路でした ・・

 

 

 

 

 


*     *    *    *    *

 

 

 

その他のカテゴリー

スペイン サンチャゴ・デ・コンポステーラ bellaのアトリエ 「アメリカ国立公園」は雄大なり! 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント 「チロル地方」オーストリア やっぱり凄い モンサンミッシェル りんごの村 アムステルダム アメリカ サンフランシスコ アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園 アメリカ ヨセミテ国立公園 アルザス・ロレーヌ アールヌーボー発祥の地 イギリス 植物王国 イタリア ウンブリア地方 アッシジなど イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど イタリア トスカーナ地方 イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど イールドフランス ウイーン 中欧・花の都 オンフルールは画家の聖地 カナダ メープル紅葉便り カナダからの手紙 英国の香り カンボジア アンコール遺跡群の旅 グラスゴーは意外とお洒落な街! ゴッホ終焉の地 ゴーギャンのブルターニュ ゴージャス!「イタリア湖水地方」 シスレー と ミレー スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 スコットランド エジンバラ スコットランド ネッシーとハイランド スコットランド中東部 歴史ある古都巡り スペイン サラゴサとタラゴナ スペイン サンチャゴ・デ・コンポステーラ スペイン マドリッド・セゴビア・アビラ・サラマンカ スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル スペインの「白い村」 スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と スロバキア ブラチスラヴァ セビリアとコルドバ アンダルシアの華 チェコ チェスキー・クルムロフと骸骨教会 チェコ プラハ チベット自治区・ラサ ダライ・ラマの宮殿 ドイツ 「ロマンチック街道」 ドイツ ドレスデン・マイセン ドイツ ベルリン・ポツダム ドイツ「 古城街道 」 ドイツ南端 「アルペン街道」 ノルマンディ(フランス) バカラ クリスタルの町 パンプローナとその周辺 ピレネー山脈・大自然とその文化 ピレネー山麓・フランス側も面白い! フランス・中世ロマネスクの旅 ブダペスト ドナウの真珠 ブルゴーニュ 美食の地 ブルターニュ どの町も個性的! ベルギー ブラッセル ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 ポルトガル コインブラ バターリャ アルコバサ ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 ポルトガル中部・ナザレ ファティマ トマール ポルトガル北部 ポルト ギマランイス ブラガ ポルトガル鷹の巣城 マカオ ”エキゾチックタウン” ミャンマー インレー湖 ミャンマー バガン・千の仏塔がある古都 ミャンマー ヤンゴンと郊外 ミャンマー・マンダレー ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” モネの色彩を育んだ町 モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” リヨン、フランス第2の都市 ルノワールのセーヌ川 ローマ 永遠の都 信州の風 光のスイスアルプス 光のフランスアルプス 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 北仏画家の町 北欧 スウェーデン・ストックホルム 北欧 ノールウェー オスロ 北欧 ノールウェー ベルゲン 北欧 ノールウェー 滝とフィヨルド 北欧 フィンランド・ヘルシンキ 南フランス これぞ憧れのプロヴァンス 南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン 南フランス カンヌ グラス 南フランス ツールーズ・アルビ・カルカソンヌ 南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス 南フランス ヴェルドン大渓谷 ムスティエ 南仏画家の町 台湾 異国情緒と懐かしさと 国内旅行 国内旅行 中国編 国内旅行 九州編 国内旅行 北海道編 国内旅行 北陸編 国内旅行 千葉の旅 国内旅行 東北編 国内旅行 東海編 国内旅行 沖縄編 国内旅行 関東編 奇岩のイタリアアルプス 活気のバルセロナ 花の都フィレンツェ 香港 びっくり見物記 魅惑のパリ

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド