南フランス カンヌ グラス

2021年1月29日 (金)

南仏・ナポレオン街道 サンヴァリエ ラバに乗ったナポレオン


南仏の旅、  コートダジュール沿いのカンヌから

「ナポレオン街道」 を辿り内陸へ入った。  最初に 

グラースを訪ね、 その夜はサンヴァリエ泊となった。

 

 

 

 

01.  香水の街・グラースの北方 12kmにある 

「 サン・ヴァリエ・ド・ティエ 」 で良い宿を見つけた。


ホテルは 2つ星くらいが丁度いい。

01_20210129103601

 

 

 


02. 街は 緑なす谷間のリゾート地で、 レストランが

たくさんあった。 ガーデンテラスでの夕食は気分がいい。

 

料理と 樹齢400歳のプラタナスが ここの自慢で、

2年に1回剪定することが 街から義務付けられて

いると、マダムが言っていた。

02_20210129103601
               ( ステーキは ブルーチーズソース添え )

 

 

 

 

03. 700mと程よい標高にあるこの街は 自然リゾート

ばかりでなく 昔から 肺の病気の療養でも有名だった。

 


空気が澄んでいて 夜 テラスから

無数の星々が 瞬くのが見えた。

03_20210129103601

 

 

 


04. サン・ヴァリエは 「ナポレオン街道」 上の街で

ナポレオンが 1815年3月2日に 通過している。

 

 

エルバ島を脱出したナポレオンは、 3月1日にカンヌ

を出発、 グルノーブルまでの324kmを6日間で踏破、

最終的にはパリ入城を果したのだが


特に カンヌ~グルノーブル間を

 「La Route Napoleon」 と呼んでいる。

04_20210129103601

 

 

 

 

05.  さて翌朝、 ホテルでの朝食後 

散歩に出た私は  2人のおじさんに遭遇した。

 

 

まずは ヨーキーを抱くおじさん。   彼の犬は 

なんと 半年前亡くした私の愛犬にうり二つだった!  


蓋をしていた心に 懐かしい思い出が蘇り、

私の目から どっと涙があふれた。

 

女性を泣かせた!? おじさん 、、  

バツが悪そうに そそくさと逃げて行った。

05_20210129103601

 

 

 

 

06.  さてこちらのおじさんは 世界旅行が趣味。

彼の方から 嬉しそうに声をかけて来た。

 


日本も 広島長崎 奈良京都 日光 富士山など 

3週間ガイドを雇って巡ったと言う。 

清潔な乗り物が 印象的だったとか ・・

 

パーソナル通訳・ガイドを付けるなんて お金持ち!

 

後で思えば、 世界の香水産業グラースの保養地、

こんなムッシュがいても不思議ではなかった。

06_20210129103601

 

 

 

 

07.   直感で選んだ街だったが 美しく穏やかで

’ 当たり! ’ だった。

07_20210129103601

 

 

 

 

08.  街を出ると直ぐに 山道に差しかかるが、

ナポレオンも こんな景色を見たのだろうか ・・

08_20210129103601

 

 

 

 

09.   さて ナポレオンの話に戻るが、 

復権を目指し パリに戻ろうとしたナポレオンが  

始めから人々に歓待され 支援された訳ではない。

 

 

1815年2月26日 エルバ島を脱出したナポレオンは 

カンヌで 役場を通じ何とか食料を調達 装備を整えた

のだが、 人々からは冷やかな眼差しを向けられた。

09_20210129103601

 

 

 

 

10.  また 彼を阻止しようとする王軍部隊の

警備が厳しいのではないか と恐れたナポレオンは 

主要ルートを避け 山越えルートを採用、

 

偵察先遣隊として 一人の将軍に100人の歩兵、 

4人のポーランド人槍騎兵を付けて 送り出す。

10_20210129103601

 

 

 

 

11. グラースでも 敵意ある民衆から襲われかねない

と危惧したナポレオンは、 グラースの中心部を迂回して


郊外で一休み。 部下のリュックに腰かけ ローストチキン

を頬張ると  小一時間もしないうちにそそくさと出発した。

 

 

今やナポレオンが通ったストリートと 糸杉が植樹された

休憩所(赤い印し) は グラースでの名所となっている。

11_20210129103701

 

 

 

 

12.  さて送り出した先遣隊から サン・ヴァリエの

山道は 到底馬車では通れないと 報告を受けた

ナポレオンは やむなくコーチ2台と大砲2基を放棄、 


岩山歩行に適したミュールを調達 ようよう出発した。

 


ミュールとはラバ、 つまり

雌馬と雄ロバを 掛け合わせた動物だ。

12_20210129103701

 

 

 

 


13.  11.の ”アルプス越えの絵画” で、 理想化

された 白馬にまたがるナポレオンは カッコよく美しい。
 

しかし実際のところ 白馬でアルプスは越えられない。

 

ミュールにまたがる皇帝は とぼとぼとみすぼらしいが

これが現実的な姿に近かったのかも知れない ・ ・

 

 

 

さて 初めは苦労したナポレオンだったが、 周知の如く 

グルノーブルに近づくにつれ 信望者や援軍が徐々に増え 


ナポレオンの軍団は 勢いを増して、 グルノーブルから

リヨン パリへと向かって行った。

13_20210129103701

 


ナポレオンの言葉によれば


” 余は グルノーブル前は 山賊の様であったが

グルノーブル後は 君主の様であった ! ”

 

 

 


私自身は このセラノンという街を過ぎたあたりで

ナポレオン街道に別れを告げ、 


フランスのグランドキャニオンと称される

 「ヴェルドン渓谷」 方面に向かった。      

 

 

 

最後に 面白回文を!


「  Able was I ere I saw Elba  」

  ( ere は接続詞  ~する前に )

 

 

 

*     *    *    *    *

 

2021年1月22日 (金)

南仏・グラースが有名なのは ” その香水のせいだよ~♪ ”


南フランス 地中海沿岸の街 ・ カンヌ の北15kmに

「グラース Grasse」 はある。    この街が


有名なのは   ” その香水のせいだよ~ ♪ ”

 

 

 


01.  グラースではその昔 革なめし産業が盛んだった。

街には革の臭みが漂い、良い製品でも匂いが残念だった!


が、 試しに 革手袋に香水を沁み込ませてみると 

これが人気となり、    やがて  街は

革産業から香水産業へと 徐々にシフトして行った。

 

今日のいい匂いのグラースからは 想像できない昔話だ。

01_20210122103601

 

 

 


02. グラースで有名なのは 「フリマール」「フラゴナール」

「モリナール」 といったメーカーだが、 特に フラゴナールは

この街出身の18世紀の画家の名 を冠した会社だ。

 

匂い発つような ロココ調の宮廷絵画を得意とした

画家フラゴナール、 その名は香水ブランドにピッタリだ!

02_20210122103601
                                           ( フラゴナールの名作 ’ブランコ’ )

 

 

 

 

03. もともとグラースは雨が少なく、日当たりの良い

南斜面に 地中海から吹き上げる風も乾いており、


柑橘系のオレンジ ジャスミン センティフォーリア、 

そして ラベンダー ローズ ミモザ などの花々の

成育に適していた。

03_20210122103601

 

 

 

 

04. ラベンダー香る 「オノレクレスプ広場」 から

 

街を眺めると、 山肌を段々になって駆け上がる

家々も樹木も 太陽の光をたっぷり平等に浴びている。 

04_20210122103601
                                   ( 銅像は18世紀 街を戦争から守った提督の像 )

 

 

 

 

 

05.  一方 オールドタウンに踏み入ると

建物に挟まれた路地には影が宿り 雰囲気が一変。


それはそれで なかなか魅力的だった。

05_20210122103601

 

 

 

 

06.  ’オーデコロン eau de cologne ケルンの水’

のように ’オーデグラース’ という呼び名もある。

 

マリーアントワネットやデュヴァリー夫人 マリリンモンロー、 

グラースの香水にまつわる歴史上の逸話は 山ほどある。


’グラースの水’ は 実に濃厚な不思議の水なのだ!

06_20210122103601
   ( ここにも フランス人の好きなメリーゴーランドが。 )

 

 

 

 

 

07. 香水は 16世紀にフィレンツェからフランスに

嫁いで来たメディチ家の姫君が 

調香師2人を連れて グラースに立ち寄った際、 

技術を伝授したのが始まりとされる。

 

 

が、グラースで本格的に香水産業が発展したのは


とりわけ鼻の利く ’ Nez ネ (鼻という意味) ’ と

呼ばれる調香師が 150年くらい前 十数人

この街に出現したことが 発端だと言う。 

 


今も ’ネ’ 無しに 香水産業は成り立たない。

07_20210122103601

 

 

 

 


08.  さて、 「ノートルダム大聖堂前広場」 に

何やら 大勢の人々が集まっていた。

08_20210122103601

 

 

 


09.  聖堂では折しも 葬式が始まるところ 、、


聖堂の鐘楼からは 暗く この上なく荘厳な鐘の音

が 谷間じゅうに鳴り響く ・・

 

出産 結婚 葬式、 ” 谷間に三つの鐘が鳴る ” 

 

 

その物悲しい鐘の音に呼応するように 

ツバメが群れて舞う 6月の空は 美しかった。

09_20210122103601

 

 

 

 

10.  さて、 広場で故人の見送りを待つ人々の前に 

観光列車・プチトランが 現れた。  


悲しむ者 楽しむ者 あり、 これこそ人生の広場?!

10_20210122103601

 

 

 

 

11.  グラース訪問は 2回目だったこともあり

私は 香水も買わず 香水調合体験もせず、 


「オノレクレスプ広場」 に戻り、  一方主人は

広場の真下にある駐車場に 車を取りに行った。

11_20210122103601

 

 

 

 


12.  しかし、 待てど暮らせど主人は戻らない。

30分 50分と過ぎて行く ・・・ 広場脇の道路に


救急車が止まった時は さすがに蒼くなった。

 


主人は 崖に作られた 何層かの駐車場の迷路に

嵌ったのだ。  どうやっても車が見つからなかった。  

12_20210122103601

 

 

 

 

13.  やっと70分後再会を果たしたが、 その間

下校時 いつも広場で道草をする子供たちが 

主人を心配する私を 一緒に心配してくれた。

 

お陰で 彼らといろんな話が出来た。

 

大きくなったら彼女に香水を贈るの っと聞いたら

男の子  まさか~ と笑った。 

それに女の子も 香水には興味が無いと言った。

13_20210122103601

 


因みに それ以降  見知らぬ駐車場では

 

止めた場所の番号を 必ず撮るようにしている。

 

 

 

 

*     *    *    *    *

 

 

 

 

2021年1月15日 (金)

南仏・カンヌ トップレスはフランスの文化 カンヌ映画祭はコロナで


「プロヴァンス」、はマルセイユなど海沿いの街と

高原の幾つかの街からなる 小さな一地方だが、

歴史的・気候的には より広い範囲を指す場合がある。

 

”海プロヴァンス” と言える 海沿いの地域と

”山プロヴァンス” と言える 山あいの地域とが

あって、  互いに異なる魅力を湛えている。

 

 

 


01.当ブログではこれまで アヴィニョン アルル 

マルセイユなど、有名な ”海プロヴァンス” の街を

訪れて来ましたが、     引き続き 未投稿の

幾つかの 地中海沿いの街をまとめておきたい。

 

 

ここは 映画祭で有名なカンヌの 隣り町、

海と山が競演する景勝地 「サン・ラファエル」 。

01_20210115142501

 

 

 

 

02.ゴツゴツした赤い岩肌の奇岩 「レステレル山塊」 

が インディゴブルーの地中海に一気に落ち込み、


プロヴァンスきっての荒々しい舞台装置を作っている。

02_20210115142501

 

 

 

 


03.   ヴァカンス客を運ぶ鉄道があり、

別荘から 海に降りる岩肌に 階段がある。

 


地中海沿い カンヌやニースに別荘を持つことは 

世界中の金持ちの夢に違いない。 財布のひもが


固いフランス人などより寧ろ アメリカ アラブ 

中国 そして北・西欧の寒い国々の人々 の方が

貪欲にステータスを求めているかも知れない。

03_20210115142501

 

 

 

 

04.  さて、海沿いに車を止めていたら 

後から来た車に 少し前に出て、と頼まれた。  

テーブルのスペースが欲しかったようだ。

 

フランス人は 草に寝そべることはあっても 

事 飲み食いになると テーブル・椅子無し

ではやってられない。  フランスの文化だ。

04b

 

 

 

 

 

05.サン・ラファエル沿いに美しい海岸が続く。

 
多くの女性がトップレスだが    別に

どうってことはない。  フランスの文化だから。

05b

 

 

 

 


06. おや、 ” ピカソさん ” でしょか。


( ピカソを捨てた女、フランソワ・ジローと 

地中海の浜辺で戯れる ずんぐりしたピカソの

画像が 私の目に焼き付いているので・・ )

06_20210115142501

 

 

 

 


07. カンヌまで所どころ続く海水浴場。


突如として メリーゴーランドがあり、

当たり前のように トップレスがいる、


フランスの文化なんデス ・・・

07b

 

 

 

 


08.    ほぼカンヌに近づいた。

ヨットハーバーも街灯も 如何にも地中海。

 

フランスの海岸のトップレスは ’ 群れて ’ 

そうしているのでなく、


10か月そのために働き、太陽を浴びに来た

女性個々人の 揺るぎない信念の発露なのだ。


だから 人がどうこう言う筋合いではない。

08b

 

 

 

 

09. カンヌの街路樹は いかにもゴージャス。

09_20210115142501

 

 

 

 

10. 居並ぶ豪華なホテルやリゾートマンション。

10_20210115142501

 

 

 

 

11.ところで カンヌと言えば 「カンヌ映画祭」。

毎年5月に開催されるものが 今年は延期となった。

 

そして現在  2021年1月、

フランスのメディアによれば  映画祭メイン会場に 

ロックダウンの影響で 行き場を失ったホームレスを

毎晩50~70人受け入れていると言う。


食堂やシャワー室もあり、普段彼らと暮らしている

ホームレスドッグも 共に収容されている。  
 

 

赤絨毯を踏んで スターたちが階段を上がる日は

いつ頃になるだろうか。

11_20210115142501

 

 

 

 


12. カンヌの街を抜け 小高い丘に登ると

地中海に面したカンヌの街が一望出来る。 


山の別荘も 気持ちよさそうだ !

12_20210115142501

 

 

 

 


13. 昔はこの丘に登るケーブルカーがあった。


ケーブルカーが流行らなくなって久しいのだろう。

時代は確実に変って行く。


フランス人の好きな 古き佳きメリーゴーランドも

いつまで残るだろうか ・・・

13_20210115142501

 

 

 

海プロヴァンスの街 つづきます。

 

 

 

*     *    *    *    *

その他のカテゴリー

スペイン サンチャゴ・デ・コンポステーラ bellaのアトリエ 「アメリカ国立公園」は雄大なり! 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント 「チロル地方」オーストリア やっぱり凄い モンサンミッシェル りんごの村 アムステルダム アメリカ サンフランシスコ アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園 アメリカ ヨセミテ国立公園 アルザス・ロレーヌ アールヌーボー発祥の地 イギリス 植物王国 イタリア ウンブリア地方 アッシジなど イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど イタリア トスカーナ地方 イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど イールドフランス ウイーン 中欧・花の都 オンフルールは画家の聖地 カナダ メープル紅葉便り カナダからの手紙 英国の香り カンボジア アンコール遺跡群の旅 グラスゴーは意外とお洒落な街! ゴッホ終焉の地 ゴーギャンのブルターニュ ゴージャス!「イタリア湖水地方」 シスレー と ミレー スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 スコットランド エジンバラ スコットランド ネッシーとハイランド スコットランド中東部 歴史ある古都巡り スペイン サラゴサとタラゴナ スペイン サンチャゴ・デ・コンポステーラ スペイン マドリッド・セゴビア・アビラ・サラマンカ スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル スペインの「白い村」 スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と スロバキア ブラチスラヴァ セビリアとコルドバ アンダルシアの華 チェコ チェスキー・クルムロフと骸骨教会 チェコ プラハ チベット自治区・ラサ ダライ・ラマの宮殿 ドイツ 「ロマンチック街道」 ドイツ ドレスデン・マイセン ドイツ ベルリン・ポツダム ドイツ「 古城街道 」 ドイツ南端 「アルペン街道」 ノルマンディ(フランス) バカラ クリスタルの町 パンプローナとその周辺 ピレネー山脈・大自然とその文化 ピレネー山麓・フランス側も面白い! フランス・中世ロマネスクの旅 ブダペスト ドナウの真珠 ブルゴーニュ 美食の地 ブルターニュ どの町も個性的! ベルギー ブラッセル ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 ポルトガル コインブラ バターリャ アルコバサ ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 ポルトガル中部・ナザレ ファティマ トマール ポルトガル北部 ポルト ギマランイス ブラガ ポルトガル鷹の巣城 マカオ ”エキゾチックタウン” ミャンマー インレー湖 ミャンマー バガン・千の仏塔がある古都 ミャンマー ヤンゴンと郊外 ミャンマー・マンダレー ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” モネの色彩を育んだ町 モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” リヨン、フランス第2の都市 ルノワールのセーヌ川 ローマ 永遠の都 信州の風 光のスイスアルプス 光のフランスアルプス 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 北仏画家の町 北欧 スウェーデン・ストックホルム 北欧 ノールウェー オスロ 北欧 ノールウェー ベルゲン 北欧 ノールウェー 滝とフィヨルド 北欧 フィンランド・ヘルシンキ 南フランス これぞ憧れのプロヴァンス 南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン 南フランス カンヌ グラス 南フランス ツールーズ・アルビ・カルカソンヌ 南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス 南フランス ヴェルドン大渓谷 ムスティエ 南仏画家の町 台湾 異国情緒と懐かしさと 国内旅行 国内旅行 中国編 国内旅行 九州編 国内旅行 北海道編 国内旅行 北陸編 国内旅行 千葉の旅 国内旅行 東北編 国内旅行 東海編 国内旅行 沖縄編 国内旅行 関東編 奇岩のイタリアアルプス 活気のバルセロナ 花の都フィレンツェ 香港 びっくり見物記 魅惑のパリ

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド