国内旅行 千葉の旅

2022年5月 6日 (金)

市原アートミックス・小湊鉄道 里山を走る田舎電車は温ったかい!

「市原アートミックス」 に協賛した小湊鉄道、

そのうち6駅を 遊園地気分で! 往復してみた。

 

 

 

01. これから ママと アートミックス会場

に行くのかな 、、

01_20220506144301

 

 

 

02. さて私は 駅前に車を止めて まず

「里見駅」から乗車。


待合室には レトロな電車のシートがあった。

02_20220506144301

 

 

 


03. 次は 「 飯給駅・いたぶえき 」

03_20220506144301

 

 

 


04. 「 月崎駅 」 は 例の地質時代の区分

’ チバニアン ’ 地層への 最寄り駅だ。

04_20220506144301
   (一番新しい地磁気逆転の記録が残る地層・チバニアン)

 

 

 

 

05. 月崎駅には ’ 森ラジオステーション ’

というアート作品もある。 もと鉄道保線員の詰所


だった建物を 60種以上の苔や山野草で覆い、

季節の移り変わりを楽しむ作品で、

05_20220506144301

 

 

 

 

06. 植物の手入れと維持管理は アーティストと

地域住民の協働で 2014年から行われている。

 

近年大掛かりなアートフェスタの作品が

無機質なモダンアートに浸食される中、

 

小湊鉄道、千葉、らしい温もりある作品だ。

06_20220506144301
             ( 手を振りあうと 自ずと笑顔に )

 

 

 

 

07. カーブの先に 心が吸い込まれる・・ 

07_20220506144301

 

 

 

 

08. 「 上総大久保駅・かづさおおくぼえき 」

( 表記は ず でなく づ となっている )

 
無人駅で ホームと線路の高さがほぼ同じ。

08_20220506144401

 

 

 

09.  やがて 養老川を渡り、

09_20220506144401

 

 

 

 

10. 「 養老渓谷駅 」 に着いた。


沿線の駅周辺は元より 田んぼや道路から

手を振ったり カメラを向ける人が大勢いた。

 

里山を走る田舎の電車ならではの人気、 

営業を続ける下支えとなるといいですね。。

10_20220506144401

 

 

 

 

11. 「 上総中野駅・かづさなかのえき 」 
 

小湊鉄道の終点で、 いすみ鉄道の始発駅だ。

ここも無人駅。

11_20220506144401

 

 

 

 

12. 小湊鉄道の線路はここで途切れている。

 

いすみ鉄道と相互乗り入れとは言っても 

それぞれ単線で ホームも別々だ。 

 

” ガンバレ!!いすみ鉄道 ” の看板が印象的!

12_20220506144401

 

 

 

 

13. 私は ホーム周辺を少し見物した後

同じ車両で 里見駅に引き返した。

13_20220506144401

 


田植え真っ最中の田んぼの風景が 車窓に続き
 

里山ならではの穏やかな光が 

私の心をすっかり満たしてくれた ・・

 

 

 


*   *   *   *   *

 

 

2022年4月29日 (金)

市原アートミックス・湖畔に出現したカラフルなワークショップ

01. 千葉県での芸術祭 「市原アートミックス」

今回は 2017年度の思い出アルバムから ・・

01_20220427174001

 

 

 

 

02. 芸術祭は 中房総域の6か所のエリアで

開催されたが、  ここは市原湖畔美術館内と

庭園エリアでの 展示会場だ。

02_20220427174001

 

 

 


03.市原のとある湖から姿を現した不思議な街

’イチマル’ と言うのが 制作アーティストの

概念だが、     カラフルな旗が

ネパールのタルチョを思わせウキウキした。

03_20220427174001

 

 

 


04. 1か月余の会期中 ここで様々な

創作活動・ワークショップが行われた。

04_20220427174001

 

 

 


05. 陶芸 風景スケッチ 七宝焼き 木工芸

革小物 箸置き 真鍮アクセサリー ガーランド

染色 ノミ研ぎ ガラスのアクセサリー 杖作り

ハンドメイドルアー フェイスペイント etc

 

足湯が出来る日もある。

05_20220427174001

 

 

 


06. 会場の設営も含め 29人の芸術家が

日替わりで このワークショップに携わった。

 

手前の赤い小屋では 日本の風土に根差す妖怪画

を得意とするアーティストが似顔絵を描いていた。

06_20220427174001

 

 

 

 

07. 私も この方の次に描いてもらったが

本来 妖怪のような私を お情けで!

かなり 可愛らしく描いていただいた。

07_20220427174001

 

 

 


08. さて、前回同様 市原アートミックス

は 小湊鉄道の協賛で開催された。

 

車体に大きく描かれたロゴ、 初回と比べ

かなり宣伝力が増したのではないだろうか。

08_20220427174001

 

 

 

 

09. 今回こそは ”乗り鉄” になって、

がったんごっとん 鄙びた田舎の電車を

のんびり味わってみたい と思った私 、、

09_20220427174001

 

 

 

 

10. 2両編成の車両の一番前に乗った。

 

里見駅から 終点の養老渓谷駅まで行ったら

そのまま折り返し戻って来る という計画だ。

10_20220427174001

 

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年4月22日 (金)

市原アートミックス・撮り鉄達の小湊鉄道 勇気が必要まる見えトイレ

01. ビエンナーレ開催の市原アートミックスに

小湊鉄道も協賛・参加している。

 

「飯給駅」 にも のぼりがたっていた。

この駅名 読めますか~

01_20220421173901

 

 


02. 沿線の可愛い菜の花と 鄙びた駅舎、

「いたぶ駅」 と読むのです 、、、

02_20220421173901

 

 


03. 無人駅の待合室にも

アートミックスの広告がありました。

03_20220421173901

 

 


04. 撮り鉄ではない私でも 一両編成の

赤い電車が ライトをかざしてやって来ると

とてつもなく胸が躍りました !

04_20220421173901

 

 


05. なんと 車掌さんは若い女性。

 

踏切の彼方に消えていく 一両電車、

何とも言えない田舎の風情がありました・・

05_20220421173901

 

 

 

06. さてこちらのトイレも アートミックスに

参加した ’ Toilet in Nature ’  と言う作品。

 

黒塀に丸く囲まれた敷地内で まる見えのトイレは

別名 「世界一広いトイレ」 とも呼ばれる。

06_20220421173901

 

 

 

07. 中に入りボタンを押すとカーテンが閉まるが

男性ならいざ知らず 女性には絶対無理 !?

 

しかし、当時から8年経った今日でも まだ

トイレは設置されている。

 


現在 世界中からオファーの絶えない建築家

藤本壮介の作品だけあって その価値は

ますます高まっているのかも知れない。

07_20220421173901

 

 

 

08. 立派な鯉のぼりを眺めつつ

隣の駅に移動  ・・

08_20220421173901

 

 


09. さて ここは 「里見駅」

09_20220421174001

 

 


10. 休日ともなれば 愛好家や撮り鉄が

やって来るので、 ホームに入るには入場券が 

要るなどの 注意書きが貼ってあった。

 

私もズルせず、 ローカル色溢れる待合室

を見回したあと、 駅舎外から線路を眺めた。

10_20220421174001  

 

 

 

11. 単線の小湊鉄道、 電車がここですれ違い

タブレット(通行手形)交換が行われる事があるのが

鉄道ファンが よく撮影に訪れる理由でもある。

11_20220421174001

 

 

 

12. 木造の駅舎は 

国の登録有形文化財に登録されている。 

12_20220421174001

 

 

 

13. ” 線路・構内立ち入り禁止 ” の看板。 


多分 中には 常軌を逸した撮り鉄さん達も

いるのかも知れない。 

13_20220421174001

 

 

次の機会には きっと 私も ”乗り鉄” になって

 

この魅力的な沿線の ”撮り鉄” になってみよう!

 

 

 


*   *   *   *   *

 

 

2022年4月15日 (金)

市原アートミックス・ビエンナーレ 校長室は冷凍漬け!

01. 千葉県の 「市原アートミックス」 は

2年に1度、 ビエンナーレの開催だ。 これは

2014年の3月 初開催時のアルバム。

 

教室のインスタレーション。 全て本物の

お菓子で構成されている。

01_20220413181801

 

 


02. 天井から透けてみえる飴玉の群れ


アーティスト 地域の人 学生 総出で

色セロファンで包んだそうだ・・

02_20220413181701

 

 


03. お菓子のシャンデリア


世に有名な 瀬戸内国際芸術祭は2010年

初開催の トリエンナーレ (3年に1度)、

 

市原も瀬戸内も 2022年度は 

コロナ禍で中止だとか。

03_20220413181701

 

 

 
04. 市原アートミックスは 小湊鐵道の協賛

も得て 中房総域の8か所のエリアで開催された。 


ここは 廃校となった旧里見小学校会場、

給食室でお茶とお菓子を頂きました!

04_20220413181701

 

 


05. 校舎内で最も印象的だったのが

” 冷凍漬けの校長室 ”


中に入るとマイナスの世界で 表彰額も

優勝旗も 一面つららと霜に覆われていた!

05_20220413181701

 

 


06. これも作品の一つだが、電力も食うし

良いスポンサー企業が付いたに違いない。

 

今にして思えば コロナ禍やウクライナ侵攻前

’ 古き佳き時代 ’ の一コマだった・・

06_20220413181701

 

 

 


07. 芸大・美大受験予備校の先生や生徒が

名画を模写したもの。 

07_20220413181701

 

 


08. 模写とは言え レベルが高い!


実は私も大人生徒として 出していいよ、

と言われたが 出さなくて本当に良かった!

08_20220413181701

 

 

 


09. こちらは また別な会場。

自然豊かな 「 市原湖畔美術館 」

09_20220413181801

 

 


10. 田舎のアートミックスではあるが

作家はインターナショナルで、 ここでは

 

アジアやヨーロッパの作家 そして日本人

の作品が 館内外いっぱいに展示されていた。

10_20220413181801

 

 


11. カラフル!

11_20220413181801

 

 


12. フィリピンの芸術家夫婦の作品


段ボールの家々を載せたボートが真っ逆さま、

 

美術館の螺旋階段を利用した 3階分の

ダイナミックな動きのインスタレーション。

12_20220413181801

 

 

 

13. 芸術を満喫したあとのピッツァ

 

トッピングは 全て地元産の食材で

シェイクも生イチゴ使用、

13_20220413181801

 

次の会場に移動する道順を考えつつ

美術館のレストラン窓越しに

穏やかな湖面を ぼォーっと眺めた。

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 

2022年1月 7日 (金)

謹賀新年 初雪です 雪が物珍しい関東人のつぶやき・・

2022年 令和4年

新年あけましておめでとうございます。

 

 


新年早々 関東地方は積雪に見舞われた。

関東人としては 正直嬉しかった 。。

 

 

 

01. 夜のしじまに 雪が舞い降り 、、

01_20220107160801

 

 

 

02. 色を放つは ただ 滑り台 、、

02_20220107160801

 

 

 

03. やがて 朝日に染まる樹々 、、

03_20220107160801

 

 

 

04.  早朝の 幾筋の轍と

嬉々として散歩に向かう ワン公ども 、、

04_20220107160801

 

 

 

05. ひとり 子を待つ滑り台 、、 

05_20220107160801

 

 


06. さくらと見まがう雪の花 、、

06_20220107160801

 

 


07. 日に溶けて 崩れ舞い散る花しぶき 、、

07_20220107160801

 

 

こうして雪は溶け、 あっという間に 

いつもの日常が戻る 物足りなさと安堵感

 

 


雪が物珍しい 関東人の 


年初のつぶやきでした~

 

 

 


*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

 

 

2021年12月24日 (金)

今こそ牛乳を飲もう! 廃棄処分を免れるために

01. ここは千葉県の 「成田ゆめ牧場」、

子供達が 牛の乳しぼり体験をしている。

 

01_20211222171801

 

 

 

 

02. この牧場は 半分レジャー施設だが 

牛など家畜を育成し、 

自前の生乳で 乳製品を製造販売もしている。

02_20211222171801

 

 

 

03. ところが 全国的な情勢だが、

コロナの影響で牛乳や乳製品の需要が回復せず

 

多くの産地で 原料の生乳が

年末年始にかけて大量に廃棄されそうだと言う。

03_20211222171801

 

 

 


04. もし本当に廃棄となったら 農家も

牛たちも どんなにか残念な事だろう。

 

私は急に思い立ち 毎日牛乳を飲むことにした。

ホットワインでなく ’ホットミルク’ を !

04_20211222171801

 

 

 


05. 牛は大きくて 崇高な生き物だ。


特に生乳は 牛が命を削って出している

かけがえのない 血液のようなもの。

 

’処理不可能乳’ として廃棄される恐れの

生乳は 業界全体で約5千トンに上ると言う。

05_20211222171801

 

 

 


06.ところで 出産前の雌牛は 乳となる栄養分

を お腹の子の成育へ回す仕組みとなっている。 

06_20211222171801  

 

 

 

 

07.こちらの母牛、もういつ出産しても

おかしくない。 お腹が微妙に動いていた!

07_20211222171901

 

 

 

 

08. 私が訪れたのが 11月4日だから

’たまきち’ は まだ生後間もない!

08_20211222171801

 

 

 


09. ’りり’  も そのうち

立派なお母さん牛になりそうダネ。

09_20211222171901

 

 

 

 

10. ところで 牛のエサとなる輸入飼料も

世界的な需要の増加や コンテナ船の滞留

物流コストの上昇などで 高騰・入手困難に

なりつつあると言う。

10_20211222171901

 

 

 


11. 本当に 心配で胸がいっぱいになる。

 

私に出来ることは せめて 牛乳を飲むことだ!

11_20211222171901

 


絵手紙のコンテストで入選した 小学生の作品。

 

” 今こそ 千葉の牛乳を飲もう! ”

 

 

そして 全国それぞれの地域で

 

” 今こそ 日本の牛乳を飲もう ! ”

 

 

 


*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

2021年12月 3日 (金)

千葉市動物公園 チータの赤ちゃん6頭誕生 睡眠王 孤高のゴリラ

01. 21年6月8日に千葉市動物公園で

6頭のチーターの赤ちゃんが生まれた。

 


9月 私は早速会いに行ったのだが、、

01_20211202203701

 

 

 

 

02. 6頭のうち1頭が足を痛めたとかで

展示が延期となっていた。

02_20211202203701

 

 

 

 
03. 残念ではあったが、

大人のチーターも 惚れ惚れする美しさだ。 

03_20211202203701

 

 

 

 

04. せっかくなので ホームページで

6頭のチビータの可愛い姿を見てみよう。 

 


6頭は Chiba生まれ なので どの子も

名前の頭に ’C’ が付く。

Curl,Carolina,Charm,Claire といった具合だ。

04_20211202203701

 

 

 

05.母親のズラヤは 発情時3頭のオスと

同居していたので 父親が誰か分からない。


いずれ DNA鑑定で判明させると言う。

05_20211202203701

 

 

 

 

06. 母親ズラヤが岩陰で寛いでいた。


やんちゃな6頭の子に お乳を与え育てる、

大変ですね~   お疲れ様です・・

06_20211202203701

 

 

 

07. ライオンは日中は殆ど寝て暮らす。


さすが百獣の王  ” 余裕の人 ” だ!

07_20211202203701

 

 

 


08. 一世風靡した ’立つレッサーパンダ’

風太君は まだ元気でいる。 


でもちょっとお疲れ気味。 

幸せに暮らして欲しい  ” 余生の人 ”

08_20211202203701

 

 

 

 

09. 有名なイケメンゴリラ モンタ様。

09_20211202203801

 

 

 


10. 1990年3月に来園した36歳、

隣のスペースに メスゴリラ・ローラ 43歳

が住んでいる。


領域の壁に鏡がある。  知能の高い

ゴリラは 鏡を見て何を思うのだろうか・・

 

 

孤独の影が宿るモンタ様、 案外 本人は

そんな人生が気に入ってるかも知れない。

10_20211202203801

 

 

 


11.  ” 孤高の人 ”   シルバーバック

11_20211202203801

 

 

 


12. 昼食も含め 園内を3時間ほど周り

再びライオン舎に来てみると、、
  


まだ寝てる、 全く同じ態勢で。 日に16時間は

寝るという  無敵の  ” 睡眠王 ”

 

キリンなどは 3時間しか寝ないというのに!

12_20211202203801

 

 

 

 

13. 皆さまのご来園を (ろくに寝ないで)


首を長~くしてお待ちしております !

13_20211202203801

 

 

 

 


*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

 

2021年7月 9日 (金)

千葉ロッテ お洒落な応援グッズ マーチンと唐川選手

私は千葉に住んでいるので 当然ながら 

野球は  千葉ロッテマリーンズのファンだ。

 

 

 

01. テレビで野球中継を見ていたら 

スタジアムで観客が着ている 黒字にグリーンの

ユニフォームやタオルが 何ともお洒落だった!

 

すぐに ネットショップに注文した。

 


届いた ’涼感マフラー’ には 

マーチン選手と藤岡選手の名前があった。

01_20210709145701

 

 

 


02. ”やったー カッコいい選手たちだ。”

 


と言うのも シークレットマフラーと銘打ち、

15選手のうち 誰のが届くかは運次第だったのだ。

02_20210709145701

 

 

 


03. マーチンは 現在パリーグのホームラン王、

そして 広瀬アリスのそっくりさん でもある。


美男美女ということになるのでしょう。

03_20210709145701

 

 

 

 

04. さて、実は他に タオルも注文した。

こちらはご指名だ。 投手の「唐川侑己くん」。

04_20210709145701

 

 

 

 

05. 十年前 私が久しぶりにマリンスタジアムに

出かけた時、 たまたま 7月5日 唐川くんが

誕生日登板を果たし 見事 勝利投手となった。

05_20210709145701

 

 

 


06. 十年も経つと 唐川くんも33歳の

ベテランとなり、 先発から抑えに回っている。

 

私は あれから一度も球場に行ってないせいか、

あの時の記憶が 鮮明に心に刻まれている。

 


多分このタオルも 顔をゴシゴシ拭いたりせず、

飾り物になるか 箪笥の肥やしになるかだろう。

06_20210709145701  

 

 

 


ところであの日は いつもより派手な花火が

打ち上げられる、という触れ込みだった。

 

確かに 華やかで見事な大車輪が夜空に咲いた。

 

 

ふと気づくと 私の近くの客席では その夜の

花火のスポンサーとなった 地元の会社の社長さん、

家族 知り合いらが寄り集まり 一杯やりながら

ニコニコと楽し気だった。

 

 


大相撲にタニマチがいるように、 スポーツには

種々のスポンサーがいて 成り立っているの

だなあ、 と知った日ともなりました ・・・

 

 

 


*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

 

2021年5月28日 (金)

日本が真中にない世界地図 でも世界史がよく分かる地図


前回の記事で 世界地図について触れたが、

 

せっかくなので 世界の多くの人々が 普通に

見慣れている 世界地図を 見てみよう。

 

 

 

 

01. これが 欧米で最も普通に使われる世界地図

01-cartedumonde

 

 

 


02. 北大西洋航路 ロンドン・ニューヨーク間で

二十世紀初め 豪華客船のスピード競争があった話、

 

二十世紀末 超音速旅客機コンコルドが 

2時間53分で パリ・ニューヨーク間を飛んだ話、 

 


この地図を見ると

何故人々が速さを競ったのか 容易に理解出来る。 

02_20210527163601

 

 

 

 

03. 1914年頃の 列強国の勢力地図

日本がまだ朝鮮や台湾に力を持っていた時代だが、

 

世界地図全体からいうと 中心が どの国々で、


地図の端っこにあるのが 日の出ずる国・日本、

囚人が流されたオーストラリア、 西部劇のアメリカ

大陸西海岸、 そして忘れられた植民地南米大陸、

と言う事が よく分かる。

03_20210527163601

 

 

 

 


04. 私達の学生時代 歴史であんなに勉強させ

られた大航海時代、 各国列強が どんな経路で

植民地を開拓したかも 一目で分かる。

 

アフリカと南米は ヨーロッパから案外近いのだ!

 

 

太平洋が真ん中にある世界地図では  正直

どうにも 航路を想像しづらかった ・・・

04_20210527163601

 

 

 

 

05. 国土が狭いのに 商売上手なオランダ人

05_20210527163601

 

 

 

 


06. そして 現代の 国別幸福度 ・・・

( 色が濃い方が より幸福 )

06_20210527163601

 

 

 

 


07. 現代の 国別工業特産物 ・・・

07_20210527163601

 

 

 


現在で言えば コロナ患者 ワクチン接種などに

関する世界地図が 当たり前のように

まとめられているだろう。

 

 

いずれにせよ 欧米版世界地図は見やすく 

歴史上の事柄を理解しやすいのは 事実だ。

 

 

 

また 日本が端っこにあるのは 悔しいと言うより、


どうしてヨーロッパ人が あんなに日本に憧れて

神秘的に感じるのか、 ’ 遠くて小さいから’ 

が  理由の一端だと 分かる一面もある。

 

 

 

 


” 日本の常識は世界の非常識 ” と 言われても

一向に構わないが、 世界地図のからくりだけは

 

これからの 日本の子供たちに是非知らせて

おかねばならないのではないだろうか。

 

 

 

 

*     *    *    *    *

 

 

 

2021年5月21日 (金)

房総半島・館山 地層が面白い・太平洋戦争地下塹壕編


房総半島館山湾の 少し奥まった海沿いに

「館山海軍航空隊赤山地下壕跡」 がある。

 

館山のお寺の崖などで見かけた美しい地層模様、

 

 

 

01. なんと 地下豪の暗闇の中でも 見事な

断層が浮かんで見えた。   しかし、戦争と

暗闇という要素が相まって 何故か物悲しい。

01_20210520144201

 

 

 

02. 館山海軍航空隊基地は 真珠湾攻撃の為の

最終訓練が行われた場所だった。  そのような


太平洋に突き出た房総半島南端に位置する館山に 

突撃基地という重要な役割を果たす

’ 秘密地下壕 ’ が造られていたのだ !

02_20210520144201

 

 

 

03. 標高60mの赤山あかやま に掘られた地下壕

は全長1.6kmの巨大迷路だが、  見学できるのは

往復250m (黄色いライン) のみ。

03_20210520144201

 

 

 


04. 使い捨ての紙キャップ付きヘルメットを渡され

いざ中へ。  灯りにぼんやり現れる隧道は不気味で


心細い。  しかし 灯りの届かない 闇に沈んだ

幾つもの閉鎖区域は もっと恐ろしかった。

04_20210520144201

 

 

 


05. 終戦間際1944年頃建設された と言う説も

あるが、 素掘りのツルハシ 一打一打がくっきり残る

壁肌と総距離からみれば、 素人目にも ある程度の

年月を費やした労作ではないか と感じられた。  

05_20210520144201

 

 

 


06.  当時地下壕には 自力発電所 応急

治療所 天井の高い豪には格納庫、 そして

木のベッドが並ぶ居住区などがあった。

 

因みに終戦後は 1960年から40年間、 

この地下壕に 種菌研究所が作られ、 一人の

’きのこおじさん’ が研究に勤しんでいたそうだ。

06_20210520144201

 

 

 


07. 壁に掘られた窪み、右下はトイレらしい。

07_20210520144201

 

 

 


08.   ここには 通信機器があった。

右側が 電話の受話器を掛ける窪みだ。

08_20210520144201

 

 

 


09. しばらく行くと 暗闇の先に明かりが見え 

ほっとしたが、 出口ではないので  暗がりの

中を折り返えすことになる。

 


暗闇の地下壕内で任務に就いていた兵隊さん達

閉鎖的空間で 生きた心地はしなかっただろう・・


戦争とは 

かくも非日常を 皆が耐えた日々だったのだ ・・

09_20210520144201

 

 

 


10. さて 暗い地下壕を出て 館山湾の西端

晴れ晴れとした 「 洲崎灯台 」 へ。 


房総半島の西端の灯台で  東京湾に出入りする

船舶の 重要な目印だ !

10_20210520144201

 

 

 

 

11. さらに 引き続き フラワーラインを通って 

房総半島南端の 野島崎へ。 


荒々しい海岸風景

首をもたげているのは カミツキガメ !?

 11_20210520144201

 

 

 

 

12.  房総半島最南端にある 「 野島崎灯台 」 


有名な ’逆さ地図’ で見ると、 房総半島が 

日本列島の中でも 

先陣を切って 太平洋に突出しているのが分かる。

 


平和な時代 野島崎灯台は 船舶を導く重要な

役割を果たしているが、      戦時中の


房総半島 館山海軍航空隊基地は 太平洋の

矢面に立って 敵を迎え撃つ重要な使命の一端を

担っていたのだろう ・・  

12_20210520144201

 

 

 


13.   日向ぼっこをする セイウチ君達、

13_20210520144201

 

ところで、 逆さ地図で  中国大陸側の視点で

日本列島を見てみると、 太平洋の荒波を吸収する

 

緩衝材の様にも見えるし、 大陸から外洋に出る

道筋に 連なって邪魔をする屏風の様にも見える。

 

 


ついでながら、 欧米の先進国が普通に使う

世界地図と言えば ’大西洋’ が真ん中にある

 

のが当たり前。  日本は 正にファーイースト 

地図の一番外れにある 極東の小国だ。

 

 

 

たまには 逆さ地図や 欧米の世界地図を

日本の子供に見せておくのも必要なことだろう ・・

 

 

 

 

 

 

*     *     *   *    *

 

 

 

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

スペイン サンチャゴ・デ・コンポステーラ bellaのアトリエ 「アメリカ国立公園」は雄大なり! 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント 「チロル地方」オーストリア やっぱり凄い モンサンミッシェル りんごの村 アムステルダム アメリカ サンフランシスコ アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園 アメリカ ヨセミテ国立公園 アルザスワイン街道とストラスブール アルザス・ロレーヌ アールヌーボー発祥の地 イギリス 植物王国 イタリア ウンブリア地方 アッシジなど イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど イタリア トスカーナ地方 イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど イールドフランス ウイーン 中欧・花の都 オンフルールは画家の聖地 カナダ メープル紅葉便り カナダからの手紙 英国の香り カンボジア アンコール遺跡群の旅 グラスゴーは意外とお洒落な街! ゴッホ終焉の地 ゴーギャンのブルターニュ ゴージャス!「イタリア湖水地方」 シスレー と ミレー スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 スコットランド エジンバラ スコットランド ネッシーとハイランド スコットランド中東部 歴史ある古都巡り スペイン サラゴサとタラゴナ スペイン サンチャゴ・デ・コンポステーラ スペイン マドリッド・セゴビア・アビラ・サラマンカ スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル スペインの「白い村」 スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と スロバキア ブラチスラヴァ セビリアとコルドバ アンダルシアの華 チェコ チェスキー・クルムロフと骸骨教会 チェコ プラハ チベット自治区・ラサ ダライ・ラマの宮殿 ドイツ 「ロマンチック街道」 ドイツ ドレスデン・マイセン ドイツ ベルリン・ポツダム ドイツ「 古城街道 」 ドイツ南端 「アルペン街道」 ノルマンディ(フランス) バカラ クリスタルの町 パンプローナとその周辺 ピレネー山脈・大自然とその文化 ピレネー山麓・フランス側も面白い! フランス・中世ロマネスクの旅 ブダペスト ドナウの真珠 ブルゴーニュ 美食の地 ブルターニュ どの町も個性的! ベルギー ブラッセル ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 ポルトガル コインブラ バターリャ アルコバサ ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 ポルトガル中部・ナザレ ファティマ トマール ポルトガル北部 ポルト ギマランイス ブラガ ポルトガル鷹の巣城 マカオ ”エキゾチックタウン” ミャンマー インレー湖 ミャンマー バガン・千の仏塔がある古都 ミャンマー ヤンゴンと郊外 ミャンマー・マンダレー ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” モネの色彩を育んだ町 モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” リヨン、フランス第2の都市 ルノワールのセーヌ川 ローマ 永遠の都 信州の風 光のスイスアルプス 光のフランスアルプス 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 北仏画家の町 北欧 スウェーデン・ストックホルム 北欧 ノールウェー オスロ 北欧 ノールウェー ベルゲン 北欧 ノールウェー 滝とフィヨルド 北欧 フィンランド・ヘルシンキ 南フランス これぞ憧れのプロヴァンス 南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン 南フランス カンヌ グラス 南フランス ツールーズ・アルビ・カルカソンヌ 南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス 南フランス ヴェルドン大渓谷 ムスティエ 南仏画家の町 台湾 異国情緒と懐かしさと 国内旅行 国内旅行 中国編 国内旅行 九州編 国内旅行 北海道編 国内旅行 北陸編 国内旅行 千葉の旅 国内旅行 東北編 国内旅行 東海編 国内旅行 沖縄編 国内旅行 関東編 奇岩のイタリアアルプス 活気のバルセロナ 花の都フィレンツェ 香港 びっくり見物記 魅惑のパリ

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド