チベット自治区・ラサ ダライ・ラマの宮殿

2020年12月11日 (金)

ライオンみたいなチベット犬。 肉体をハゲタカに喰わせる鳥葬。


チベットの首府・ラサから 往復4~5時間の行程で

「ヤムドク湖」 観光に出かけた。


ラサの南方の高山地帯 標高5000mの展望台

から  眺望を楽しむ予定だった。

 

 

 

 


01.  途中  「雅江河谷展望台 4280m」 に

立ち寄った。 なんとライオンと見まがう たてがみ、

ふさふさのチベット犬が ”展示されて” いた。

01_20201209150301

 

 

 


02. 客に チベット犬と一緒に写真を撮らせたり 

ヤクの背に跨らせたりして お金を稼ぐ商売だ。

 


階段上は 展望台になっているが   残念、

あいにくの天気で眺望は利かなかった。

02_20201209150301

 

 

 

 

03.  可愛い羊は まるで欄干の飾り物みたい。


霧で覆われ肌寒かったが、  いずれにせよ

ぶ厚い毛皮の動物たちには どうってことはない。 

03_20201209150301

 

 

 

 

04. バスの中で酸素を吸いながら さらに30分、

「カムパ峠」 に着いた。

あと2mで大台、 4998mという高さだ!

04_20201209150301

 

 

 

 

05. チベット仏教の聖地 「ヤムドク湖 羊卓雍惜湖」 

が眼下に広がった。  経文が書かれた 雪混じりの

タルチョに  一層の宗教的凄味を感じた。

05_20201209150301

 

 

 

 

06.  さて、標高4~5000mに建つ家は 石造りで、

北風を避け、 隅々にタルチョの束をはためかせていた。

06_20201209150301

 

 

 

 

07. 沢山の羊を飼うこの家は 裕福かも知れない。


冬を前に 羊たちは乏しい緑を 一心に食んでいた。

07_20201209150301

 

 

 

 

08.  牛はさらに高価な家畜だろう。フンも役立つ。

肥沃とは言えない農地も 高山では大変な財産だ。 

 

レストランでの昼食は野菜中心だが 鶏肉・鶏卵も

出た。   いずれも貴重な食材だろう。

08_20201209150301

 

 

 

 

 

09.   マニ車を備えた田舎のお寺。


タルチョ飾りの5色は  物質の5元素、 

地 水 火 風 空 を表している。

09_20201209150301

 

 

 

 


10.  拉薩のような都会と違い 田舎のトイレは

こんな感じだ。  ”背に腹は代えられない” とは

こういう時に使う言葉だろう。   でも我慢!!

 

お金を取る門番がいなくなってからの撮影。

10_20201209150301

 

 

 

 


11. チベットの高地には未だに 「鳥葬」 がある。


ハゲ鷹に死者の肉体を食べさせ、 迅速で衛生的な

処理を行うと同時に    死者は 自然に対し

己の肉体を施すことで 功徳が積めるという思想だ。

 


肉体を鳥に喰わせるのは  魂が既に仏師の祈りで

分離・浄化され、 天空の頂に登って行った後、

という考え方だ。

 


祭壇に見立てられた山肌には、 高みへ 空へ

向けた梯子が 死者の数の分 描かれていた。

11_20201209150301

 

 

 

 

12.  鳥葬に際しては 出来るだけ早く事が済むよう

事前に肉体を切り刻み、 途中で骨をハンマーで砕く 

専門の解体師がいる。     その音を聞き付けた

ハゲ鷹の群れが 傍で待ち詫びると言う。

 

 

ネットにはえげつない写真も沢山出ているし、 

実際に鳥葬見学ツアーなどもあったらしい。 が、


近年は 死者を冒涜するようなことは避けようと 

ある程度の配慮がなされているようだ。

12_20201209150301
  ( 写真は Wikipedia から。 )

 

 

 

 

 


13.  チベットでは 階層に応じて 土葬 水葬

火葬 塔葬など 他のやり方もあるけれど、

 

4~5000mの高地では 埋葬用の土地がない、

火葬用の薪がない、 気温が低く腐敗も進まない、


高地に住む人々に 今日 鳥葬の習慣が続くのも

当たり前のことだろう ・・

13_20201209150301

 

 

” 2018年8月28日 果る ” というしるし、

チベット語での経文が書かれた岩肌もあった。

 

 


ただしこの山は 幹線道路に近いところにあるので

鳥葬そのものは 今や も少し山の奥まった所か

別の場所で行われるのではないだろうか。

 

 

 

 


さて以上、 どれ一つを取っても 印象的な、  


感慨深い チベットの旅でありました ・・・

 

 

 

*    *    *    *    *

 

2020年12月 4日 (金)

ラサ・ジョカン寺  五体投地・深い信仰心と体力がカギ


ここは  チベット・ラサ 街の中心部にある

「 ジョカン寺 (大昭寺) 7世紀創建 」。


チベット仏教に帰依する 多くのチベット人の

信仰の拠り所となっている。

 

 

 

 

01.  仏教に於いて 最も信心深い礼拝の方法が

「五体投地」、 五体とは 両手 両膝 額 のこと。


五体全てを同時に地に臥せ 祈り 立ち上って又祈る、 

それを何度も繰り返す 大変な苦行だ!
 


両膝に充て布 両手に下駄状の板 額にバンダナ、

彼らなりの工夫が見られる。

01_20201203144401

 

 

 

 

02.   ジョカン寺の入口には 柵で仕切られた

信者が五体投地を行う特別のコーナーがある。 

 

信者は前に進むのでなく 定位置で、 3回 12回 

108回、、 それぞれの流儀で五体投地を繰り返す。

 

奥には 釈迦の髭から生じたとされる柳の木がある。

02_20201203144401

 

 

 

 


03.  祈りが終わると 持参した ’マイ・マット’ を

仕舞い、靴を履き、主殿の中に入り、 時計回りで

歩きながら 各ブースに仕切られた聖堂にお参りする。

 

 

そんな中 入口の囲いを出て 五体投地で

少しづつ 通りの前方に進み始める夫婦がいた ・・・

03_20201203144401

 

 

 

 

04.  門をくぐると 主殿の手前に 大中庭がある。

垂れ幕の法輪と2頭の鹿は この寺のシンボルだ。

 

主殿の屋根などが見える。 3階以上は観光客の

重みで傷み、  現在は2階までしか行けない。  

 


主殿内部は神聖であり 写真を撮ることは出来なかった。

04_20201203144401

 

 

 

 

05.    主殿にはメインの釈迦堂を始め 


薬師堂 観音堂 弥勒堂など15~6のお堂があり、

そのそれぞれに 釈迦牟尼像を始め 数多くの

仏像が配され 壮観だった。

05_20201203144401

 

 

 

 


06.   ジョカン寺は ほぼ四角形の賑やかな

通りで囲まれており、  仏具や礼拝用品店 

食堂 土産物屋等が 軒を連ねる様子は見事だ。

06_20201203144401

 

 

 

 

 

07.  ところで人々は 一様に同じ方向を向いて

歩いている。    実は この通り自体 本堂を

取り囲む 礼拝者たちの祈りの回廊となっており、 


マ二車を回しつつ 全員が右回りで歩いている。

07_20201203144401

 

 

 

 


08.  仏具や 毛皮の帽子の店など華やかだ。

 

フラッグには  ちょっと若い習近平、 江沢民 

毛沢東 鄧小平 諸氏の写真もあった。


やはり ここは中国だ ・・

08_20201203144401

 

 

 

 

 

09.  写真館  ’民族服を着て写真を撮ろう’


そして、  ’法治に沿って 全民が参加し

黒悪勢力を排除しよう’ というスローガン。

09_20201203144401

 

 

 

 

 

10.   2階から見ると 人々が一様に右回りで

歩いているのが さらによくわかる。


ところで、 ジョカン寺周辺には数多くの警官がいた。

小さなテントがあると 必ずその中に見張りがいたし

 


この回廊でも それぞれ違った小道具(武器) を

持った 10人一組の警官隊が 絶えず巡回

しており、  時には 左回りで 人々の流れに

逆行しながら目を光らせていた。

 

警官の写真を撮るのは もっての外です !

10_20201203144401

 

 

 

 


11.     巡礼は ひと休み ・・

11_20201203144501

 

 

 

 


12.   通りで 先程の 五体投地夫婦に遭遇 !


ここまで 何メートル進み、何十分かかったのだろう。

12_20201203144501

 

 

 

 


13.  通りの真ん中、 石が縦に敷かれた通路は 

もともと五体投地専用だ。

 


私の勝手な想像だが、 大昔、何十年か前までは

この風景の逆だったのではないだろうか。

 

つまり 多くの人々が五体投地をして 左右の通路

より 寧ろ渋滞していた !?

13_20201203144501

 

 

文明が進み、 中国統治が進み、 高速鉄道が走り、

国内外の観光客が気軽に来て、 店も沢山出来て、

 


人々の信仰心も徐々に変化し 、、、

 

 

 

 

若い 五体投地夫婦の 深く真摯な信仰心に

感動しつつ、   ジョカン寺を後にした 、、、

 

 

 

*    *    *    *    *

 

 

 

 

2020年11月27日 (金)

赤と金色・チベットの豪華花嫁衣裳 ラサの井戸端会議風景

ラサのシンボル ダライ・ラマのポタラ宮を

見学したあと その離宮を訪ねた。 

 

 

 

 

01. 36km2の敷地を持つ 「ノルブリンカ」 

には 7世から14世まで 歴代のダライ・ラマが 

4~9月の間過ごした いくつかの夏の離宮がある。

 


それらの離宮のうち 「ケルサン・ボタン」

で 結婚式のカップルに遭った。

01_20201120163401

 

 

 


02. 白い肌が美しい花嫁だ。 内から湧き出る

幸福感と品、 ステータスの高さが感じられる。


豪華な赤い衣装と 金の刺繍とかんむり 、、

 

花嫁衣裳は白、 と言う概念は画一的でした!

02_20201120163401

 

 

 

 

03. 「ノルブリンカ」 に建つ 幾つかの

離宮のうち ダライ・ラマ14世の離宮では

チベット・オペラが上演されたり、


2008年の北京オリンピックに合わせ 

整備された緑地公園、 動物園などもある。 
  03_20201120163401

 

 

 

 


04. 上流生活の一方 ラサの市場街では

日本にも昔はあった 庶民的な生活が 

垣間見られた。 

 

お茶を囲んでの 井戸端会議 ・・

04_20201120163401

 

 

 

 


05.  スマホに席巻された日本では

どんな場面でも ほぼ全員が下を向いているが、

05_20201120163401

 

 

 

 


06. 人肌の温もり、コミュニケーションが

まだ ここにはありそう ・・ 

 

でも 少年僧の手に スナック菓子でなく

スマホが握られる日は もうそこまで来てる !

 


元々電話線の無い地域では 一気にデジタル化

するので、 寧ろ 日本などあっという間に

追い抜くのです・・

06_20201120163401

 

 

 

 


07.  大人の遊び

07_20201120163401

 

 

 


08.    歯医者さん

’歯科’ は ’牙科’ って言うんですね!

08_20201120163401

 

 

 


09.  公衆トイレ 

ほぼ普通のトイレです ~

 


中国のトイレには 扉が付いてないとか、 

観光ツアー客は 野原に止めたバスから 一斉に

外へ散らばり 野原でオシッコをする、とか


そういう話は 徐々に昔話となるでしょう。

09_20201120163401

 

 

 

 


10.  さて次は 「ジョカン寺」 という

有名なお寺がある地区にやって来た。

10_20201120163401

 

 

 

 

11.  繁華街の飯店で昼食。

11_20201120163401

 

 

 

 

12. マニ車を手に お参りを終えたチベット人、


西洋人の観光客は これから目的地を目指して歩く。

12_20201120163401

 

 

 

 

13.  目指すは 「 ジョカン寺 」

例の ” 五体投地 ” で有名なお寺だ。

 


正門前は 巡礼者が五体投地を行う場所で、

石畳は摩耗して ピカピカに光っている。

13_20201120163401

 

 


ラサの象徴 ポタラ宮は 1994年に、

このジョカン寺は 2000年に

世界文化遺産に登録された。

 

 

 

 

ジョカン寺つづきます。

 

 


*    *    *    *    *

 

2020年11月20日 (金)

ラサ ダライ・ラマのポタラ宮 チベット族コロナ前からマスクは必需品


チベット自治区の首府・ラサは 「ポタラ宮」 を

中心に成り立っている。

 

 

 


01.  ポタラ宮 ほぼ街の中心に位置し 

一見 周りの風景に同化してる様に見えるけど、

 

近づいてみたら  その大きさには驚かされる!

01_20201117164401

 

 

 

 

02.   ダライ・ラマの宮殿 「ポタラ宮」 は

高さ115m 東西360m 南北300m、

 

船の躯体の如き ’白宮’、 中心部に聳える

 ’紅宮’  から成る 壮大な4層の宮殿だ。

02_20201117164401

 

 

 

 

03.   酸素の薄い中で登る階段はきつい。


宮殿の本格的建設は ダライ・ラマ5世が

チベットの政教両面で権力を掌握した17世紀。

 

その後 1959年3月 ダライ・ラマ14世がインドに

亡命するまでの 300年間、  ポタラ宮は

チベットの聖政両面での中心地だった。

03_20201117164401

 

 

 

 


04.  街中のスローガンにある通り 1949年来

建国70年の中華人民共和国は、  ついに1959年

チベットは中国の領土だと主張し チベットへ侵攻、  

 

ラサでは民衆の大暴動が起り ダライ・ラマ14世は

インドへ亡命、 ダラムサラでチベット亡命政府を

樹立・運営する形が今日まで続いている。


 

結局 チベットは中華人民共和国の自治区となり

今日 その影響力を益々強く受けつつある。

04_20201117164401

 

 

 

 

 

05.  「白宮」 入口。 白宮はダライ・ラマが住み

政治を執り行った宮殿で ’俗界’ という位置付け。

 


この先の 「紅宮」 には 弥勒佛殿や聖観音殿、

代々のダライ・ラマの霊塔などがあり、 

’聖域’ とされる宮殿だ。 

05_20201117164401

 

 

 

 


06. ポタラ宮にある部屋の総数は1000を超すが

見学コースは限られ、 しかも荷物検査等もあり

写真は撮ることは出来なかった。

 


特に 宝石が散りばめられたダライ・ラマ5世霊塔等

が有名だが、 内部はひたすら暗い印象が残った。

06_20201117164401

 

 

 

 


07.  という訳で 次は 帰り道・下山の風景となる。

07_20201117164401

 

 

 

 


08.  ところで  2006年にチベット鉄道が開業、

ラサを訪れる中国人観光客が激増、  さらに


ラサの発展に商機を見出した起業家が 大挙して

移住、 街は短期間で大きな変貌を遂げたと言う。

 


街の西側では 中国と変わらない街並みが生まれ

ラサでは   昔からのチベット族に対し

漢族が半数を上回るほどになったとも言う。

08_20201117164401

 

 

 

 

 

09.   公園での太極拳、 ここは中国 !?

09_20201117164401

 

 

 

 


10.   さて山を降りると 宮殿を囲むように

マニ車が並び、 時計回りに巡礼者が歩いていた。

 


’マニ車’ は 一回転させると経文を一回読んだ

ことになる。   信心には有難く便利な道具だ。

10_20201117164401

 

 

 

 

 

11.  チベット族の伝統的な民族衣装をチュバと言う。

毛皮やウールで出来ていて 非常に暖かい。

 

 

ところで今なら チベット族のマスク姿には何の違和感

も無いが、  これは新型コロナ発症の数か月前だ!

 


ラサの年間降雨量は 日本の8分の1、 

強烈な太陽が 年間300日分も照り付け、  

乾燥した空気に埃が舞う。 朝夕の寒暖差も大きい。 


マスクは コロナ前から当たり前の必需品だった!

11_20201117164401

 

 

 

 


12.   お参りを終えた人々。  マスクと

パーソナル・マニ車は 手放せない。

 


中国が貼り出すスローガン幕は デカイ !

12_20201117164401

 

 

 

 


13.   平均高度4000mにあるチベット。


世界に又と無い個性的な国と人びと、  

日に日に 中国化するのを止められずとも、 

 

この圧倒的美しさを前に 人はある意味

無力でいて欲しい ・・ 

13_20201117164401

 

 

 

 

ラサ、 つづきます。

 


*    *    *    *    *

 

 

 

 

 

 

 

2020年11月13日 (金)

チベット自治区・ラサに行く チベット高原鉄道・標高5072mを走る

中国の西域 チベット自治区の首府・ラサは

標高3640m 富士山ぐらいの高地にある街だ。

 

中国青海省・西寧とラサ間を走る 全長1956km

のチベット高原鉄道で ラサに向かった。

 

 

 

 

01. 世界一の標高地点5072m を走ることで

有名な 「青蔵鉄道」、   始発の西寧駅では

最新の25T型車両 ドア毎に車掌が立っていた。

01_20201111134401

 

 

 


02. ’民族が大移動する’ 中国の駅舎は巨大だ。


2019年10月末のこと、   中華人民共和国

成立70周年の 赤いスローガンが掛かっていた。

02_20201111134401

 

 

 


03. 西寧を出て1時間 大きな寺院群が見えた。

03_20201111134401

 

 

 


04. 座席は2段ベッド4人用の 「硬臥車」、

昼夜通して 通常の座席に座ったまま過ごす

 「硬座車」 と比べたら ずっと楽だ。

 

 

高度4~5000m地帯を走るので 

酸素を供給するチューブの差し込み口がある。

04_20201111134401

 

 

 


05. 「青海湖」 中国最大の塩水湖の北岸を走る。

 


因みに 列車は飛行機と同じく ドアが閉まると

機密がしっかり保たれるため、  特に体調が

悪くない限り 酸素は使わずに済みそうだ。

05_20201111134401

 

 

 

 

06. 経文や絵が書かれたチベット仏教の旗・

タルチョが 山を丸ごと覆う様などを見ながら、

やがて ゴルムド駅 2828m に到着。


ここで 高地走行専用の機関車に連結された。

 


その夜 力強い機関車のお陰で 世界最高地点

「 タングラ峠 5072m 唐古ラ 」 を通過

したのだが、残念ながら 真夜中のことで睡眠中。


しかし、 たとえ 昼間に峠を見たとしても

荒野に石標が一本立つのみらしい・・ 

 


実際は 夜間 あまりよく寝られなかったのだが、

カーテン越しに垣間見る 暗い夜空一面に輝く 

満天の星々には感動したものだ。

06_20201111134401

 

 

 

 


07.   ラサに着く前の4000m級の高地では 

ニェンチェンタンラ峰・7162m を筆頭に 

万年雪を頂くタンラ山脈の 神々しい姿が続いた。

 

 

放牧中の チベットヤクやロバの姿に 辛うじて

大自然の中の 人間の営みが感じられた。

07_20201111134401

 

 

 

 


08.  ほぼ21時間かかって ラサに到着。

道中 食堂車で食事を2回、 トイレも

まあまあの清潔度で、 問題無しの旅だった。

 

 

かつての高度世界一 南米ボリビアの高原鉄道を

追い抜いて、 2006年に開業したチベット鉄道は 

中国の誇り、、 今や絶大な人気を得ている! 

08_20201111134401

 

 

 

 

09.  ようやく着いたラサだが 標高は3640m、

やはり空気が薄く  ホテルの窓からの風景も

刺すような光に満ちていた。

 

高度に慣れるため しばしホテルで休息。

09_20201111134401

 

 

 

 

10.   しかし、じっとしておられず

早速 活気ある商店街を見に出かけたが、

酸素不足か やはり足取りは緩慢だった。

10_20201111134401

 

 

 

 

11.   小学校前、 親たちのお迎え。

ここにも 赤い 中華人民共和国成立70周年の

横断幕が掲げられていた。

11_20201111134501

 

 

 

 


12.   他の地域から来た巡礼旅行者、

男性の 服装や日差しを遮る帽子が印象的。


ふと上を見上げると 監視者がいた・・

ここはやはり 中国だ !

12_20201111134501

 

 

 

 


13. 女性達の服装には 一層興味をそそられる。

一口でチベット族と言っても 何十もの言語があり、


民族衣装も 恐らくそれぞれ どこか違うのだろう。

13_20201111134501

 

 

 

次は ダライ・ラマの宮殿に出かけます。

 

 

 

 

 

*    *    *    *    *

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他のカテゴリー

スペイン サンチャゴ・デ・コンポステーラ bellaのアトリエ 「アメリカ国立公園」は雄大なり! 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント 「チロル地方」オーストリア やっぱり凄い モンサンミッシェル りんごの村 アムステルダム アメリカ サンフランシスコ アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園 アメリカ ヨセミテ国立公園 アルザス・ロレーヌ アールヌーボー発祥の地 イギリス 植物王国 イタリア ウンブリア地方 アッシジなど イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど イタリア トスカーナ地方 イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど イールドフランス ウイーン 中欧・花の都 オンフルールは画家の聖地 カナダ メープル紅葉便り カナダからの手紙 英国の香り カンボジア アンコール遺跡群の旅 グラスゴーは意外とお洒落な街! ゴッホ終焉の地 ゴーギャンのブルターニュ ゴージャス!「イタリア湖水地方」 シスレー と ミレー スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 スコットランド エジンバラ スコットランド ネッシーとハイランド スコットランド中東部 歴史ある古都巡り スペイン サラゴサとタラゴナ スペイン サンチャゴ・デ・コンポステーラ スペイン マドリッド・セゴビア・アビラ・サラマンカ スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル スペインの「白い村」 スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と スロバキア ブラチスラヴァ セビリアとコルドバ アンダルシアの華 チェコ チェスキー・クルムロフと骸骨教会 チェコ プラハ チベット自治区・ラサ ダライ・ラマの宮殿 ドイツ 「ロマンチック街道」 ドイツ ドレスデン・マイセン ドイツ ベルリン・ポツダム ドイツ「 古城街道 」 ドイツ南端 「アルペン街道」 ノルマンディ(フランス) バカラ クリスタルの町 パンプローナとその周辺 ピレネー山脈・大自然とその文化 ピレネー山麓・フランス側も面白い! フランス・中世ロマネスクの旅 ブダペスト ドナウの真珠 ブルゴーニュ 美食の地 ブルターニュ どの町も個性的! ベルギー ブラッセル ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 ポルトガル コインブラ バターリャ アルコバサ ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 ポルトガル中部・ナザレ ファティマ トマール ポルトガル北部 ポルト ギマランイス ブラガ ポルトガル鷹の巣城 マカオ ”エキゾチックタウン” ミャンマー インレー湖 ミャンマー バガン・千の仏塔がある古都 ミャンマー ヤンゴンと郊外 ミャンマー・マンダレー ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” モネの色彩を育んだ町 モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” リヨン、フランス第2の都市 ルノワールのセーヌ川 ローマ 永遠の都 信州の風 光のスイスアルプス 光のフランスアルプス 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 北仏画家の町 北欧 スウェーデン・ストックホルム 北欧 ノールウェー オスロ 北欧 ノールウェー ベルゲン 北欧 ノールウェー 滝とフィヨルド 北欧 フィンランド・ヘルシンキ 南フランス これぞ憧れのプロヴァンス 南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン 南フランス カンヌ グラス 南フランス ツールーズ・アルビ・カルカソンヌ 南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス 南フランス ヴェルドン大渓谷 ムスティエ 南仏画家の町 台湾 異国情緒と懐かしさと 国内旅行 国内旅行 中国編 国内旅行 九州編 国内旅行 北海道編 国内旅行 北陸編 国内旅行 千葉の旅 国内旅行 東北編 国内旅行 東海編 国内旅行 沖縄編 国内旅行 関東編 奇岩のイタリアアルプス 活気のバルセロナ 花の都フィレンツェ 香港 びっくり見物記 魅惑のパリ

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド