アムステルダム

2020年9月11日 (金)

アムステルダム 空から見る水の都

アムステルダの美しいカレンダー写真があったので

参考までに 掲載することにした。

 

 

 

 

 

01.   空から見ると アムステルダムが正に水の都

だということが分かる。   中央駅は左側上部にある。

 

 

因みに アムステルダムはオランダの首都だが 

国会や官庁、王宮など 首都機能はハーグにある。

A_20200906170301

 

 

 

 

 


02.   広域の地図で見ると 半円形の 「中央区」 は

アムステルダムのほんの小さな一部だということが分かるし、

 

 

運河が 市の全域 広範囲に張り巡らされているのも

分かる。  人口82万の 賑やかさと美しさを併せ持つ

 

こんな街に住む気分はどんなものだろう!

B_20200906170301

 

 

ところで 我が家の海外旅行のお土産は 多くの場合

カレンダーだ。   旅行カバンに 凹凸なく収まるし、

思い出を まるまる一年間楽しめる。

 

 


それに どれ程の確立か分からないが、 

 


すっかり忘れてしまった 古いカレンダーが 

その年の日付と曜日に ピッタリ合ったりすると 

再び 日の目を見ることになる。

 

 


それはまるで 昔の恋人に再会した気分なのだ !

 

 

 

 

 

*   *   *   *   *

2020年9月 4日 (金)

アムステルダム 運河風景そして豆知識

アムステルダムからツールーズ方面の乗り換え時間を

利用して、アムステルダム市内を 駆け足で見物した。


 

 


01.  アムステルダムでは やはり運河を見なければ・・

橋桁に自転車をカギでつなぐ あの風景!

01_20200902164901

 

 

 

02.  運河は 17世紀 オランダの黄金時代に

人工的に掘られたもので 今や世界遺産となっている。

 


北のヴェネツィアと称されるが 

水運と自動車や馬車 両方が利用出来て実利的だ!

02_20200902164901

 

 

 



03.  半円形に何重にも張り巡らされた運河、

全長100km、90の島々、1500の橋

から成っている。

03_20200902164901

 

 

 

 

04. オランダ人は脚が長くて 自転車の車高も高い。

我々の胸の高さくらいを ビュンビュン飛ばして行く。

04_20200902164901

 

 

 

 

05. 運河には 歴史的に最も古い3運河など

道路と同じく 全てに名前が付いているが、


今回は名も知らず 美しい運河風景をただ楽しんだ。

05_20200902164901

 

 

 

 


06.   運河沿い・道路沿いの家々の破風部から

棒が一本突き出ている。 これは間口も狭く

階段も急な家の階上に 荷物を釣り上げる為だ。

 



荷物が建物にぶつからぬよう 建物はほんの少し

前のめりに建っているが、 そう見えるだろうか。

06_20200902164901

 

 

 

 

07.  運河をあと一本越せば アンネの家があったが、

 

HPの写真のように 今は観光地となっていて

見物する時間はとても無かった。

07_20200902164901

 

 

 

 

08.  因みにアンネの日記はオランダ語で書かれている。

 


アンネはフランクフルト生まれのドイツ人だが

迫害を避け移り住んだアムステルダムで、

オランダ語を母国語とする教育を受ける

ある程度平穏な幼少期を持てた、ということ 

 

また アンネの日記は 世間に発表することを

前提とした ちゃんとした作品で、

アンネは 死後ではあったが 小説家か

ジャーナリストになる夢を叶えた、ということも

 


僅かに ホッとさせられる話ではある。

08_20200902164901

 

 

 

 

09.   さて とある橋、ここだけ幅が

広く 盛り上がった広場となっている。

 


ここには ムルタトゥーリという小説家の像が

建っている。 彼はオランダの植民地主義は

 

余りにひどくありませんか、と批判した作家だ。

09_20200902164901

 

 

 


10. イギリスやオランダの植民地政策は

悪名高き搾取・やりたい放題の嵐だったと思う。
 

しかし ネットなど無い時代 欧州列強が

出先でどんなことをしていたか 正確な実情を

本国人がつぶさに知る由もない。

10_20200902164901

 

 

 


11.  彼のジャワ滞在中の経験を元とした

内部告発本は 長く本国では無視されたが、

 


英訳されてのち 植民地政策の濫用への

反省が 真摯に採り上げられ、 かくして

ムルタトゥーリも銅像となった次第だ。

11_20200902164901

 

 

 

 

12. さて 駆け足のアムステルダム見物も終え

中央駅近くに戻ってきた。

 



広い道路の向こうに 運河クルーズ船の

発着所が見えた。 そのまた向こうのエリアが

有名な ”飾り窓の女” レッド・ゾーンだ。

12_20200902164901

 

 

 

 

13.  赤いイルミネーションが 文字通り

運河を 赤インクのように染め上げる。
 

入り組んだ小路に 300ほどの小窓があり、

そこがまさに女性たちの仕事場だ。

 


昨今 レッドライトゾーン・見物ツアーなる

ものが 一晩で何百組と徘徊するらしい。

一人3000円ちょっと。

 


怖いもの見たさではあるが 良いガイドに当ると

素晴らしい蘭史が勉強できることもあると言う。

13_20200902164901

 


しかし、そのツアーは2020年4月で

禁止令が出たそうだ。 夜通し大晦日のような

 

混雑で 近隣へ迷惑となるし

’本当のお客さん’ が中に入りずらいらしい。

働く女性たちへの敬意なども理由だ。

 


昨今のグローバル化以前に

私もチラリと歩いたが 女性の見物客は

’お姉さんたち’ に毛嫌いされた ・・

 




この後

 

アムステルダムの空港から 無事ツールーズに

向かうことが出来 ホットした。


 

 



*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年8月28日 (金)

アムステルダムは多国籍の匂い 入ってはダメ・コーヒーショップ


アムステルダム乗り換えで フランス・ツールーズに

向かおうとしていた。 次の便まで4時間あったので、  

スキポール空港から電車に乗って

アムステルダム市内に行ってみることにした。

 

街までの電車の往復とゲートインまでの余裕を

考えれば 正味2時間余の冒険だった。 

 

 


 

01.  たまたま空港で かなり日本語の堪能な

地上スタッフに遭遇した。 街を見てくる時間など

あるだろうかと尋ねたところ

 


電車の乗り方など 丁寧に教えてくれたので、

思い切って 市内見物に突撃した。

01_20200827174301

 

 

 

 

02.  電車は2階建て、 さすがオランダ

自転車も乗せられる。 アムステルダム中央駅に

 

着いたのが4時半。 約20分の乗車だった。

02_20200827174301

 

 

 

 

03. 運河を埋め立てて建設、1889年開業の

有名な美しい駅舎を出ると、 外には 多国籍的な

人々と 混沌の匂いが待っていた。 

03_20200827174301

 

 

 

 

04. 昨今の移民問題が起きるずっと前から

オランダ自体はグローバルで 移民に寛容だった。

 


中央駅から繁華街に向かう交差点。

04_20200827174301

 

 

 

 

05.  実は 前日成田を発って この時点

日本時間 真夜中の2時頃になる。  強面の


お兄さんを見れば 目も覚めるはずだが、やっぱり

私の頭の中心は ボーっと寝ていたかも知れない。

05_20200827174301

 

 

 


06.  さすがオランダ、 

自転車専用道路の幅が広い!

06_20200827174301

 

 

 

 

07.  セックスショップも軒を連ねているが

一方 同じ通りで 家族連れも楽しげだ。

07_20200827174301

 

 

 

 

08.  こちらもさすがオランダ、

レンブラントが街の顔となっている。

 


因みに ここは建物を覆うほどビッグな印刷物も

プリント出来ます、という印刷屋さんらしい。

08_20200827174301

 

 

 

 


09.  カッコいいお嬢さん !

09_20200827174301

 

 

 

 

10.  アムステルダムの中心にある 「ダム広場」。

アムステル川を堰き止めるダムのあった場所だ。

 


マダムタッソー蝋人形館、第二次大戦戦没者記念塔

新教会 王宮 などが面している。

10_20200827174301

 

 

 

 


11. 「王宮」 はもともとは1665年に建てられた

市庁舎だったが  1808年にナポレオンの弟が

王宮として使い出したという珍しい経歴がある。

11_20200827174301

 

 

 


12.  他にも街には立派な建物が点在。 

 

最低あと2時間でもあれば、と残念ではあった・・

12_20200827174301

 

 

 

 

13.   さて、オランダでは 大麻を含む

ソフト・ドラッグの 一定量の販売と所持が

認められていることは有名だ。

 

地方自治体から許可証が出ているのが 

このような 「コーヒーショップ」。 

 

 

カフェには入っていいが コーヒーショップはダメ、

と覚えておかなければならない。

13_20200827174301

 

1997年には1179店舗あったものが 2007年

には702軒に減ったという。 さすがに国の統制は

緩むよりは 厳しくなっているようだ。

 

 

ベルギーやフランスから大麻ツアーが来るので

国境付近のショップは閉鎖されたと言う。

 

 


日本人も 成田で探知犬に匂いをかがれないよう、

コーヒーショップの前をウロウロしない方が

良いかもしれない !?

 

 

 

 

*    *    *    *    *

 

その他のカテゴリー

スペイン サンチャゴ・デ・コンポステーラ bellaのアトリエ 「アメリカ国立公園」は雄大なり! 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント 「チロル地方」オーストリア やっぱり凄い モンサンミッシェル りんごの村 アムステルダム アメリカ サンフランシスコ アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園 アメリカ ヨセミテ国立公園 アルザス・ロレーヌ アールヌーボー発祥の地 イギリス 植物王国 イタリア ウンブリア地方 アッシジなど イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど イタリア トスカーナ地方 イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど イールドフランス ウイーン 中欧・花の都 オンフルールは画家の聖地 カナダ メープル紅葉便り カナダからの手紙 英国の香り カンボジア アンコール遺跡群の旅 グラスゴーは意外とお洒落な街! ゴッホ終焉の地 ゴーギャンのブルターニュ ゴージャス!「イタリア湖水地方」 シスレー と ミレー スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 スコットランド エジンバラ スコットランド中東部 歴史ある古都巡り スペイン サラゴサとタラゴナ スペイン サンチャゴ・デ・コンポステーラ スペイン マドリッド・セゴビア・アビラ・サラマンカ スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル スペインの「白い村」 スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と スロバキア ブラチスラヴァ セビリアとコルドバ アンダルシアの華 チェコ チェスキー・クルムロフと骸骨教会 チェコ プラハ ドイツ 「ロマンチック街道」 ドイツ ドレスデン・マイセン ドイツ ベルリン・ポツダム ドイツ「 古城街道 」 ドイツ南端 「アルペン街道」 ネッシーとハイランド ノルマンディ(フランス) バカラ クリスタルの町 パンプローナとその周辺 ピレネー山脈・大自然とその文化 ピレネー山麓・フランス側も面白い! フランス・中世ロマネスクの旅 ブダペスト ドナウの真珠 ブルゴーニュ 美食の地 ブルターニュ どの町も個性的! ベルギー ブラッセル ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 ポルトガル コインブラ バターリャ アルコバサ ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 ポルトガル中部・ナザレ ファティマ トマール ポルトガル北部 ポルト ギマランイス ブラガ ポルトガル鷹の巣城 マカオ ”エキゾチックタウン” ミャンマー インレー湖 ミャンマー バガン・千の仏塔がある古都 ミャンマー ヤンゴンと郊外 ミャンマー・マンダレー ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” モネの色彩を育んだ町 モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” リヨン、フランス第2の都市 ルノワールのセーヌ川 ローマ 永遠の都 信州の風 光のスイスアルプス 光のフランスアルプス 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 北仏画家の町 北欧 スウェーデン・ストックホルム 北欧 ノールウェー オスロ 北欧 ノールウェー ベルゲン 北欧 ノールウェー 滝とフィヨルド 北欧 フィンランド・ヘルシンキ 南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン 南フランス ツールーズ・アルビ・カルカソンヌ 南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス 南仏画家の町 国内旅行 国内旅行 中国編 国内旅行 九州編 国内旅行 北海道編 国内旅行 北陸編 国内旅行 東北編 国内旅行 東海編 国内旅行 関東編 奇岩のイタリアアルプス 活気のバルセロナ 花の都フィレンツェ 香港 びっくり見物記 魅惑のパリ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック