ミャンマー インレー湖

2020年4月 3日 (金)

インレー湖 首長族のいる工房 首の長い老女と若い娘の組み合せ

ミャンマー中央部 シャン高原にあるインレー湖沿岸に 

 ’首長族 ’ が 出稼ぎに来る 手漉き紙と織物の

工房 「 ニン ・ ティサー 」 がある。

 

 

 


01.  ミャンマーには130余もの部族がいるが、

この 有名な首長族、パダウン族は 

タイとの国境近くの山岳地帯に住んでいる。


今日 彼らはほぼ観光収入で生活しており、代り合って

山から湖岸の売店に降りて来て 生活費を稼いでいる。

01_20200403161601

 

 

 


02.  観光客は インレー湖岸に点在する観光地を

水上ボートで一日がかりで回るのだが、 それぞれの

船着場近くでは 物売りボートが待ち構えている。

02_20200403161601

 

 

 


03.  さて 手漉き紙で有名な町 ・ ピンダヤの

「 ニン・ティサー工房 」 に立ち寄ると

和紙にも似た、 しかしさらに民族的な趣きを帯びた

紙の工芸品が並んでいた。
 

飾りの葉や花びらは 周辺から採取した本物の植物で

どれも少しづつ違っている。

03_20200403161601

 

 

 


04.     手漉きパルプを打つ人

04_20200403161601

 

 

 


05.    傘の骨組みも 木と竹で手作り。

少し小型だが 日本でも実用出来そうだ。

05_20200403161701



 


06.   さて、 この工房に 「首長族」 がいる。

はっきり言ってしまえば 観光客相手の出稼ぎ部隊だ。


こうして写真を撮らせたり 機織りの様子を見せて、

お金を稼ぐ。   チップ用の小皿も置いてある。

 


真鍮の輪を嵌めるのは部族の女性だけで 年齢分づつ

輪の数が増える。  手首や足にも輪を嵌めているが、

ずっと付けたままで 風呂などでも外さない。

06_20200403161601

 

 

 


07.  好奇の目に晒し 見世物にするのを批判する

文明国の論調もある。   一方 出稼ぎではなく

直接 村に観光客を誘致して  入場料や土産物で

生計を立てている部族もある。


彼らを見て物珍しさを感じるのは 当然の心情だが

彼らの生き方を尊重しつつ 在るがままに受け入れたい。

07_20200403161601

 

 

 


08.  そもそも首長族には美人が多く、金ぴかの

首輪に負けない カラフルなお洒落を纏う女性たち、 

観光大使として これ以上ない魅力的な部族なのだ。

 


後で気付いたのだが、 写真を撮らせたり 機織りを

見せたり、  どんな場面でも 長い首輪の老人と 

首輪は短いが美人の若い娘とが ペアになっている。
 

何というアピール上手!  間違いない組合せだ。 

08_20200403161601
( この工房を出た所でも 土産ボートがやって来た )

 

 

 

 

09.  次は 「 ガーペー僧院 」 を湖上から眺める。


途中 水上パゴダや トマトを栽培する浮き畑があった。 

09_20200403161601

 

 

 

 

10.  ところで 首長族、本当に 首が長くなるのでは

なく、7kgにもなる首輪の重みで 鎖骨・肩が下がり、

結果 首が長く見えるようになるのだとか。

 


首が長ければ長いほど美人、 つまりは歳を取っても

一方で 首輪の数が増え 尊敬と誇りが得られる。


我々と違い 加齢も一つの生き甲斐となるのだろか。

10_20200403161601
           ( インレー湖風景 )

 

 

 

 

11. 当夜は インレー湖西岸の町 カウンダインの

水上ホテルに宿泊。     ホテル付近の丘では


日本の鳥居みたいなものが パゴダまで続いていた。

11_20200403161701

 

 

 

 

12.  インレー湖の浮き畑群。  水面に 浮いては

いるものの  ほぼ 陸地同様の農地となっている。


所々に 恒久的な作業小屋が建っている。 

12_20200403161701

 

 

 

 

13.    前夜  湖で獲れた魚料理などを食べ

目覚めた朝、ヤンゴン航空国内線で首都ヤンゴンに。

13_20200403161701

 

まだ発展途上にある ミャンマーの地方の町や村を、

そして素朴な生活ぶりを あちこちで見て来たが、


 

可愛いらしいキャビンアテンダントを見て思った。


ミャンマーでは さぞ 華やかな職業なのだろうなと ・・

 

 

 

 

 

*    *    *    *    *

 

 

 

2020年3月27日 (金)

インレー湖 縦の糸はロータス・シルク 鏡餅!5体の金箔仏像

ミャンマー中央部 シャン高原にある 「 インレー湖 」 、

沿岸地帯には   いくつかの伝統工芸品があるが

” ロータス・シルク ” は その一つだ。

 

 

 


01.   シルク、 っと言っても 正体は蓮の繊維。


蓮の茎から繊維を剥ぎ取り 紡いで糸にするという

超絶繊細な作業が 現在でも 手で行われている。

01_20200325160701

 

 


02.  インレー湖西岸には  仏教寺院や伝統工芸の

工房などが 多く点在し、  染色・織物工房もある。

02_20200325160701

 

 


03、  さて、 剥ぎ取られた 30~50cm位の

蓮の繊維は  昔ながらの糸車を回しつつ 

ベテラン職人の指先で紡がれ 1本の糸になる。


どれ程 熟練の技が必要なことだろうか !

03_20200325160701

 

 


04.  ここは  「 ミャー・セッチャー工房 」

1932年来 約100人の職人が働いている。 

04_20200325160701

 

 


05.   機織り機越しに 湖面と小舟が光る。


縦の糸がロータス、 横の糸が木綿

逢うべき糸に  出逢えることを

人は仕合わせと呼ぶ ・・・


そして 織りなす布は さすがに高く、

行きずりの客は 気軽に買えない ・・

05_20200325160701

 

 


06.   ” 自家用車 ガレージ  ” 

06_20200325160701

 

 


07.    次は 有名なパゴダに向かう。

この辺り、
ヴェニスの運河風景を彷彿とさせる。


大運河 小運河 そしてリアルト橋みたいな架け橋 、、

船や橋の素材は違っても 水に生きる人の営みは同じ。

07_20200325160701

 

 

 


08.   「 ファウンドーウー・パゴダ 」 着。

都会的なお姉さん、 お洒落 !

08_20200325160701

 

 

 


09.    1955年に新築されたこのパゴダは 

豪華絢爛、鄙びた田舎を見た後では目が覚めるようだ!

09_20200325160701

 

 

 


10.  建物は新しいが、 12Cにバガンの王が

残したとされる5体の仏像が 本尊として祀られている。


皆 裸足になって祈りを奉げる。

10_20200325160701

 

 

 


11.  五体の仏像に金箔を貼り 功徳を積むのは

男たち。 女性は台座に上がることを許されてない。


仏塔ではどこでもそうだから  ミャンマーで

目くじらを立てる女性はいないようだ。

11_20200325160701

 

 

 

12.  ところで、 5体は当初 小さい木彫りの

仏像だったらしい。    1934年の写真では 

法衣を着せられ、まだ仏像らしい形態を留めている。

 


それが2019年末 鏡餅みたいなこのお姿はどう!

12_20200325160701

 

 

 


13.  ビルマ (ミャンマー) の歴史的 社会的

経済的変遷を経て  お参りに来る人たちの人数は

昔より 何倍にもなったに違いない。

 


100年後は 

どんな ’ 球体 ’ になっているだろうか!?

13_20200325160701

 

それにしても この煌びやかで 華やかな装飾は

なんて魅力的なのだろう ・・

 


侘び寂びを良しとする日本人にも  

こんな 率直な 
愛らしい装飾への憧れが 

少なからず心に潜んでいると思う 。

 

 

 

 


*    *    *    *    *

2020年3月20日 (金)

ミャンマー・インレー湖 水上生活と浮き畑 子供はミャンマーの宝


ミャンマー中央部 シャン州シャン高原の

標高900mあたりに 「 インレー湖 」 がある。

 

 

 


01.  南北に22km 東西に6kmの細長い湖、

先進国と一味違う 穏やかで美しい沿岸風景が広がる。


湖の東岸に 観光スポットは少ないが、 人々の

一風変わった住まい方を 垣間見ることが出来る。

01_20200320135901

 




02. 水上生活をする彼らの足は 手漕ぎボートだ。

02_20200320135901



 


03.  乾季なら水深2m 雨季なら6mくらい、


湖水に突き刺さる幾百の木材は 水に強いチーク材

だろうか。 家屋の構造や暮らし方に 経験から得た

彼ら独特の工夫が 施されていることだろう。

03_20200320135901



 


04.   水道・電気 パラボラアンテナもある。

猫だって 自家用ボートを持ってマス !?

04_20200320135901



 


05.  インレー湖の農地は 独特な ” 浮き畑 ” だ。

湖に植生する浮草を大量に集め、その上に湖底の土を載せる。


浮草農地は水位に応じて浮き沈みはするが 水中に没して

しまうことは無い。   トマト ナス 稲などの植え付け 

収穫作業は 全て船に乗って行われる。

05_20200320135901

 

 


06.   子は宝、 そして 素晴らしいバランス力

06_20200320135901

 




07.    ” 行ってらっしゃい ! ”

07_20200320135901

 




08.   ここは ミャンマー版 ’ 学童保育  ’。


みんな 意外とちゃんと 勉強している 、、 

子供はミャンマーの宝。

ミャンマーの時代は 遠からず きっとやって来る ! 

 

 

ノートを見せてもらうも ミャンマー文字の壁で苦戦!

08_20200320135901

 

 

 


09.     薄暗くて  少々ピンボケ、

でも子供達の元気は伝わる !?

09_20200320135901

 

 

 


10.     湖面を彩る可憐な蓮の花

10_20200320135901

 

 

 


11. さて 水上生活の家々は大変興味深かったが、

実際のところは 当然ながら 普通に陸地で暮らす

人々の方が多い。        そして、

 


彼らの暮らしぶりも 水と密接に結びついている。

家のそばを流れる水路は 生活の要だ。 

11_20200320135901

 

 

 


12.    ”  あっ 危ない、 落ちる !!  ”

12_20200320135901

 

 

 


13.   いえいえ、 これは インター族の漁の仕方。

片足のみでバランスを取ることによって

漁の自由度が増すのだそうだ。

13_20200320135901

 

因みに インレー湖観光には 観光用のボートがある。

漁師の船と比べ  細長い点は同じだが

一列に綺麗な座席が並び モーターも付いている。

 

 

インレー湖の主な観光スポットをボートで巡ったが

飛沫を上げながら 凄いスピードで走るので

めっちゃ爽快だった ~ !

 

 

 

引き続き 南岸 西岸の観光スポットを巡ります ~

 

 

 

 

*    *    *    *    *

2020年3月13日 (金)

ミャンマー カックー・パゴダ 信心深いパオ族と綺麗なお姉さん

ミャンマーの中央部 シャン州シャン高原の山間部に 

「 カックー 」 という

2478基の仏塔が建つ不思議なムードの聖域がある。

 

 

 


01.    カックーに入るには 

手前の町タウンジーで入域料を支払い、地元パオ族の

ガイドが同行することが義務付けられている。


ガイドは英語を話せる大学生など インテリだ。


’タナカ’ を塗る現地人と比べ 化粧も上手で 

現れた時は ハッとするほど綺麗に感じた。

01_20200313104001

 

 


02.   レストランで 頭飾りを巻いて見せる。


パオ族は龍の子孫を自認しており、ターバンは龍を

意味している。     黒い服も民族衣装だ。

02_20200313104001

 

 


03.   いよいよカックーの仏塔寺院遺跡

「 カックー ・ パゴダ 」 にやって来た。


仏塔建設は12世紀に始まり 16~18世紀に最盛期を

迎えたが、   1975年の大地震で崩壊したり

2016年の台風で被害を受けたりした。

まだ 一部尖塔が曲がっているものもある。

03_20200313104001

 

 

 


04.    航空写真にある通り (右上) ↘

2478基の仏塔がびっしりと遺跡を埋め尽くしている。
 

搭の形や 搭内部の仏像は 部族や個々の家系により

多種多様で とても個性的だ!


金色の仏像も鎮座していたが 銃をもった兵士も鎮座。

部族間の争いや 中央に反する分子がいるのか不明だが、 

写真をお願いすると 銃を背中にどけてくれた。

04_20200313104001

 

 

 


05. 仏塔は 当時の王朝から 各家庭で一基づつ

寄進するよう命ぜられたもので、 寄進者の種族 

地位 財力に応じた特徴が出ているが、全体的には

彫像や装飾に インド仏教の影響が見られる。

 


このパゴダ遺跡、 外国人に開放されたのが

2000年で、 まだメジャーな観光地ではない。

05_20200313104001

 

 

 


06. 地域のパオ族の暮らしも 少々垣間見てみた。


綺麗な現地ガイドのお姉さんと違って、

村には 現実的な ありのままの生活があった。

06_20200313104001

 

 

 


07.    素朴な家の作りの割に、

大きく立派な神棚に 驚かされた。

07_20200313104001

 

 


08.  裸電球と囲炉裏、部族の長らしき人物の写真。

鍋の湯気と煙が漂う 薄暗い室内。 
   

質素ながら堅実で信心深いパオ族の生活の一端を見た。

08_20200313104001

 

 


09.   入域料を支払った町、 タウンジーの賑わい。

09_20200313104001

 

 


10.     パオ族の肝っ玉母さんたち

10_20200313104001

 

 


11. モーターバイクの広告塔が 何だか 別世界的 !

11_20200313104001

 

 


12.    さて、こちらは地元の公立小学校。

本当に可愛らしい !

12_20200313104001

 

 


13.   カックー・パゴダの門前で出会った子供達。  

制服を着ているところを見ると、多分私立小学校だろう。


もしかして 仏教寺院が経営する私立校かも知れない。

ある程度 経済的に恵まれた家の子たちだろう。

13_20200313104001

 


カックー ・ パゴダという 稀有な遺跡を見に 

一日がかりで やって来た奥地だったが、 


思いがけなく パオ族の現代生活を垣間見られ

大変面白い旅となった。 

 

 

 


*   *    *    *    *

 

 

 

 

 

 

その他のカテゴリー

bellaのアトリエ 「アメリカ国立公園」は雄大なり! 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント 「チロル地方」オーストリア やっぱり凄い モンサンミッシェル りんごの村 アメリカ サンフランシスコ アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園 アメリカ ヨセミテ国立公園 アルザス・ロレーヌ アールヌーボー発祥の地 イギリス 植物王国 イタリア ウンブリア地方 アッシジなど イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど イタリア トスカーナ地方 イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど イールドフランス ウイーン 中欧・花の都 オンフルールは画家の聖地 カナダ メープル紅葉便り カナダからの手紙 英国の香り カンボジア アンコール遺跡群の旅 グラスゴーは意外とお洒落な街! ゴッホ終焉の地 ゴーギャンのブルターニュ ゴージャス!「イタリア湖水地方」 シスレー と ミレー スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 スコットランド エジンバラ スコットランド中東部 歴史ある古都巡り スペイン サラゴサとタラゴナ スペイン マドリッド・セゴビア・アビラ・サラマンカ スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル スペインの「白い村」 スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と スロバキア ブラチスラヴァ セビリアとコルドバ アンダルシアの華 チェコ チェスキー・クルムロフと骸骨教会 チェコ プラハ ドイツ 「ロマンチック街道」 ドイツ ドレスデン・マイセン ドイツ ベルリン・ポツダム ドイツ「 古城街道 」 ドイツ南端 「アルペン街道」 ネッシーとハイランド ノルマンディ(フランス) バカラ クリスタルの町 パンプローナとその周辺 ピレネー山脈・大自然とその文化 ピレネー山麓・フランス側も面白い! フランス・中世ロマネスクの旅 ブダペスト ドナウの真珠 ブルゴーニュ 美食の地 ブルターニュ どの町も個性的! ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 ポルトガル コインブラ バターリャ アルコバサ ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 ポルトガル中部・ナザレ ファティマ トマール ポルトガル北部 ポルト ギマランイス ブラガ ポルトガル鷹の巣城 マカオ ”エキゾチックタウン” ミャンマー インレー湖 ミャンマー バガン・千の仏塔がある古都 ミャンマー ヤンゴンと郊外 ミャンマー・マンダレー ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” モネの色彩を育んだ町 モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” リヨン、フランス第2の都市 ルノワールのセーヌ川 ローマ 永遠の都 信州の風 光のスイスアルプス 光のフランスアルプス 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 北仏画家の町 北欧 スウェーデン・ストックホルム 北欧 ノールウェー オスロ 北欧 ノールウェー ベルゲン 北欧 ノールウェー 滝とフィヨルド 北欧 フィンランド・ヘルシンキ 南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン 南フランス ツールーズ・アルビ・カルカソンヌ 南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス 南仏画家の町 国内旅行 国内旅行 中国編 国内旅行 九州編 国内旅行 北海道編 国内旅行 北陸編 国内旅行 東北編 国内旅行 東海編 国内旅行 関東編 奇岩のイタリアアルプス 活気のバルセロナ 花の都フィレンツェ 香港 びっくり見物記 魅惑のパリ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック