北欧 ノールウェー 滝とフィヨルド

2019年3月 8日 (金)

ショース大瀑布前で停車するフロム鉄道&不気味な妖精の歌


ノールウェー観光のハイライト  ソグネ・フィヨルドの遊覧船コースを

楽しんだあと、  千メートル近い岩山を登る山岳鉄道に乗ってみた。


難工事の末 1940年に開通したこのフロム鉄道、

こちらでも ノルウェーの大自然を充分堪能させてもらった。 







01.      フロム鉄道の フロム駅~ミュルダール駅の途中

標高630mにある ショースフォッセン駅は   

この 「 ショース滝 Kjosfossen 」 を見る為だけに作られた駅だ。

01








02.      崖の上の方にいた赤い服の女性が いつの間にか

発電所の建物脇まで降りて来て 何やら踊っている ・・   因みに


この電力は 1944年来 フロム鉄道を動かす動力源となっている。

02








03.   さて 乗り込んだ車内は木壁のレトロ調で 心地良かった。

フロム鉄道は全長20.2kmだが 標高差が863.5mもある。 


フィヨルドの海面レベルから 866mのミュルダール駅まで

列車が汗を掻きかき !? 約55分で登ろうと言う山岳鉄道だ。

03








04.     全部で20ものトンネルをくぐるが、 途中 岩壁内部を

180度旋回する馬蹄型トンネルもあった。   乗客としては 実際

回っていると実感出来ないが 柵越しの景色にはゾクゾクさせられた。



滝とジグザグ山岳道路の最上部に 小さくミュルダール駅が見える。

あそこまで登るのだ !

04








05.      さて ショースフォッセン駅着。  5分程停車する。

05








06.      プラットフォームが そのまま観爆台だ。

06








07.      世界中からの観光客の 一生の思い出となる !

07








08.      後方の氷河湖レイヌンガ湖から流れ落ちるショース滝は

落差93m、下流まで入れて全落差255m 凄まじい迫力だ。

08








09.      さて、この女性は ノールウェーの民話に登場する妖精・

フルドラ Fuldra だと言う。    観光客へのサービスの一環として 


列車が着くと 踊り 歌い出す。     国立バレエスクールの生徒が

交代で扮しているそうだが  彼女ら 待ち時間はどうしているのだろう ・・

09








10.     その妖精の歌は  耳をつんざくような大瀑布の音もあり、

生声のソプラノではなく 拡声器からの不気味な!?アルトの旋律だった。


美しき森の妖精フルドラは 多くの場合、 豊かな毛量と

スカートの中に尻尾を隠し持つ  摩訶不思議な存在で、



ライン川のローレライに 男を惑わすような旋律と声音が似合うように

フルドラの歌声は ’気持ち悪いくらいが丁度いい’ のかも知れない。

10








11.    プラットフォームは 谷あいの限られた場所に作られている。

列車の先頭と後尾はトンネルの中だ。


ダイナミックな光景を満喫した乗客は それぞれの座席に戻る ・・

11








12.    このあとミュルダール駅のカフェで一服、 ベルゲン鉄道で

「 ヤイロ 」 へ、  そして 「 オスロ 」 へ向かった。

12








13.     長閑な緑の山間地帯の 小さな町を幾つも通ったが


こんな  湖とも海ともつかぬ水辺と 湿地とも岩原ともつかぬ陸地と

6月の候、 残雪とも万年雪ともつかぬ雪の丘にも 出会った。

13





オスロはノールウェーの首都だ。

ノールウェーの自然に触れるのはこれが最後かも知れない。  




やっぱり はるばる北欧にやって来て良かった ! 


オスロで ムンクの絵を見るのも楽しみだ ・・ 







********      ********    

2019年3月 1日 (金)

ハイブリッド遊覧船でソグネフィヨルドを行く・美しき水鏡の風景画

 

  ノールウェー最大のフィヨルド 「 ソグネ・フィヨルド Sognefjorden 」は

海から内陸に203kmも分け入り  最大深度1308mの地点もある。   



そのソグネ・フィヨルドの最奥部にある2つの支流を巡る 定番の

遊覧船コース (グドヴァンゲン~フロム間) を楽しんだ。







01.    フィヨルドと岩山 そして緑の森に囲まれたグドヴァンゲン村は

フェリーの発着所として フィヨルド観光の玄関口となっている。


この建物 内部には土産物が並び ソファもあって、 フェリーの待合所だと

思っていたが 実は 「 Gudvangen Fjordtell 」 というホテルだった。 


維持管理に案外手間がかかるという 独特の草屋根が魅力的だ。 

01

 






02.   村は ’ヴァイキング’ を観光の中心コンセプトとしている。


ホテルの屋根、港側は草屋根が無く 手抜きかなと思ったが大間違い! 
 


港側は全面ガラス張りとなっていて、  昼は 燦々と日が差し込み

部屋やテラスから 岩壁や滝を眺める展望窓となり、

夜は 極夜時期を含め 屋根から漏れる灯りが 港のミニ灯台になる。

02








03.     いよいよ 遊覧船で ソグネ・フィヨルドの支流となる 

世界遺産 「 ネーロイフィヨルド 」 (長さ約20km) に滑り出した。 



流れの幅250mの両岸に 1000mを越える岸壁がそそり立つ。

峰から落ちる滝をカメラで追うが やがて 数が多過ぎて手が止まる・・・

03








04.     乗船した 北欧的シンプルデザインの船舶 「 Vision号 」 

は 環境に配慮したハイブリッド船で、 岸壁迫り来る 曲がりくねった水道に

差しかかると  速度10ノット以下 バッテリー電力のみの航行となる。



バッテリーに切り替わると、 ほぼ無音航行となり 

実に静かな まさに 水面を滑るような旅路となった。

04








05.     この岸壁と同じ角度で深水部まで切れ込んでいる。

05








06.       鏡のような湖面   ( 海、ではあるけれど )

06








07.      所どころ 村や牧場 教会などが出てくる。

残雪を頂く山々、 文字通りロマンチックな北欧の風景画だった ・・

07








08.       これも 水鏡 !!

08








09.    グドヴァンゲン~フロム間は 逆さV字型の航路となっている。 


中間点で こちらも ソグネ・フィヨルドの支流 「 アウルラン・フィヨルド 」 

(長さ約20km) へと向きを変えた。 

09

 






10.       やがて少し大きな町・アウルランが見えて来た。  

終点が近い。       合計2時間ほどの旅となった。

10








11.     「 フロム Flam 」 港着。  これ程の大型クルーズ船が

入港出来ること自体 水深の深さを物語っている。 

11

 






12.     フロムは ベルゲン鉄道や 鉄道の最高傑作と称される

急勾配走行のフロム鉄道 の拠点となる町で、  私達とは逆に 

フロムからグドヴァンゲンへ向かう観光客の方が 多いかも知れない。



私達はこの後 その急勾配を登るフロム鉄道でミュルダールへ向かった。




町の背後にそそり立つ岸壁から幾筋も滝が流れていたが

船から降りる頃は すっかり日常的風景となり、 気付かない程だった!

12








13.     案の定 折り返しの 「 ハイブリッド Vision号 」 には

乗客の長い列が出来ていた。

13



遊覧船では ただ ボーっと景色を眺めるだけで 

何村とだか 折り返し地点だとか 一切考えず




ひたすら 

’ 美しく静かなるフィヨルドの 水鏡の風景画 ’ に陶酔した旅となりました。







********      ********

 

2019年2月22日 (金)

「ツヴィンデの滝」「ホテル・スタルハイム」フィヨルドの話あれこれ


ノールウェー・ベルゲンの北東約140kmに 谷間の絶景で有名な

スタルハイム村がある。   ベルゲンからスタルハイムに向かう途中 

Vossという町の近くに 目を引く大きな滝があった。







01.       「 ツヴィンデの滝 Tvindefossen 」


落差150m、 岩棚を段々に落下する雪解け水の流れは華やかで

リズミカルな音楽が聞こえて来そうだ。

01








02.   ツヴィンデは古ノルウェー語で2つの、を意味し 二本の滝が

隣り合って流れ落ちることから名づけられたが、 下に行くほど枝分かれし

まるで ’ 家系図 ’ みたいな滝になる。

02








03.     このツヴィンデの滝は ディズニー映画・アナと雪の女王の

ロケーションモデルになったといわれている。   

  主人公のお城の町も

三角屋根の あのベルゲンのブリッゲン地区がモデルだと言う。



いずれにせよ 映画は 主に冬のノールウェーの極寒の風景に 

想像を交えての産物だから  夏の風景は参考に過ぎないだろうけど。

03








04.      また この滝は ’ 若返りの滝 ’ といわれ、 

水を一口飲めば10年は長生きできる という言い伝えがある。 


私は2回飲んだので あと20年は大丈夫かも知れない !

04








05.   若返りの滝から数十km、「 ホテル・スタルハイム Stalheim 」 

に着いた。     1842年創業の老舗・スタルハイムホテルは 


真正面の滝と フィヨルドが作った谷間の絶景が売りで、 

欧州の片田舎!? にあるのに 長くその人気を維持している。

05

 






06.     外観・内装共にシンプルな北欧スタイルだが 木のぬくもりが


心地よい。 草の生えた屋根は 三角屋根に白樺樹皮を葺き その上に

芝を敷き詰めたものだ。   隙間風も防げるし 冬は防寒にもなると言う。

06








07.    渓谷側の部屋を注文しておいたので 絶景を飽かず眺められた。

左側が生の風景で  右側がガラスに映った風景だ。

07








08.     夕食はバイキング、 肉や野菜も食べたが やはり魚料理を

狙い撃ち。  右下はアメリカ人の新婚夫婦 (年齢と新婚は関係なし!)。


従業員さんの首筋に刺青が。  動脈の上だから相当真剣だ。

” 猛 滋 不 変 ” という字列の色が滲んでいる。 


意味を聞いたが 当を得ない。   何かの聞きかじりの中国語に 

彼女の願いとイメージを 重ね合わせたのかも知れない。

08








09.       実はこのホテル 私達 二度目の訪問だ。  

ウン十年前 3歳の娘を連れて夏のバカンスにやって来た。 

  まだ日本人は見当たらず 周りは 西洋の紳士淑女ばかり。



夕食時 娘はニコニコと愛嬌を振りまきながら レストランを歩き回わる。


例えばフランスでは 一歩家の外に出たら ” 子供は小さな紳士 ”、

挨拶もマナーも一人前でなければ 世間に出る資格がない。  

テーブルから離れて 歩き回るなんてもってのほかだ。




っと 一人のフランス人が言った。   ” これが本当の子供だ。 

あなたたちは 素晴らしい育て方をしている !! ”    



甘やかされ放題の日本の子供も知っているし、 青白き人形の如き

フランス人の子供も知っている。   自戒もあり、 言われて単純に

喜んだ訳ではないが、 実に印象深く忘れ難い紳士の言葉だった。

09








10.    さて変わって こちら ’ハダンゲル・フィヨルド’ 沿いのホテル、

ウルヴィク Ulvik 町にある 「 ホテル・ブラカネス Brakanes 」 の

正面には 典型的なフィヨルドの絶景が広がっている。

10








11.     ハダンゲル・フィヨルドはベルゲンの南側に位置している。


朝夕で 天候で 季節で、 フィヨルドの風景はそれぞれ変化するが 

テラスで過ごした短いひと時でも 大変気持ちが良かった !

11








12.     ホテルの隣の敷地には 白い教会と墓地があった。


ノールウェーの教会はほぼ木造だ。    石造りとは趣を異にした

親しみやすさがあり、  旅の道中で木の教会を見つけては喜んだ。

12

  






13.      フィヨルドには 大きな吊り橋が架けられている。


ノールウェーの海岸線の長さは 83,281kmで 世界第2位、 

フィヨルド湾に一体幾つの このような橋が架けられているだろうか ・・



また フィヨルド湾の所どころで サケなどが養殖されていた。

こんな養殖場を見つけるのも 楽しかった。

13



因みに 海岸線の長さ 世界一はカナダ。 しかし国土面積自体が

大きいので (ノールウェーの22倍) 比較にならない。




似たような大きさの日本の海岸線の長さは 29,751km (第6位)



四方を海に囲まれた さすがの日本も 

ノールウェーのフィヨルド海岸線には負ける という塩梅だ !







********      ********

 

2019年2月 1日 (金)

ノールウェー「裏見の滝スタインダール」「内陸の不思議な景観」


ノールウェーと言えばフィヨルド、 フィヨルドと言えば 氷河による

浸食作用で削られた 切り立つ断崖の足元に続く細長い入江のこと。       



今回は 有名なフィヨルドの一つ 「 ハダンゲル・フィヨルド 」 に

やがて注がれる名瀑を訪ね、  さらに フィヨルドの先の内陸で

どんな風景が広がるのか追ってみた。







01.     ノールウェー第2の都市・ベルゲンの南東約80km


ノールハイムスン村の近くに 「 スタインダールの滝 (Steinsdalsfossen) 」 

がある。  この流れはやがて ハダンゲル・フィヨルドへ注がれる。 

01

 






02.    1699年 川の流れが変わったことで 突然出現した 

落差50mのこの美しい滝は  ” 裏見の滝 ” として有名だ。 


滝の裏手に道が整備され 安全且つ濡れずに 滝を見ることが出来る。

02








03.      雪解け水が最も豊富に集まる6月、 見事な水量だった。


橋わきの土産物屋まで 風に舞う霧がもうもうと押し寄せ 

客の出入りの度 ドアは閉められた。

03

   (      滝裏の小道   )







04.       レース模様のしぶき越し ・・

04








05.      断崖がV字に切れ込んだ雄大なフィヨルドの風景も 

内陸では穏やかなものとなる。  時々 草が生い茂る屋根も現れる。  


私は それを見つけてはシャッターを切って楽しんだ ・・

05








06.      野の花に覆われた農村の道端に 数軒まとめての

郵便受け箱と 投函ポストが設置されていた。

06

  






07.      再び こんな岩山も現れる。

07








08.      国道7号線は やがて ハダンゲル・フィヨルドを離れ

エイド・フィヨルドAidfjord 沿いに進む。     そのどこかで


古い石橋に出会った。  「 マーボ橋 Mabo Bridge 1910年造 」 は 

9.3mと7.9m ふたつのアーチを持つ 長さ55mの石橋だ。

08

   






09.     現在は トンネルが開通し 橋は使われなくなり

文化財として保護されている。  切り立つ崖と激流、 ノールウェーの 

厳しい自然を目の当たりにして 怖ろしささえ覚えた。


この 全長72kmの Bjoreio 川も エイド・フィヨルドに注がれる。

09

  






10.      さて 国道7号をさらに進むと、 フィヨルドは終わり 

川ともつかぬ 湖ともつかぬ 不思議な景観に変わっていく。

10

 






11.      ベルゲン
オスロ間は 直線で約300km、 飛行機で

1時間弱、 もちろん列車も通っている。  車・バスでは延々と7時間。  



残雪を頂く丘と一軒家、 圧倒的な大自然と覚悟ある人間の営み、

美しいような、 寂しいような、 ただただ無言で見つめるばかりだ。

11








12.    観光パンフレットや画像でよく見る 典型的なフィヨルドの先、 

内陸が こんな風景になるとは想像もしていなかった。   これらも


恐らく氷河が削った湖か河川だろう。  細々海と繋がっているのも 

中にはあるかも知れない。  舐めてみないとわからない。



民家すらない 水と陸地がせめぎ合う寂寥の風景が さらに続いた ・・

12








13.     さてそんな中、 もちろん 時々町もコンビニも現れる。


’ Kundetoalett ’ Kunde とは あなたのこと、カスタマーだよ と

写真のお兄さんが教えてくれた。    旅先のトイレは有難い。

13




ところで ノールウェーの消費税は25%、 福祉政策の恩恵を受けない

観光客にはかなりの負担だ。 サンドイッチドック 46クローネ (736円)

ドリンク込みで74K (1184円)、アイスが29~36K (464~576円)




こういう所で食事を簡単に済まそうと思ったら大間違い、

かえって ちゃんとストランで料理を食べる方が 安い場合もある。





いろいろ勉強になりました !






********      ********    

 

その他のカテゴリー

bellaのアトリエ 「アメリカ国立公園」は雄大なり! 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント 「チロル地方」オーストリア やっぱり凄い モンサンミッシェル りんごの村 アメリカ サンフランシスコ アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園 アメリカ ヨセミテ国立公園 アルザス・ロレーヌ アールヌーボー発祥の地 イギリス 植物王国 イタリア ウンブリア地方 アッシジなど イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど イタリア トスカーナ地方 イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど イールドフランス オンフルールは画家の聖地 カナダ メープル紅葉便り カナダからの手紙 英国の香り カンボジア アンコール遺跡群の旅 グラスゴーは意外とお洒落な街! ゴッホ終焉の地 ゴーギャンのブルターニュ ゴージャス!「イタリア湖水地方」 シスレー と ミレー スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 スコットランド エジンバラ スコットランド中東部 歴史ある古都巡り スペイン サラゴサとタラゴナ スペイン マドリッド・セゴビア・アビラ・サラマンカ スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル スペインの「白い村」 スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と セビリアとコルドバ アンダルシアの華 ドイツ 「ロマンチック街道」 ドイツ「 古城街道 」 ドイツ南端 「アルペン街道」 ネッシーとハイランド ノルマンディ(フランス) バカラ クリスタルの町 パンプローナとその周辺 ピレネー山脈・大自然とその文化 ピレネー山麓・フランス側も面白い! フランス・中世ロマネスクの旅 ブルゴーニュ 美食の地 ブルターニュ どの町も個性的! ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 ポルトガル コインブラ バターリャ アルコバサ ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 ポルトガル中部・ナザレ ファティマ トマール ポルトガル北部 ポルト ギマランイス ブラガ ポルトガル鷹の巣城 マカオ ”エキゾチックタウン” ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” モネの色彩を育んだ町 モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” リヨン、フランス第2の都市 ルノワールのセーヌ川 ローマ 永遠の都 信州の風 光のスイスアルプス 光のフランスアルプス 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 北仏画家の町 北欧 スウェーデン・ストックホルム 北欧 ノールウェー ベルゲン 北欧 ノールウェー 滝とフィヨルド 北欧 フィンランド・ヘルシンキ 南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン 南フランス ツールーズ・アルビ・カルカソンヌ 南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス 南仏画家の町 国内旅行 国内旅行 中国編 国内旅行 九州編 国内旅行 北海道編 国内旅行 北陸編 国内旅行 東北編 国内旅行 東海編 国内旅行 関東編 奇岩のイタリアアルプス 活気のバルセロナ 花の都フィレンツェ 香港 びっくり見物記 魅惑のパリ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック