アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園

2018年9月 7日 (金)

「階段300段の岩山モロ・ロック」「開拓時代風キャビンに泊まる」


セコイア・キングスキャニオン国立公園には セコイア以外にも

興味深いものが 幾つかありました。






01.     「 ジュニア・レンジャー 」    12歳までの子供たち 


国立公園の成り立ちや動植物の保護など、 ビジターセンターで渡された

テキストをよく勉強し、  本物のパークレンジャーの解説を受け、


そのあと宣誓式を行って 晴れがましいレンジャーバッジを受け取る。

01








02.     セコイア・キングスキャニオン国立公園の新聞によると、


熊を呼び寄せないよう 山歩きで不用意に 食料や香水の匂いすらも

発てないこと、  車内に食べ物を残すと 熊は容易に侵入出来るし、 

こうした熊は 結局射殺の憂き目に遭うこと、 などが伝えられている。

02








03.      「 モロ・ロック Moro Rock 」  トレイル


国立公園内では 種々のアウトドア・アクティビティが楽しめるが

奇妙な形の岩山に登るのも その一つ。

03








04.      標高2057mのこの岩山は 花崗岩で出来ている。

約300段のステップは1931年に整備されたものだ。

04

    






05.   ここが頂上。   約20分で登れるので 犬もやって来る !

05








06.      360度の見晴らしは値千金 !  


彼方に 雪化粧した美しいシエラネバダ山脈が見える。

06








07.      モロ・ロックは 本当に丸く 面白い形状だ。

足を踏み外したらひとたまりもない丸さだが、 頑丈な手摺が頼みの綱。

07








08.     さて 当夜は国立公園内のロッジに予約を取っておいた。


キングスキャニオン国立公園の 「 John Muir Lodge (写真上) 
 」 

このロッジ自体にも36部屋あるのだが、   別途  森の中に

50棟のキャビン (写真下) が点在している。

08








09.    夕方キャビンの鍵を受け取って 林の奥 一棟のドアを開けた。 

床がギイギイときしむ。 開き窓の建付けが悪い。 シャワー室も狭い。


床はほんのり傾いて ライトも暗め、   何となく心細かった ・・・  

それでも これが開拓時代のアーリーアメリカンの匂い? って思った。 

09

 






10.     前日スーパーで仕入れた朝食を食べながら ふと窓の外を見ると 

セコイア越しに アメリカ人が寛ぐ姿が見えた。    一流のホテルもいいが

こんなキャビン生活も たまにはいいな、  って思った ・・

10








11.     さて 国立公園に別れを告げ  一旦フレズノに戻り、 

そこから 飛行機でサンフランシスコに向かった。


カルフォルニアのこの乾いた大地は 何と表現したら良いのだろう ・・

11








12.      それに比べ このサンフランシスコ。   


50以上の丘を持ち サンフランシスコ湾に突き出した水の都、    

当たり前ながら サンフランシスコは 国立公園とは別世界だった。

12








13.      こちらは 後日サンフランシスコを離れる時に見た風景。

夏の風物詩  ・  ” 霧のサンフランシスコ ”   


ゴールデン・ゲートブリッジを通って流れ込む 北太平洋の風が

霧を発生させ、 街を覆い尽くそうとしている。

13




成田に向かう機中で   私は  文字通り 


” I Left My Heart in San Francisco ”  てな 心境でした ~










☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

2018年8月31日 (金)

セコイアの倒木 アートみたいな造形美 お腹の中も探検!

 
アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園の セコイアの巨木は

現役の英雄ではあるが  朽ちてもなお魅力的な存在だ。






01.       セコイアの倒木  アートみたい、見事な造形美 ! 

しかも中に入れるなんて ちょっとした冒険心が湧いてくる ・・

01








02.     所どころ こうして朽ち果てた巨木が横たわっている。

こんな大木がどんな方向に倒れるかは運任せ。

02








03.      1937年に倒れたセコイアは 道を塞いだ。 

今や  「 トンネルログ Tunnel Log 」 として 名所となっている。

03








04.      くぐったからと言って どうということもないのだけれど、

何故かワクワクした !

04








05.      「 Life after Death 」  セコイアは倒れた後も

何十年、 いや 何百年・何千年も 森のベッドで休み続ける。 


パネルの説明によると、  パネル前の ’ 1900年に倒れた君主 

Fallen Monarch ’ は 百年前そのままの姿で横たわっている。

05








06.    こちらの倒木も  失礼してお腹の中探検させていただきます!

06








07.      小屋前に貼られたパネルの説明によると、


”  1872年 まだ国立公園となる前 倒木そのものを住居として 羊を

飼育する人々がいた。  1890年 国立公園になると 騎兵隊がやって来て 

馬の飼料などを小屋に蓄えた。 1902年から7年間  民間レンジャーが

小屋に住み 森を守るばかりでなく セコイアの種まき・植樹も行った。

07

 






08.      パネルを読み損なったが、 年輪で樹齢がわかるのだろう。

08








09.      セコイアの巨木・シャーマン将軍の近くは 観光客が最も多い。

木肌むき出しのこの倒木は 落書き専用として 身を捧げているかのようだ。

09








10.     落雷や山火事は セコイア国立公園にとっては重大事。


最近では2015年の火事が大きかったらしいが、 

雷を原因とする火事は 5~15年毎に起こるという。


黒焦げの幹の下で ピンクの高山植物が絨毯となって咲いていた。

ある種の生命の循環が起こる場合もあるようだ。

10








11.       こちらの倒木にも 失礼します ~

11








12.      切通しとなっていた。   落書きも一面に ・・

12







13.       こちらは ’ 生け花のオブジェ ’ としていかがでしょ。


日本では フラワーアレンジメントで 流木や木の根っこがモテモテだけど

こんな大きなオブジェ 使った華道家は恐らくいないでしょうね ・・・・・

13





倒木となったセコイアは 死ぬのでなく 森のベッドで眠り続ける、


たとえ朽ち果てても 森の糧となり、  人の眼も楽しませる、




偉大な循環を目の当たりにさせてもらいました ・・・









♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

2018年8月24日 (金)

シャーマン将軍・グラント将軍 セコイアの巨木を訪ねる

 
アメリカカルフォルニア州 セコイア&キングスキャニオン国立公園は 

ヨセミテ国立公園に近いものの 

交通の便が悪く、マイカーやレンタカー頼みとなる。



しかしジャイアントセコイアの巨木 特に ’2人の将軍’ に会うために

はるばる出かける価値は充分ある。






01.      北南に縦に並んでいる キングスキャニオン国立公園と

セコイア国立公園は ほぼ手つかずの巨大ナショナルパークで、 


人が出入りできるのは 3つのビレッジ・センターがある西側の一画のみだ。

01

                                      ( グラント将軍の足元 )






02.     キングスキャニオン国立公園内のグラントグローブ・ビレッジには

  巨大セコイア群を30分ほどで手軽に見てまわれる

遊歩道公園が整備されている。

02

 






03.     これが 1人目の将軍 「 グラント将軍の木 General Grant Tree 」

高さは81.7m 根元周りが32.8m 直径12.3m 樹齢は1800~3000年


     ( 因みに 屋久島縄文杉の高さは25.3m  根回りは 16.4m )

03








04.     この木には アメリカ軍の将軍であり 後に第18代アメリカ大統領と

なった 高名のグラント将軍 Ulysses S. Grant の名が付けられた。

04








05.     1926年4月 クーリッジ大統領によって Nation's Christms Tree 

として ここでクリスマス祭が行われることが承認され、   その後 


1956年3月には アイゼンハワーによって National Shrine として 

戦争で亡くなったアメリカ人を慰霊する場所と指定された。

05

                                             (  写真は 現地の写真集より )






06.      今日の研究では ほぼ1650歳と推定されているようだが、


いずれにせよ 死にかけた老将軍でなく 写真のように青々と葉が茂り、

まだまだ天を目指す意欲に溢れている様子が 何とも感動的だった !

06








07.      カルフォルニア州の山々は 如何にも水不足、

茶色く干上がっていた。          そんな風景と比べ 


4400mの霊峰を抱くシエラネバダ山脈の西側に広がる 

セコイア&キングスキャニオン国立公園の深い緑と巨木群の存在は 

一層謎めいて見えたものだった ・・

07








08.     これが2人目の将軍 セコイア国立公園内にある 

「 シャーマン将軍の木 General Sherman Tree 」。


高さは83.8m 根元周りが31.1m 直径11m 樹齢は2300~2700年

08








09.    南北戦争における北軍の指導者ウィリアム・シャーマンに因んで

この名が付けられた。  長く グラント将軍の木と世界一の座を巡り論争が

続いたが 1931年にシャーマン将軍の木が世界一と認められると

アメリカ人の間で 一層人気者となった。

09









10.     木の周り どこからでも写真は撮れるが、 プレートと共に記念撮影

したいのが アメリカ人の自然な願いに違いない。  この通り 長蛇の列 !

10








11.     大樹の場合、一体どのようにナンバーワンが決まるのだろうか。


  樹齢(3200歳) や樹高(95m) で言ったら グラント将軍・シャーマン将軍

を遥かにしのぐつわものが他にもいる。 

11

 






12.     直径で言えば  シャーマン将軍よりグラント将軍が優勢だが 

シャーマンが 最も偉大な木となった決め手は ’ 容積 Volume ’ だ。



実際切り倒すことはないが、 樹木はどれだけ
材として利用できるかが命、

シャーマン将軍の容積は1487m3   ( グラント将軍は1320m3 ) 


この現地のプレートによれば  アメリカのバスタブ9844杯分だと言う。 

                        ( ピンと来ないが ・・   ^&^ )

12








13.     セコイア国立公園のあちこちで 他にも 柵で囲われるでもなく

樹齢1000年以上のジャイアントセコイアの巨木が鎮座している。 


何番目に偉いか、は別として 彼らが存在し続ける限り

地球も無事でいられるのかも知れない。

13

     

空港やアヴェニューに偉人の名を付けるのは よくあることだが

セコイアの巨木に将軍の名を付けるとは 如何にもアメリカンだ 。



日本では 御神木か 今風にはパワースポットと呼ばれるかもしれない ・・・








...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

2018年8月17日 (金)

屹立するセコイアの巨木

 

残暑お見舞い申し上げます



Dsc_144110



猛暑に負けそうな今日この頃ですが セコイアの巨木に習い、 


背筋を伸ばして 凛と 居ずまいを正したいところですが、


なかなか ・・・・・








☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

その他のカテゴリー

bellaのアトリエ 「アメリカ国立公園」は雄大なり! 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント 「チロル地方」オーストリア やっぱり凄い モンサンミッシェル りんごの村 アメリカ サンフランシスコ アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園 アメリカ ヨセミテ国立公園 アルザス・ロレーヌ アールヌーボー発祥の地 イギリス 植物王国 イタリア ウンブリア地方 アッシジなど イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど イタリア トスカーナ地方 イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど イールドフランス ウイーン 中欧・花の都 オンフルールは画家の聖地 カナダ メープル紅葉便り カナダからの手紙 英国の香り カンボジア アンコール遺跡群の旅 グラスゴーは意外とお洒落な街! ゴッホ終焉の地 ゴーギャンのブルターニュ ゴージャス!「イタリア湖水地方」 シスレー と ミレー スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 スコットランド エジンバラ スコットランド中東部 歴史ある古都巡り スペイン サラゴサとタラゴナ スペイン マドリッド・セゴビア・アビラ・サラマンカ スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル スペインの「白い村」 スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と セビリアとコルドバ アンダルシアの華 ドイツ 「ロマンチック街道」 ドイツ ドレスデン・マイセン ドイツ ベルリン・ポツダム ドイツ「 古城街道 」 ドイツ南端 「アルペン街道」 ネッシーとハイランド ノルマンディ(フランス) バカラ クリスタルの町 パンプローナとその周辺 ピレネー山脈・大自然とその文化 ピレネー山麓・フランス側も面白い! フランス・中世ロマネスクの旅 ブルゴーニュ 美食の地 ブルターニュ どの町も個性的! ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 ポルトガル コインブラ バターリャ アルコバサ ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 ポルトガル中部・ナザレ ファティマ トマール ポルトガル北部 ポルト ギマランイス ブラガ ポルトガル鷹の巣城 マカオ ”エキゾチックタウン” ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” モネの色彩を育んだ町 モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” リヨン、フランス第2の都市 ルノワールのセーヌ川 ローマ 永遠の都 信州の風 光のスイスアルプス 光のフランスアルプス 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 北仏画家の町 北欧 スウェーデン・ストックホルム 北欧 ノールウェー オスロ 北欧 ノールウェー ベルゲン 北欧 ノールウェー 滝とフィヨルド 北欧 フィンランド・ヘルシンキ 南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン 南フランス ツールーズ・アルビ・カルカソンヌ 南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス 南仏画家の町 国内旅行 国内旅行 中国編 国内旅行 九州編 国内旅行 北海道編 国内旅行 北陸編 国内旅行 東北編 国内旅行 東海編 国内旅行 関東編 奇岩のイタリアアルプス 活気のバルセロナ 花の都フィレンツェ 香港 びっくり見物記 魅惑のパリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック