国内旅行 北海道編

2019年12月27日 (金)

「積丹半島」 神威岬のシャコタンブルー 奇岩が居並ぶ北の浜辺


積丹半島は 北海道西部の 日本海に突き出した半島で、

シャコタンと言う名前はアイヌ語に由来している。



 

01.  半島の各所に見どころがあるが、 何と言っても

半島の突端にある 「 神威岬 かむいみさき 」 は秘境だ。


この 「 神威岩 」 という一列に並ぶ岩礁が 

アイヌにとって 神聖な信仰の対象だった。

01_20191227101801



 

02.  岬の入り口の門には、 逆光で見えずらいが

” 女人禁制の地 ” と書いてある。 禁制の理由は

アイヌの首長の娘・チャレンカの悲恋だとか

和人からニシン漁を守ろうとしたアイヌの策とか 言われるが

いずれにせよ1855年に 女人禁制は解かれている。

02_20191227101801



 


03.  ” チャレンカの道 ” と名付けられた遊歩道は

770mあり、 突端まで 歩いて2~30分の道のりだ。 

03_20191227101801

 

 


04.   突端の海は ’シャコタンブルー’ に染まっていた。

彼方の水平線が 地球が丸いことを教えてくれる ・・

04_20191227101801



 

05.    突端から引き返す時 再び灯台を通った。


明治21年に初めて灯りがともされたこの灯台

今は無人化されている。 

05_20191227101801





06.   半島の付け根の小湾にも 

漁村集落につながる堤防や漁港があり、

岩礁が一本 突き立っている。

06_20191227101801

 

 


07.  半島はニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定されている。


突端から半島の西側の海岸線を下ると  こんな奇岩が

いくつも迎えてくれる。 荒波に崩れ易そうな組成の岩だ。


近海では ヒラメ イカ ウニ スケトウタラなど 豊富な

魚介類が獲れるが、 特に昭和初期まではニシン漁で栄え、

かの有名な 「ソーラン節」 が生まれたのもこのあたりだ。 

07_20191227101801



 

08.   神威岬から神恵内村・泊村にかけての海岸一帯、

凍てつく真冬の日々 極北から襲いかかる風雪は 

どれ程激しいのだろうか ・・

08_20191227101801

 

 


09.   とある港に イカ釣り漁船が停泊していた。 

意外と華やかで ある種モダンアートのようでもあった !

09_20191227101801

 



10.   夜の海で イカ釣り漁船の灯りは煌々と輝く。

その昔 小樽ガラスは無くてはならない実用品だっただろう。  

10_20191227102201

 



11.    キタキツネにも出会った。 


菌を持っているから 触れてはいけないと言われるが、

成る程 キツネのしっぽは立派な襟巻になるのだなあ ・・

道路際の雪よけパネルも 北西の風の激しさを偲ばせる。

11_20191227101901

 

 


12.  積丹半島の付け根 共和町付近で 大勢の人が名水を

汲んでいた。 大型のペットボトルにどんどん水を汲む。


北海道の大自然の恵み、ご飯もコーヒーもさぞ旨かろう ・・

12_20191227101901



 

13.   さて今回 実は積丹半島を一周したのだが 

半島の東沿岸にある 有名な 「 ロウソク岩 」 は見逃した。 


この岩を見るには メインの道路から港まで降りて、

余市町の豊浜町沖550m先に  肉眼では 結構小さな

その奇岩を見つけねばならない。 

13_20191227101901



ましてや 朝日が昇って 高さ45mの岩の先端に 

ロウソクのように輝く時を待つなんて無理なことだ ・・





今回は余市町のホームページから写真をお借りした。

本当に素晴らしい !

そして ローソク岩ばかりでなく 多くの奇岩が

積丹半島に突き立っていることも 今回分かったのだ。

 

 

以上  10月のある日、 北海道の秘境・積丹半島を

巡った  素敵な思い出の1ページでした ・・・

 

 

 

*    *    *    *    *

 

 

 

2019年12月20日 (金)

「小樽ガラス館」「昆布館・七日食べたら鏡をごらん」「消防犬ぶん公」


01.   小樽ガラスと聞くだけで ロマンチックな響きがある。

小樽では ニシン漁で豊かな経済を謳歌した1900年頃から 

ガラス産業が始まった。


当初は 石油ランプや 漁のための浮き玉を作っていたが

時代と共に 食器やインテリアなどの工芸品へとシフトしていった。

01_20191219215801



 

02.   ここは 「 大正硝子館本店 」 明治39年築

小樽の歴史的建造物に指定された建物で 

主に和風のガラス器を扱っている。

02_20191219215801



 

03.  妙見川に面している店の裏口にも独特な趣きがある。

小樽の街中を流れるこの細い川に ちょうど鮭が遡上して来ていた。

この時は6匹程だったが 

多数の鮭が遡上した年は ニュースになったと言う。

03_20191219215801



 

04. さて ガラス産業の創業社と言えば 「 北一硝子 」。

この 「 北一硝子 三号館 」は 明治14年に建てられた

漁業倉庫を 店舗用に改築したものだ。

 


残された運搬用のレールが  レトロでお洒落だが

広々した売り場の方は 現代的に明るくレイアウトされている。

 04_20191219215801




05.   北一硝子は 今や小樽を代表する大企業となり、

三号館の他、 クリスタル館 ヴェネツィア美術館 北一プラザ 

酒蔵 飲食店等 市内だけでも10以上の直営店を持っている。

05_20191219215801




06.   こちらも 約100年前に建てられた 

歴史ある建物の 和ガラス屋さん

06_20191219215801

 



07.  小樽では現在79件が歴史的建造物に指定されている。

その中には 北のウオール街と称された街に相応しく 

金融関係の建物や庁舎が、そして倉庫や蔵が 含まれている。

07_20191219215801




08.  さてここは 「 日本銀行旧小樽支店金融資料館 」。

東京駅の設計者辰野金吾らによって設計された日銀小樽支店、

現在は資料館となって 様々なものを展示している。

08_20191219215801




09.  因みに小樽のような小都市に 7つの金融機関があった。

北海道銀行 三井銀行 北海道拓殖銀行 三菱銀行 第四十七銀行

第百十三銀行 郵政省小樽地方貯金局 など ・・・

09_20191219215801



 

10.   ここは昆布専門店 「 利尻屋みのや不老館 」

北前船が運んだニシンと昆布、 その利尻の昆布についての

見たことも聞いたこともないようなキャッチフレーズにつられ


私はつい ふらふらっと 店に入った。

10_20191219220401

 

 


11.   ” 楊貴妃は昆布を食べて見初められ ”

” 七日食べたら鏡をごらん ” ” お父さん預かります ”


三番目は お母さんが買い物してるあいだ お父さんに

お茶を飲ませて預かりますよ、 という意味らしい。



さて、美人になりそうなキャッチコピーに 昆布好きな私

しっかりお土産を買い込んだ。       そして

七日後に鏡を見たけれど う~ん綺麗になったかなあ・・

 


ポリ袋を見たら  ” 小樽 ホラ吹き昆布館 ” と

ちゃんと予防線が張ってありました~ !

11_20191219215901

 

 


12.   街角に 何やらワン公の銅像が立っていた。

台座の説明によると 彼の名は 「 消防犬ぶん公 」。



彼は焼け跡で消防署員に拾われ 大事に育てられた。

以後 署員と生活を共にし 火事があると消防自動車に

一番に飛び乗り 現場に着くと ホースのもつれを直したり、

野次馬を追い払ったりした。

彼の出動回数は やがて1000回を越えたのだ !
 

小樽の市民から熱烈に愛されたのは元より、ラジオ・新聞で

伝えられ 全国的にも大人気だったと言う。

12_20191219220001

 

 

13.   しかし、昭和13年2月3日 ぶん公は

悲しみに暮れる署員の胸に抱かれて 24歳で亡くなった。 

葬儀は消防組葬として行われ 多くの市民がつめかけた。


彼は剥製となって 生前の姿を留めているが 

絵本の中でも  変わらぬ消防活動を続けている。

13_20191219215901




同じく銅像になった渋谷のハチ公は 亡き主人を10年間

駅で待ち続け 昭和10年に亡くなった。


古き佳き時代のワン公たちの物語だ。 

 


これからも 渋谷のハチ公や小樽のぶん公みたく

気骨あるワン公の話は 聞かれるだろうか ・・・

 

 

 

 

*    *    *    *    *

 

2019年12月13日 (金)

小樽運河 武骨な倉庫群がロマンチックな名所になった!


01.        彼らが眺めているのは ・・・

01_20191213164101




02.   そう、小樽と言えば 「 小樽運河 」。


この運河は 1923年(大正12年)に、 沖合いで

荷揚げした艀(はしけ)が 直接倉庫の近くに行けるよう

海岸の沖合を埋め立てて建設されたものだ。

 


全長1、140m 南運河と北運河に分かれていて、

有名な倉庫群は 南運河沿いに並んでいる。

02_20191213164101



 

03.    南運河の 「 浅草橋 」 付近は 

主に外国からの観光客で 大賑わい !

03_20191213164101




04.    こういう写真を撮るのはたいてい外国のお客様。

04_20191213164101



 

05.   彼らのバックには 赤い蔦が美しい「 渋澤倉庫 」 

05_20191213164101



 

06.  さて、私も約40分の運河クルーズを体験してみた。


中央橋から乗り込んで すぐに広々した小樽港に出る。 

鰊産業などが華やかな時代   函館 江差と並んで 

さぞ多くの船舶が出入りしたことだろう。

 
比較的波が穏やかな良港とされ 今は第一管区海上保安本部が

置かれ、 青いラインの巡視船や警察の船も停泊している。

06_20191213164101



 

07.  遊歩道設置で幅20mまで埋め立てられた南運河に対し

北運河は本来の40m幅を保っており、 昔ながらの建物や

多くの船が係留され 観光的でない小樽運河の姿を留めている。

07_20191213164101

 

 

08.  最後に観光の目玉 倉庫のある南運河をひとめぐり。



木組みの家々や館が並び 美しい花々や樹木と白鳥の運河、

国の内外で 様々な 魅力あふれた運河を見て来たあとで、

小樽運河の魅力を 私は正直いまいち掴みきれなかった ・・


もともとここは 美観地区でなく ’武骨な倉庫群 ’ だった、

ということを 私は忘れていたかも知れない !

08_20191213164101 

 

 


09.  その倉庫群は今や 主に食堂・土産物屋になっていて  

運河の反対側、建物の入り口は 結構魅力的な佇まいだった。 

09_20191213164101



 

10.  建物に沿ってメニューの写真が並び どこを選んで

良いのやら分からず、 結局はベタながら小樽運河食堂へ。

10_20191213164101

 



11.   内部はレトロな昭和の町のようになっていて

ビヤホールや食堂が幾つか並んでいた。

11_20191213164201

 

 


12.    結局は海鮮丼を。   一見豪華そうだけれど、

お澄ましも香の物も付かず 醤油小皿がポツンと 愛想無し。


店員さんも無愛想で面倒臭げで、 ココロが感じられない。

おまけに 隣の店と

客の列が店先を邪魔するとかナントカで 口喧嘩 ・・

 

365日 毎日まいにち 観光客が詰めかけたら きっと

こうなのだろうナ。  本来 小樽には美味しいものが

あふれているはずだ。   ちゃんと調べるべきだったかも・・

12_20191213164201

 

 


13.  倉庫前の遊歩道には 艀で倉庫に荷上げ下ろしする

当時の様子を描いたパネルが 何枚か嵌め込まれていた。




戦後になると港に埠頭が整備されて 運河は使命を終える。


そこで 運河を埋め立てて 街を整備しようとする派と

小樽の昔からの景観を守ろうとする派の 論議が長く続いた。

13_20191213164201



結局 運河の幅の半分を埋立てて道路とし、 残りを

ガス灯付きの遊歩道とすることで 昭和61年に決着。





今日 運河を中心とした ロマンチックな

「 小樽歴史景観区域 」 が編成されなかったら

小樽はこれほど人気の街にはならなかっただろう。


有名なご当地歌謡曲も生まれなかっただろう。。。

 

 

 


*    *    *    *    *

2019年12月 6日 (金)

小樽・ニシン御殿 石狩挽歌・あれからニシンは何処へ行ったやら♪


01.   北の日本海沿岸に押し寄せたニシンの群れは

 
明治時代から昭和中期まで 

留萌・小樽など北海道の水産業を支えてきた。



出稼ぎのやん衆達が海から引き上げた 大漁のニシンが

浜を覆い尽くし、 作業する者もニシンの山に埋ずもれた。

01_20191206152001



 

02. ところが 鰊の魚群は昭和29年に ぱったり消滅する。


それまでの地域の繁栄を偲ばせる 「鰊御殿」が小樽市の北部

の岬に建っている。   明治30年 泊村に建てられた館が 

昭和33年小樽市に寄贈され 現在地に移築復元されたもの。

02_20191206152001



 

03. 写真の白い矢印の先 白い灯台の下に鰊御殿はある。


春先の3~4か月だけのニシン漁で 1年分の生活費が稼げ、 

例えば大正3年頃のある網元の漁場からは 7500トンもの

水揚げ (現在の約25億円に相当) があったと言うから、


ニシン漁はまさに金の成る木、 

沿海地域 そして北海道にとっての花形産業だった。

03_20191206152001

 

 


04.    御殿の中は広い畳敷き。   当時は

板間 畳間などに区切られて、 様々な用途に使われていた。 

04_20191206152001



 

05.   ニシン漁やニシン加工に使われた道具、

番屋で寝泊まりした人々の生活用具、 

当時の盛況を伝える写真などが展示されていた。 

05_20191206152001

 

 


06.  観光客 が大漁羽織を試着するコーナーもある。 

06_20191206152001



 

07.   さて、鰊御殿は 大金持ちの網元が 遠来より

一流の棟梁たちを招き寄せ 敷地に住まわせて建てさせた。 

 


出稼ぎやん衆が寝泊まりする単なる番屋とは違い、 

豪雪や風雨に強いのは元より、 本州から取り寄せた檜や 

木目の美しいケヤキ・タモ材が使われ、 廊下は漆塗り、

透かし彫りの欄間まで設わる豪華な木造建築、

そういうものが ”御殿” と呼ばれた。



写真のような 希少な長材も 紛れもない御殿の証しだ。

07_20191206152001

 

 

08.     1階は 主に作業 ・ 加工場、 

2、3階は漁夫たちの寝室、 中2階には女中部屋があった。

 


魚を扱う作業場は 相当な臭いが漂うため、 次第に

主人たちは別棟に暮らすようになり、 作業場とは無縁の

さらに豪華な別邸御殿も あちこちに建てられた。



小樽市内には 現在料亭として活用されている
 
有形文化財指定の 旧青山別邸・小樽貴賓館もある。

08_20191206152001

 

 


09   因みに 鰊は食料として珍重されたのは当然だが

冷蔵庫など無い時代、  内臓を取って干した身欠き鰊や

肥料としての 鰊粕(にしんかす)こそが 稼ぎ頭だった。

 


日本海航路を行き交った かの有名な 「北前船」が

北海道から運んだ 昆布や身欠き鰊・鰊粕などは

全国各地で引く手数多、仕入れ値の5~10倍で売れた !

 


昆布は 関西のだし文化を生み、

鰊肥料は みかん・綿花などを育てた。

 


特に大阪・河内での綿花栽培は 肥料のお陰で 

柔軟性と吸湿性に富む優れた木綿を作り出し、 羊毛を

産出しなかった日本の衣類・寝具に革命を起こした。

09_20191206152001

 

 

 

10.  さて、水温の変化とか乱獲とか 原因はさて置き、

昭和29年を境に 鰊の群れはパタリとやって来なくなった。

10_20191206152001



 

11.  鰊御殿の建つ高島岬の断崖が 海に伸びている。


私が 北アイルランドの最北でようやく目にした 「柱状節理」、

思いがけず北海道でも 6角柱の節理群に会えた ・・

11_20191206152001

 

 


12.  ところで話は変わるが、 上の高島岬を 西へ

数キロ行った海岸に 「 オタモイ遊園地・料亭竜宮閣 」

という大人気のリゾート施設が 大昔 あったと言う。

 


昭和初期に開業したこの施設、 一時休業が明け再開する前日

昭和27年の大火により全焼、 わずか17年の営業で廃園、

劇的な消滅を遂げたのだ。 今はトンネルなどが残るだけ・・

 


「 オタモイ 」 は鰊漁産業の盛況と共に生まれた。

そして、

鰊漁で繁栄の絶頂にあった小樽の海岸から 鰊の魚群が

突然消え去ったのと ほぼ時を同じくして

「 オモタイ 」 も人気絶頂時にこの世から忽然と消えた。


兵どもが夢の跡、 切ない話ではある ・・

12_20191206152001
 

 

 


13.   実は この ”オタモイ御殿 ”

昔のヒット曲 「石狩挽歌」 の歌詞に出ている。 

今回ブログを書くついでに 私は石狩挽歌を聞いてみた。

” あれから ニシンはどこへ行ったやら ・・・ ”

 


情緒豊かな旋律、  生活や歴史を想起させる歌詞、

日本人好みの侘び寂びに満ちた 想像以上に良い歌だった。

13_20191206152001

 

 

因みに   本家・北原ミレイの 

野太く投げやりな歌い方も捨てがたいが、


若い頃の 矢代亜紀の歌は絶品だ。 

矢代亜紀ってこんなに歌が上手い って 初めて知った !

 

 

 


*    *    *    *    *

 

2019年11月29日 (金)

札幌大倉山ジャンプ台  昭和新山は不気味な赤い溶岩ドーム!

 

01.  ここは 1972年の冬季オリンピック札幌大会 

で ジャンプ競技が行われた 「大倉山ジャンプ台」。

石狩平野と札幌の街が 遠くで白く輝いていた。



標高307m、やっぱりすごく高い!  こんなところを

高梨沙羅ちゃんなど現役のジャンパーは飛んでいるのだなあ !

01_20191129113601



 

02.  展望台では 歴代のスキー板や写真の展示があった。


大スクリーンの臨場感ある動画に乗せられて

ジャンプやリュージュの シミュレーション体験も出来る。

02_20191129113601




03.   5万人の観客が収容出来る。

03_20191129113601



 

04.   実際に選手が使うリフトに乗ったのだが 

結構な急勾配だった。  途中 コーチが降りる場所、

飛型を採点する審判員棟 選手が飛び立つ踏切台などを通過した。

 


近年 K点は123m設定だが 伊東大貴の最長不倒

バッケンレコード 146mの印しがあった。

選手にとっては 非常に名誉なことだろう !

04_20191129113601

 

 


*    *    *

 

 


05.   さて 次は洞爺湖有珠山ジオパークの中にある

「昭和新山」 を訪ねてみる。  
 

昭和新山がニョキニョキと 頭上に盛り上がって来た時 

麓の壮瞥(そうべつ)町の人々の恐怖は如何ばかりだったろうか!

05_20191129113601



 

06.   有珠山ロープウエイ乗り場付近には

昭和新山をバックに 記念撮影するスポットがあった。

 


昭和新山は 平らな農耕地帯に 1944年 (昭和19年) 

年初から まず地震 湧水の温度上昇 地表の隆起が起こり、


6月の小噴火 続いて45年9月まで17回の大噴火があり、

ようやく全活動停止後 こんな不気味な溶岩ドームが残された。

06_20191129113601

 

 


07.   昭和新山は もともと有珠山のカルデラ外輪山の

一角に出来た山で、 有珠山山頂駅行きのロープウエイに乗ると

窓から 昭和新山の横腹を間近に眺めながら進むことになる。

07_20191129113601

 

 


08.   1945年と言えば第二次世界大戦のさ中で 噴火の

ニュースは一般には伝えられず、 詳しい観測も行われなかった。


そんな中 地元の郵便局長だった三松正夫は 新山の克明な

成長観察記録 ・ ミマツダイヤグラムを残し、 かつ30m以上も

隆起し 溶岩ドームと変わり果てた農民達の土地も買い上げた。



つまり 昭和新山は三松の私有地であり、

私有地が 天然記念物に指定された例は 世界でも珍しいと言う。

08_20191129113601



 

09.  山頂駅の展示館の大スクリーンで 噴火の様子 

三松正夫の活動・功績などが 詳しく伝えられていた。


昭和新山の左手には洞爺湖が見える。

09_20191129113601

 

 


10.  洞爺湖の反対側にもう一つ 「有珠火口原展望台」

があり、 有珠山山頂や山裾の噴火口跡から 

白い煙が幾筋も立つのが見て取れた。



標高733mの有珠山は 20世紀に4回大噴火し

現在でも活火山Aランクに入っている。  過去の噴火では

多くの犠牲者が出たが、 2000年の噴火では死者はゼロ、


過去の教訓から多くを学び 災害を軽減する知恵が

世代から世代へ受け継がれた結果だと言う。

10_20191129113601



 

11.  さて 帰り道 黄緑色に輝く不思議な川に出会った。

北湯沢温泉郷の長流川(おさる川) にある 「白絹の床」。


川底の色がとても印象的だったが、  チラチラと輝く

白糸が舞うような水流の輝きが ネーミングの由来らしい。

11_20191129113601

 



12.   当夜は 支笏洞爺国立公園内、 

洞爺湖に面したホテルに泊まった。 


食後の余興で タヒチアンダンスショウがあった。

12_20191129113601

 

 


13.  筋肉モリモリ ワイルドなダンスのあとは 

記念写真タイム。 有名スターではないのに 彼ら・彼女らの

屈託ない明るい魅力と サービス精神に乗せられて 

みんなも 私も 代わる代わるカメラに収まった。

13_20191129113601

 

このダンスチームは 毎晩このホテルでショウを行うそうだが

彼らは昼間は何をしてるんだろう、 何カ月滞在するんだろう 、、


余計な心配 ・ 憶測が 頭をよぎった ・・・

 

 

 

 

 

 *    *    *    *    *

2019年11月22日 (金)

サッポロビールとジンギスカン 時計台は札幌農学校のものだった!

 

01.   ここは札幌市内 「 サッポロビール博物館 」

積まれたビール樽には 何と書いてあるのでしょう!

         ( 答えは 一番最後に )

01_20191119172801




02.    1876年(明治9年)、 北海道の開拓事業の

一環で開かれた麦酒醸造所は 現在 北海道遺産に指定され、 

サッポロビール博物館となり 賑わっている。

02_20191119172801



 

03.    開拓館の2階ケッセルホールで ジンギスカン

料理をいただいた。 ホールに鎮座していた 大正元年製造の

巨大なビール仕込み釜・ケッセルが とても印象的だった!

03_20191119172801



 

04.   工場直送の生ビールとジンギスカン、 550席もある

レトロな巨大ビヤホールの雰囲気と相まって お味は最高でした。

04_20191119172801



 

05.    博物館では 創業当時から今日までの歴史を

6Kシアターの大画面などを使って 興味深く見せてくれた。


時代物の瓶ラベルは 古き良き時代を彷彿とさせる。 

05_20191119172801




 

06.   時代を映すレトロなポスターも 魅力的でした~

06_20191119172801



 

07.   ガイドツアーの最後に 黒ラベルの試飲をした。 


美味しい注ぎ方の実演があったが、 気がそぞろだったのか

そのポイントを 私はすっかり忘れてしまった !

07_20191119172801




*    *    *

 

 


08.   さて、次は 札幌のシンボル 「 時計台 」。


131年の歴史があるこの時計台、実は札幌農学校に付属する

歴史的な建物だった、 と知って 私は大変驚いた。
 08_20191119172801

 



09.  正式名称は  「 旧札幌農学校演武場 」。

クラーク博士の提言で、学生の兵式訓練や入学式・卒業式などを

行う中央講堂として 1878年農学校に建設され、 その後


農学校の移転時に 札幌市が時計台を買い上げ 

現在地点まで100m程南に 曳家されたものだ。

 


時計台内部の展示コーナーでは 農学校の歴史解説が満載で、

なるほど そういう事情だったのかと納得させられた。

09_20191119172801



 


10.    札幌農学校では   西欧の技術 学問の習得や

自然科学 人文科学 聖書学など 広範囲に及ぶ全人的教育を目指し、

多くの授業は英語によって行われた。


この演舞場の演壇でも 学生たちの流暢な英語のスピーチが

飛び交ったようだ。  多くの優れた卒業生を輩出した農学校、

当時 熱風のような知識欲が渦巻いていたに違いない。

10_20191119172801



 

11.   1892年(明治25年)の 札幌大火のとき 

学生は 屋根に登り 必死に布で火の粉を払い類焼防止に努めた。


明治の後期には 柾ぶき屋根から鉄板屋根へと改修されている。

11_20191119172801

 



12.   ところで 1878年ホイラー教頭の時代、 搭時計が

ニューヨーク市のハワード時計商会に注文されたのだが、 

翌年 到着してみると予想以上に大きく、 演舞場を改築して

収めるまで一年かかったという。

 


外からは ロマンチックな文字盤だけの時計に見えるが

時計を動かすおもりと鎖を含め 実質5階分の高さがある。 

12_20191119172801



 


13.   今日まで 時計台は 札幌のシンボルとして、

また市民の心の故郷として、 美しい鐘の音を響かせて来た。


もっとも 当初2.5kmも響いた音も 文明の騒音が立つにつれ

届く範囲を狭めているようだ 。。
13_20191119172801

                                   ( 実物兄弟時計も展示されている )

 

 

2020年のオリンピックでは  マラソンコースが

この時計台、北海道大学構内、赤レンガ旧本庁舎などを

どうやら 通りそうな気配だ。


楽しみにテレビを見るとしよう !!

 

 

 

01.の 樽文字に 書かれているのは

「 麦とホップを製す連者(れば)  ビイルとゆふ酒に奈(な)る 」


斜め読みして下さいね。

 

 

*    *    *    *    *

2019年11月15日 (金)

札幌 北大のポプラ並木・大野池 札幌農学校の面影がありました

秋の北海道・札幌の旅、 今回は北海道大学を訪ねてみる。


来年のオリンピック、 マラソン・競歩が札幌開催となり、

当初マラソンコースが 北大の構内を通る能性もあったが、

そこまで足を伸ばさず、 コース整備 運営費 警備の効率上 

より狭い範囲を周回するコース案になりそうだ。

 

 


01.   ロマンチックな響きを持つ 北大のシンボル、

「 ポプラ並木 」 は 理学部と工学部の間を西側に進んだ 

農場の南端に 約300mほど続いていた。

01_20191115162001

 

 

 

02.  2004年9月の台風の暴風で 大学構内と植物園の

樹木約2500本が倒れた。 かねてより倒木の危険性があり、

立ち入りが禁止されていたこのポプラ並木も 51本のうち

19本が根元から折れ 8本が傾いてしまった。

現在80mほどは散策できるが 柵の向こう側には入れない。

02_20191115162001

 



03. 写真マップ上で 青印は無事、赤印が倒れたポプラだ。


ポプラ並木の再生事業は活発な議論の末、 活かすことが

出来そうな 30トンもあるポプラ2本をクレーンで立て直し、

それ以外はポプラの枝を土中に埋め込み 

育てた若木の植樹を行い 育成途上だと言う。 

03_20191115162001



 

04.  札幌農学校以来の130年の歴史は何とか紡がれたが、

「 平成ポプラ並木 」 も農場の北側に 別途作られている。

04_20191115162001
            ( 写真は散策できる80mの区間 )





05.   ポプラ並木の入り口に 新渡戸稲造の胸像があった。

もちろん 

クラーク博士の胸像も 歴史の原点・農学部近くに建っている。

 


因みに 初代クラーク像(1926年)は 大戦の金属回収令で

献納され、 現在の二代目は1948年復元されたものだ。

05_20191115162001



 

06. さて北大キャンパスには 文系・理系学部 諸々の研究部

の建物が広大な敷地に点在し、 多くの学生が自転車やバイクで

行き来していた。  雪の積もる冬は通学形態が一変するらしいが。

06_20191115162001

 

 


07.    正門とその近くにあるクラーク像、

構内のメインストリート 1.5kmの銀杏並木(写真右下)。

10月初旬 木々はまだ青かった。



1876年に開校した札幌農学校が 1907年に

旧制東北帝国大学農科大学に組みしたのを記念して建てられた

木造校舎 「 古河記念講堂 (左下)」 は国指定有形文化財だ。

07_20191115162001

 




08.    札幌農学校の卒業生、 内村鑑三 新渡戸稲造

有島武郎などの有名な文化人は元より、 教育や政治で活躍した者、


地理学 農学 昆虫学 植物学 土壌学 土木工学などの分野で

功績を遺した者など  クラーク博士の蒔いた種は着実に実った。

08_20191115162001





09.   さてここは 「 大野池 」。   泥臭い湿地をここまで

美しく再生したのが大野和男工学部教授だったんだそうだ。



制服の女学生と共に 美しい水辺を散策すると、 まるで

昭和の小説の世界にいるような錯覚に陥った。

09_20191115162001



 

10.    秋の澄み切った大気 戯れる光と水 ・・

池を一周するのが どれ程楽しかったことか! 
 

仏国のモネの庭に劣らない 絵画の世界にいる様でもあった。

10_20191115162001



 

11.  北大の近くの 「 北海道庁赤レンガ旧本庁舎 」。

1888年建設で 国の重要文化財に指定されている。

11_20191115162001

 



12.  北大も含め 付近の公園も澄み渡る光の中にあった。



ただ、テレビによれば  今日の札幌の天気は吹雪 ! 

灰色の空の下 街全体が凍えて見えた。

とても同じ街には見えなかった。  

12_20191115162001
( 一枚の葉が人の身の丈ほどある植物 ! )

 

 

 

13.       赤レンガ旧本庁舎の池。

北国の冬が長い分 こんな絶好の日和は値千金に違いない。

13_20191115162001

 

 

 


北大キャンパスは 東京ドーム38個分もある。  訪ねたのは

ほんの一部だけだ。  全体を知るには学生になるしかない!? 

 


オリンピックのマラソンコースは 恐らく

効率上 無難な設定になるだろう。 

こんな美しい札幌は静かに思い出の中に仕舞っておきたい。 

 

 

 


*    *    *    *    *




2018年3月 9日 (金)

フラノスキー場・サホロスキー場 さすが雄大な北海道!


  パウダースノーで有名な北海道のスキー場、


’ 雪の風景画 ’ には 美しさと寒さが溢れている。






01.      「 富良野スキー場 」 から

白樺樹林越しに見る 対岸の風景は 本当に清々しい。

01

 






02.     雄大な純白の峰々は  「 十勝岳連峰 」 。


十勝岳連峰は 主峰十勝岳 (2,077m) を中心に、 美瑛富士  美瑛岳

前十勝岳などが ほぼ一列に並ぶ火山連峰だ。

02








03.      手前の町が ドラマ・北の国からの舞台となった 「 富良野 」。 


名前の響きがロマンチックで、 山裾に広がるラベンダー畑でも有名だ。

03








04.      十勝岳は活火山で 安政から昭和まで噴火を繰り返している。


現在も 白い水蒸気噴煙が出ていて 監視カメラも作動している。 

04








05.     リフトやゴンドラが 何本か設置されている。 

05








06.      その上質なパウダースノーは 世界的に有名だ。

06








07.     シーズン中は日本人より外国人の方が多いくらいで、
 

  最近はオーストラリア人が多いと言う。  

独特な英語の発音ですぐに分かる。

07








08.     滞在は右手の 新富良野プリンスホテル。  町は

観光基地として夏・冬 通年楽めるよう、

いろいろな魅力を提供している。   

08

 



               




09.     さてこちらは富良野の東南、 北海道のほぼ真ん中にある

「 サホロスキー場 」、     

こちらも 水分の少ない軽く上質なダウン・スノー が有名だ。  


今年 北斜面に上級者コースが開設され

こちらも 外国人に人気だそうだ。



ゴンドラの3本支柱が独特で印象的 !

09








10.      眼下に広がるのは 十勝平野。


冬季、 日の入り・日の出に幻想的なサンピラー (光の柱) が

見えることがあると言うが、  気温マイナス15度以下という条件がある。

10








11.    2月のこの日、 マイナス15度に行ったかどうかはわからないが


美しい樹氷を見れば 震えるほど寒いことは確かです ~

11





普段、ストーブが消えたら 寒い寒いと嘆くのに  スキーとなると

厳寒の地に いそいそ出かける旦那様の気が知れません ・・・



bella は こたつで丸くなる ~          




 (   Photoed by bella-danna )








゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

その他のカテゴリー

bellaのアトリエ 「アメリカ国立公園」は雄大なり! 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント 「チロル地方」オーストリア やっぱり凄い モンサンミッシェル りんごの村 アムステルダム アメリカ サンフランシスコ アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園 アメリカ ヨセミテ国立公園 アルザス・ロレーヌ アールヌーボー発祥の地 イギリス 植物王国 イタリア ウンブリア地方 アッシジなど イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど イタリア トスカーナ地方 イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど イールドフランス ウイーン 中欧・花の都 オンフルールは画家の聖地 カナダ メープル紅葉便り カナダからの手紙 英国の香り カンボジア アンコール遺跡群の旅 グラスゴーは意外とお洒落な街! ゴッホ終焉の地 ゴーギャンのブルターニュ ゴージャス!「イタリア湖水地方」 シスレー と ミレー スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 スコットランド エジンバラ スコットランド中東部 歴史ある古都巡り スペイン サラゴサとタラゴナ スペイン マドリッド・セゴビア・アビラ・サラマンカ スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル スペインの「白い村」 スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と スロバキア ブラチスラヴァ セビリアとコルドバ アンダルシアの華 チェコ チェスキー・クルムロフと骸骨教会 チェコ プラハ ドイツ 「ロマンチック街道」 ドイツ ドレスデン・マイセン ドイツ ベルリン・ポツダム ドイツ「 古城街道 」 ドイツ南端 「アルペン街道」 ネッシーとハイランド ノルマンディ(フランス) バカラ クリスタルの町 パンプローナとその周辺 ピレネー山脈・大自然とその文化 ピレネー山麓・フランス側も面白い! フランス・中世ロマネスクの旅 ブダペスト ドナウの真珠 ブルゴーニュ 美食の地 ブルターニュ どの町も個性的! ベルギー ブラッセル ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 ポルトガル コインブラ バターリャ アルコバサ ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 ポルトガル中部・ナザレ ファティマ トマール ポルトガル北部 ポルト ギマランイス ブラガ ポルトガル鷹の巣城 マカオ ”エキゾチックタウン” ミャンマー インレー湖 ミャンマー バガン・千の仏塔がある古都 ミャンマー ヤンゴンと郊外 ミャンマー・マンダレー ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” モネの色彩を育んだ町 モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” リヨン、フランス第2の都市 ルノワールのセーヌ川 ローマ 永遠の都 信州の風 光のスイスアルプス 光のフランスアルプス 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 北仏画家の町 北欧 スウェーデン・ストックホルム 北欧 ノールウェー オスロ 北欧 ノールウェー ベルゲン 北欧 ノールウェー 滝とフィヨルド 北欧 フィンランド・ヘルシンキ 南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン 南フランス ツールーズ・アルビ・カルカソンヌ 南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス 南仏画家の町 国内旅行 国内旅行 中国編 国内旅行 九州編 国内旅行 北海道編 国内旅行 北陸編 国内旅行 東北編 国内旅行 東海編 国内旅行 関東編 奇岩のイタリアアルプス 活気のバルセロナ 花の都フィレンツェ 香港 びっくり見物記 魅惑のパリ

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック