国内旅行 東海編

2017年10月27日 (金)

「飛騨高山」 三町小路で利き酒!飛騨牛は美味・でも高価!

 
その名を聞いただけで何故か懐かしさを感じる 岐阜県 「 飛騨高山 」、 


高山市の一画 江戸末期から栄えた商人の町 ・ さんまちを訪ねた。







01.     三町伝統的建造物群保存地区の いかにも魅力的な古い町並み、 


ミッシュラン効果か、      狭い路地に 

外国人 ・ 日本人入り混じっての活気が満ちていた。

01








02.     高山市の中心を流れる 「 宮川 」 に架かる 「 中橋 」


春と秋行われる高山祭では 豪華絢爛な12台の屋台が この橋を通る。   

02
 ( 写真左 祭り風景はHPから )







03.      橋の近くには 江戸末期から明治期に建てられた屋敷などが

軒を連ね、 そのしっとりした景観から 「 飛騨の小京都 」 と呼ばれる。

03








04.      三つの町を併せて 「 三町 ・ さんまち 」 と称されるこの小路、

電線をすべて軒下配線にするなど、徹底した景観保護が施されている。



通りには地酒や朴葉味噌 飛騨牛など、 飛騨高山ならではの名産品と

民芸品を扱う店がずらりと並んでいて、 観光客は別世界に誘われる ! 

04








05.      人力車、 酒蔵の ’ 杉玉 ’、  この上なく日本的だ。


町の別な通りに 着物を着付け・貸し出しする店があり、 

着物美人も闊歩する。         素敵ですね !!

05








06.       造り酒屋に入ってみた。 200円出すと 小さなおちょこがもらえ、

写真の棚に並ぶお酒全てを利き酒出来る。   お腹に食べ物が入っておらず

私は2種目の盃でギブアップしたが、   強い人ならお得かも !?




写真のイスラエル人の女性、 日本酒は 結構行けるとトライしていた。


因みに 彼女の父親はロシアから 母親はドイツからイスラエルに ’ 帰還 ’

祖母は ナチによる強制収容で亡くなったと言う。



イスラエルは 日本からは遠い国で、 国情はなかなか想像し難いものがある。

しかし ヨーロッパでは 結構イスラエル人のツアー旅行者も多い。 


政治情勢も今のところは安定し 経済的にも豊かだと言えそうだ。  

06








07.      飛騨高山には 版画の題材に打ってつけの 魅力的な家並 

山並み 民芸品の数々 賑やかなお祭 などが揃っている。 


飾り窓の版画に惹かれて 店の中に入った。

07








08.      店内には  快活な線と落ち着いた色合いで仕上がった版画皿、

美しい和紙の小物が所狭しと並んでいた。   そして 壁には 奈良・京都 

東北・北海道など ほかの地方に発送・販売された絵皿作品が飾られていた。 



最近は 全国各地の名物菓子が  無関係のとある県で一括生産されている

なんて話を聞くが、  このお店も 全国の和紙絵皿の元締めなのかも知れない。



とにかく軽くてがさばらないし お値段も手頃だ。

飛騨高山らしい図柄の和紙皿を4枚買いました ~ 

08








09.       甘いものも いろいろあった。  


みたらし団子 たい焼き 五平餅 甘酒 ソフトクリーム 等々

09








10.       こちらの酒屋で 奥の座敷を見ていたら ’ しょうゆソフト ’ の

貼り紙があった。   しょうゆは ほんのり隠し味程度だったが 美味しかった ~

10








11.        昔ながらのよろず屋 兼 駄菓子屋さん

11








12.       さて 高山ラーメンや 飛騨牛も忘れてはなりません。  

飛騨牛は コロッケや肉まんにも 小片が入っているが、 

やはり丸ごと食べてみたい。



一串800円、600円、400円 の三種があった。  

流石に800円は高い ! ラーメン一杯が食べられる。

肉が違うのか、量が違うのか確かめなかったが、 600円の串にした。




夢のように美味しかった !  一生忘れられないお味だった !

でもちょっと高かった ・・    あっと言う間に無くなった ・・  



でも 飛騨牛ハンバーガーセットが2300円だというから 

そういう価値のものなのカナ ・・

12








13.      「 高山市政記念館 ( 旧高山町役場 ) 」


この中に入る時間はなかったが、      界隈を歩いて   

飛騨高山の歴史と文化の町並みの素晴らしさを 十分味わうことが出来た。

13



次は やはり温泉宿に泊まって  飛騨牛をもっとゆっくり食したいものと



一層 憧れを強くした ・・








♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
 

その他のカテゴリー

bellaのアトリエ | 「アメリカ国立公園」は雄大なり! | 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  | 「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント | 「チロル地方」オーストリア | やっぱり凄い モンサンミッシェル | りんごの村 | アルザス・ロレーヌ | アールヌーボー発祥の地 | イギリス 植物王国 | イタリア ウンブリア地方 アッシジなど | イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど | イタリア トスカーナ地方 | イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど | イールドフランス | オンフルールは画家の聖地 | カナダ メープル紅葉便り | カナダからの手紙 英国の香り | カンボジア アンコール遺跡群の旅 | グラスゴーは意外とお洒落な街! | ゴッホ終焉の地 | ゴーギャンのブルターニュ | ゴージャス!「イタリア湖水地方」 | シスレー と ミレー | スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 | スコットランド エジンバラ | スコットランド中東部 歴史ある古都巡り | スペイン サラゴサとタラゴナ | スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル | スペインの「白い村」 | スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と | セビリアとコルドバ アンダルシアの華 | ドイツ 「ロマンチック街道」 | ドイツ「 古城街道 」 | ドイツ南端 「アルペン街道」 | ネッシーとハイランド | ノルマンディ(フランス) | バカラ クリスタルの町 | パンプローナとその周辺 | ピレネー山脈・大自然とその文化 | ピレネー山麓・フランス側も面白い! | フランス・中世ロマネスクの旅 | ブルゴーニュ 美食の地 | ブルターニュ どの町も個性的! | ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 | ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 | ポルトガル鷹の巣城 | マカオ ”エキゾチックタウン” | ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” | モネの色彩を育んだ町 | モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” | リヨン、フランス第2の都市 | ルノワールのセーヌ川 | ローマ 永遠の都 | 信州の風 | 光のスイスアルプス | 光のフランスアルプス | 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 | 北仏画家の町 | 南フランス コートダジュール | 南フランス プロヴァンス | 南仏画家の町 | 国内旅行 | 国内旅行 中国編 | 国内旅行 九州編 | 国内旅行 北陸編 | 国内旅行 東海編 | 国内旅行 関東編 | 奇岩のイタリアアルプス | 活気のバルセロナ | 花の都フィレンツェ | 香港 びっくり見物記 | 魅惑のパリ

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック