カンボジア アンコール遺跡群の旅

2017年8月18日 (金)

「アンコールワットの日の出」「シェムリアップ」「高床式住居」



sun


01.    早朝、夥しい人々が集まり 同じ方向にカメラを向けている。


視線の先は !?

01








02.    ここは アンコールワットの敷地内 西参道聖池前、 

伽藍の向こうに 朝日が昇ろうとしていた !



アンコールワット伽藍の ちょうど真裏から太陽が出れば言うことないが、


富士山の頂上に日が沈む ’ダイヤモンド富士 ’ も 年に2回しか

チャンスがない訳だから、  海外旅行でのこと 贅沢は言えない 。。。 

02








03.     少し東へ進むと 蓮池に ’逆さ伽藍 ’ が写った。

03








04.     広い敷地全体に 朝から何百人もの人が集まった。


当然のように 観光客目当ての出店がズラリと並ぶ。

04








05.    殆どの観光客は 実は 「 シェムリアップ Siemreap 」

という 遺跡群巡り拠点の街から 早起きしてやって来たのだ。  

 

約3000円の ’ 日の出を見るオプショナルツアー代金 ’ を払って

来ているグループもある。

05

                              (  賑やかなシェムリアップ )






06.   シェムリアップには 数々のホテルやレストラン、マーケットが あり

 シアヌークのロイヤル ・ レジデンツもある大きな街だ。


しかし メインストリートをはずれると 街はいたって庶民的。  

06








07.       日用品が並ぶ店先の道路には舗装がない。

07

   






08.   大通りの建物の看板、  ’ ウエルカム to パリ・ゲストハウス ’

’ サムスン・国の誇りをあなたの手に Galaxyスマホ ’

’ セレナ・レザー25%オフ ’      などなど 見て興味深い !

08








09.    ところで シェムリアップから各地の有名な遺跡群へは

10km前後、  観光バスか こんなトゥクトゥクで出かけることになる。



このトゥクトゥクはきちんと整備されているようだ。  彼の商売道具は 

彼の宝ものであり 同時に彼の部屋なのかも知れない。



今度トゥクトゥクに乗ることがあったら 天井を見てみよう。

こんなハンモックが こっそり仕掛けられていないかな、 と。

09








10.   さて、カンボジアの地方では こんな高床式住居が目に付いた。


ずっと住め、と言われたら無理そうだが、 

風景としては 何とも懐かしくのどかだ。  危うい木橋を渡ってみたい。

10








11.   この地域では ロリュオス川、シェムリアップ川からの

洪水もありうるし 雨季のスコールでも簡単に家が水没しそうだ 、、  



高床式なら風通しもいいだろうし 疫病の蔓延も防げそうだ 、、

階下で 牛などの動物を飼ったり 道具類もしまえるだろう 、、  



カンボジアでは 理にかなった住まい方と言えそうだ。 

11








12.    最後に ここは 「 バンテアイ・スレイ遺跡 」



カンボジアの宗教は 内戦時 受難の時を経て来たが

現在は 国民の9割が ” 上座部仏教 ” に帰依しているという。


橙色の僧衣を纏った 僧侶にあちこちで出会った。

12








13.     カンボジアでは  成年男子による一時出家は

最高の功徳とされ、  特に 可愛らしい少年僧が 家族を代表して

修行に出る話は テレビのドキュメントで何度か目にしたことがある。

13

      ( 左側 東洋のモナリザと言われるデバター像 )




一枚の布を法衣として身にまとう手順は 複雑極まりない。

そういうことも含め、 彼らは一から全てを修行しているのだろう。



彼らのような存在が 当たり前のものとしてあるカンボジアに

社会の進歩度合とは関係なく   敬意を抱いてしまう。  







:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
   

2017年8月11日 (金)

「ロリュオス遺跡群」 必見!アンコールワットの原形



カンボジアのアンコール遺跡群から15km程離れたところに

アンコール王朝より 300年以上も前に栄えた

「 ロリュオス遺跡群 」 がある。


遺跡群のうち 今回は 代表的な3つの遺跡を訪ねた。






01.      その1つめ、  「 ロレイ遺跡 」  893年建立 


かつては巨大貯水池の中央の小島に建っていた寺だが、

今はすっかり水が干上がり 煉瓦造りの遺跡も今にも崩れそうだ。


修復保護の足場が組まれていた。

01






02.    4基の塔の祠堂が交差する中心に 「 リンガ 」 が立っている。

リンガから 砂岩製の樋伝いに聖水を四方に流す儀式が行われたという。



八ヶ岳山麓の武田信玄の分水嶺と意味は異なるが 

クメールの農業を支える 王都の優れた治水技術をアピールすべく 

そのまま宗教儀式に採り入れたのかも知れない。

02







03.      くびれた胴と丸い胸を持つ ほほえみの女神デバター、

反対側には 半ズボン姿の逞しい金剛力士像もあった。 


漆喰が剥がれた煉瓦部分と比べて 像の白い漆喰の保存状態が良い。

03
 






04.      「 アンコール ・ レガシー ・ アカデミィ 」

世界的な援助の団体によって運営されている小学校


ロレイ村では 内戦後も貧しい暮らしが続き、

人々の就業率は低く 文盲率は高い。


子供たちはといえば 両親のどちらかがいない子、

特に軍に召集された父親を失った子が多いという。



こうして 学校で学ぶ機会が得られた子供たちの背中を

傍目から見るだけで 幸せが感じられる ・・

04






05.    ロレイでは 一部の人は 建設土木か観光の仕事に

就いてはいるが 多くは 零細農業に細々と携わるだけだという。


彼の才能が 
アーティストの職業として成り立てばいいと思うが ・・

05
( 牛の皮に 影絵芝居(スバエク) の 人型を彫っている )








06.     その2つめ、  「 プリヤ ・ コー遺跡 」  879年 

レンガ造りの6基の祠堂の色と装飾が見事、 ロリュオス遺跡で最古の寺院。


プリヤ ・ コーとは ’ 聖なる牛 ’ という意味だ。

06







07.    名の通り 祠堂に向かって3体のナンディ (聖牛) が並んでいた。

さすが 特別な牛だけあって 首輪というかネックレスがお洒落だ。


シンハ (獅子) も強そうな形相で 寺院を守っている。

07






08.     その3つめ、  「 バコン遺跡 」 881年


ロリュオス遺跡群の中でも中心的な存在で、 最初のピラミッド型寺院

として知られている。   南国の花の向うで雄姿が待ち構えていた。

08







09.     参道の両側の濠沿いに 奇妙な形の欄干があった。

巨大なナーガ (蛇神) のお出迎えだ。


7頭を持つこの蛇は もともとはコブラをイメージしており

強力な毒と共に 脱皮する不死・回生の象徴として崇拝されていた。

09






10.     バコンは アンコールワットの原形として知られている。


境内は東西900m、南北700mと、初期クメール王朝の権力を物語る

大きさだ。 階段の両側では シンハ (獅子) が睨みを利かせている。

10
 






11.      レンガ造りの8基の祠堂と共に 
寺院の四方には 飾りを付けた象が配されている。 


象は神聖な動物として扱われる一方、  神々や貴人の乗り物としても 

戦さの戦力としても 重要な存在だった。

11
   






12.     5層の基壇からなるピラミッド型寺院の階段は少々きつい。

途中で 一休み ・・

12






13.     様々な 勇猛で力強い動物たちの石像が寺院を守る様子を

見て回った直後に出会った

生身の牛たちは 意外なほど痩せていた ! 



村々では この種の牛が しっかり働いていたので

もともとスリムな体型の、この地方に独特な牛かもしれないが 、、、

13
          




 アンコールワットと周辺の旅、  つづきます。  






゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2017年8月 4日 (金)

「 カンボジア・プノンペン 」 オートバイ天国

 


2016年秋、 カンボジアの首都 「 プノンペン 」 へ 

成田から直行便が飛ぶようになった。


7時間弱のフライトで プノンペン国際空港に降り立った。






01.     11月の平均最高気温は30度くらいだが やはり湿気がある。


プノンペンでは メーター付きのタクシーは まだ特別な存在で  

ターミナルの送迎には トックトック (バイタクシー) が活躍していた。

01
 






02.     市内の公共交通機関は まだ充分には整備されておらず 

バイクが人々の主な移動手段となっている。


道幅いっぱいに オートバイが走る姿は壮観だ !



オートバイに免許は要らないらしいが 確かに教習所のコースなんて

無意味というか、 実践力がモノを言いそうだ。

02







03.        自家用車 バス オートバイ そしてトックトックが 入り乱れ、

道を譲り合うのか 奪い合うのかわからないが 何とか前に進んで行く。

03







04.         小学校のお迎えもオートバイ。

04







05.        ヤシの実屋さん

05







06.       道に沿って露店が出ているが  完全に車道側を向いている。

オートバイから降りずに買い物が出来て とっても便利だ !

06_2







07.        これは凄い !  電線の束 

07







08.        電線とオートバイと出店 ・・        エネルギーが溢れている。  



手前の女性は妊婦さんではなかろうか ~

08







09.        実は カンボジア内戦が終結したのが1991年、

以後 カンボジア経済は目覚ましい発展を遂げて来た。 



しかし、 銀行の近代的なビル前にも 電線の束。  

近代化には まだ時間がかかるかも知れない。

09







10.        ズラリと並んだ観光人力車

10







11.       人力車、 最前まで 車夫さん達の休憩所でした ~




街の食堂、 人々は店先にオートバイで乗り付けて そのままお食事。

常に駐車場のことを気にしている日本の生活と比べたら

本当に便利で 自由です !



あの頃は 自由に駐車できた 、、 オートバイ天国だったよ 、、   

なんて回想する日が  果たして 彼らにも来るでしょうか ~

11
 






12.    カンボジアは1863年から 隣国のベトナム ラオスとともに 

1953年まで フランスの植民地支配を受けていた。



カンボジア国王一家が現に住んでいる王宮や 国立博物館などが集まる

フランス植民地時代からの美しい街並みは 

「 東洋のパリ 」 と謳われている。



が、 それとは対照的な  雑然としてるが しかし生き生きした

プノンペンの庶民の街を見るのも 楽しいことだ。

12



とは言え、 長年の内戦で 多くの銃器が今なお氾濫しており

殺人などの凶悪犯罪も多発しているとか、、

特に 夜間など 外出には注意した方が良いと言われている。








13.      高所から見る市内は 新しいビルの建設が盛んで

日本からもどんどん企業が進出している。



他のアジアの首都のように  新市街と旧市街がそれぞれの

方向性で 整備されて行くのだろうが


いずれにせよ 東南アジアらしい 鷹揚で 明るい 混沌とした魅力を

持ち続けていて欲しい ・・・

13






このあと アンコールワットなどの観光に出かけます。







.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
   

その他のカテゴリー

bellaのアトリエ | 「アメリカ国立公園」は雄大なり! | 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  | 「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント | 「チロル地方」オーストリア | やっぱり凄い モンサンミッシェル | りんごの村 | アルザス・ロレーヌ | アールヌーボー発祥の地 | イギリス 植物王国 | イタリア ウンブリア地方 アッシジなど | イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど | イタリア トスカーナ地方 | イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど | イールドフランス | オンフルールは画家の聖地 | カナダ メープル紅葉便り | カナダからの手紙 英国の香り | カンボジア アンコール遺跡群の旅 | グラスゴーは意外とお洒落な街! | ゴッホ終焉の地 | ゴーギャンのブルターニュ | ゴージャス!「イタリア湖水地方」 | シスレー と ミレー | スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 | スコットランド エジンバラ | スコットランド中東部 歴史ある古都巡り | スペイン サラゴサとタラゴナ | スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル | スペインの「白い村」 | スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と | セビリアとコルドバ アンダルシアの華 | ドイツ 「ロマンチック街道」 | ドイツ「 古城街道 」 | ドイツ南端 「アルペン街道」 | ネッシーとハイランド | ノルマンディ(フランス) | バカラ クリスタルの町 | パンプローナとその周辺 | ピレネー山脈・大自然とその文化 | ピレネー山麓・フランス側も面白い! | フランス・中世ロマネスクの旅 | ブルゴーニュ 美食の地 | ブルターニュ どの町も個性的! | ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 | ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 | ポルトガル鷹の巣城 | マカオ ”エキゾチックタウン” | ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” | モネの色彩を育んだ町 | モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” | リヨン、フランス第2の都市 | ルノワールのセーヌ川 | ローマ 永遠の都 | 信州の風 | 光のスイスアルプス | 光のフランスアルプス | 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 | 北仏画家の町 | 南フランス コートダジュール | 南フランス プロヴァンス | 南仏画家の町 | 国内旅行 | 国内旅行 中国編 | 国内旅行 九州編 | 国内旅行 関東編 | 奇岩のイタリアアルプス | 活気のバルセロナ | 花の都フィレンツェ | 香港 びっくり見物記 | 魅惑のパリ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック