国内旅行 九州編

2017年4月21日 (金)

「鹿児島・桜島」 久しぶりの噴火に遭遇しました!

 


 
01.       旅の空、    飛行機の窓から富士山が見えた。  

時間や天候、 そして座席によって いつでも見られるとは限らない。


私は  富士の崇高な姿と その日の幸運に感激した。

01







02.       頂上のくぼみは 富士が火山であることを物語っている。

02








03.        機体は 富士の上空をあっという間に通り過ぎる。

小窓に頬を押し当てんばかりに 山影を追い、 名残を惜しんだ。

03







04.         さて 今回の旅は九州・鹿児島。    


薩摩半島の何か所を見物したあと

レンタカーで錦江湾を南から北へ つまり指宿から鹿児島市に向かった。



外国から運ばれた原油が備蓄される 日本最南端の巨大なエネルギー基地に

目が釘付けとなったが、     それを 6~7km過ぎた辺りで、

 

突然 桜島の右肩から 小さな噴煙が上がったのに気付いた ! 

アッと声を上げた。

04







05.       慌てて 道端に車を止め、 桜島を見やった。  


昨年の7月から噴火がなかったのに、  17年の4月 何で今 !  

何というタイミング ! 

05








06.      午前10時13分から、   間隔を置いて 何度か噴煙が上がり  

 煙が西方へ流れ出した。

06








07.       その先には 私がこれから向かう鹿児島市がある。


まずいではないか ・・・    ゴリラ君も たなびく煙を監視している。

07








08.      鹿児島市内に入ったら もう灰が降らんばかりの様相だ。


桜島に渡るフェリーは出るのだろうか・・    桜島に登れるだろうか ・・・

08








09.        しかし 全ては 素人の杞憂だった !   


博物館のお姉さんは ” あらァ 噴火したんですか、 気が付きませんでした~ ”

島津のお殿様の別邸 「 仙厳園・磯御殿 」 の案内人さんは 

” まあ いつものことで ・・  去年は150回 一昨年は1000回以上でしたよ ”



地元の人たちの反応はもっともなことで、 至極当たり前。


しかし、 思いもかけず 噴火の瞬間を目の当たりにした ’ 初心者 ’ には

この上なくエキサイティングで 忘れ難い出来事となりました !

09








10.      午後までには噴火もすっかり鎮まり、 何事もなかったかの様。


フェリーも運行され 車ごと 無事桜島に渡ることが出来た。

10

 






11.      桜島の四合目 「 湯之平展望所 373m 」 までは 一般人も

行くことが出来る。  途中 すれ違い様 車がそれぞれも~っと灰を巻き上げた !



数時間前まで噴煙を上げていた 桜島南岳、 灰をまとったその姿は荒々しく、

ナイフでカットしたような 幾筋もの鋭い線が 山肌を刻んでいた。 

11








12.    展望台は頑丈なコンクリートで出来ていて そのままシェルターになる。

どうせなら 朝の噴火の瞬間をここで見たかったものだ! 凄い音だったろう!  

( もちろん ちゃんと 入山規制は出されることだろうけど ・・   )




北岳は休火山で 南岳が活火山だ。 どちらも 山頂部が噴火で吹っ飛び

えぐり取られたのが 手に取るようにわかる。



ところで お客の9割方が中国人だった。 案内板もハングルと中国語で装備。



展望台のテラスは360度回ることが出来る。    光輝く錦江湾の風景は

ちょうどイタリア北部の湖水地方の景色に似て 輝かしくドラマチックだった。 

12

       (  右上は 案内板の北岳と南岳の写真   右下 火山灰処理車が出ていた  )






13.       桜島の噴火は日常茶飯事であっても、 ’ 降灰
の方角 ’ は

住民にとって大きな関心事だ。  作物保護や洗濯物や車の出し入れなど

日常生活に関わるからだ。      テレビの天気予報で 当たり前のように

’ 本日の降灰方角 ’ が出されていたのが興味深かった。




そして 噴火時の溶岩の流出方角も 運命を左右する。


この 「黒神埋没鳥居」 は 

大正3年の大噴火で 島の南東部に流れた溶岩で埋まったものだが、


鳥居どころか その噴火で 桜島は大隅半島と陸続きになったのだ !




したがって 今回私が島を去る時は 船でなく道路で大隅半島側に出た。

13



久方ぶりの桜島の噴火の瞬間に遭遇するという サプライズ付きの桜島周遊は

ダイナミックでエキサイティング、 プライスレスな旅となりました ~ 
lovely




飛行機から見た神々しい富士山も    いつの日かまた爆発して 

桜島のように てっぺんが吹っ飛んでしまうかも知れない。



でも そんな日は 一億年後くらいにして欲しいものだ。





火山大国 日本の  極ごく 一端に触れた旅でした ・・・・・









.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 

その他のカテゴリー

bellaのアトリエ | 「アメリカ国立公園」は雄大なり! | 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  | 「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント | 「チロル地方」オーストリア | やっぱり凄い モンサンミッシェル | りんごの村 | アルザス・ロレーヌ | アールヌーボー発祥の地 | イギリス 植物王国 | イタリア ウンブリア地方 アッシジなど | イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど | イタリア トスカーナ地方 | イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど | イールドフランス | オンフルールは画家の聖地 | カナダ メープル紅葉便り | カナダからの手紙 英国の香り | グラスゴーは意外とお洒落な街! | ゴッホ終焉の地 | ゴーギャンのブルターニュ | ゴージャス!「イタリア湖水地方」 | シスレー と ミレー | スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 | スコットランド エジンバラ | スコットランド中東部 歴史ある古都巡り | スペイン サラゴサとタラゴナ | スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル | スペインの「白い村」 | スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と | セビリアとコルドバ アンダルシアの華 | ドイツ 「ロマンチック街道」 | ドイツ「 古城街道 」 | ドイツ南端 「アルペン街道」 | ネッシーとハイランド | ノルマンディ(フランス) | バカラ クリスタルの町 | パンプローナとその周辺 | ピレネー山脈・大自然とその文化 | ピレネー山麓・フランス側も面白い! | フランス・中世ロマネスクの旅 | ブルゴーニュ 美食の地 | ブルターニュ どの町も個性的! | ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 | ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 | ポルトガル鷹の巣城 | マカオ ”エキゾチックタウン” | ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” | モネの色彩を育んだ町 | モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” | リヨン、フランス第2の都市 | ルノワールのセーヌ川 | ローマ 永遠の都 | 信州の風 | 光のスイスアルプス | 光のフランスアルプス | 北仏画家の町 | 南フランス コートダジュール | 南フランス プロヴァンス | 南仏画家の町 | 国内旅行 | 国内旅行 中国編 | 国内旅行 九州編 | 国内旅行 関東編 | 奇岩のイタリアアルプス | 活気のバルセロナ | 花の都フィレンツェ | 香港 びっくり見物記 | 魅惑のパリ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック