国内旅行 関東編

2020年7月 3日 (金)

遊覧船で港めぐり かもめのエサは ’かっぱえびせん’


01.   ここは千葉港、

たまには 潮風に吹かれるのも悪くない 。

01_20200703104301




02. コロナの影もなく まだ自由に出歩けた夏

港めぐりの遊覧船に乗った。

02_20200703104301




03.  港を出港すると 

早速 かもめが付いて来た。

03_20200703104301

 



04.  夏休みの始まり、

大勢の子供たちが 歓声をあげる。

04_20200703104301

 

 


05.  かもめの方も よく知っている。

05_20200703104301

 

 


06.   こんな知恵者もいる !  

06_20200703104301

 

 


07.  船の中でエサを売っているのだが、

エサは なんと ’ かっぱえびせん ’ 。

 

海老で鯛を釣る、でなく えびでかもめだ ! 

07_20200703104301



 

08.   君たち 特等席だね。

自前のクルーザーで バカンス中みたいな・・

08_20200703104301

 



09.  ああァ もう終わっちゃった。 


1時間半ほどの遊覧クルージング、

楽しかった ! 

09_20200703104301

 



10.  今夏 遊覧船の運行はあるだろうか・・

 

新型コロナの2波 ・ 3波は

散りじりに砕けて 波間に消えて欲しいものだ。

10_20200703104301

 

 

 


*    *    *

 

 

 

 

 

 

2020年6月26日 (金)

菖蒲の季節  猫も守ってます・ソーシャル・ディスタンス


01.   とある大型公園の一角、 

清々しい色彩が心地よい 6月の菖蒲池。

01_20200625144401

 

 


02.    いずれがアヤメ カキツバタ、

花菖蒲 アイリスと見分けるポイントがあるらしいが、

02_20200625144401

 

 

 

03.   そんな難しいこと 関係ニャー ・・

ただただ 気持ちいい昼下がり ・・

03_20200625144401

 

 

 

04.  新型コロナには まだまだご用心。

早く こんな安堵感に包まれたい ・・

04_20200625144401

 

 

 

05.  でも 彼らは偉い ! 

ちゃんと ソーシャル・ディスタンスを 守ってる。

05_20200625144401

 

 

 

06.   アコーディオンを聞きながら

君は ちゃんと自己隔離してるニャー

06_20200625144401

 

 

 

07.  お二人、濃厚接触ですよ !

07_20200625144401

 

 

 

08.    重要なのは

ソーシャル・ディスタンス !

08_20200625144401

 

 


09.  やっぱり 愛する人や仲間達とは

こんな風に 気楽にくっついて過ごしたいニャ。

09_20200625144401

 

 

 


*    *    *

 

 

 

2020年1月24日 (金)

「天狗の社・古峰神社」 天狗の御朱印30種余あります!


日光連山の10kmほど南 標高700mの地点に、

500ヘクタールもあるという広大な神社の領地 

「 古峰ヶ原 こぶがはら 」 がある。
 

その中心に鎮座するのが 「 古峰神社 ふるみねじんじゃ 」 だ。



 

01.  そこは 別名 「 天狗の社 」 と呼ばれる。

01_20200123163901



 

02.  神社には 日光からでなく 鹿沼インター方面

から向う。  神社手前6kmで 大鳥居をくぐると

神域に入り、 以後 6つの鳥居が迎えてくれる。 

02_20200123163901



 

03.   開山1300年の歴史がある古峰神社の

ご神体は 実は天狗ではなく、 第12代景行天皇の

皇子 「 日本武尊 やまとたけるのみこと」 だ。

03_20200123163901



 

04.   開山以来 山に籠った修行僧・山伏たちの

厳しく屈強な勤行の姿が 尊い祭神の使いとして崇められ、

そこから天狗信仰が生まれたようだ。

04_20200123163901

 

 

05.   災いを取り除く偉大な力の持ち主として

黒いくちばしを持つ 「 烏天狗 」 と 

長い赤鼻を持つ 「 大天狗 」 とが 祀られている。

05_20200123163901

 

 

06.   四方に天狗の面が飾られた大広間は いわば

御朱印を書いてもらう人々の 待合所になっている。

06_20200123163901

 

 


07.   天狗を配した 30種以上のデザインの

御朱印サンプルが 飾ってあった。   しかし、


書き手の得意分野があって いつでも希望通りのものを

書いてもらえるとは限らない。 待ち時間も長いらしい。

 


書き手や巫女の態度や口の利き方が横柄だ、 という

ネット書き込みが有名らしいが、   いただく方も 

ろくなお参りもせず御朱印だけが目当ての人もいる。

御札を ” 買う ” という人もいるが 

あれは ” 受ける ” だろう ・・



昨今の御朱印帳ブーム、  神社もお参りびとも 

お互い  原点に戻りたいところだ ・・

07_20200123163901

 

 


08.   神社に争い事は似合わない。  ここは


老人たちが 時々 マイクロバスでやって来て

遠足のような 楽しいひと時を過ごす憩いの場だという。 

08_20200123163901

 

 


09.   さて この神社には 「 古峰園 こほうえん 」

という日本庭園が 付随している。   歴史は浅いが

2万5千坪という 日本一の広さ、


山々を借景として 大芦川の清流を引き込んだ池 

茶室や峰の滝を配し  四季折々の花と樹木、、

びっくりするくらい立派な庭園だった。



こんな山奥でなく 京都にあれば 即名所なのに !

09_20200123163901

 

 


10.  また このあたりは 757年に日光開山を行った

「 勝道上人 」 が修行をした山としても有名だ。


古峰神社とは別に 勝道上人を祀った社もある。

10_20200123163901

 

 


11.    大きな下駄が奉納されていた。

11_20200123163901

 

 


12.   日本庭園に水を引いた大芦川の 「 大芦渓谷 」、

大小20もの滝があり ハイキングコースになっている。


途中の山肌には 白いシートがかけられた苗木群があった。

若木を鹿に食べられてしまってはかなわない !

12_20200123163901



 

13.   コースの中でも この白井平橋付近が一番の

紅葉の名所だ。 この時は11月半ば、 少々遅かったが

若葉の頃、紅葉の頃、 それぞれ 清流と共に絶景だと言う。 

13_20200123163901

 


さて 古峰ヶ原には 想像以上に見どころが沢山あって、

遠くからわざわざやって来ても それだけの価値がある。

 


ただ 本当に山の中 ・・

神社も日本庭園も清流の渓谷も 京都にあったら

どんなに人が来るだろう。 

 


でも だからこそ 天狗が出るのです !

険しい山中だからこそ 修行の場なのでした !

 

 

それにしても  ” 古峰 ” を   こぶと呼んだり

ふるみねと呼んだり こほうと呼んだり 工夫してるネ








*   *    *    *    * 

2020年1月10日 (金)

「迦葉山 5m!赤鼻の大天狗」 「玉原ラベンダーパーク」


01.   新年に相応しいかどうかわからないが、

今年の一ページ目は 大きな赤い天狗の面が待つお寺の話題。

01_20200110113301




02.  ここは群馬県沼田市 「 迦葉山弥勒寺 かしょうざん」

東京の高尾山薬王院、京都の鞍馬寺とともに 「日本三大天狗」

の一つに数えられる寺だが、 鄙びた山寺の風情がある。

02_20200110113301




03.    最初参拝した時 天狗のお面を借り (お借り面)

願いが叶ってお礼に来た時、 それをお返しすると共に 

03_20200110113301

 

 


04.   新しい天狗の面を奉納するのだとか。 (お返し面)

 04_20200110113301





05.   大きな下駄を奉納することもある。

05_20200110113301





06.   天狗の由来は 日本書紀 仏教 民間伝承などに

諸説があるが、  総じて 恐ろしく 傲慢且つ暴れん坊、

犬のような 鳥のような 妖怪のような存在が 


やがて 天変地異を防ぐ 力強い山の神として

信仰されるようになったものだと言う。

06_20200110113301



 

07.    従って 日本各地で信仰される天狗の姿は

マチマチで、 翼を持ち くちばしの尖った烏天狗もいるし、

赤い顔に長い鼻の大天狗もいる訳だ。

 

奉納された一枚歯の下駄も お面も かなり年季が入っている。

07_20200110113301





08.    大きなお面も奉納されたものだ。


左は高さ4.2m 鼻2m、右は高さ5.5m 鼻2.7m、

直に対面すると かなりの威圧感がある !

 


’天狗になる、 鼻高々 ’ などと 傲慢さを表す表現が

あるが、 天狗が 完全無欠な仏神とは異なり 

暴れ者の面影を残しつつ 神となったところに

いわく言い難き魅力があるのではないだろうか。

08_20200110113301

 

 


09.   さて ここは沼田市 「 発知川 ほっちがわ 」

ニジマス イワナ ヤマメなどの釣で有名だが

この日も 子供たちの 魚掴み大会が開かれていた。

09_20200110113301




10.   アユの塩焼きだろうか、 壮観だ !

10_20200110113301




11.  次に ここは 「 玉原ラベンダーパーク、 たんばる 」


7月のこの日、   南仏あたりの品種と形が少し違うが、

ラベンダーの美しい紫のカーペットが広がっていた。

11_20200110113301

 

 

12.   実は ここはスキー場だ。 冬のスキーに加えて

夏場はラベンダーで人寄せをする、 ナイスアイディアだ!


2レーンのうち使われてないリフトは 地面から少々高い。

雪が積もるとちょうどいい高さとなる。

12_20200110113301

 

 

13.   私がこの日買ったお土産は 500円の

ラベンダー色の マスコット・ストラップ。 


あとで気付いたが ’Made in China ’ でした。。

 

13_20200110113301

 

それでも、  赤鼻の天狗さまと ラベンダー畑と

彩り豊かな 楽しい一泊旅行となりました。




*   *    *    *    * 

2019年10月 4日 (金)

公道なんですけど!マリオカートツアー・コートールド美術館展も満喫

 


01.    一昨日 東京上野に絵を見に出かけたところ 

話には聞いていた 例のマリオカートツアーに遭遇した。

01_20191004100101




 

02.     上野駅公園口付近 

一段と車高の低い一団が坂道をよじ登って行く。

02_20191004100101






03.   軽自動車扱いで 公道を走れるそうで 

ナンバープレートがそれぞれに付いていた。 


任天堂の訴訟に負けたこともあり マリオの恰好ではなかったが、 

外国人観光客は それぞれ鉢巻など巻いて楽しんでいる。

03_20191004100101





 

04.      赤信号で 神妙に停車していたが、 その先

工事中の仕切りで細くなった道が お誂え向きのコースとなって

左カーブ、、 右カーブ、、 またまた左カーブ、、   

この上なく楽しそうに走って行く !


時速60kmまでは 出してよいそうだ。

04_20191004100101







05.    しかしこんなに車高が低く、身体もむき出しなのに 

ヘルメットもかぶらず、 

カートが こうして公道を堂々と走れるのが不思議でならない。

ここは遊園地じゃございませんのよ !

 


両方とも一方通行道路の交差点、 向こう側からトラックが・・

05_20191004100101



 


06.  交差点ではガイドの合図で みんな右折して行った。



カートの会社はいくつかあり、コースも色々だが

2時間でおよそ15000円くらい。  SNSで知って 

これを目当てに日本にやってくる外人も多いと言う。


ニッポンって どこまで平和なんだ ~ !!

06_20191004100101







07.     さて、訪ねた東京都美術館では 

「 コートールド美術館展 」 が開催中。


マネの 「 フォーリーベルジェール 」 が目玉だ。

音楽・歌・踊りは元より、サーカスやカンガルーとのボクシング

など 娯楽の殿堂ホールでのバーテンダーが描かれている。



手前のバラ オレンジ シャンパン ビールなどの静物画

存在感があって びっくりするくらい上手だった !

07_20191004100101




 

08.   館内のカフェレストランでのお勧めは マネの絵の

左下に描かれたシャンパンになぞらえたスパークリングワイン。  



私は メニューの ”  ウインナコーヒー ”  を頼んでみた。 

ウイーンに ウインナーコーヒーは存在せず

こういうコーヒーは ” メランジェ ”  と言う。

文化の交流は面白い。

08_20191004100101



 


09.    因みに 今回の展覧会、本家のコートールド美術館の

改修工事に伴い 1点ではなく このように馴染の絵画が

大挙して来日しておりました。  名古屋 神戸にも巡回する。

09_20191004100101






*    *    *    *    *    *    *

 

 

 

 

2019年6月 7日 (金)

すずめの赤ちゃんは くちばしが黄色い !


毎年5月になると 庭に すずめが子供を連れてやって来る。

 


01.     20年以上 庭で餌やりをしているので

同じ ’家系’ のすずめが 代替わりしながら来ているに違いない。

01_7





02.    人間でも 未熟な若造を 尻が青いとか、嘴が黄色いと

言うけれど すずめの赤ちゃんは嘴が黄色い。

02_7





03.     すずめの赤ちゃんは 鳴き声ですぐわかる。 

親に届けと 鈴を振るような大声を空に響き渡らせ、 

木の枝に止まると 両の羽を震わせ 親に甘える。

03_7





04.     昔は 子供を2~3羽連れて来たが 最近はほとんど

1羽しか連れて来ない。  いろいろ環境問題があるのだろうか。

04_7





05.     すずめの餌場に キジバトの夫婦がやって来る。

すずめ用の小粒なエサを 一粒ひとつぶ ツンツン音を立てながら

根気よくつまんで行く。   あなたたちも子供を連れて来てね。

05_7





06.     ハトが豆鉄砲をくらったような顔をして、、、 と言うけれど

近づいても逃げずに 丸くて可愛い ’ ハトメ ’ を見せてくれた。  

06_7




住宅地ではあるけれど 毎年かなり多くの種類の野鳥が庭にやって来る。


それは とりもなおさず すずめのお陰、

平凡ではあるけれど すずめがいてこその健全な自然環境だと思う。




これからも すずめの赤ちゃん 待ってます !!







*    *    *    *    *    *    *


 

 

2019年1月 4日 (金)

「 謹賀新年 」  空から富士山を拝む!

 
明けましておめでとうございます。


今年も良いお年となりますように!






空から富士山    11月末

Fuji1



Fuji1b









空から富士山   4月初旬

Fuji2





Fuji2b








本年も 引き続きどうぞよろしくお願い致します。







********     ********

2018年11月 2日 (金)

癒しの那須アルパカ牧場 スター系もお笑い系もいる!


栃木県那須町にある アルパカ牧場

気質も穏やかで見た目も愛らしい 癒し系の動物

アルパカに会いに行きました~






01.    君、可愛いネ !

01








02.    那須連山を背に ペルーからやってきた500頭の

アルパカがのんびり暮らしている。   しかし もともと


南米アンデスの標高3千メートル以上の高地に住む動物、

那須高原で彼らが定着するまでの10年間は、試行錯誤だったそう。

02








03.    こんなヤツもいれば 、、

03








04.    こんなヤツもおる

04








05.    君たちには お笑いも顔負けだね 

05








06.    アルパカは人懐っこく、本来攻撃性はないが

たまにつばを掛けられたり お尻の方から撫でると 

蹴られることもあるらしい。

06

   






07.    ところで 10月のこの日、みんな地肌剥き出し!   


実は毎年6月頃 ペルーから専門スタッフが来て毛刈りをする。

従ってふんわりアルパカに会いたい場合 それより以前に行かないと

モコモコアルパカの最盛期を見逃すという訳 。。

07








08.   でもご安心。 毛の生産と共に観光牧場でもある訳で 

一部はふわふわモコモコのままでいてくれる。 


彼らのまあるいお尻に指を入れると ふかーっと沈みます !

08








09.   特に子供アルパカは まだ毛を刈られない。


とは言え ウールより細く柔らかく暖かいのが特徴のアルパカの毛、

特に生後0~6ヵ月のベビーアルパカの毛は さらに細く柔らかで、

絹のような肌ざわりと光沢がある高級品になるそうだ。

09








10.    こんな親子の姿は癒し以外の何ものでもない。 

パンダのシャンシャン親子にも負けないカナ ・・

10








11.    園内には彼らとお散歩できるエリアもある。


一回500円だが、 筆男(右下) ぼたん ショコラ ポッター

など 名前が付いたスター? の手綱を引いてお散歩するのだ。

11








12.   スターと言えば この子は以前テレビのコマーシャルに

出ていた「 タラキーくん」。


本場ペルーのアルパカ飼育協会最高責任者に 「世界一の男前」 と

認められ コマーシャルに出ることになったそうだ。

12

 






13.    スターではなくても こんなボサボサ頭の君、

君も愛らしいネ !

13



ところで、アルパカは 何の仲間?

アルパカは ウシ目、ラクダ科の動物。


ラクダより小さくてコブもないけれど やっぱりラクダによく似てる。


きっとまた会いに行くからね ・・  





...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

2018年9月14日 (金)

「かなとこ雲」 何の動物に見えますか~?



この雲は 何かの動物に見えませんか ~? 

私は  慌てて写真を撮りました。




写真を見て シロクマとか魚とか言う人もおりましたが 

恐そうな目、 耳も鼻の穴もあって 牙までむいている。


やっぱり 吠えかかる犬 !? 

Photo
 

これは8月25日の夕方 関東一円で目撃された積乱雲。

千葉からはこんな姿に見えたのです ~   







成長した積乱雲のうち、 頂上部分が広がって平らになったものを

金床という道具になぞらえて 「 かなとこ雲 」 と呼ぶらしい。

2






富士山の4個分以上の高さまで発達し、   雲の内部で

稲妻が仕掛け花火のように連続して弾けると 雷鳴も負けじと共鳴する。


同時刻東京にいた家族も 同じ雲の動画を撮ってました。

   (  家族の趣味は似てくる ・・!?  )

3


 

( 何テレビか忘れましたが 画像をお借りしました。 ありがとう! )








 
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+ 

2018年5月11日 (金)

動物に触れる「サユリワールド」 カピバラに太ももを噛まれた!


春の房総半島は 首都圏からも近く、手軽に楽しめる観光スポットが

たくさんある。 今回は放し飼いの動物と触れ合える動物園を訪ねた。






01.   その前にまず腹ごしらえ!   富津岬の ビッグあなご天ぷら。  


お昼時とあって 店の外にも順番待ちのグループが待っていた。

01








02.    厨房は大車輪!   吉田沙保里似の?天ぷら担当のおばさん、 

昼時は 恐らく百本以上揚げるんではないでしょか。



あさりラーメンも美味しかった ・・

02








03.    房総と言えば ポピーやキンギョソウ キンセンカなどが馴染みだが


砂浜に広がる 紫ハナナの群生、 楚々としていて大好きだ !

03








04.      ここは 千葉県市原市にある 「 サユリワールド 」


全国17位、千葉県内で2位の 人気を誇る動物園だ。

動物たちと直接触れ合って エサやりが出来るのが人気の訳。



頭突きする!? 陸ガメを横眼に 山羊が通り過ぎる。

04








05.       ” たまらん ! ”   


うさぎ ニワトリ ホロホロ鳥など小動物も ちょろちょろしている。

05








06.       キリンには 二階部分からエサやりが出来る。

06








07.     らま君、 歯並びがイマイチだけど 愛嬌があるネ。


脚も変な角度に 折れ曲がるんだァ ~

07








08.     カンガルーは熟睡中、 揺すってもピクリともしない。


にわとりも呆れ気味だ。 

08

 






09.     私が最も気に入ったのが ワオキツネザル。


尻尾を斜め掛けするところなんぞ 垢抜けている !

09

                (  左がママ 右がパパ  )






10.     さすがに放し飼いではなく  人間の方が檻に入ると、

彼らは臆することなく 人の肩や背にバンバン跳び乗ってくる。



私も 尻尾をするりと撫で掴んだり、 バナナを食べさせたり

キャっと悲鳴を上げつつも  楽しいひと時を満喫しました ~

10








11.     それにしても ワオキツネザルのママの偉いこと !


そして子供たちの愛らしいこと ! 

11

  






12.    さて、 カピバラのエリアに入った時 一匹が 私の太ももを

ムチュっと噛んで来た。  私のももは そんなに美味しそうだったかな ^&^



触れ合う以上は こんなこともあるのだろう。  獣医が常駐している。



” カピバラは人間の体に悪さをするような菌は持ってませんから

大丈夫ですよ ”        シュッと消毒液をかけてもらった。

12







13.      噛まれても カピバラはとっても可愛い動物だ。

本当に一番危険な動物は 何と言っても人間かも知れない。




ぴりりとアイロニーの利いた看板に目をやりつつ 退場ゲートに向かった。

13



手をよく洗い、 土産物コーナーを通って、 外に出たが


軽い興奮が続いた。   動物好きにはたまらない一日でした。





太ももの傷は 一週間後には 目立たなくなっていた ・・・








...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

その他のカテゴリー

bellaのアトリエ 「アメリカ国立公園」は雄大なり! 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント 「チロル地方」オーストリア やっぱり凄い モンサンミッシェル りんごの村 アメリカ サンフランシスコ アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園 アメリカ ヨセミテ国立公園 アルザス・ロレーヌ アールヌーボー発祥の地 イギリス 植物王国 イタリア ウンブリア地方 アッシジなど イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど イタリア トスカーナ地方 イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど イールドフランス ウイーン 中欧・花の都 オンフルールは画家の聖地 カナダ メープル紅葉便り カナダからの手紙 英国の香り カンボジア アンコール遺跡群の旅 グラスゴーは意外とお洒落な街! ゴッホ終焉の地 ゴーギャンのブルターニュ ゴージャス!「イタリア湖水地方」 シスレー と ミレー スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 スコットランド エジンバラ スコットランド中東部 歴史ある古都巡り スペイン サラゴサとタラゴナ スペイン マドリッド・セゴビア・アビラ・サラマンカ スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル スペインの「白い村」 スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と セビリアとコルドバ アンダルシアの華 チェコ チェスキー・クルムロフと骸骨教会 チェコ プラハ ドイツ 「ロマンチック街道」 ドイツ ドレスデン・マイセン ドイツ ベルリン・ポツダム ドイツ「 古城街道 」 ドイツ南端 「アルペン街道」 ネッシーとハイランド ノルマンディ(フランス) バカラ クリスタルの町 パンプローナとその周辺 ピレネー山脈・大自然とその文化 ピレネー山麓・フランス側も面白い! フランス・中世ロマネスクの旅 ブルゴーニュ 美食の地 ブルターニュ どの町も個性的! ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 ポルトガル コインブラ バターリャ アルコバサ ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 ポルトガル中部・ナザレ ファティマ トマール ポルトガル北部 ポルト ギマランイス ブラガ ポルトガル鷹の巣城 マカオ ”エキゾチックタウン” ミャンマー インレー湖 ミャンマー バガン・千の仏塔がある古都 ミャンマー ヤンゴンと郊外 ミャンマー・マンダレー ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” モネの色彩を育んだ町 モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” リヨン、フランス第2の都市 ルノワールのセーヌ川 ローマ 永遠の都 信州の風 光のスイスアルプス 光のフランスアルプス 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 北仏画家の町 北欧 スウェーデン・ストックホルム 北欧 ノールウェー オスロ 北欧 ノールウェー ベルゲン 北欧 ノールウェー 滝とフィヨルド 北欧 フィンランド・ヘルシンキ 南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン 南フランス ツールーズ・アルビ・カルカソンヌ 南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス 南仏画家の町 国内旅行 国内旅行 中国編 国内旅行 九州編 国内旅行 北海道編 国内旅行 北陸編 国内旅行 東北編 国内旅行 東海編 国内旅行 関東編 奇岩のイタリアアルプス 活気のバルセロナ 花の都フィレンツェ 香港 びっくり見物記 魅惑のパリ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック