香港 びっくり見物記

2016年4月 1日 (金)

「香港島・中環」その繁栄ぶりは ’経済ディズニー・シー’

香港の九龍半島の対岸にある「 香港島 」、  高層ビルが林立する海岸線の中で  


昔から香港の政治経済の中心地となって来たのが 「 中環 ツォンワン 」。







01.     中環へは フェリーか地下鉄で渡ることが出来る。  半島側の 地下鉄油麻地駅の

プラットフォームには ドアパネルが完備、 安全に対する先進的な配慮がなされていた。

01







02.     「 中環 」 は イギリス統治時代から 首都機能を念頭に開発がなされたので、

香港の行政機関はもとより 経済の中心地として 世界中の銀行や大企業の香港支社が集積している。


その繁栄とインターナショナルな様子には 本当に驚かされました !

02







03.     海岸沿いには 夜ともなれば華やかな発光体となる高層ビル群が 屏風のように連なり、

その足元裏では ごちゃごちゃした庶民の市場や遊興街が 人間的な趣きを発揮している。 

 

その先 丘の麓には庶民のマンションが肩を並べ、   標高が上がるにつれ 

金持ちの邸宅や 各国の駐在員などの高級マンションが聳えることになる。

03







04.      特に目を引いたのが ” 2階建てトラム ” 。   このトラムと来たら 

真下から見上げると相当なノッポだ。   カーブを回る時 遠心力で倒れないかとハラハラさせられた。 

04







05.        中心街の ” 空中連絡通路 ”   便利に 美しく整備されている。

05







06.        昼時のOLさんの様子は 東京の丸の内とそっくりだし

信号待ちの街角は まるで銀座 !

06







07.          道路をまたぐ ” アップル社ビル ” 

07







08.      「 嘉威街 」  メインストリートの裏手に 庶民の活気あふれる一角がある。

高級マンションに住んで 時々こんな下町で買い物をする、 そんな駐在生活は楽しいだろうナ! 

08







09.      海岸線を東西に歩くのはいいが、 海から山側へ 南北に移動する場合は

どこでも坂道に出くわす。       ハリウッドロード付近から出ている ” ヒルサイド 


エスカレーター ” を使うと ソーホーなどの繁華街に楽に行くことが出来る。 

09







10.    さて 香港島で 楽しくいろいろ珍しいものを見物したが、 結局一番印象に残ったのが

長い首を空に伸ばすクレーンたちの幾何学模様と その下でどんどん増殖する新しいビル群だ。



香港の繁栄ぶりは想像以上で、 正直 日本は負けているかも と感じたものでした・・




ただ香港は国と言うより 特殊な ’ 地域 ’ であって、  政治上の立場や 立地条件・大きさ・

英語が使える利便性など 世界が進出しやすい条件にちょうど合致してるのかも知れない。



ある意味 ” 経済をつかさどる 実在するディズニー・シー ” のようにも見えました ~~ !

10







11.        IT技術を駆使する ビル建設の傍らに、 竹棒を組んだ足場が !


こういうところが 香港の尽きせぬ魅力なのかも知れませんね ・・・・・ 

11







12.       香港でも美味しいものを たらふくいただきましたが、 

腕のないグルメリポーターゆえ  特筆するほどの逸材には 遭遇しませんでした ~ 



ただ  左上のうどんは 切れずにつながった 細い一本麺。   

料理人が 目の前で 一塊りの種から そうめん状の一本麺にして行く妙技を見せてくれました。

12







13.        ”  中華もいいけど和食もね !  ”   

13



寿司、まぐろ、すき焼き どれもすでに世界用語ですが  とりわけ 最近は 

” 神戸牛 ” というワードを口にする 外国人が多いような気がします。




日本人だと言うのに 私にとっては 相変わらず高根の花ですが !!




★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・★゜





これで 香港旅日記は 終了です  ・・

2016年3月18日 (金)

「香港百万ドルの夜景」「スペイン女性と 一緒にドジを踏んだ話」

香港と言えば ’ 百万ドルの夜景 ’ と言われます。



夜になるのを待って 一日は海岸線に出かけ もう一日は小高い山の上に登りました。







01.    九龍半島の突端にある今回のホテルは、 ヴィクトリア湾の景色もよく見えて

ゴミゴミした古くからの繁華街にも近いという便利なロケーションにありました。



ホテルの窓から 対岸の 「 香港島中環 」 のビル群が まるで屏風のよう !

01







02.        最高級のブランドホテルではないけれど 角部屋のスイートルーム、

大きな開口部から 素晴らしい港の風景と街の賑わいの両面が 一望出来ました !

02







03.      海沿いには プロムナードが整備されていて 素敵な散歩道となっている。


本来 対岸の香港島の夜景が目玉ですが、こちらプロムナード沿いのネオンも負けじと瞬いています。

03







04.     この散歩道には ” アヴェニュー オブ スターズ ” という名が付いていて

ブルースリーなどの有名スターや監督の像 ジャッキーチェンの手形タイル等が並んでいました。

04







05.         さて こちらが ヴィクトリア湾を華やかに彩る対岸のビル群の光

05







06.       毎晩8時から15分間 ” シンフォニー オブ ライツ ” と銘打った

光のショーが始まる。  静止画ではなかなか捉えずらい面がありますが、 ビルのてっぺんから

色・形の異なるサーチライトが放たれ 音楽とシンクロしながら ビル全体がアートの舞台となる。

06







07.        この時間帯には 多くの遊覧船が湾に繰り出す。  

中でもこの赤い帆の海賊船、 暗闇の中 一層独特なムードを放っておりました。

07







08.        輝くビル群の色とりどりの光を映す水面を かき分け進む遊覧船、 

それらも シンフォニー オブ ライツの舞台装置の一部と言えるかもしれません。

08







09.        さて さらにもう一つ 夜景の名所がある。  

百万ドルの値打ちがあるとされる  ” ヴィクトリア・ピークからの夜景 ” で、   

海から見た香港島中環のビル群の灯りを 今度は小高い丘から見下ろすという具合です。



ヴィクトリア・ピークに行くには フェリーで湾を渡った後、  554mの山頂まで 

トラムに乗って行く方法 (写真下左)と 山を循環するバスで行く方法(写真下右)がある。




いろいろ勉強不足や勘違いの故に、  私達は トラムなら10分のところ 

住宅地をうねうねと巡るバスに 1時間も揺られる羽目に陥った。


その上 頂上はもっと上にあると勘違い、更にバスの終点からトラムに乗り換えた。 

動き出した途端 なんとトラムが急降下、 あれよあれよという間に 見事に出発点の港に逆戻り。


仕方なく 再びトラムで頂上を目指すという ドジを踏んでしまったのだ !

09







10.    しかし バス乗車中から この間抜けなドジをずっと一緒に踏み続けた女性がいた。


スペイン人のエウジニア、 11月の寒空 みんなコートを着てるのに 彼女は半袖のTシャツ姿、

車内で このバスは頂上に行きますか~ と彼女が周囲に問いかけたのをきっかけに仲間となった。




’ 百万ドルの夜景 ’ は ウイキぺディアの写真 (下)の様には 輝いておらず、

季節や時間帯によるのだろうが とにかく 写真はボケてしまい上手く撮れず仕舞い。

この日の 最大の印象・思い出は すっかり エウジニアに持っていかれてしまった !

10







11.     バルセロナ出身の彼女は 英国系の会社のエージェントとして 海外拠点を

駆け回っている。したがって 彼氏とも別れざるを得なかった。 まだ彼のことは愛してる、

とスマホの写真をめくって見せてくれた。  香港はわずか8時間ほどの滞在だったそうだ。



少しは旅慣れた私達と 旅の達人エウジニアが 共に陥ったミス、 不思議な連帯感が沸いた。  

彼女とは 今でもやりとりしているが、  別れ際 トラムの駅で買って手渡してくれた

’ きしめん ’ のような幅広の カラフルゼリーの味が忘れられない。  

11

 

 




12.          フェリーで 再び九龍半島側に戻って来た。  

10時を過ぎていたが あたりは まだ賑わっていた。     活動家の路上ライブ。

12







13.          商業施設の電飾も華やかだ。

13



ところで  日本が一旦本気を出すと 何事によらず 物事は高レベルに仕上がり、

特に最近は LEDの開発と共に 日本の夜景の華やかさは格別なものがありますね。




一方 香港の夜景を見て気付いたことは、 単にオフィスビルの夜景が電飾で飾ったごとくに

綺麗だと言うのではなく、   あれほど明るく夜を照らす ビル群の繁栄こそが輝かしい、  

つまりは  東洋一の経済拠点としての香港そのものが輝かしいのだ と言う事でした。




★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・★゜




次回は 新しい香港 オフィスビルが建ち並ぶ その香港島の中を歩きます ~

2016年3月11日 (金)

香港・油麻地でお買い物「ヒスイ市場でネックレス、仏具店で飯茶碗」

香港の九龍半島には 近代的オフィスビル街からオールドタウンまで 

魅力ある様々な地域が 混沌のうちに存在している。   今回はその中でも  


尖沙咀の北側から油麻地までの 最も香港らしい賑やかな庶民の街を訪ねます。







01.         九龍半島の中心を走るメインストリート ネイザン・ロードは

「 尖沙咀 チムシャツォイ 」 から 「 油麻地 ヤウマテイ 」 の先まで南北に走っており、 

表通りらしく 時計・宝飾 ブランド店など 高級店が連なっている。   一方




大通りの西側 「 佐敦地区 」 には 幾筋かの裏通りが巡り、  種々雑多な庶民の店が

ごちゃごちゃと居並んでいる。  まさに香港のエネルギーが湧きたつ街と言えるかもしれない。

01







02.     この地区には 生鮮食品や衣類はもとより 金貸し 不動産屋 探偵 花嫁衣裳店 

仏具屋 東京の河童橋にあるような台所用品店 線香屋 漢方薬店 あらゆる店が軒を連ねている。
 



この界隈の仏具店で 実は私は 向こうが透けて見えるような 古物の 極薄手の美しい飯じゃわんを 

相当値切って手に入れた。  しかしながら 気遣いながら日本に持ち帰る途中 

機内で抱いていたそのちゃわん なんかの拍子に割ってしまったのだ !



揺するとカラカラと音がするパッケージの中身を 今も怖くて 残念で 開けられずにいる ・・・

02







03.          豚足 あばら 太もも 肝臓 いろんな部位の生肉が 店先に 

ダイナミックに吊るされている。 この日は11月、 冬とは言え日本では有り得ない光景だ。

03







04.      ’ 乾きもの ’  ふかひれやアワビなど 中華料理に欠かせない貴重な具材。

真っ黒な ’ スチールたわし ’ みたいなものもありました~ 

04







05.           さて  ここは  「 ヒスイ・マーケット 玉器市場 」

翡翠と言えば やっぱり中国を代表する宝飾品のひとつでしょう。 

05







06.          女心がくすぐられ、 興味津々 ワクワクしながら中に入った。

06







07.      市場のような建物の中に 幾筋も出店が続く。 どこも似たような品に見えて

目線が定まらない。     それに 絶対買うぞ! っと意気込んではいたものの 

垢抜けた東京ファッションと比べたら !?   やっぱりデザインが ちと古い ・・・



それでも思い出のため この女性の店で 翡翠の玉を花の形にカットしたネックレスを一つ買いました。

07







08.        ヒスイ・マーケットのさらに北側に 「 天后廟 ティンハウミウ 」 がある。



線香の紫煙で奥が霞む。 一応 中庭のポッカリ開いた空から煙が逃げる仕組みとなっている。

ここは 伝統的中国寺院建築の代表例とされるそうだ。

08







09.          薄暗がりの向こうに エキゾチックな像や装飾が待っていた。 


この廟に祀られているのは 漁民の守り神天后 ティンハウ ( 写真左側 )。 



昔むかし この辺りは 船が係留されるような浅い湾の砂地だったが、 1800年頃から

「 油麻地 ヤウマテイ 」 の開発が進み、  既に地域の海の守護神として祀られていた

小さなティンハウ廟が 全面的に修復され 今日の立派な姿となったそうだ。 

09







10.       中央のティンハウ祭壇以外にも  いろいろな地元の神様が祀られていて 

人々はそれぞれ自分の神様に祈りを捧げる。

10







11.           中国では こんな提灯のような螺旋線香がお馴染みですが  

ここのはひときわ立派です !    灰が落ちないよう 受け皿も付いている。  


相当長い時間 燃え続けるのでしょうね ・・

11







12.         さて、 門前町のこのあたりでは 今日でも竹かごが珍重されている。  


プラスチックかごなどと比べたら ナチュラルでほんといい感じ!

12







13.             おや、こちらはプラスチックかごを使ってます ~  



噂には聞いていましたが 日本の ” 宅急便 クロネコヤマト ”  に遭遇しました。

日本人の知恵と勤勉さが生んだシステム、 香港でも根付いたら嬉しいですね。

13

                             (  タクシーは テキシ と書くのですね !? )




日本のロックグループ ” ルナ・シー ” の顔入りバスが 香港の目抜き通りを走ってました。








香港に嵌る人は多いと聞いています。      この油麻地 ヤウマテイ地区も 

夕方から24時くらいまで 屋台街のナイトマーケットが 一段と華やかに盛り上がるらしい。



どの国もそうではありますが   一回の訪問で 香港の全てを網羅するすることは出来ない。 

私も また来なくっちゃと 思った次第でした・・







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜



香港 続きます。

2016年3月 4日 (金)

香港「工事現場、竹で組まれた足場が天まで伸びる!」

香港と言えば ’ 百万ドルの夜景 ’ を思い浮かべますが 


ビクトリア湾を挟んで 夜景を眺める側の 九龍半島の最南端の地域が 「 九龍尖沙咀 」、 

華やかな照明でビル群が輝き 見事な夜景を形作る側、 対岸の島が 「 香港島 」です。







01.      今回は 古くからの商業の街「 尖沙咀 チム シャ ツォイ 」を 訪ねます。 



西洋と東洋、、 古いもの新しいもの、、 高いもの低いもの、、

あらゆるものがごちゃ混ぜで  それが香港の魅力と言えるでしょう !

01







02.     1997年に返還されるまで イギリス統治下にあっただけに 漢字と英語が併記。

漢字の方が難しくて読めないなんて皮肉なことです ・・ 

02






03.         ナイトクラブ ” 花・桃・艶 ”   発音は出来ずとも感じは伝わりますね。

03_2







04.         食堂の屋台が並んでいる一角   こんな猥雑さも魅力の一端 

04







05.           さて香港の建物には ベランダがあまり見当たらない。 

エアコン室外機や洗濯ものなど みんな工夫して設置している。 

05







06.           何と言っても感動したのが 工事用の ’ 竹の足場 ’ 

長年の経験で 竹の性能が実証され   珍重されて来たに違いない。 

06







07.         竹の文化に馴染み深い日本人としては 親しみを感じてしまいますが、

工具が発達した現代でも こうして竹が現役として活躍している様子をみるのは驚きです。 

07







08.           ’ 空中渡り廊下 ’ も お手の物 !!

08







09.               5~6階建てならまだしも、   

こんな高層ビルだって 難なく竹の足場が組まれ 天に伸びて行く ・・ 



理屈上は スカイツリーだって 上まで取り囲めるに違いない。

09

 





10.       こちらは 町の喧騒をよそに 静かな「 九龍公園 ガウロンゴンユン 」


老獪な中国仙人を思わせる樹形です。

10







11.        二胡の伴奏で 揺らめくような旋律の歌を合唱する人たち。  太極拳は 

日本人がスポーツクラブで習うのとは違い、 さすが 身に着いた自然な動きで感心しました ~

11







12.            中国流の碁でしょうか、、、 ゲームに興じる人たち。


お年寄りは日向ぼっこ 。        どこの国でも平和が一番です。

12







13.         しかしながら オレオレ詐欺の貼り紙がありました ! 

香港でも だまされるお年寄りがいるのでしょうか ~    



インターネットの世の中、 日本発の悪知恵はあっという間に伝わりますね ・・   

13




香港見物記 まだ続きます。




★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

その他のカテゴリー

bellaのアトリエ 「アメリカ国立公園」は雄大なり! 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント 「チロル地方」オーストリア やっぱり凄い モンサンミッシェル りんごの村 アメリカ サンフランシスコ アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園 アメリカ ヨセミテ国立公園 アルザス・ロレーヌ アールヌーボー発祥の地 イギリス 植物王国 イタリア ウンブリア地方 アッシジなど イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど イタリア トスカーナ地方 イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど イールドフランス ウイーン 中欧・花の都 オンフルールは画家の聖地 カナダ メープル紅葉便り カナダからの手紙 英国の香り カンボジア アンコール遺跡群の旅 グラスゴーは意外とお洒落な街! ゴッホ終焉の地 ゴーギャンのブルターニュ ゴージャス!「イタリア湖水地方」 シスレー と ミレー スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 スコットランド エジンバラ スコットランド中東部 歴史ある古都巡り スペイン サラゴサとタラゴナ スペイン マドリッド・セゴビア・アビラ・サラマンカ スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル スペインの「白い村」 スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と セビリアとコルドバ アンダルシアの華 ドイツ 「ロマンチック街道」 ドイツ ドレスデン・マイセン ドイツ ベルリン・ポツダム ドイツ「 古城街道 」 ドイツ南端 「アルペン街道」 ネッシーとハイランド ノルマンディ(フランス) バカラ クリスタルの町 パンプローナとその周辺 ピレネー山脈・大自然とその文化 ピレネー山麓・フランス側も面白い! フランス・中世ロマネスクの旅 ブルゴーニュ 美食の地 ブルターニュ どの町も個性的! ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 ポルトガル コインブラ バターリャ アルコバサ ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 ポルトガル中部・ナザレ ファティマ トマール ポルトガル北部 ポルト ギマランイス ブラガ ポルトガル鷹の巣城 マカオ ”エキゾチックタウン” ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” モネの色彩を育んだ町 モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” リヨン、フランス第2の都市 ルノワールのセーヌ川 ローマ 永遠の都 信州の風 光のスイスアルプス 光のフランスアルプス 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 北仏画家の町 北欧 スウェーデン・ストックホルム 北欧 ノールウェー オスロ 北欧 ノールウェー ベルゲン 北欧 ノールウェー 滝とフィヨルド 北欧 フィンランド・ヘルシンキ 南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン 南フランス ツールーズ・アルビ・カルカソンヌ 南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス 南仏画家の町 国内旅行 国内旅行 中国編 国内旅行 九州編 国内旅行 北海道編 国内旅行 北陸編 国内旅行 東北編 国内旅行 東海編 国内旅行 関東編 奇岩のイタリアアルプス 活気のバルセロナ 花の都フィレンツェ 香港 びっくり見物記 魅惑のパリ

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック