スペイン サラゴサとタラゴナ

2015年3月20日 (金)

ローマの遺跡の街「タラゴナ」・ 人間ピラミッドは土台が肝心!

スペイン、カタルーニャ地方  バルセロナの南西80kmあたりに、 

地中海に面した港湾都市 「 タラゴナ Tarragona 」 がある。



紀元前にローマ人によって拓かれたこの都市は 古代・中世から現代に至るまで

地中海の要衝として繁栄して来ました。 


今日も バルセロナから ショートトリップで訪れる観光客が沢山いる。





01.     地中海の光を一杯に浴びて タラゴナの旧市街は段丘状に広がっている。

手前に見えるのが 「 円形闘技場跡 Ruines del’Amfiteatre 1世紀 」

01







02.     旧市街は ぐるりと城壁に囲まれており、 街のあちこちにローマの遺跡がある。


「 地中海のバルコニー Balco del Mediterrani 」 と呼ばれる遊歩道 (写真右下)

から見渡す 紺碧の地中海は ことさら美しい。

02







03.      城壁内には 昔の狭い道が網の目のように広がっているが、 


「 フォルム広場 Placa del Forum 」 では ローマの城壁跡に隣り合って

市場が立っている。    今昔が 当たり前のように馴染んでいて面白かった。

03







04.     「 カテドラル Catedral 12世紀着工 」 は ロマネスク、ゴシック様式に

イスラム様式も加わり 内外共に なかなか個性的な風貌でした。 



紀元前3世紀に築かれた 「 考古学の道 Passeig Arqueologic 」 沿いの城壁は 

幾度と修復が重ねられ、 これまでの2000年の重みを 石肌が物語っていた ( 写真左下 )。

04







05.     ところで、 タラゴナと言えば 歴史遺産ばかりでなく、  9月末に開催される 

「 サンタ・テクラ祭 」 で催される 「 人間ピラミッド 」 も 世界的に有名です。



もともと 1321年からカテドラル前で行われていた宗教行事でしたが、    今や    

街の広場や闘牛場などで大々的に催され 全市民が人生最高の情熱を傾ける一大イベントとなっている。

05

(   写真は インフォーメーションサイトより   )








06.     ここは 「 人間ピラミッド 」 が 大々的に行われる 「 フォント広場 Pl.dela Font 」  

オープンカフェがずらりと並ぶ その先には市庁舎がある。   街路樹が金色に輝いていた。


” taberna   食べるな! ” と言われてもネ ・・   古代ローマ、古代ギリシャを経て使われて来た

食堂という意味だけど、  夜はきっとこのあたりで食べることになるでしょう !

06







07.      広場を囲むアパルトメントの窓辺に ’ カタルーニャの独立を願う旗 ’ が出ていた。



旧市街の外側には 現在 タラゴナの新市街が大きく広がり、 石油化学など 数々の産業が発達している。

そんな活況が バルセロナと共に カタルーニャの独立運動を盛り上げる 経済的根拠の一助となっている。

07







08.         メインストリート、 7月の昼下がり

08







09.     さて、 「 フォント広場 」 に面した我がホテルの ボーイさんは パラグアイ出身。

もう4年も国に帰ってないそうだ。 サッカーワールドカップで 丁度日本代表が パラグアイに負けたばかりの

この日、 シャイな笑顔で 日本ありがとう! って礼を言われました ~




それから この老婦人に 黄色い花を付けた街路樹の名前を聞こうとしましたが 言葉の壁で撃沈 !

せめて 写真を撮らせてとお願いしたら、ワシのことなんか撮ってどうするだ ~ って言われました。

意思の強そうな 魅力的なお顔です !! 

09

( ホテルには毎朝オレンジが届けられる。 オレンジの生ジュースを 浴びるように飲みました !  )







10.     こちらも 広場の老婦人4人衆。 何かのお集まりの帰りだと思うが、 お顔、ポージング

性格、そして多分人生観 どれを取ってもそれぞれ違っていて個性的。 たまたま通りかかっただけの男性が



キスして行きました。    私も10カットほど写真を撮らせていただき 握手。   


もっとおしゃべりが出来たらよかったのに ・・   スペイン語の壁で また撃沈 ・・ 

10







11.     さて 人間ピラミッドだけれど、 テレビなどで見る時 どうしても 一番上に乗る

子供などに目が行ってしまうが、  何事によらず肝心なのが 基本 ・ 土台 。  



輪の中心に位置する 屈強な男たちのこの真剣な眼差しはどう!  

周囲を取り巻く人垣がカチンカチンに固まって 強固で安全な土台が出来る。    それこそ、 



一番目立つ 上に伸びるピラミッド自体は 氷山の一角と言えるかも知れない ・・  

11

 (   左側写真は 05. に同じ   )







12.     日頃から どれ程体を鍛えているのだろうか、  どれだけチームで真剣な作戦を

練っているのだろうか、  どれだけ練習をしているのだろうか 、、、

12


夕食で 普通に出てきたハムの量を見ながら、 

 

スペイン人のエネルギーの源を見た思いがしました !




  pig                 wine                 pig

2015年3月13日 (金)

「ゴヤの生家」への往復は 荒野でびっくり、風車でびっくり!

1746年、画家ゴヤが生まれたのが サラゴサから南に44km、 

アラゴン地方の荒野に佇む 寒村 「 フエンデトードス 」。 




スペインの大都市・サラゴサから フエンデトードスに向かう時、 車の窓から眺めた

褐色の 乾いたスペインの大地は 緑に慣れた目には ある意味驚きの風景でした。 







01.      サラゴサから出た直後は 道路の脇を 鉄道が共に走っていましたが、、

01






02.       程なく 赤い大地のただ中に 放り出されました。

02






03.       時々 小さな町やセメントの町工場などを 通ります。  

03






04.     幹線道路から外れて いよいよ ” ゴヤの道 Camino de Goya ” に入る。


ゴヤがサラゴサに向かった時代と 風景はほぼ同じだが、 ゴヤは馬車で揺られたことでしょう ・・

04






05.     フエンデトードスに近づこうとした時、 衝撃的な風景が待ち構えておりました


” 風車の森 ” です !    丘から丘へ 次から次へと 発電風車群が現れ、 

しかも どれもが グワングワンと 恐ろしい勢いで回り続けていたのです

05






06.        その間をくぐり抜ける度、

得も言われぬ 不思議な恐ろしさに襲われ  知らずうち鳥肌が立ちました ・・



’風車の森’ を知っていて出会ったなら また別な興奮を覚えたかも知れませんが、

なにしろ 不意のことで ・・



ゴヤの時代の不毛の大地は 今こうして一発逆転 宝を生み出す大地となっていました。
 



幾つかの風車の柱は ゴヤの版画を拡大して描いた巨大アート作品となっていますが、

広い荒野の4地点、 ガイドツアーでないと 恐らく見つけられないでしょう。

06






07.       フエンデトードスに着きました

08






08.     ここには ゴヤの生家ばかりでなく、 動植物の生態を探るトレッキングコースが

何本かあり、  観光客や学校の生徒たちの活動の拠点となっています。

07






09.       さて、 フエンデトードスを出発して 再び北上、 

バルセロナ、タラゴナなど大都市を擁するカタルーニャ地方 方面に向かいます。

09






10.       幾つかの切通しを越え 、、

10






11.       丘を越え 、、

11






12.        廃村

12






13.         こちらは ’ 現役 ’

13






14.     ’ 貧乏だ~い ’ と読めそうですが  決してそんなことありません !

14






15.      幹線道路に戻ると ようやく緑が見られるようになりました。


収益率の高い作物ではないけれど、 荒れ地に手が入り オリーブや果樹が植えられているだけで

意味合いが全く異なります。

15




バスツアーなどでも スペインの観光は 町と町のあいだの移動距離が長く お尻が痛くなる、

なんて話をよく聞きますが、     フエンデトードスを尋ねたワンデイトリップでも 



そんな噂を想像する材料の一端となったでしょうか ~~ 

  rvcar                      rvcar

2015年3月 6日 (金)

フエンデトードス「ゴヤの生家」 ・ 堀田善衛を読んでみました

きらびやかな聖母の都 サラゴサを離れ 車で10分も走らないうちに

360度ぐるりと アラゴンの赤い大地に囲まれる。  その44km先に ゴヤの生家がありました。







01.      カサカサと音を立てそうな乾いた野の草を透かして 

「 フェエンデトードス村 Fuendetodos 」 が 丘の上に現れた。   



小さな村落なのに 教会だけは立派にそびえている。   1937年の激しいスペイン内乱で焼失し、

その後再建された教会だから 西洋には珍しく ごく新しい建物だ。 

A01







02.    車で入って行くと 昔ながらの石造りの 貧しげな家々が並んでいる。  1746年


「 フランシスコ・デ・ゴヤ Fransisco de Goya 」 は この村に生まれ

14歳までここで暮らし、 その後サラゴサの学校に入り、彼の画才を認めた画家のアトリエで修行する。

A02







03.      ゴヤ研究に造詣の深い 堀田善衛著 「 ゴヤ スペイン・光と影 」 によると


ゴヤの父親は メッキや装飾の細工に携わる鍍金師 (ときんし)だった。 教会とか修道院・貴族など

いわば上流社会相手の職業だから、  ゴヤの家族が  この村の雰囲気から想像されるような 

’ その日暮らしの貧農 ’ だった訳ではなさそうだ。   ならば、サラゴサにいればいいものを 



何故 家族がこんな寒村に引っ込んだかというと、 サラゴサで流行ったペストを避けるためとか

父親自身の病気療養のため、 というのが定説だと 堀田は言っている。

A03







04.     さて 村に着いたが 殆ど人がいない。 とりあえず 「 ゴヤ版画博物館 」     に向かった。



ゴヤの生家は 普段はカギがかかっているので、 博物館のスタッフに開けてもらわねばならない。

従って、 休館日の月曜に行くと、 博物館も生家も見られない破目に陥る !  

A04

(  昔の市場、 博物館スタッフ、 鉄製のゴヤ像、 碧玉製のゴヤ像   ) 
 







05.      人口200人余の 村の食料品店前(写真左手) に車を止めさせてもらったが、 

その向かいに 村の 「 共同井戸 」 があった。     ゴヤの家には井戸はなかったから 

少年時代のゴヤが 桶をかついで 毎日ここに水を汲みに来たに違いない。




村の名前 Fuendetodos は  ’ 全ての人々の為の泉 ’ という意味だそうだ。 

何の取柄もない この村の最高の宝、 それがこの豊かな地下水で、 

ローマ時代から近世まで 時代ごと 様々な人々が住み付いた理由はそこにあったと言う。

A05

 





06.     ゴヤの版画集 「 気まぐれ 」「 闘牛 」「 戦争の災禍 」「 ナンセンス 」から

約100点が展示されている。  この版画集が他の彼の作品群と違うところは、 誰か依頼主に注文されたとか


時代のニーズを意識して制作されたものではなく、 ゴヤの最大限の自由意思をもって生み出された いわば

’ 個人日記のようなもの ’  という点だ。 

A06







07.    さて これが 「 ゴヤの生家 」 18世紀初頭築。  もともとは 下級貴族だった

ゴヤの母の兄弟の家だった。  ゴヤの家族が去ったのちは 村の旅籠になったり持ち主が代変わりしたり、



20世紀になってようやく サラゴサのアーティストたちのグループによって 

” ゴヤの家 ” と アイデンティファイされたのだ。

A07

(  生家の右側は現代アートなどの美術館   

左側は 裸のマハ ・ 着衣のマハをイメージした 「 Maja 」 と言う名のレストラン   )







08.     ところで 堀田善衛が初めてここを訪れた1960年代、 村にはまだ電気が来ておらず

ゴヤの家も 全くの廃墟だったそうだ。 窓ガラスさえ嵌ってなかったという。 それが 1971年には



” もの凄い勢いで 全てが変わってた ” そうだ。  ゴヤの家は綺麗に整えられ 漆喰が塗られ

隣にはレストランも出来ていた。

A08

 





09.     確かに 私が見た室内は 白壁が眩しいほどで 時代考証を経た調度品が それらしく

セッティングされていた。  ちょうど 日本の古民家の改装のような感じもあったが、



アラゴンの荒涼たる原野を寒風が吹きすさぶ中、 電気もトイレも水道もなく、調理兼暖房の炉の火だけが 

心の拠り所だったであろうゴヤの時代は きっと もっと 身も心も不自由なものだったに違いない。  

A09







10.    この村には あと20年のうちに 新たに ’ 未来の美術館 ’ を建てる構想があるらしい。 

ゴヤの作品の展示数を増やすことと、 新たなアート活動の拠点とするためだそうだが、 結局は

観光地としての発展を目指しているのかも知れない。  



部外者から言えば ( 寒村のままでいて欲しい、と ) ちょっと残念な気もするが ・・

A10







11.     ゴヤは 1828年 フランスのボルドーで 82年の波乱に満ちた生涯を閉じた  が、

今 その遺体はマドリードに眠っている。 マドリードのプラド美術館には ゴヤの巨大な銅像が立ち

ゴヤの作品の扱い方から言っても まさに ’ ゴヤの美術館 ’ と言っても過言でないと思う。



堀田善衛も ゴヤの全てを語るのに 文庫本全4巻を要している。

そんな ’ 巨人 ・ ゴヤ ’ の ささやかな 人生のスタート地点を見たことは 私にとっては

大変面白く意味あることでした。

A11

           (   生家に展示されていた 昔の写真    )






12.     ところで、 堀田にとって ゴヤを語ることは 即ち スペインを語ることであり、 

それは同時に スペインの光と影を語ることでした。        例えば 



” スペイン人口のたった2パーセントの貴族や大地主が いまだに 全国の土地の半分を所有している。  

しかし、 その多くが不毛の土地であったら 持っていても仕方ないが ・・  ”  


” スペインの大都市は残酷なものだ。 周辺から全てを吸い取り、しかも還付することがない ”   


” あらゆる都市は マドリードのために働くが マドリードは誰のためにも働かない  ”

A12

 

 



スペインの土地がどれほど不毛なのか 、、  



スペインの大都市を一歩出ると どんな荒野が待っているのか 、、



ほんの参考まで、  「サラゴサ」から 「ゴヤの生家」 そして 「タラゴナ」への風景写真を 

次に添付することにします ~

2015年2月27日 (金)

「サラゴサ」は巨大聖堂とゴヤの街  そして 話題のアギーレ監督の街

スペインアラゴン地方の ちょうど真ん中あたり、 エブロ川流域の大都会 サラゴサにやって来ました。



「 サラゴサ Zaragoza 」 は 12世紀来 アラゴン王国の首都として栄えた街で、

びっくりするほど巨大な 大聖堂が待っていました。







01.       「 ピラール聖母教会 Basilica de Nuestra Senora del Pilar 」

ピラール広場を挟んで、 向かい側のホテルにチェックイン。

01







02.      ヨーロッパの典型的な 天高くそびえる教会と違い、 幅120mはあろうかという 

横長の堂々たる教会で、 イスラムの面影を残すムデハル様式と ゴシック様式・バロック様式が混ざリ合い 

なんとも不思議な魅力を放っていました。




早速バルコニーから 写真を撮ることにしましたが、 大きすぎて カメラに収まりませんでした ~

02







03.    ” ピラール ” は 柱という意味で、 エブロ川で祈りを捧げるヤコブの前に 聖母が現れ、

自分を模した木像と碧玉の柱を与え ここに教会を建てよと命じたという。




39センチしかない ” ピラールの聖母像 ” は 小さいけれど 大きな聖堂の立派なご神体であるので

カメラは禁止でしたが、   お土産屋さんで そっくりに再現されたマリア像を間近かに見て 

なるほど、こういうものか・・ と、 納得しました ~ ! 

03

(  右上は ゴヤが描いたピラールのマリア、  祭壇とマリア像の写真は 紹介サイトから、 

マリアの柱の部分には 祭礼ごとに 異なる色の布が巻かれます  )







04.        ピエドゥラ橋 を渡って エブロ川の対岸から  ようやく 

ピラール聖母教会 ( 最終的な建設は1681~86年 ) の全貌を 捉えることが出来ました 

04







05.             如何にも頑丈そうな ピエドゥラ橋の向こうに  

「  大聖堂 ラ・セオ La Seo  」 の塔がそびえています。

05







06.     サラゴサは 何と言っても長い歴史を持つ街なので あちこちに ローマ時代の遺跡がある。 


  soccer                                                         soccer




ところで 思い出すのは サッカー日本代表の前監督 アギーレ氏。  短いお付き合いでしたが

今話題になっている事件は 彼が率いた ここのクラブ 「 レアル・サラゴサ 」 にまつわるものだ。 





ハビエル・アギーレ氏 Javier Aguirre は 実はメキシコ人。  しかし 両親は

スペインのバスク地方からの移民で、 血そのものはスペイン人と言えそうです。



アギーレさんのニックネームは  ” エル・バスコ El Basco ( バスク人 ) ” 。 

画家の エル・グレコが ” ギリシャ人 ” とニックネームで呼ばれたのと似ているが、  確かに

しっかりした面構えはバスク人のそれだし、 名前もフランシスコ・ザビエルの Javier だし、

在位がもう少し長く続けば もうちょっと馴染みを感じたかも知れませんね。




良し悪しは別として   トルシエとか オシム、ザッケローニ などは 

それなりに個性的な印象を 日本人に 残して来ました ・・

06

                                        (   右上は 市場   )







07.       みんなが 代わり合ってまたがるので  馬の背が ピカピカ !

07







08.         「 アルフォンソ一世通り  」

08







09.       レストランでは 古い映画がサイレントで映し出されていました。   

動くオーナメントとでも言いましょうか、 お洒落な演出でした ~   イカ墨パスタ、ハモン・イベリコ、

アスパラの天ぷら、 どれも美味でした。  デザートの屋台が来たので、あれこれ選びましたよ 、、 

09

 







10.     さて 上の 「 ピラール聖母教会 」 の壁や天井には びっしりと彫刻や絵が

描かれていますが、 これは「 ゴヤ 」 の作品。  晩年の ’ 黒い絵 ’ の萌芽が見え隠れしています

10







11.        そう、 サラゴサは 画家ゴヤが活躍した町でもあるのです。  

11







12.       夜の 「 ピラール聖母教会 」 は 素晴らしく幻想的でした !   ところで

宮廷画家として活躍したゴヤの 生誕の地は  「 フエンデトドス Fuendtodos 」。

12






サラゴサから南に45km、 荒野の一隅に佇む 極貧の村でした。 




翌日は 急きょ、  フエンデトドスに ゴヤの生家を訪ねることにいたしました ・・



  art                          art  

その他のカテゴリー

bellaのアトリエ | 「アメリカ国立公園」は雄大なり! | 「チロル地方」オーストリア | やっぱり凄い モンサンミッシェル | りんごの村 | アルザス・ロレーヌ | アールヌーボー発祥の地 | イギリス 植物王国 | イールドフランス | オンフルールは画家の聖地 | カナダ メープル紅葉便り | カナダからの手紙 英国の香り | グラスゴーは意外とお洒落な街! | ゴッホ終焉の地 | ゴーギャンのブルターニュ | ゴージャス!「イタリア湖水地方」 | シスレー と ミレー | スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 | スコットランド エジンバラ | スコットランド中東部 歴史ある古都巡り | スペイン サラゴサとタラゴナ | スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル | スペインの「白い村」 | スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と | セビリアとコルドバ アンダルシアの華 | ドイツ 「ロマンチック街道」 | ドイツ「 古城街道 」 | ドイツ南端 「アルペン街道」 | ネッシーとハイランド | ノルマンディ(フランス) | バカラ クリスタルの町 | パンプローナとその周辺 | ピレネー山脈・大自然とその文化 | ピレネー山麓・フランス側も面白い! | フランス・中世ロマネスクの旅 | ブルゴーニュ 美食の地 | ブルターニュ どの町も個性的! | ポルトガル鷹の巣城 | マカオ ”エキゾチックタウン” | ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” | モネの色彩を育んだ町 | モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” | リヨン、フランス第2の都市 | ルノワールのセーヌ川 | 信州の風 | 光のスイスアルプス | 北仏画家の町 | 南フランス コートダジュール | 南フランス プロヴァンス | 南仏画家の町 | 国内旅行 | 奇岩のイタリアアルプス | 活気のバルセロナ | 魅惑のパリ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック