ブルゴーニュ 美食の地

2014年9月19日 (金)

「黒トリュフ市」開幕は儀式付き トリュフ探すはブタ?犬?

三大珍味と言えば キャビア、フォアグラ、トリュフ と言われます



その中でも トリュフは 人工的に栽培出来ないし、探すのも動物の鼻任せ と

かなり貴重な珍味と言えるでしょう







01.    ここは フランス ブルゴーニュ地方、 ” フランスの最も美しい村 ”にも

登録されている 「 ノワイエー Noyer 」、   広場に大勢の人々が集まっています。




(  今回は ノワイエーのフレンドが撮って下さった写真が とても印象的でしたので

私自身の取材ではありませんが 皆様にも是非見て頂きたいと 記事にさせていただきました )

01







02.    11月初旬 この日は 冬のあいだ開かれる 「 黒トリュフ市 」のオープニングの日

02







03.    販売開始までのひと時、   張られたロープ越しに  ” 黒いダイヤ ” と称される

黒トリュフを見つめる 品定めの眼差しは 鋭く 真剣そのもの !

03







04.    ノワイエーの黒トリュフは 100g およそ35ユーロ、 リーズナブルな値段だと

主催者は言っている。  生産者側は14団体、 買い手の方は 1000人以上の人々がやって来る。 

04







05.    皆買う気満々 !   しかしちょっと待て、、  10時半に まずセレモニーが始まる。


揃いの帽子とマントに身を包んだ トリュフ協会の面々が行列して入場する

05







06.    お偉方のご挨拶、 優秀なトリュフ業者の表彰などがあって、 ようやく

協会長が 鐘の紐を引くと カランカランと開会の音が響き渡る

06







07.    ブルゴーニュと言えば フランスでも とりわけ美食の都だ。 



一時は猛烈な勢いで トリュフを食べ 乱獲した時期があったようだが、  ちゃんと協会を作って 

トリュフの保護育成に気を配り始めたのは それ程大昔の話ではない 

07

 





08.    トリュフは 要するに ” キノコ ” だから、 生のまま持つのは せいぜい一週間ぐらい。


味というより 香りが命の贅沢品であることは間違いない

08







09.     ところで、 トリュフと言えば ブタに探させるもの、と思いがちだが



最近は 犬に探させることも多いようだ。  何と言っても ” サイズと飼いやすさ ” がその理由らしい

ブタの場合、飼うのも本格的だし 連れて行くのに 軽トラの荷台ぐらいの広さは必要だ

09







10.    トリュフ刈りに連れて行くのは 雌ブタだ。 なんでもトリュフは オスの発情期の匂いに

似ているそうで、 探し当てたトリュフに 時によっては食いついてしまう場合もあるのだとか・・



その点、犬は 麻薬犬のように訓練されて 仕事をする訳だから 食べたりしないのが都合が良い

10







11.    さて トリュフには 他に イタリア産の「 白トリュフ 」がある。   



白と黒、違いが分かるほど  私は ’ トリュフ様 ’ にはお目にかかってないが、 


スライスしたものを 加熱して ほぼ料理の具の一部になるのが 黒トリュフ   

料理の上に 香りづけとして 生のまま削り振りかけられるのが 白トリュフと言えそうです

11

(  イタリア トスカーナ地方の 白トリュフ   )







12.    こちらは フランス南東部 トリカスタン Tricastin 地方、 トリュフで有名な町

「 サン・ポール・トロワ・シャトー St Paul Trois Chateaux 」 




83もの生産グループが トリカスタン・トリュフ ブランドを 守り育てているが

こちらも 1978年から保護活動が始まっている

12

                                       ( オフィシャルサイトから )  



お揃いの 黒いハットと黒マントをまとった生産者たち、 ただの農産物でなく 貴重な

” 黒いダイヤモンド ” を扱っているのだ、 という誇りと歓びが ひしひしと伝わります ! 






トリュフを心ゆくまで味わえるチャンスが 私にも またあればなあ、と 改めて思いますが 

果たして ・・・・・!?

その他のカテゴリー

bellaのアトリエ | 「アメリカ国立公園」は雄大なり! | 「チロル地方」オーストリア | やっぱり凄い モンサンミッシェル | りんごの村 | アルザス・ロレーヌ | アールヌーボー発祥の地 | イギリス 植物王国 | イールドフランス | オンフルールは画家の聖地 | カナダ メープル紅葉便り | カナダからの手紙 英国の香り | グラスゴーは意外とお洒落な街! | ゴッホ終焉の地 | ゴーギャンのブルターニュ | ゴージャス!「イタリア湖水地方」 | シスレー と ミレー | スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 | スコットランド エジンバラ | スコットランド中東部 歴史ある古都巡り | スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル | スペインの「白い村」 | スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と | セビリアとコルドバ アンダルシアの華 | ドイツ 「ロマンチック街道」 | ドイツ「 古城街道 」 | ドイツ南端 「アルペン街道」 | ネッシーとハイランド | ノルマンディ(フランス) | バカラ クリスタルの町 | フランス・中世ロマネスクの旅 | ブルゴーニュ 美食の地 | ブルターニュ どの町も個性的! | ポルトガル鷹の巣城 | マカオ ”エキゾチックタウン” | ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” | モネの色彩を育んだ町 | モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” | リヨン、フランス第2の都市 | ルノワールのセーヌ川 | 信州の風 | 光のスイスアルプス | 北仏画家の町 | 南フランス コートダジュール | 南フランス プロヴァンス | 南仏画家の町 | 国内旅行 | 奇岩のイタリアアルプス | 活気のバルセロナ | 魅惑のパリ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック