フランス・中世ロマネスクの旅

2014年8月15日 (金)

「ル・ピュイ」は巡礼路の起点・溶岩峰のてっぺんに礼拝堂!

フランス中南部、リヨンの南西130km辺りに 「 ル・ピュイ アン ヴレ Le Puy En Velay 」がある

その町の特異な景観は 一度目にした 誰しもの脳裏に 忘れ難い印象を残すに違いありません








01.   山道を進むと、 ドンジョンと城壁がぐるりと取り囲む玄武岩の台地が現れた。 まるで舞台装置のようだ!  


これは 「 ル・ピュイ 」の北西5kmにある 「 ポリニャック城 Chateau de Polignac 」 

ボルヌ川の浸食で削り取られた台地が  周囲の平野より100mも高く すっくと突き出ている

01






02.     そのあと 「 ル・ピュイ 」に着き  高台から見渡すと   

てっぺんに礼拝堂や像を頂く岩山が 台地のあちこちから ニョキニョキと生え出ている



まず、 向かって左側の 「 コルネイユ岩山 Rocher Corneille 」 に登ることにした

02







03.     岩山の頂上には 「 ノートルダム・ド・フランシス像 」 が建っている。 高さ16mの

この赤い像は、19世紀中頃 クリミア戦争の戦利品として手に入れた213基の大砲を 溶かして作ったのだそうだ

道理でちょっと新しく、 ちょっと奇抜な造りでした ~ 



像の内部を 螺旋階段で登ると 一面の
落書きが ~ !    観光地の宿命みたいなものでしょうか・・ 

03







04.     さて、 フランスにも火山があることを知ってる人は 数少ないかも知れないが、 

ル・ピュイを含むオーベルニュ地方は 火山のデパート、 色々な時代の火山が揃っており

独特な観光地巡りを楽しめます・・ 


このあたりにも火道が通っており、 かつての火山活動が そそり立つ尖峰や陥没盆地やらを生み出したのです




赤い像の小窓から見えるのが 「 ノートルダム大聖堂 Cathedrale Notre-Dame 」

創建は430年で、かなりの歴史を誇っている。    次はこの大聖堂を訪ねます

04







05.    この大聖堂、 実は スペインの ” サンチャゴ・デ・コンポステーラを目指す巡礼路 ” の

出発点として 今日でも多くの巡礼者を集めている。  彼らは 聖堂正面のポルタイユから始まる大階段を降り 


門前町を通って コンポステーラへの歩みを始めるのです

05







06.     ル・ピュイは 司教座所在都市として 11世紀には既に繁栄していましたが、 大挙して

やって来る巡礼者がもたらす莫大な税収などを巡り 近隣諸侯との争いが絶えず、 この大聖堂を要塞化せざるを得なくなる



聖堂界隈には 石垣がめぐらされ、 教会・回廊・居住部などの建物の窓には鉄枠が付き、 出入り口は細く狭く、 

聖堂を頂く玄武岩の小山全体が 厳めしい石の砦となった所以です

06







07.     大聖堂を頂点に 町のあらゆる個所が急峻な坂道になっているので、 観光は一苦労でした ! 



でも、学生さんたちにとっては 甘酸っぱい青春のシーンは 常に 坂道と共に記憶されることになるのでしょうね ・・

07







08.     ノートルダム大聖堂の「 黒マリア 」、 抱かれている幼子キリストの首が衣から出ている姿が印象的。   

聖祭などで 違う色の聖衣をまとうのですが、 聖衣の下 幼子をどのように抱いているか、と 裸像が気になります!



サンチャゴ・デ・コンポステーラの守護神、「 聖ヤコブ 」 も 出発する巡礼者たちを見守っている。 

帽子のホタテ印しで ヤコブだということがわかりますよ 

08







09.   最後が 「 サン・ミッシェル・デギュイユ礼拝堂 Chapelle St-Michel d’Aiguilhe 」

礼拝堂を頂く 高さ82mのこの溶岩峰の姿は まさに奇景、 ” ル・ピュイの顔 ” と言える風景です




268段の石段をよじ登って 礼拝堂に到着。   創建は969年、   生活が不便で素朴だったかつての時代、  

礼拝堂を作る石を運び上げた時も ここで祈りを捧げた時も 幾多の困難が待ち受けていたことでしょう ・・

09

 







10.    この礼拝堂は 1、034もあるフランスの文化遺産の中でも 19世紀末 最初の選考リストに載せられた

と言うことですから、 その人気の程と重要度がわかります



礼拝堂入口のアーチは エキゾチックな ビザンチン様式のアラベスク模様とモザイク石で彩られている

内部は素朴なロマネスク様式で、 天井などの壁画は薄れてはいるけれど 古びた色合いが魅力的でした

10







11.    登るにも降りるにも かなりの勾配で 足を踏み外したら大変なことになりそうです !sweat01

11






12.    さて ル・ピュイは 巡礼の人々の祈りを受け入れる厳粛な町ではあるけれど  町は普通に明るい。 



’ 聖母の被昇天祭 ’ ’ 鳥撃ち競技会の仮装フェスティバル ’ など 人々の熱気が爆発する機会も多々あると言う

12





覚悟を決めた立派な巡礼者でなくとも、 私のように 物見胡散で出かけても 

十分に感動を味わえること間違いなしでしょう!

その他のカテゴリー

bellaのアトリエ | 「アメリカ国立公園」は雄大なり! | 「チロル地方」オーストリア | やっぱり凄い モンサンミッシェル | りんごの村 | アルザス・ロレーヌ | アールヌーボー発祥の地 | イギリス 植物王国 | イールドフランス | オンフルールは画家の聖地 | カナダ メープル紅葉便り | カナダからの手紙 英国の香り | グラスゴーは意外とお洒落な街! | ゴッホ終焉の地 | ゴーギャンのブルターニュ | ゴージャス!「イタリア湖水地方」 | シスレー と ミレー | スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 | スコットランド エジンバラ | スコットランド中東部 歴史ある古都巡り | スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル | スペインの「白い村」 | スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と | セビリアとコルドバ アンダルシアの華 | ドイツ 「ロマンチック街道」 | ドイツ「 古城街道 」 | ドイツ南端 「アルペン街道」 | ネッシーとハイランド | ノルマンディ(フランス) | バカラ クリスタルの町 | フランス・中世ロマネスクの旅 | ブルターニュ どの町も個性的! | ポルトガル鷹の巣城 | マカオ ”エキゾチックタウン” | ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” | モネの色彩を育んだ町 | モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” | リヨン、フランス第2の都市 | ルノワールのセーヌ川 | 信州の風 | 光のスイスアルプス | 北仏画家の町 | 南フランス コートダジュール | 南フランス プロヴァンス | 南仏画家の町 | 国内旅行 | 奇岩のイタリアアルプス | 魅惑のパリ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック