ポルトガル鷹の巣城

2018年1月26日 (金)

「ポルトガル・モンサント」 水は惜しみつつお使い下さい・コルクの木

   
ポルトガルの東部 スペインとの国境近くに位置するモンサントは


1991年、 国から 「 ポルトガルの歴史を物語る12の村 」 に

指定されて以来、  特に人々の興味を引くようになった。






01.     巨岩が折り重なる山肌に 未だに人々が暮らしている。


こんな細い山道にも 名前が付いていた。   ’ サルサ通り ’ 

01








02.      巨岩を壁とする家、 屋根とする家、 いろいろあるが

ドア枠を白く塗り 花を飾った家々には 人のぬくもりがある。

02








03.      山の頂上には 12世紀にポルトガルの王が築いた

古城と教会の遺跡がある。    19世紀には破壊されたが 

20世紀に修復が始まり、 1989年に一応終了している。

03








04.      如何にも頑丈そうな山城だ。  石器時代から人が住み、


その後 古代ローマ、 アラブ、 スペイン など様々な勢力が この山を

強固な守備の要として欲した理由が分かる気がする。

04








05.     少し幅広の通りに ゴミの集積場があった。


納得済みではあろうが、 生活のため村人が山道を登り降りする手間は

相当なものだろうと思う。

05








06.     さて 晩秋のこととて 山中で泊まれる宿は一軒だけだった。


泊めてもらえて安心したものの、  ホテルのベッドの毛布は薄く  

室内のエアコンやスチーム暖房は作動せず、 寒さでガタガタ震えた!


洗面所のぬるいお湯も 室内の冷気ですぐに冷や水となった。



ホテル全体でも 受付脇の薪ストーブが唯一の暖房器具だった ・・ 

06








07.     受け付けのお姉さんに頼み込んだが 暖房は付かないの

一点張り。     恐らく 彼ら自身が贅沢を排しているに違いない。



郷に入っては郷に従え、とはこのことだろう ・・・

07








08.      そして 彼女は一枚の紙を差し出した。   ” 当宿では

風呂桶にタンポン (止め栓) は使いません。 モンサントで水は貴重な

資源ですから 環境のためにも倹約しつつお使いください ”




震えて目覚めた朝、 丸いブラウン管テレビから 情報番組が流れた。


出演者は 煉瓦を両手にシェイプアップ体操していた。 全国放送でなく

恐らく地方キー局の番組だと思うが、 余りの素朴さに驚いた ・・

08








09.    宿を出る時、 たまたま受付嬢のお祖母さんが訪ねて来た。


編みかけを手渡し、孫娘に編み方を教える。 

カルチャースクール ・ ネットやマニュアル本を頼るのと違う世界、

家族の長老として 尊敬される様子が 手に取るようにわかった。




さらに 祖母と孫、従兄妹同士、なんども温かい抱擁を繰り返えす。


フランス人の 洗練されたエチケット抱擁と違い  ポルトガルの、

いまだ篤い家族関係が滲み出るような仕草だった 。。

09








10.    なるほど、 水や暖房を惜しむ気持ちと 固い家族の絆とは

深い所でつながっているのかも知れない。



帰り道、 まるで村のゲートのような二つの巨石に出会った。

10








11.      巨石の向かい側には 小さなお社と祭壇があった。


日本でもお地蔵様に果物をお供えしたり 赤いエプロンをかけるように 

この巨石に ロウソクや花を供える人もきっといるだろう。

11








12.     モンサントは 農地が少なく 羊 牛 豚 ニワトリなど動物が

たくさん飼われていて、 イノシシや鹿の肉など ジビエ料理も普通にある。



しかし ポルトガルと言えば 何と言ってもコルクの木だろう。  

我々が日常使うコルク栓は コルクの樹皮から作られる。   


樹皮は剥がされたあと 何年後かに再び復活する。

12

           ( 数字は 樹皮を剥がした年を メモライズしている )






13.      モンサントにやって来たなら 、 絶景ハンターのように

風変わりな巨岩家屋に目を丸くして 写真をバチバチ撮るばかりでなく、  
 

そこに住む人々の素朴な息遣いを 謙虚な心持で 感じてみたいものだ・・

13



モンサントの コルクと羊がいる風景は  何故かは知らねど、


ヨーロッパの 羊がいる他のどんな風景より 深く心に残ったものでした 、、、 








゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2018年1月19日 (金)

「ポルトガル・モンサント」 奇観!巨岩住居・ レストランでの話!


「 モンサント Monsanto 」 は ポルトガルの東部、スペインとの国境近くの

山岳地帯、   丸い巨岩がゴロゴロと重なる山腹にある小村だ。



鷹の巣城とも言える古城遺跡を山頂に抱く 不思議な景観を見せている。






01.    この山は 先史時代より 聖なる場所としてあがめられていたが、

巨岩を友とした このような家に 12世以来人々が住み始めたと言う。 


石への信仰を思わせる石の十字架もあった。  



モンサントは ’ 最もポルトガルらしい村 ’ の称号を得てはいるものの

ポルトガルの中で 最も奇異で 又とない特別な村と呼べるだろう。

01








02.     最寄りの都市 カステロ・ブランコから 東に50kmほど山間に入る

のだが、 幾つもの丘を 越えても越えてもなおたどり着けない辺境の地だった。


徐々に道は細くなるが、 途中 原子力発電の冷却炉と思われるものがあった。 


どれ程人里離れているか 想像に難くないだろう ・・

02

                                 ( モンサントは 岩山の標高758mに位置している )






03.    夕方到着したが 10月末はもうオフ・シーズンだ。  昼はともかく、 

夜 営業するレストランは一軒のみ。  入口は2つの巨石に挟まれていた。

03








04.     お腹を空かせて入ったレストランは 家族経営で、 その夜は

若い青年がマスターだった。    地元のおじさん達が飲んでいた。



壁のそこここに 巨岩が突き出ていて、  余白にに文字が書かれていた。


例えば カステロ・ブランコからモンサントに移り住んだ詩人 アントニオ・

サルヴァドや  ポルトガルの作家 フェルナンド・ナモーラなどの詩が

書かれている。       文字は彼のおじさんが書いたそうだ。




後日 ポルトガル語ネイティヴの女性に 翻訳して、 と頼んだが 

難しい人生の詩、 とっても無理と 笑って逃げられた ・・・・

04








05.    メニューに英訳は付いていたが ポルトガル料理の解釈に四苦八苦、

すると 一人の女性がブタ肉料理にしたらいいわよ、 とアドヴァイスをくれた。 



料理は垢抜けてはおらず、 リゾットやデザートのライスプディングには苦戦した。

しかし ハムやスープ 肉料理は美味しく 身体が温まった。

05

 






06.    アドヴァイスをくれた女性は 毎晩ここにビールを飲みに来る。


もしかして 芸術家でいらっしゃる ? と、尋ねたら  よくわかったわね、と

驚いていた。    彼女はオランダから移り住んだ彫刻家だった。



ロダンの女性弟子 カミーユ・クローデルも 子供の頃から故郷近くの巨石群に

インスピレーションを感じていたというが、   この彫刻家にとっても 

モンサントの奇岩は大いなる芸術の友なのかもしれない。



デッサンしたいから写真を撮らせてと私が言ったら、 幾つもポーズを

取ってくれた。    さすがアーティスト、 話がさっと通じた !

06








07.     満腹・ほっこりして 宿に帰ったが、  その夜 なんと部屋に

一切の暖房がなく 凍えるような夜を過ごすことになった・・・

07

 






08.      宿のポサーダ (国営ホテル 写真上段) は 転げ落ちそうな

急勾配の道に面していたが 一応大通りだ。   山の上には古城廃墟がある。



そして どんな寒村でも例外がないように、  ここにも教会と薬局があった。 
 

恐らく ファーマシーは古来より 医者の代わりだったに違いない。

08

  






09.          村を巡ってみよう ・・

09








10.         今も残る 洞窟 Gruta 住居跡

10








11.         ここも住居だ。

11








12.    ところで、 残念ながら滞在中は とうとう霧が晴れず仕舞いだった。

いかにも観光地らしい 晴天の風光明媚なモンサント風景も素晴らしいが、 


霧に佇む巨岩家屋は ある意味ラッキーにも 一層不思議な魅力を湛えていた。



岩そのものへの信仰心と 不便さを含めた故郷への愛おしみから

そこを離れない老人たちの思いが 霧の間にまに伝わって来るようだった。

12

  






13.     こちらは オフィシャルサイトが掲載している晴天のモンサント。

我々がディナーを食べたレストランだ。     趣きが相当違うが、


村の裾野にかけて 赤い屋根の普通の住居が広がるのもわかる。    

13



どのような村や街にも オールドタウンとニュータウンが存在する。 


オールドタウンは たいてい完全な観光地化するが、    しかし 



モンサントは その辺鄙さゆえに 有史前の尊厳を保ったまま そこにあった。








                      つづく









★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★
   

2014年3月21日 (金)

ポルトガル「マルヴァオン」 ベリーダンスとコルクの木

ポルトガルの天空の村 「 マルヴァオン Marvaon 」 で遭遇した アラブ祭り、


そこで目にした ” ベリーダンス ” 、 田舎の祭りとは言え 異文化の強い香りが満ちていました 







01.     アラブ的とは言っても、 ベリーダンスは 

エジプトとトルコ  別々の2つの文化を発祥として 発達・変遷して来た 歴史ある踊りなのです   



女性ダンサーが ステッキを小道具に踊り出した。  ベリーダンスの基本的なテクニックは 体の部分ごとの

円運動だそうで、 彼女は ステッキを回したり 自分の腹筋をくねらせながら 様々なステップを踏みつつ

果てしなく腰を回し続ける     そして指先まで神経が行き届いている

Q01







02.     ベリーダンスは 今日では エロチックでセクシーな踊りという概念が定着している

確かに ハーレム発祥であるし そういう側面がない訳ではないが、 男性だけのダンスもあるし、

どんな踊りもそうであるように、 本物のベリーは 相当の訓練と技術を要するに違いない



服に覆われた魅惑的なボディラインの わずかな変化も見逃すまいと 男たちが身を乗り出す様子が印象的 !

Q02






03.     アラビアンナイトに出てきそうな小物や 華やかな アラビア模様の布 

Q03

 





04.        寸劇

Q04







05.     日本の子供たちが 浴衣を着て お祭りに出かけて行く時 特別な高揚感があるように 

アラビア風のおめかしをした 地元の子供たちも 晴れやかで楽しそう !

Q05







06.     スペインで フラメンコを見た時  私は ” 踊り手は年増がいい ” と感じたが 

” 若い踊り手はダンスを触媒にして何かを伝えるには あまりにも乏しい人生経験しか有していない ” と言う理由で

アラブ世界でも ダンサーは40才は越えていた方がいいと言う見方もあるらしい



” 若者文化 ” の日本では 本気でそう感じる人は 数えるくらいしかいないかも知れないが ・・ 

Q06







07.     大盛況のお祭りも、 いつの間にか夕刻を迎え 大地がセピア色に染まり ・・

Q07

 






08.     祭りを主催する一座のみんなも 腹ごしらえ 。   とにかく ” 肉食人種 ” ! 

直火で焼かれる肉の塊りと 肉を焼くおじさんの逞しい腕、  その区別がつかない ・・

Q08







09.     夜遅くまで 飲み食いが続き、 鉄砲音がはじける中 兵士と豪族の芝居、 頭にろうそくを

立てた女たちのダンス、 広場でみんなが参加するダンス、  そして 打ち上げ花火でフィナーレとなった

Q09







10.     翌朝は 澄み渡る快晴、 大きなテント以外 あっという間に片付けられ

道には 塵一つ落ちていない ・・  小路にあふれた人々のざわめきは幻影だったのだろうか ・・




” パノラミック テラス ・ マルヴァオンから 全土が見渡せる! ” の看板。 今日やって来る人には 

絶景が広がる小さくて静かな村という いつもの姿を見せることになるだろう

Q10







11.     麓に降りると コルクの木が待っていて 溢れんばかりのコルク片を積んだトラックにも出会った


コルクの樹皮は 何年かに一度 剥がされて、 木肌の赤い地色が露出する

Q11







12.     街路樹となったコルクの間から 「 マルヴァオン 」が 夢のように浮かんで見えた



褐色の木肌の このコルク、  剥がされてから 再びここまで復活するのに 何年たったのだろうか 、、、 

Q12




ところで、 アラブ的なものは 確かに 日本人には遠い存在かも知れない。  が、アラビア語を話す人口は

中国語 スペイン語 英語に次いで 世界で第4位、  イスラム支配時代の 遠い昔話を持ち出すまでもなく



現代でも ヨーロッパ、特にイベリア半島には 北アフリカのアラブ系住民が 移住したり出稼ぎに来たり、  

古くから 確固たる地位と文化を築いている





アラビア祭りが そこかしこで行われても 全然珍しくないのかも知れません。    それにしても



” コルク ” は ワインの栓に姿を変えて はるばる日本にやって来るけど 


” アラビアンナイト ” は 今のところ ディズニーランドにしか 現れないデスネ ・・

  

2014年3月14日 (金)

ポルトガル「マルヴァオン」 へそ美人のアラブ祭りと大量発生の虫

スペインと国境を接したポルトガルのアルト・アレンテージョ地方、 リスボンの北東約180kmに 


鷹の巣と呼ばれる ポルトガルの天空の村 「 マルヴァオン Marvaon」 がある







01.    アンダルシアの白い村と同様、 静かな小さい村を思い描いて 辿り着いたマルヴァオン

想像通りの辺鄙な村ではありましたが、 なんと3年にたった1日の ” アラブ祭り ” が待っていました!

01







02.    標高865mの岩山の頂き、  縁飾りのように 城壁がちらりと見える


あんなところに 今から 本当に行くのだろうか ~

02







03.    頂上にはマルヴァオン城があり、 狭い尾根の残りの僅かな土地に 白い家がへばり付いていた



因みに その日の城の入場記録によると、観光客の国籍は ポルトガル、スペイン、ポルトガル植民地系が圧倒的で

フランス カナダ イギリス ブラジル スイス ロシアが少々、 そして日本人が1だった

03

( 数字を数えるのに 日本語なら ’ 正 ’ の字があって 便利ですけど ・・ )







04.    さて この日の ” アラブ祭り ”は、 楽隊や踊り・寸劇 食べ物や土産物 テントの造営

全てをひっくるめて 祭りを運営する一座がやって来たのだ。  こんな所で ’ アラブ ’ に遭遇するとは

なんと幸運なこと ・・    エキゾチックなその雰囲気に胸が高鳴った!

04







05.      フェイスペインティング、 植物の汁で描く刺青、、  祭りの準備万端です

05







06.     楽隊と共に 踊り子が広場に入場 、  蛇使いも 祭りのムードメーカーです

06







07.    笛と太鼓の独特なアラブの音楽に合わせて アラビアンダンスが始まった


ギスギスと痩せて細い、というより ふくよかなお腹の丸みが 女性の魅力だと読み取りましたよ 

07







08.     カラフルな衣装と セクシーな身のこなし、 すっかり エキゾチズムに酔いました


特に 女性たちが床座りした姿には、 ルノワールが 最も美しい絵と評した ドラクロアの

「 アルジェの女たち 」 を思い浮かべました ~ 

08







09.        美人さん

09







10.     シシカバブ、タコス、チャイ( Cha )、 取りあえず この3つは是非試さナイト ・・

少々 衛生状態が気にはなりましたが、  繊細な事言ってたら 田舎の祭りなんて楽しめませんしね

10






11.     城壁が 山裾の方まで村の白い家を囲んでいる     お城からは 

北にエストレーラ山脈、 南に サン・マメーデ山脈、 そして 東に スペインが見える (写真)


古くから戦略上の拠点だったこの城、 外敵、内敵に対し 難攻不落を誇ったという史実が うなずける

11







12.     ここでは 山の頂上にあるホテルの 見晴らし最高のテラス付部屋に泊まった 

西欧では滅多に見かけない 文字通り腰の低い若旦那と 語学が達者で利発な奥さんが経営者だった  


出発の朝、 奥さんともっと話したかったが 坊やを山裾の学校まで送りに行ってしまっていた 




ところで、 テーブル、椅子、サンデッキなどが備わる 真っ白の美しいテラスにも、 お城の石畳にも、

岩山じゅうに おびただしい虫が発生していた !      実際 ギャッと声を上げたが



宿の若奥さんの冷静な笑顔に 我に返った。  これは 一年に たった5日間ぐらい大発生する虫で

今 その短くも一生懸命な営みをしている最中なんです ・・・

12




こんな辺鄙な村にやって来て 3年に1日のアラブ祭りに遭遇し、  年に5日の虫の大量発生を目撃する、

なんて ツイているのだろう !  

そう思ったら ストローに入った虫まで 愛しくなりました~


(   そんな訳ないかァ ~~   )







私にとって  アラビアン祭りは 本当に目新しく、 興奮してたくさん写真を撮りました

次回も 祭りの後半部分が続きます 

その他のカテゴリー

bellaのアトリエ | 「アメリカ国立公園」は雄大なり! | 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  | 「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント | 「チロル地方」オーストリア | やっぱり凄い モンサンミッシェル | りんごの村 | アルザス・ロレーヌ | アールヌーボー発祥の地 | イギリス 植物王国 | イタリア ウンブリア地方 アッシジなど | イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど | イタリア トスカーナ地方 | イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど | イールドフランス | オンフルールは画家の聖地 | カナダ メープル紅葉便り | カナダからの手紙 英国の香り | カンボジア アンコール遺跡群の旅 | グラスゴーは意外とお洒落な街! | ゴッホ終焉の地 | ゴーギャンのブルターニュ | ゴージャス!「イタリア湖水地方」 | シスレー と ミレー | スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 | スコットランド エジンバラ | スコットランド中東部 歴史ある古都巡り | スペイン サラゴサとタラゴナ | スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル | スペインの「白い村」 | スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と | セビリアとコルドバ アンダルシアの華 | ドイツ 「ロマンチック街道」 | ドイツ「 古城街道 」 | ドイツ南端 「アルペン街道」 | ネッシーとハイランド | ノルマンディ(フランス) | バカラ クリスタルの町 | パンプローナとその周辺 | ピレネー山脈・大自然とその文化 | ピレネー山麓・フランス側も面白い! | フランス・中世ロマネスクの旅 | ブルゴーニュ 美食の地 | ブルターニュ どの町も個性的! | ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 | ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 | ポルトガル中部・ナザレ ファティマ トマール | ポルトガル鷹の巣城 | マカオ ”エキゾチックタウン” | ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” | モネの色彩を育んだ町 | モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” | リヨン、フランス第2の都市 | ルノワールのセーヌ川 | ローマ 永遠の都 | 信州の風 | 光のスイスアルプス | 光のフランスアルプス | 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 | 北仏画家の町 | 南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン | 南フランス ツールーズ・アルビ・カルカソンヌ | 南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス | 南仏画家の町 | 国内旅行 | 国内旅行 中国編 | 国内旅行 九州編 | 国内旅行 北陸編 | 国内旅行 東海編 | 国内旅行 関東編 | 奇岩のイタリアアルプス | 活気のバルセロナ | 花の都フィレンツェ | 香港 びっくり見物記 | 魅惑のパリ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック