グラスゴーは意外とお洒落な街!

2013年9月27日 (金)

「 マッキントッシュの曲線 」・「 変貌したグラスゴー 」

さて、 前回に引き続き スコットランドの 建築家・画家・デザイナー 「 マッキントッシュ Mackintosh 」が 

グラスゴーに残した足跡を訪ねます



  spade                                                
spade






01.      マッキントッシュの 水彩画  「 Pinks 」 ( 1922年 )

B01









02.     「 グラスゴー美術学校 Glasgow School of Art 」 1909年



マッキントッシュは 27歳の若さで、母校でもある グラスゴー美術学校の新校舎の 設計コンペに優勝し

彼の代表作といえる建築物を 手掛けることになりました       この正面玄関をはじめ

建物の全体からディテールに至るまで あらゆるところにマッキントッシュらしさが現れている

B02








03.   現在も 名門美術学校として、 デザイナーやアーティストとなった卒業生が 世界の舞台で活躍しているそうです

B03









04.     校内の見学は 学生による ガイドツアーとなっていますが  

学校行事優先ということでしょうか、  常時やっている訳ではありません 

B04









05.     正面玄関ばかりでなく、 ガイドツアーの受付や ショップの入り口がある 建物の側面や 

通りの街灯のデザインにも  マッキントッシュらしさが 感じられます  

B05









06.     彼が 英国における アールヌーヴォーの旗手と呼ばれるに ふさわしい作品 ( 1896年 )


スコットランド音楽のポスター  「 Poster for the Scottish Musical Review 」
 

装飾パネル   「 Part Seen, Imagined Part 」

芸術学校のポスター  「 Poster for the Glasgow Institute of Fine Arts 」

B06









07.     「 グラスゴー大学 University of Glasgow 」 1451年開設

オックスフォード、ケンブリッジと並ぶ  560年余の歴史を持つ最優秀名門校

B07









08.     そのグラスゴー大学付属の 「 ハンタリアン美術館・博物館 Huntarian Art Gallery & Museum 」

では  折しも レンブラント展が開かれていて   素晴らしい展覧会でしたが、  




なんと言っても ここの売りは マッキントッシュが 1906年から 1914年まで暮らした グラスゴー市内の自宅の

インテリアを再現した 「 マッキントッシュ・ハウス   Mackintosh House 」



これも ガイドツアー形式になっています    時間が折り合わず 見ることは出来ませんでしたが 

ハウス内部の写真を見ると  前述の 「 ヒル・ハウス 」と  その雰囲気は似ています

B08









09.    「 ステンド・グラス パネル 」と 「 ウイロウ ティールームの壁画 」( 1903~04年 )



ところで、 「 チャールズ・レニィ・マッキントッシュ 」 について   私が 事前に知っていたのは 

例の背もたれの長い椅子 ” ラダーバックチェア ” だけ・・    したがって、  マッキントッシュは 

” 直線のデザイナー ”  つまり ”  アール・デコ ” の芸術家 だとばかり思っていました !


・     ━━━☆・     ━━━☆・     ━━━☆


しかし、 「 ヒル・ハウス 」で目にした 草花の装飾や、 下のポスターやパネルの 薔薇や柳の枝などを連想させる図柄の

魅力的な曲線 に触れ、 マッキントッシュが ” 曲腺のデザイナー ”

つまり ”  アール・ヌーヴォー ” の芸術家だった と
思い知った訳です

B09









10.    ブリュッセルや フランス・ナンシーで起こった アールヌーヴォーという潮流は 1900年のパリ万博では 

押しも押されぬ 立派な流行になっていました shine     年代的にも マッキントッシュが確立した 

「 グラスゴー・スタイル 」は ” アール・ヌーヴォー ” 真っただ中の 英国版だった訳です




しかし 1910~30年と 寿命の短かった ” アール・デコ ” の潮流に マッキントッシュの芸術が

影響を及ぼさなかったとは 誰も言えないかも知れませんが  ・・・

B10








11.    グラスゴーは  一大工業都市ですので 昔は 暗く不気味な大都会でしたが   ここ10年で 

音楽・ファッション・スポーツ・芸術活動などが盛んな 美しい町として 劇的な変貌を遂げたという 

TVドキュメントを見て、 訪問を
回避する予定を 変更した次第でした 



日本女子サッカー ” なでしこチーム ” が 優勝したのも ここグラスゴー soccer

B11









12.      綿工業を中心とした産業が盛んだった グラスゴーは  かつて 他の英国の街と同じく 

石炭と鉄鉱石による工業化で 街は真っ黒なすすを被っていました    しかし、今は ” すす ”の代わりに 



使わなくなった ” ミシン ”が 床から天井まで びっしりウインドウを飾り 時の流れを物語っておりました

B12



「 グラスゴー 」は 私の中では「 マッキントッシュ 」 と深く結びつき 



芸術の街として しっかり心に刻まれたのです !  

2013年9月20日 (金)

「 マッキントッシュの椅子 」・「 グラスゴーのパブは別世界 」

近代イギリスの 有名な芸術家と言えば 「 マッキントッシュ Charles Rennie Mackintosh 」


マッキントッシュと言ったら、  もしかして   ” アップルのコンピューター ” か 

” チョコ菓子 キットカットの ” マッキントッシュを 思い浮かべるかもしれない





でも 今回のマッキントッシュは スコットランドの 建築家・画家・デザイナー (1868~1928) 

彼のデザインした 細長い背もたれの椅子は  きっと誰でも一度は 見たことがあるでしょう 





  club                                                          club



01.    グラスゴー Glasgow の北西30km付近に   イギリス最大の淡水湖

「 ローモンド湖 Loch Lomond 」がある ・・   遊覧船や モーターボートが 美しい航跡を描く湖 ・・

大都会グラスゴーから  週末の夕方にも 簡単に向うことが出来る休暇地です

A01









02.    「 ローモンド湖 」観光の拠点となる町が 「 バーロッホ Balloch 」 

バーロッホの郊外には 美しい高級住宅が点在し、  そこに マッキントッシュが 友人の為に デザインした家がある

A02









03.        「 ヒル・ハウス The Hill House 」 1904年

建物の設計から 家具・インテリア 庭のデザインにまで、 彼の繊細なセンスと 技術の粋が注ぎ込まれている

A03









04.    部屋全体の ” 直線を基調としたデザイン ”と、 壁・ソファー・ライト・タンスなどに施された 

” 曲線を基調とした装飾 ” が 程よくマッチ、 とりわけ 布のパッチワークや 手塗りのステンシルなど



アールヌヴォーを彷彿とさせる 唐草模様の装飾が 最高にお洒落でした~

背もたれが 梯子のようになっている ” ラダーバックチェア ”は この住宅のために設計されたもの

A04









05.     日本文化のエッセンスを 採り入れたに違いない エントランスや廊下部分


このハウスでは 残念ながら 写真はNGで、 各部屋ごとに にこやかで話し好きな ’おばさん案内人兼見張り ’が 

豊富に! 配置されておりました       仕方ない、、 あとで絵はがきでも買いましょう 、、



    

と、期待した 売店の絵はがきが この上なく無味乾燥!!   これだけの素材を表現しきれないとは 

本当にもったいないことだと、  この時ばかりは イギリス人のお尻を ペンペンしたくなりました ・・・

A05

                                                                                   ( 写真はH・Pなどから )









06.     しかしながら この「 ヒル・ハウス 」、 ナショナル・トラストが しっかりその保護の下に置いている

イギリス人に芸術性が少し欠けていたとしても、 守るべきを守る 頑固な国民性を 見習うべきは間違いないことです 

A06









07.        マッキントッシュが 散策したかもしれない 林の小道

A07









08.     彼は 水彩画も描いている 「 The Village of Lagonne (フランスの村)」 

A08









09.     さて 次は グラスゴー市内の 繁華街 「 ソーキーホールストリート Sauchiehall St.」

マッキントシュが 女性向けに設計した喫茶店 「 ウイロウ ティー・ルーム  Willow Tea Room 」 1903年




ソーキーが( 多分ゲール語で ) ” 柳 ”という意味なので?、 英語の Willow ( 柳 )が付けられたのだが、 

柱、窓枠、椅子などの直線が、 ちょうど 林の中にいるような雰囲気を醸し出している

A09








10.      ここで 売っているお土産の数々 ・・   ヒル・ハウスでの 絵はがきは イマイチでしたが

マッキントッシュのデザイン、 いったん商品化されたら 結構 魅力的に扱われています ~ !

A10









11.   さて、 ” マッキントッシュの芸術の話 ”、  続きは また来週に譲るとして



グラスゴーで滞在したホテルの 部屋の飾り戸棚に  ウイスキー、ジン、ウオッカ が 綺麗なグラスと共に並べられ

’ ご自由にお飲みください ’と 書いてありました~ !   

(  旦那様へのささやかなサプライズ・・・  そういうホテルを 予約の時見つけておいた訳ですが

結局 自由だからと言って そうはガブガブ 飲めないのが 人の常です ~~ sweat01  )  

A11









12.    夕食は レストランで でなく ” パブ ”で beer   パブでも 食事用のメニューは充分揃っている restaurant


ただ レストランのように テーブルで待っていてはダメ  weep  

こちらから カウンターに出向き、  ビールなどをもらうついでに 注文する  

料理は さすがに運んでくれるが、  サーブしてくれたお兄さんは 歯科医師の勉強中の学生さんでした ~

A12



とにかく このパブ 「 ワクシィ オコナーズ  Waxy O’Connor’s 」は 内装が素晴らしい !
  





3フロアある広い店内 内装は全て木で出来ている  バンドが入るスペースや サッカー応援のスポーツバーコーナー

パイプオルガンがあったり、 秘密めいた個室が ズラ~っと並ぶ廊下もある

私が座ったテーブルの脚は  唐草模様のアンティーク・ミシンの脚でした ~

 



  shine                          shine




入店した途端 別世界にワープして、 ” 木肌と木目の宇宙 ” に足を踏み入れることに ・・・ 

グラスゴーに行ったなら 是非 一度訪れたい場所のひとつです !    

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック