ネッシーとハイランド

2013年9月13日 (金)

スコットランド「 グレンコー渓谷 」ドラマチックな景観と大虐殺と

スコットランド北西部 ハイランド地方に、  もし「 ネス湖 」がなかったら 

寒風が吹き荒む この北の大地に訪れる人々の数は もっともっと少なかったかも知れない



しかしながら 幸い「 ネス湖 」のお陰で、 今日私たちは 計らずも その道中で

雄大な 生のままの自然に触れるチャンスを 得ています




  club                       
club




01.     「 スカイ島 」と本土の隙間に 深く入り込む「 アルシュ湾 Loch Alsh 」の入江に 

「 エイリアン・ドナン城 Eilean Donan Castle」がある


スコットランドの 数ある古城の中でも 特にロマンチックで魅力的と言われ 映画007の舞台にもなったという 

A01








02.    13Cの築城だが 城につながる石橋は 20世紀になってから造られたもの  

雪景色の厳冬期( パンフレットより )には 城の住人は 相当不便な生活を強いられたのではないでしょうか 

A02








03.     ハイランド統治の拠点だった「 フォート・ウイリアム Fort Wiliam 」 には

かつて 城塞が築かれていたが(1635年)、 今 緑の芝に記念碑と大砲が残るだけ ・・





この 湖か海かわからないような 「 リニー湾 Loch Linnhe 」を 南へ 数十キロ下ると 北海に出る

逆に 写真の右手にある 「 カレドニアン運河 Caledonian Canal 」を 

直線で約110km 北上すると 「 ネス湖 」や「 インヴァネス 」を経て 同じく 北海に出る

A03


因みに、 < 湖 >も < 湾 >も < Loch >という単語が使われているが、  実際 両方とも

くねくねと 細長いナマコの様な形をしていて、 海水が 時々入ったり入らなかったり 区別が付けずらい


釣りについても < 湖 >なら入漁料が要るし、 < 湾 >なら タダ なのです !





  house                      house




04.    「 リニー湾 」 沿いには 別荘のような 洒落たB&B(民宿)が並んでいる

その中のひとつ、 白いシャツがお似合いの 素敵なご夫婦のハウスに1泊しました~

A04








05.     朝食は 特別変わった素材ではありませんが マダムのお洒落な心意気を感じました~

夕食は 近くの魚料理専門店にて ~

A05









06.     さて 次は 「 グレンコー渓谷 Glencoe 」

緑の谷の両側に 標高1000m前後の山並みが連なり  スコットランドを代表するドラマチックな景観が広がる

A06








07.    別名 The Lost Valley、 木も生えない岩山の連続ではあるけれど 

何故か 懐かしいスコットランド民謡の 穏やかなメロディが 心一杯に広がりました note


” スコットランドの釣鐘草 ” ” アーニーローリイ ” ” 蛍の光 ” ” マイボーニー ”

” 故郷の空 ” などなど、  既に 日本の歌そのものと言ってもおかしくないものばかり

A07








08.     すると、 奇遇なことに 車寄せで ”バグパイプ ” のメロディが聞こえて来た 



残念ながら 私たちの到着から程なく 彼は 楽器を仕舞い 帽子を脱いで 帰り支度に入りました

でもその時 中国人のバスが到着 !   すると 彼、 再び 帽子をかぶり、、 演奏を始めましたよ 

A08








09.     いよいよ ここが 「 グレンコー渓谷 Glencoe 」 の ” 出口 ”

( グラスゴー方面から 北上した場合、 ”入り口 ” となる訳ですが ・・ )


観光バスのロゴではありませんが  ” Wild & Sexy !! ”  

大きくえぐられ 逆光の暗い谷間に 雲の切れ間からまばゆい光が走った瞬間は 

一生忘れられない光景となりました 

A09








10.     「 グレンコーの大虐殺 Massacre of Glencoe 」 1692年2月


イングランドとスコットランドは 長く敵対関係にありましたが、 とりわけ 地理や言語など その特殊性から 

ハイランド地方の平定に イングランドは 手を焼いていました




数々の複雑な経緯はさて置き、 ある時、ハイランドの氏族の中で イングランドに加担するものが現れる

それが 「 キャンベル一族 」・・ その領主 ロバート・キャンベルが  民族上は味方であるはずの

「 グレンコーのマクドナルド一族 」を だまし討ちの形で 殲滅しようとしたのです!


それが 世に言う 「 グレンコーの大虐殺 」 

A10








11.     ロバート・キャンベルは 手勢120名を従えて グレンゴーに 2週間滞在する

不穏なものを感じながらも マクドナルド一族は 習慣にのっとり 客人に宿と食事を提供し 厚くもてなす



  thunder                       
thunder

しかし、2月13日早朝、まだ人々が目覚める前、 虐殺が始まった !  族長以下38名が刃にかけられ

家々には火が放たれ 子供を含む40人が焼死した。  逃亡したものの 凍死したり 餓死した者もいたという

A11

( 大英帝国旗、ユニオンジャック は イングランド、スコットランド、アイルランドの 国旗が合体したもの )









12.     生き残った者から事件の顛末が口づてに広まり この事件は ついこのあいだまで 氏族間に強いしこりを残した


グレンコーや マクドナルド氏族系のパブなどの多くで 「 No Hawkers or Campbells ( 行商とキャンベルお断り )」

の札が掲げられ、キャンベルの子孫はひっそりとウイスキーを飲まなければならなかったという

A12


  rvcar                      rvcar




さて この山岳地帯を抜けて スコットランド第一の都市、グラスゴーに近づくと 全てが一変する


文明が花開き、まるで 別な国に来たようにさえ感じましたし、 

天候も もしかして南国なのではないかしらと、 錯覚さえ覚えたものでした

2013年9月 6日 (金)

「 風と霧の島 スカイ島 」 大男が寝る山、スカートをはく断崖

スコットランド北部 ハイランドの西端に 「 スカイ島 Isle of Skye 」 がある

「 スカイ島 」は ゲール語で 「 翼のある島 」という意味で 

地図上で、 島は まるで 強風に抗って翼を広げる 大鷲のような形をしています

(  翼と首の位置がどこに当たるかは 見る人の 想像力次第ですが ・・・ )





  sagittarius                           
sagittarius

01.   「 クイリンヒルズ Cuillin Hills 」 997m、 スカイ島一の高さ 

ヒースを せめてもの装飾として、  荒々しくむき出しの山肌は 孤高の存在感!

 

あまりの寂寥感に、思わずつぶやきました ” なんで こんな地の果てみたいな所に来てしまったのだろう・・ ”

でも  そう、、   ” これこそが スコットランド ! ” でした 

01







02.    「 ブラックフェイス 」など 羊の群れが 道路を当たり前面で 歩いている

君たちの毛が キルトやセーター、ツイードになって 人間の生活を支えるのだから 君たちが王様ダネ

02









03.     「 ミールト フォールズ Mealt Falls 」   近づくと 雨模様、、、

でも 実は 滝のしぶきが 強風で煽られ、 あたりに降り注いで来たのです~ ! 


滝の上の牧草地、   毛皮のコートを着た羊は しぶきを浴びても涼しい顔 ・・  

でも  断崖の縁には 柵があり、  さすがに ” 落下 ”からは 守られておりました

03









04.     「 キルト・ロック Kilt Rock 」

バグパイプを吹く スコテイッシュの 民族衣装のスカートにそっくりでしょう !

04








05.     当夜は ここ 「 ポートリー Portree 」 泊  

島内で一番大きい 観光の拠点となる町で   2000人弱の人々が暮らしている

05








06.     町には  商店 レストラン 銀行 学校など なんでもそろっている



お土産やさんの 床が ” キルト模様 ” に なっていました !  

それに ” スカイ島のシャーロックホームズが 事件の謎を 推理中 !? ”

06








07.    ホテルの朝食に ” にしん ” が 出ましたよ    郷土色があるって いいものです

ホテルのロビーも キルトが貼られていました ~!

07








08.    さて これが スカイ島観光のシンボルであり 海を航海する船のランドマークともなる山

ポルトリーの北 8kmにある 「 オールドマン オヴ ストール Oldman of Storr 」



” 胸に短剣を立て 仰向けに寝る 大男の横顔 ” に 見えませんか ~ 

08c








09.     寄り道の具合によるけれど 4~5時間で 島は一周することができる



島のあちこちに 小川や沼地があり、 その水の色は 例によって ” 茶褐色 ” 

” ピート( 泥炭 ) ”は こんなふうにして 堆積していくのです

もちろん スカイ島にも ウイスキー蒸留所があります ~ 

09









10.      先程の ” 大男 ”、  反対側から見ると こんな横顔をしています

大男の胸に そびえている岩が 「 The Storr ( 719m ) 」で、 高さが60mある 



” 霧の島 ” という スカイ島の別名どおり、 霧や嵐に見舞われやすく 

「 ザ・ストール 」の 岩の姿が いつも すっきり見える訳ではありません

10

                                                  (  Geographic  から  )







11.     「 ダンヴェガン城 Dunvegan Castle 」 スカイ島の北西部 入江の奥に古城がある   

こんな最果ての島にも 覇権者がいる!   最果てと言っても 彼らからしたら 海こそが正面なのだろうけど ・・

マクロード Macleod 一族が 今日まで800年も ここに住み続け、 城の半分を一般公開している 

11

 








12.    武骨な外観とは裏腹に 内部の調度品は豪華、 庭も 滝が流れ 花々が咲きそろい 手入れが行き届いている




ここの目玉は、   戦さの度に これを振りかざすと 不思議と勝利を得たという 

 ”  妖精  ”が 1300年前に マクロード一族に与えた  「 フェアリー・フラッグ Fairy Flag 」 



ゲール語発祥の アイルランドでも ” 妖精伝説 ”が 多々ありますが、  ゲール語話者の多い ハイランド地方での

この フェアリー・フラッグ伝説、  豊かな自然と共に その背景に なんとなく納得するものがありました ~ 

12

城の足元で 樹木が斜めに傾いでいて    風の強さ、 自然の厳しさが 読み取れる ・・




  typhoon                         
typhoon

このあと 帰路に着いたが、 案の定 強風でフェリーが 運航中止 、  仕方なく 往路と同じく

「 スカイ・ブリッジ The Skye Bridge 」という 大橋を通って 本土に戻りました  




 

  rvcar                         rvcar

雨と霧と強風 そして 時たまの晴天、    山と海と動物 そして 時たまの人間、

確かに  何とも言えぬ 体験ではありました ~ !

2013年8月30日 (金)

ネス湖 ” ネッシーは きっと存在する! ” と 信じた旅でした

スコットランド北部、インヴァネスの南5kmあたりから 「 ネス湖 Loch Ness」が 始まる

ネス湖は   南北に40km、幅は 最大でも3km、  ちょうど ” 太刀魚 ”のような形で 

北の大地を スパッと 斜めに切り裂いている





  ship                     
ship

01.      ネス湖の遊覧船 ジャコバイト・レジェンド号 Jacobite Legend で

約1時間のツアーに出かけます     打ち寄せる 漆黒の湖水の波が 如何にも謎めいておりました

生憎の曇天も  ネス湖に限っては 打ってつけと言えるでしょう ! 

01









02.         船長さん 兼 ガイドは女性です ・・ 

船着場の片隅に  ネッシー人形が2体、 いかにも 肩身が狭そうにしておりましたよ

02









03.     さて ” ネッシー Nessie ” ですが、 1934年に ある外科医が撮影した 通称

” 外科医の写真 ”が  1994年に、 ヘビの模型と潜水艦の玩具を使ったニセモノだった と判明して以来  

世界中が失望し  ネッシー騒動は あっさり幕を閉じた、 と 思う向きが 殆どかもしれません 

03








04.    しかし そもそも ネス湖の怪獣伝説は 1500年も前からあって、 特に 湖岸に国道A82が

開通してからというものは  数々の証拠写真が撮られ、 目撃談は 5000件を上回ると言う


したがって

たった1枚が エイプリルフールのジョークだったからといって ネッシーを待望する熱が 冷めるはずもありません

ネッシーを捕えたあかつきに収容しようと、 檻も きっと大真面目に 作られたことでしょう

04








05.     水深230m、 ネス湖で最も深い地点まで行って Uターンするのが ツアーの売り ・・


ところで、 最近のネッシー探索は すっかり科学的になり、     生物学的には 恐竜のような骨格では 

首は垂直に上がらないはずだとか、  水温の低さから言って 恐竜タイプの生き物は存在しえないとか、  

食物体系からして プランクトン、小魚、魚類などの量を測れば イルカ2匹の食事ぐらいしか賄えないとか、


その挙句   写真のネッシーは 波だ、鳥だ、錯覚だ、、、、と    がっかりする話ばかりです

05

 







06.    ネス湖で ちゃんと目撃できるのが 「 アーカート城 Urquhart Castle 」

1230年の築城だが  1296年には 早や イングランド軍に破壊されてしまった ・・

06









07.    「 ネス湖エキジビション・センター Loch Ness Exhibition Centre 」

展示内容は   長年の研究成果をもとに 写真・映像・音声、 実際の潜水艦や ソナー装置など を駆使して

ネス湖の謎に迫る仕組みとなっている


中は 6つのセクションから成り、 迷宮を旅するように お客は 暗闇の中 ひとつひとつ進んでいく 

07









08.    まずは伝説が語られ、 正直そうな住民たちの 数々の素朴な目撃談の映像が 流される

私など  もうそこで  ネッシーは存在する! という確信で 心が一杯になってしまったのだが

    

その後の検証は 実に科学的、  ” 誠実に ” 駄目なものはダメと 根拠をつぶしていく  

しかし それでも解明しきれない謎が 幾つか残り、 それが かえって ひどく心に響いてくる



 

結局 センターを出る頃は、  もしかして 術中に嵌ったのだろうか、、、

” ネッシーは 絶対存在する  ”と  信じる私が そこにいた !

08









09.    興奮冷めやらぬうちに 足は ちゃんとショッピングコーナーに向かうよう設定されています

09









10.     さて、 ここは ネス湖南端にある町 「 フォート・オーガスタ Fort Augustus 」

ネス湖から 「 カレドニアン運河 Kaledonian Canal 」が 引かれ

船を通すために いくつもの 閘門が作られている  

10

 







11.     「 カレドニアン運河 」はさらに南下し、 結果、 南の「 フォート・ウイリアム Fort William 」と

北の 「 インヴァネス Inverness 」は 一つの水運で つなげられた 



もともとの地形を利用したとは言え、 凍てつく北海を大回りせず交流出来るのは どれほど便利なことでしょうか

11






12.    もっとも 「 Fort 砦 」 という名が示す通り、  ハイランド支配の拠点として

それらの町々は 激戦の洗礼を受けてきたことは 言うまでもありません

12

当然ながら ネス湖と同じく、 運河の水面は  まるで新月の闇夜のごとく 黒ぐろと漂っておりました




  newmoon                     newmoon




ネッシーには会えなかったけれど、  スコッチウイスキーを育て、ネッシー伝説を生んだ このハイランドの黒い水が  

私の心に  忘れ難い記憶として  しっかり刻み込まれたのです ・・・・・

 

2013年8月23日 (金)

「インヴァネス」は 「ネス湖」から出る「ネス川」の河口の町

大自然に抱かれた スコットランド北部「 ハイランド Highland 」、


  
 

都市があり 多くの 古城・蒸留所がある 中央から東寄りの地域は まだ華やかさを感じさせるけれど、 

ネス湖を含む 中央から西寄りの地域は  作物も実らず 高地では木も生えない 文字通り荒涼たる原野が続く



したがって、そこに 人間の営みが残した 名所旧跡は少ないが、 大自然の恩恵をそのままに 

キャンプ・登山・スキー・釣りなど、 昔から アウトドア ・ ネイチャースポーツのメッカではありました 



  ski                                                      
ski

 

01.    スペイ渓谷 Spay Valley の真ん中にある町 「 アヴィモア Aviemore 」 から

初冠雪( 9月 )の 「 ケアンゴーム山 Cairngorm Mountain 」 を 望む 

01_2









02.    高い山が ほとんどない英国で、 1235mの ケアンゴーム山は 絶好のスキー場  

2002年開業の「 ケアンゴーム登山鉄道 」は レールが ちょうど 積雪層をまたぐ高さに作られています



アヴィモアからは ハイランドを駆け巡る ノスタルジックな「 ストラススペイ鉄道の蒸気機関車 」も出ています

02_2









03.    ちなみに、  残念ながら 登山鉄道終着点の 展望台から外に出て さらに上へ歩くことは出来ない

なんでも 観光客が 手軽にどっと繰り出して 自然環境を踏み荒らすのを 防ぐためだとか ・・ 
  




麓からちゃんと 自分の足で登ってくる トレッカーたちは別、 雪で薄化粧した頂上までOKです!

03_2









04.     おや、  ” ピーターラビット君 ” ではありませんか~ !

04









05.      アヴィモア、 宿泊したモーテルの 裏山に ラビットの住処はありました~

05









06.      ちっちゃい女の子たち、 ラビットと おんなじくらい 可愛いデスネ 

06









07.    さて、 いよいよ ネス湖への観光拠点 「 インヴァネス Inverness 」へやって来ました

「 ネス川 Ness River 」の川面に 影を落とす「 インヴァネス城 Inverness Castle 」 

07









08.     インヴァー Inverは ” 河口 ” を意味し、 インヴァネスは 文字通り ネス川の 河口の町  

因みに ネス川は ネス湖から 北海に至るまでの 全長約10km、 ヨーロッパ最短の川なんだそうですよ

08









09.       色の乏しい北国で見つけた 精一杯の色彩 !!

09









10.    みやげ物や屋など タータン製品を扱う店は 数々あるけれど、そういう店に卸をするのが

「 キルト・メーカー Kilt Maker 」という 看板を掲げた店




キルト・メーカーは もともと 伝統ある仕立屋さんで、 オリジナルも含め タータンの柄が豊富、

当然  観光客ばかりでなく スコットランド人が買いに来る

さすが専門店、 彼らには キルトがよく似合っていて、 ほのかに ” 品 ”さえ感じました 

10








11.       インヴァネス  路地裏の パブで

11









12.     英国名物 「 フィッシュ アンド チップス ( 白身魚のフライとポテトチップス ) 」    

昔は 街角の屋台などで 新聞紙にくるんで 手渡されたものでしたが
  

今では 発泡スチロールの白い器に 輪ゴム、 となりました



   

もちろん 露店ばかりでなく、   パブなどでも 相変わらず 一番人気のメニューで、

衣がサクサク  熱々のフライは 下手気な英国料理より 美味しいこと請け合いです !  

12

種々の 好みの飲み物と 一緒に食べたら  もう 心は ” にわか英国人 ” !





  beer                       
beer

次は いよいよ ネス湖を訪ねます    果して ” ネッシー ”に 会えるでしょうか ~~

 

その他のカテゴリー

bellaのアトリエ | 「アメリカ国立公園」は雄大なり! | 「チロル地方」オーストリア | やっぱり凄い モンサンミッシェル | りんごの村 | アルザス・ロレーヌ | アールヌーボー発祥の地 | イギリス 植物王国 | イタリア ウンブリア地方 アッシジなど | イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど | イタリア トスカーナ地方 | イールドフランス | オンフルールは画家の聖地 | カナダ メープル紅葉便り | カナダからの手紙 英国の香り | グラスゴーは意外とお洒落な街! | ゴッホ終焉の地 | ゴーギャンのブルターニュ | ゴージャス!「イタリア湖水地方」 | シスレー と ミレー | スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 | スコットランド エジンバラ | スコットランド中東部 歴史ある古都巡り | スペイン サラゴサとタラゴナ | スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル | スペインの「白い村」 | スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と | セビリアとコルドバ アンダルシアの華 | ドイツ 「ロマンチック街道」 | ドイツ「 古城街道 」 | ドイツ南端 「アルペン街道」 | ネッシーとハイランド | ノルマンディ(フランス) | バカラ クリスタルの町 | パンプローナとその周辺 | ピレネー山脈・大自然とその文化 | ピレネー山麓・フランス側も面白い! | フランス・中世ロマネスクの旅 | ブルゴーニュ 美食の地 | ブルターニュ どの町も個性的! | ポルトガル鷹の巣城 | マカオ ”エキゾチックタウン” | ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” | モネの色彩を育んだ町 | モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” | リヨン、フランス第2の都市 | ルノワールのセーヌ川 | ローマ 永遠の都 | 信州の風 | 光のスイスアルプス | 光のフランスアルプス | 北仏画家の町 | 南フランス コートダジュール | 南フランス プロヴァンス | 南仏画家の町 | 国内旅行 | 奇岩のイタリアアルプス | 活気のバルセロナ | 花の都フィレンツェ | 魅惑のパリ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック