スコットランド中東部 歴史ある古都巡り

2013年7月18日 (木)

ゴルフの聖地「 セント・アンドリューズ 」「 T・ワトソンが泣いた橋 」

「 セント・アンドリューズ St.Andrews 」 と言えば 

” 全英オープンゴルフ ” が行われる  ゴルファー憧れの聖地です !



                                                           






01.   1834年に 英国の様々なクラブを統括する ロイヤル&エイジェント・ゴルフ・クラブが設立されると

それまで 各地域やクラブごと ばらばらだったルールが ひとつにまとめられ、 

1860年には 近代ゴルフの出発点とされる ” 全英オープンゴルフ ”が 開催されました 

01

紳士のスポーツとされる ゴルフですが、  写真のように ↑ 今から100年以上前に 

女性の大会 Women’s Golf Championship が開かれていたことには 驚かされます

15世紀には クイーン・メアリーも ゴルフをしたということですから 下地はあったのでしょう ・・




                            




02.     この町は もともと 聖アンドリューの遺骨を 祀った地で、 華やかな巡礼のメッカでした

12世紀に造られた 「 セント・アンドリューズ大聖堂 St.Andrews Cathedral」 も

スコットランド最大の規模を 誇っていましたが、

02

(   右側は 大聖堂より歴史の古い 聖ルールの塔 St.Rule’s Tower )







03.      カトリックのスコットランドと 英国国教会のイングランドの  宗教改革を巡る戦いで 

大聖堂は イングランドに徹底的に破壊され、 双塔を残し 壁や基礎が僅かに残る 無残な姿となりました


巡礼者でにぎわった頃の 絢爛たる姿は 思い出す術も無くなったのです ・・

03







04.    因みに、 大聖堂が崩れ 巡礼客は姿を消しましたが、 15世紀に「 セント・アンドリューズ大学 」が設立され

今、 セント・ アンドリューズは ’ ゴルフ巡礼客 ’のほか  若い大学生が集う町となっています

04








05.      北海沿いの岸壁にたたずむ 「 セント・アンドリューズ城 St.Andrews Castle 」

12世紀以来 難攻不落の城でしたが、 こちらも イングランドとの激戦の末 陥落し、破壊され、 廃墟となりました

05








06.     さて 「 セント・ アンドリューズ オールド・ コース 」 の 1番と 18番グリーンは

意外なほどあっさりと  ” 道路ぎわ ” にありました



ただし、一たん試合が始まると この辺りには 観客用のひな壇が出来て 様相が一変する !

06









07.     ひとくちに 「 セント・ アンドリューズ・ ゴルフコース 」といっても オールドコースや ニューコース 、

ジュビリー、 イーデンなど 6つのコースがある     日本からも ゴルフツアー客が たくさん訪れるらしい

07








08.      1番と18番ホールをつなぐ この 「 スゥイルカン橋 Swilcan Bridge 」は

数々の伝説を残した 有名な橋ですが、 その下を流れる クリークも ゴルフの歴史にとって 重要な小川だという




その昔、 地元民が 小川の土手に干していた洗濯物に ボールが乗ってしまったことから

 ” リプレイス ” のルールが生まれ、

川ポチャ から ” ウォーターハザード ” のルールが 考案されたという

08

(   写真右側は  コース脇にある 英国ゴルフ博物館 British Golf Museum  )









09.      かつて A・パーマー や J・ニクラウスも このコースで引退を告げましたが


全英オープンで 過去5回優勝の記録を持つ T ・ ワトソンは、 2010年7月 予選落ちした その時 引退を決意、 

宵闇迫る中  スゥイルカン橋のたもとにキス、 橋の上では 流れる涙を拭ぐおうともせず

ただただ  帽子を振り続けたということです ・・・

09








10.      米国 「 オーガスタ 」などの 整備の行き届いた 美しいグリーンと比べたら

スコットランド 「 セント・アンドリューズ 」 のコースは 天と地、 まるで原野の如し、かも知れません


その上  こんなバンカーが 112か所も あるそうです

10








11.      それに加えて 「 北海 」からの風が 容赦なく吹き付け 

ゴルファーたちは  これでもかと 幾多の試練を 経験させられることになります

11








12.    さて当然ながら セント・アンドリューズには 立派な街並みがあり、 漁船が出入りする港もある



コース近くの繁華街には ゴルフ用品店が 軒を並べ、 いかにも ゴルフの町らしい賑やかさ !

12

しかし、 日本の専門店でもそうですが ゴルフとなると 道具もウエアも かなりお値段が張りますね

ましてや 英国です !



                            

とは言え せっかくの旅ですし、  せめて 記念に ロゴ入りのキャップを買いました

それを被ったからといって ( 主人の )腕前が上がる訳ではありませんが ・・・!

その他のカテゴリー

bellaのアトリエ 「アメリカ国立公園」は雄大なり! 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント 「チロル地方」オーストリア やっぱり凄い モンサンミッシェル りんごの村 アメリカ サンフランシスコ アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園 アメリカ ヨセミテ国立公園 アルザス・ロレーヌ アールヌーボー発祥の地 イギリス 植物王国 イタリア ウンブリア地方 アッシジなど イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど イタリア トスカーナ地方 イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど イールドフランス ウイーン 中欧・花の都 オンフルールは画家の聖地 カナダ メープル紅葉便り カナダからの手紙 英国の香り カンボジア アンコール遺跡群の旅 グラスゴーは意外とお洒落な街! ゴッホ終焉の地 ゴーギャンのブルターニュ ゴージャス!「イタリア湖水地方」 シスレー と ミレー スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 スコットランド エジンバラ スコットランド中東部 歴史ある古都巡り スペイン サラゴサとタラゴナ スペイン マドリッド・セゴビア・アビラ・サラマンカ スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル スペインの「白い村」 スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と セビリアとコルドバ アンダルシアの華 ドイツ 「ロマンチック街道」 ドイツ ベルリン・ポツダム ドイツ「 古城街道 」 ドイツ南端 「アルペン街道」 ネッシーとハイランド ノルマンディ(フランス) バカラ クリスタルの町 パンプローナとその周辺 ピレネー山脈・大自然とその文化 ピレネー山麓・フランス側も面白い! フランス・中世ロマネスクの旅 ブルゴーニュ 美食の地 ブルターニュ どの町も個性的! ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 ポルトガル コインブラ バターリャ アルコバサ ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 ポルトガル中部・ナザレ ファティマ トマール ポルトガル北部 ポルト ギマランイス ブラガ ポルトガル鷹の巣城 マカオ ”エキゾチックタウン” ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” モネの色彩を育んだ町 モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” リヨン、フランス第2の都市 ルノワールのセーヌ川 ローマ 永遠の都 信州の風 光のスイスアルプス 光のフランスアルプス 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 北仏画家の町 北欧 スウェーデン・ストックホルム 北欧 ノールウェー オスロ 北欧 ノールウェー ベルゲン 北欧 ノールウェー 滝とフィヨルド 北欧 フィンランド・ヘルシンキ 南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン 南フランス ツールーズ・アルビ・カルカソンヌ 南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス 南仏画家の町 国内旅行 国内旅行 中国編 国内旅行 九州編 国内旅行 北海道編 国内旅行 北陸編 国内旅行 東北編 国内旅行 東海編 国内旅行 関東編 奇岩のイタリアアルプス 活気のバルセロナ 花の都フィレンツェ 香港 びっくり見物記 魅惑のパリ

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック