バカラ クリスタルの町

2012年3月29日 (木)

<バカラ> 高級クリスタルが生まれるフランスの田舎町


北フランス、芸術の町を あちこち旅してきましたが、 
今回は  同じ北フランスでも 

パリの東側、  
ロレーヌ地方の < バカラ Baccarat > にまいります。

 

 rvcar                   rvcar

 

01.       バカラと言えば ” 高級クリスタル ” ! 

世界に冠たる 輝かしい 「 バカラ・クリスタル 」 を生み出すこの町ですが
 

ムルト川沿いにひっそりと佇む 思いのほか地味な町でした。 

 

バカラ城下町の人々は バカモア( バカモンでなく coldsweats01 ) と 呼ばれる。

01







02.      ここは ふかふかの絨毯が敷かれたショールームですが
 
気軽に買えるものは皆無でした!
 

マイセンやウエッジウッドが 東洋の磁器に触発されたようにバカラも もともとは 

ボヘミアングラスに対抗すべく、 ルイ15世の時代に 発案されたものだ。
 

地域には豊かな森林が広がり、  ガラス生産に不可欠な木材燃料が 

手軽に賄えたため この工業が根付いたのです。

02







03.       バカラ製品が 1823年のパリ万博で 透明度とカットの美しさから

金賞を獲ると、
 国内はもとより 世界中の王侯貴族から注文が殺到するようになり、

やがて 普通の人々も その名を口にするような 銘柄となっていく。 

 

’ クリスタル ’ とは 酸化鉛が24%以上のものを指すのですが
 
バカラは 30%を超えており、 指で弾くと キーンと 涼やかな音が響き渡る。

03_2






04.     日本のような地震国ではないから 意外とさらっと展示している。

私は 店内を見てまわるのに 壊さないよう とても気を遣いました~

そして ちゃんとご挨拶と世間話をしましたら ご主人から写真を撮っていいよ、

とOKが出た。 
それから ご主人、 頼んでもないのに クリスタルの成分表や

金属による着色リストなども 持って来て説明してくれた。

04_2






05.       黒いガラスは 新機軸らしく そのリストには載っていませんでしたが

赤いガラスは 金が入っているのでお高いと言いつつ 丸く磨いた赤玉を 

ごろりと回して 嬉しそうでした~

右下は ジャポニズム製品、  右上は 日本の恵比寿ガーデンプレイスに飾られた 

バカラ製シャンデリア、
 6億3000万円ですって・・!   ああ バブル時代!

05


ご主人の親切に負けて?  グラスを二つ 買いましたが、

貧乏性にて、 その後 使わずに仕舞ってある。

  
だから 高いものは 始めから買わなきゃいいのに ・・ !!




  wine                      
wine

06.    別れ際に ご主人が うちの町の教会を 是非見て行ってくださいと言った。
 

新しい感じの 鉛筆みたいなへんてこな教会でしたから   言われなかったら

絶対素通りするところでした!

06

( 中央奥が サン・レミ教会 )







07.     中に入ると 言葉を失いました ・・・
 サンレミ教会 Eglise Saint-Remy は
 
第二次大戦で連合軍に破壊されたあと、 1957年に再建された
 ’ 20世紀の

近代芸術の至宝 ’ とされる 特別な教会だったのです。

07


私が へんてこと言った 55mある三面体の細長い尖塔は 三位一体のシンボルで、

 
錨をおろして船体を固定するがごとく、 

その足元は ムルト川 La Meurthe の岩盤に しっかりと突き刺さっているそうだ。




  shine                  shine





08.      ステンドグラスは バカラクリスタル製で、 
150種類の色、

20、000ピースから成るものだった。     正に バカラにしか出来ない、 

バカラだから出来た、
 フランスの 珠玉の現代アートと言えるでしょう。

08







09.     製造法や設備などの近代化で 現在は19世紀の活況とは違うが、
 

今日でも バカラの工場はちゃんと稼働している

サッカー好きの 小6のこの子の親も 工場で働いているそうだ ・・

09








10.     ところで、 この町には 多くの慰霊モニュメントがある

下は  ” 1944年11月15日、 アルザスとストラスブールの開放のために戦った

バカラ人の碑 ”
 戦没者の名前が刻まれている。

10







11.      フランス北東部 ” アルザス ・ ロレーヌ ” と言えば
 

数百年にわたり ドイツとフランスの間で争奪の歴史が繰り返されて来た地域ですが、
 

とりわけ 第二次大戦の フランス軍とナチスドイツ軍との戦闘では 

まさに激戦の現場となり、 悲惨な物語が 山と生まれた場所でした。

11

 

美しいクリスタルの輝きから 

もしかして  悲しさも 透けて見えるかも知れません   ・・・








   sweat02         spade         sweat02        spade         sweat02

その他のカテゴリー

bellaのアトリエ | 「アメリカ国立公園」は雄大なり! | 「チロル地方」オーストリア | やっぱり凄い モンサンミッシェル | りんごの村 | アルザス・ロレーヌ | アールヌーボー発祥の地 | イギリス 植物王国 | イタリア ウンブリア地方 アッシジなど | イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど | イタリア トスカーナ地方 | イールドフランス | オンフルールは画家の聖地 | カナダ メープル紅葉便り | カナダからの手紙 英国の香り | グラスゴーは意外とお洒落な街! | ゴッホ終焉の地 | ゴーギャンのブルターニュ | ゴージャス!「イタリア湖水地方」 | シスレー と ミレー | スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 | スコットランド エジンバラ | スコットランド中東部 歴史ある古都巡り | スペイン サラゴサとタラゴナ | スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル | スペインの「白い村」 | スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と | セビリアとコルドバ アンダルシアの華 | ドイツ 「ロマンチック街道」 | ドイツ「 古城街道 」 | ドイツ南端 「アルペン街道」 | ネッシーとハイランド | ノルマンディ(フランス) | バカラ クリスタルの町 | パンプローナとその周辺 | ピレネー山脈・大自然とその文化 | ピレネー山麓・フランス側も面白い! | フランス・中世ロマネスクの旅 | ブルゴーニュ 美食の地 | ブルターニュ どの町も個性的! | ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 | ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 | ポルトガル鷹の巣城 | マカオ ”エキゾチックタウン” | ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” | モネの色彩を育んだ町 | モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” | リヨン、フランス第2の都市 | ルノワールのセーヌ川 | ローマ 永遠の都 | 信州の風 | 光のスイスアルプス | 光のフランスアルプス | 北仏画家の町 | 南フランス コートダジュール | 南フランス プロヴァンス | 南仏画家の町 | 国内旅行 | 国内旅行 関東編 | 奇岩のイタリアアルプス | 活気のバルセロナ | 花の都フィレンツェ | 香港 びっくり見物記 | 魅惑のパリ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック