信州の風

2012年11月29日 (木)

とてつもない規模「大王わさび農場」と 泣けるように清らかな川 


わさびの育成には 淀むことのない 低温の清らかな水流が不可欠です


長野県安曇野にある わさび農場は 北アルプスからの ひんやりした 豊かな湧水を利用している




゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。






01.  ” 清らか ” という以外  言葉が見つかりません ・・

01







02.  ここ 「 大王わさび農場 」は 日本最大の わさび園 

私の想像を 遥かに超える とてつもない規模の わさび田でした



このような 幾筋もの 縦縞模様が 延々と続き 、、、

02





03.  ”中の島 ” を越えて行くと、 また 次から次へ 別な 縦縞わさび田が 現れます!

03







04.  わさび田に引かれる湧水は 一日12万トン、 水温は常に12度、



この水路を 長靴を履いた職員が行き来しながら 作業を行うが

水温も一定であるし、 わさびは 年間を通して 収穫できるそうだ 

04

( まるで 川の流れそのものを イメージさせる わさび田の連なり )




05.  そばで見ると 結構な流水量です !

わさびは 直射日光に弱いので、4~9月は 黒い寒冷紗で覆われる

この日は 10月末、 布は黒い棒状に巻き取ってあり、 わさびが見えてラッキーでした!

05







06.  ところで、 「大王」とは 敷地内にある 「大王神社」に 由来し、

伝承によれば この洞穴の奥に その八面大王の胴体部分が 埋葬されていると言うことです



1917年 小規模なわさび田の開墾から 今日を築いた 創業者の家族の銅像もありました 
06








07. わさび田の 東側には 「犀川」が、 西側には この「蓼川」が 流れている


蓼川には 水車小屋が3つ、  さらに  川下にはいくつもの道祖神が並び、

この上ない情緒を 醸し出している ・・・

07








08.  素人カメラマンでも 泣けてくるような美しいシチュエーションですが、


NHKの朝ドラも、 また有名な黒沢明監督も 映画 「夢」で、 この場所を使ったそうですよ

08







09.  「 ゆく川の流れは絶えずして、しかも 元の水に非ず 」 

方丈記の 鴨長明さんは、 

人生にも似た もっと 濁った流れを思い描いたとは思いますが ・・・

09







10.  安曇野北部、 青き山々に対峙する斜面では  収穫の済んだ ワイン用のぶどう畑が 

なお 赤き葉を輝かせておりました

10







11.  ドイツや フランスのぶどう畑とは  面積で 比べものにならないが、

この日差しと乾燥具合からすれば、 きっと美味しい日本製ワインが出来ることでしょう !

11








12.  お土産コーナーでは  数々の試食品が 惜しげもなく振る舞われていました

お菓子から 漬物や佃煮まで、 端から端までトライしたことは言うまでもありません   ^&^

12

山々が雪の帽子をかぶる頃は また一際魅力的だと、 

安曇野を得意とする 画家さんもおっしゃっていました

 

またその頃、別な顔の安曇野に 再び出会ってみたいものです!

2012年11月23日 (金)

安曇野 NHK朝ドラ「おひさま」と 男神女神の「道祖神」

長野県の「 安曇野 」、 あずみの という地名の響きは とてもロマンチック、

一度 訪ねてみたいと思っていました 

特に 昨年の NHK・朝ドラ 「 おひさま 」のロケ地だった 安曇野を 

この目で 確かめておかないことには・・・!



                 
                

01.  美ヶ原高原に向かう 10月の 山道は

赤い紅葉でなく、 落葉松 (からまつ) の黄金色が 一層渋い 大人の秋色 ~

01







02.  高原道路は ひたすら から松の落ち葉で覆われる  ゜・。。・゜゜・。。・゜  





この枯葉の布団は 動・植物の冬支度にとって なんらかの意味があるに違いないけど、

油分の多いから松、  山火事に注意しないといけないとか ・・・

02







03.  安曇野の高台 室山から、 早朝  美ヶ原高原や 鉢伏山などを 望む

03







04.  朝靄に煙る 松本市の一角

04








05.  烏川渓谷の吊り橋から 「 蝶が岳 」に 目をやると うっすらと雪化粧

05








06.  安曇野でも北西地区は リンゴなど果樹農家が多く 特に ”枝垂れりんご ”が見事!

収穫に便利なように 下向きの枝振りを 長年かけて作ったのでしょう

老齢の木肌に 農家の方の努力と執念が にじんで見えました・・ 

06







07.  さて、ここが ” おひさまのロケ地 ”

探し当てるのに 少し時間がかかりましたが、、、



美しいけど 何の変哲もない山あいの里に、 観光バスが何台も停まれる大きな駐車場が出来ていて

そこから、 観光客用に 木くずチップを敷いて作った細道を しばらく歩くのです ~

07







08.  ロケ地のそばにある 「 江戸時代の庄屋 山口家 」、 ここも ドラマに登場

08

                                                ( 山口家 )



因みに 安曇野、松本あたりには ”道祖神 ”が 800体近くもあるという

いずれも 男女対の「双対道祖神」で 五穀豊穣・無病息災・子孫繁栄を祈願するものらしい


朝ドラでは 何組かの夫婦の人生が描かれていた  

男神・女神が 手を握ったり、  時には生殖を暗示する 同祖のデザインは

夫婦相和す ドラマのテーマにピッタリだったのかも知れない
   



見ていた頃は   ついぞ気が付きませんでした・・!

 

                    

09.  次は 東光寺の 「 吉祥仁王さまの下駄 」

心を込めて この下駄を履くと 願いが成就するとか ・・

小から大へ 履き替えるのですが、 大きいものは 偉そうに、かなり脚を開かないと届きません 

09







10.  落ち葉と 秋の空

10







11.  柿 と コスモス

11







12.  ここは 「 安曇野わさび田 湧水群 」  

清らかな水が湧き出る池が たくさん点在している 

12

 

知りませんでした ・・  

心底 清らかというのは、 寧ろ ”うっすら影を帯びた 蒼い透明 ”なんですね ~~ 

                                     

次回も 安曇野、   驚くほど大規模な わさび田農園を訪れます

その他のカテゴリー

bellaのアトリエ 「アメリカ国立公園」は雄大なり! 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント 「チロル地方」オーストリア やっぱり凄い モンサンミッシェル りんごの村 アメリカ サンフランシスコ アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園 アメリカ ヨセミテ国立公園 アルザス・ロレーヌ アールヌーボー発祥の地 イギリス 植物王国 イタリア ウンブリア地方 アッシジなど イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど イタリア トスカーナ地方 イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど イールドフランス オンフルールは画家の聖地 カナダ メープル紅葉便り カナダからの手紙 英国の香り カンボジア アンコール遺跡群の旅 グラスゴーは意外とお洒落な街! ゴッホ終焉の地 ゴーギャンのブルターニュ ゴージャス!「イタリア湖水地方」 シスレー と ミレー スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 スコットランド エジンバラ スコットランド中東部 歴史ある古都巡り スペイン サラゴサとタラゴナ スペイン マドリッド・セゴビア・アビラ・サラマンカ スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル スペインの「白い村」 スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と セビリアとコルドバ アンダルシアの華 ドイツ 「ロマンチック街道」 ドイツ「 古城街道 」 ドイツ南端 「アルペン街道」 ネッシーとハイランド ノルマンディ(フランス) バカラ クリスタルの町 パンプローナとその周辺 ピレネー山脈・大自然とその文化 ピレネー山麓・フランス側も面白い! フランス・中世ロマネスクの旅 ブルゴーニュ 美食の地 ブルターニュ どの町も個性的! ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 ポルトガル コインブラ バターリャ アルコバサ ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 ポルトガル中部・ナザレ ファティマ トマール ポルトガル北部 ポルト ギマランイス ブラガ ポルトガル鷹の巣城 マカオ ”エキゾチックタウン” ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” モネの色彩を育んだ町 モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” リヨン、フランス第2の都市 ルノワールのセーヌ川 ローマ 永遠の都 信州の風 光のスイスアルプス 光のフランスアルプス 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 北仏画家の町 北欧 スウェーデン・ストックホルム 北欧 ノールウェー ベルゲン 北欧 ノールウェー 滝とフィヨルド 北欧 フィンランド・ヘルシンキ 南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン 南フランス ツールーズ・アルビ・カルカソンヌ 南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス 南仏画家の町 国内旅行 国内旅行 中国編 国内旅行 九州編 国内旅行 北海道編 国内旅行 北陸編 国内旅行 東北編 国内旅行 東海編 国内旅行 関東編 奇岩のイタリアアルプス 活気のバルセロナ 花の都フィレンツェ 香港 びっくり見物記 魅惑のパリ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック