アルザス・ロレーヌ

2012年5月 3日 (木)

シュヴァイツァーはドイツ人?フランス人? 好物はゴーフル!



昔は 偉人と言えば ”密林の聖者・シュヴァイツァー” の名が
挙がったものですが、    野口英世にも 大きな影響を与えたこの人、

最近の 日本での ’知名度’はどんなものでしょう・・





  club                                             
club

01. アルベルト・シュヴァイツァー Albert Schweitzerは 
フランスの 神学者・哲学者・医者・オルガニスト・バッハ研究者として有名 ・・

    

彼が生まれ育った この町、「 ケゼルスベール Kaysersberg 」 は

フランス北東部 アルザス地方の美しい花の町です

01






02. でも 確か シュヴァイツァーはドイツ人でしたよね~

そう、彼自身は 生涯ドイツ人を自認していました   が、
フランス人も 彼を シュヴェルツェールと呼び親しんでいます


 

つまりは、長い間 独仏で獲り合いをして来た’アルザス地方の歴史’が

そんな曖昧さを生んでいるのです

ドイツ語では ここはカイゼルスベルクと言い 
皇帝(カイザー)の町 という意味合いを持っています

02





03.  シュヴァイツァーは1875年 牧師の家庭に生まれ、

5歳で父親からピアノを学び、   

子供時代から 地域の教会でオルガンを弾いていましたが

18歳で、ストラスブール大学で 神学・哲学を修めたあとも

壮麗なストラスブール大聖堂での バッハ弾きのオルガンの名手として 
名を馳せていました

03






04. このように 彼は恵まれた環境で育ちましたが

斟酌なく重い荷を引かされる牛馬や  鞭打たれながら びっこを引きつつ
屠殺場へ連れてゆかれる馬などを 通りで目にするにつけ 心を痛め、

夕べの祈りで 人間のためにだけ祈ることを 良しとせず、

「神様 生きとし 生けるもの全てを守りたまえ」と祈るような子供でした

04

( シュヴァイツァー博物館 )



 spade                  spade






05. また 幼い頃、同級生の少年と取っ組み合いの喧嘩をした時、

「俺だって、お前の家みたいに肉入りのスープを飲ませてもらえれば

負けやしないんだ!」という叫びを聞き シュヴァイツァーは激く動揺する

「同じ人間なのに、なぜ自分だけが恵まれた生活をしているのか」と・・・

05

06. このように感受性豊かなシュヴァイツァーが 

30歳で医学の門をくぐった後、

 

1913年 38歳にて  大学教授、オルガン奏者、著述家など

 
あらゆる地位を捨て、 すべての財産を注ぎ込み、

 
ヘレーネ夫人と アフリカに旅立つことになっのも


当然の成り行きだったかも知れません

06

( シュヴァイツァーの生家 )




07. 当時アフリカには 
マラリア フィラリア フランベシァ 昏睡病 象皮病などが蔓延し、

動物による外傷や 祈祷師や占い師の習慣とも闘わねばなりませんでした

医者としての活動は 慈悲や慈善という生易しいものではなく

現地の風習と生活を踏まえつつ 科学的療法を少しづつ浸透させてゆく
実に困難な作業でした

07

 



08. 加えて 1914年には 第一次世界大戦が勃発し、

 
ドイツ国籍であった夫妻は フランス領ガボンのガンバレネで 

敵性国人として 捕虜になり、 その後 ヨーロッパへ 帰還させられる
 


残してきたガボンの病院の運営では 莫大な借金を背負うことになる

08_2

( シュヴァイツァーも遊んだヴァイス川、 今は釣りのメッカ 
「五月のはえクラブ」は ”釣ったらリリースしましょう”と呼びかけてます )




09.  しかし シュヴァイツァーの 講演やパイプオルガンの演奏活動が
思わぬ好評を博し、 2~3年で 借金を返済、

黒人救済の新たな資金も作り、 彼は再び10年ぶりにアフリカに戻る

しかし、荒れ果てた ランバレネの自分の病院と 
赤痢や飢餓 前にも増して悲惨な人々の状態を 目のあたりにして


さらに本格的な 「シュヴァイツァー病院」を 建設し 
一層の難事業に取り組むことになりました

09_2

( オリジナリティ溢れる 違反行為ですね! )

 bell                     bell






10. その後、1953年には フランス人としてノーベル平和賞を受賞、
 

彼はその資金で らい病の患者を収容する村を建設する


 
86歳で亡くなったのが1961年ですから 歴史上の伝説の人というよりは 

現代の私達の近くにいた人だったのです!

10_4
( 魔女とヴァンパイヤー?! )


11. 因みに、シュヴァイツァーの好物は 風月堂のお菓子 ”ゴーフル”

彼の片腕として働いた 日本人医師が お土産として持ち帰った時、

ことのほか 気に入ったのが始まりだそうですが

もともと フランス人が 日本に教えたゴーフルを もっと美味しく作り上げた?!

風月堂の技が シュヴァイツァーに 感動を与えたのは

面白い逸話です~

11_2

( お土産のリトグラフ )


さて、余談ながら  フランスの哲学者 ジャンポール・サルトルや
ルノーの取締役 ルイ・シュヴァイツァーは 彼の親戚筋にあたる


アルベルト・シュヴァイツァー自身は ドイツ人の血を自認していましたが

その血は その後 確実にフランスで根を張り 

きれいな花を咲かせたと言うことになりますね






 clover                     clover





しかし、 本当に誇りに思っているのは ドイツ人でもフランス人でもなく、
「アルザス人」に違いありません 

”シュヴァイツァーはアルザス人だ! ”

”シュヴァイツァーは アルザスの英雄だ! ”って ・・・

 

ことほど左様に 今日でも アルザスは特別で 独自な存在なのです

  fullmoon                   fullmoon



さらに 蛇足ですが、 日本で、「ゴーフル」 という名前のレストランが

風月堂の訴えで 屋号を変更することになったという話がありました



「ゴーフル gaufre」 は フランス語では お菓子の”普通名詞”ですが、

日本では 風月堂の「ゴーフル」を 意味する”固有名詞”となる訳です

レストラン側にも 風月堂側にも それぞれ言い分があったでしょう


とりあえず、 シュヴァイツァーは フランスの 「普通名詞のゴーフル」でなく

風月堂の 「固有名詞のゴーフル」が 気に入ったということでした・・・

 pisces                      pisces





2012年4月12日 (木)

マジノ線とヴォ―ジュ山脈 仏軍歩兵の白い十字架


<マジノ線>という単語は きっと耳にしたことがあるでしょう

 

それは、 第二次世界大戦時に ドイツ軍侵攻に備えて

当時のフランスの陸軍大臣 アンドレ・マジノが築いた 帯状の防衛線のこと。

フランス北東部の ” ロレーヌ地方 ” に 

25,000人もの 工兵や市民の人海戦術で築かれたのが、 いわゆる <マジノ線>。

全長150km、70の地下基地と 500の砲台を持つ

重装備化された コンクリート造りの大要塞でした。 

   spade                                               spade

 

01.    第一次世界大戦時には ロレーヌ地方の南のアルザス地方 にある 

 ヴォ―ジュ山脈が もともと自然の要塞として  独仏軍の攻防の場でありました。

 

本来 安らぎの里であった 緑のヴォ―ジュ山脈が  その時ばかりは

独仏の兵士たちの鮮血で 自らの山肌を 真っ赤に染め、
 
後世に語り伝えられる 悲劇の地となったのです ・・・

01_3

( 白い十字架群 は 第一次世界大戦で 戦死したフランス兵士の墓 )







02.    のどかで美しいヴォージュ山地、 とりわけ高い山という訳ではありません 。

 

高さより、むしろ 起伏に富む険しい岩峰や 川の浸食で急傾斜で降下する山肌が 

戦いに備える自然の要塞として 好都合だったと言われます。

02_3








03.   曲がりくねる山道を走って行くと、標識が現れました

< ル・ランジュ峠 Le Linge 標高976m > < 瞑想の地 >

 

このあたりに、 そうです、   戦死者の遺体が累々と横たわり ・・ 

血の臭いが立ち込めていた ・・
      そんな想像をしたら

思わず、 黙とうしなければ~ という気持ちになりました。

03_3








04.     この「 「 ル・ランジュ峠 」 には 慰霊塔が建てられている

1915年の7月20日から 10月15日までの たった3ヶ月で 独仏合わせて 

17,000人の死者、
 仏軍側では 17大隊の80%が死亡する という凄まじさでした。

 

山岳地帯の局所的な戦いで、 短期間に、 これだけの犠牲者が出るという 

壮絶な悲劇は 
世界史でも 他に類を見ないという !

04_2








05.      今日でも 兵士が身を潜めた濠、朽ちかけた兵器などが、

十字架と共に その面影を留めていた。

05_4







06. アルザス・ロレーヌ地方には このような ” 瞑想の地 ” が 幾つかある。

 

戦争で 極限の恐怖に直面しながらも、 勇気 そして愛国心という美徳を 

発揮しなければならなかった 多くの 平凡な父や息子たちの魂に 

100年後の今日でも 胸打たれるものがあります。

06_3
( この地に 血を滴らせた 10、000人の フランス兵に捧ぐ )








07.     さて、1967年のある日、 ここ< ル・ランジュ >に
 

50年前戦火をくぐり抜けた 一人の老人が 孫を連れてやって来たそうです。

多くの勇敢な兵士が命を落としたこの聖地が、 荒れ果てるがまま ごみ屑のように 

打ち捨てられているのを目の当たりにし、  彼は涙を流して 悲しみました。
 

07
( 写真は ウエットステン Wettstein 無名戦士の墓地 
  
整然と居並ぶ白い十字架群、 3000のフランス兵が眠っている )

  sweat02                sweat02                 sweat02







08.    その光景を目の当りにした地元の関係者が ひどく心を動かされ、

この地を整備し、遺骨を収集し、慰霊塔を立てることを 固く決意したのです。
   

 

しかし、50年以上打ち捨てられていた戦場を整備し、記念館などを建てるには  

かなりの年月が必要でした。
やっと記念式典にこぎつけたのが 14年後の1981年。

08_2








09.      近代兵器のなかった第一次大戦までは 攻撃も防衛も 主役は歩兵で、

 

使われた弾薬の量も 半端な数字ではなかったそうだ。

 

確かに、 第一次大戦当時の写真を見れば アルザスの独仏の戦いは 

文字通り アナログ的で 無防備な生身の肉体が 容赦なく 危険に晒された様が

容易に想像される。
09_2








10.     記念館には 独仏両国の武器、火薬、弾薬、個人の持ち物、ヘルメット、

水筒 写真、手紙、地図  などが展示されていた。
 

子供たちには よい学習の場となったかも知れない。

10





11.      ところで、第二次世界大戦で ドイツ軍は フランスが自国防衛の砦として

鉄壁の装備を誇った 「 マジノ線 」 を正面突破するのでなく、

思いもかけぬ地点、つまり フランスが 防衛の想定外としていた

ベルギーのアルデンヌの森方面から なだれ込んだ ・・・


仏国が莫大な国家予算を投じた 「 マジノ線 」 は 無用の長物と化し、
  

ベルギー国境防衛の たった一か所の 気の緩みが 命取りとなった形となりました。 

11




 第一次世界大戦は フランスにとっては もともと ドイツからの 

「アルザス・ロレーヌ地方奪還」 という 具体的命題を持った戦いではありましたが、

名もなき父や息子たちが繰り広げた ヴォ―ジュ山脈での 局所的な 悲惨極まりない

小さな戦いを 笑うがごとく、

英仏伊米などの連合国 対 ドイツという より複雑且つ大局的な構図から

別な場所で 決着が着けられることになったのです。 

時を経て 現在は 「 アルザス ・ ロレーヌ 」 は フランスのものとなっていますが

戦争というものは どの時代にあっても 勝者にも敗者にも つらい禍根を残すもの。


  club                 club





現在は 山あいにスキーリフトなども張られ、平和で静かな ヴォ―ジュの佇まいですが

青い森の中の 白い十字架は 紛れもなく 今日の豊かなフランスの 

歴史の深い傷跡であることに違いありません。


 

  club                   club

 

2012年4月 5日 (木)

イザベルとセバスチャン 若夫婦のオーベルジュ

以前の記事で、 歴史的な建物を買い取り ブルターニュの古都でホテルを始めた 

脱サラカップルの話を 2組紹介しましたが、

 

今回は 山間部で古い農家を買い取り、 リフォームして

オーベルジュ ( 田舎の宿屋 ) を始めた 若いカップルのお話です~

 

  restaurant                                            wine                                        restaurant




01.     クリスタルで有名なバカラから ヴォ―ジュの山間部に入ると 

道路際の溝に ” 自由人 ” が 一頭 。       なんて長閑なこと!

01







02.    建物にオーベルジュの看板が出ていたが 実際やっているかどうか ・・・
 

ドアを開けると、暗くて何も見えなかったが やがて 若いマダムの白い顔が見えた。

 

” 部屋をご覧になりますか~ ”  薄暗いので 勘を頼りに 軋む床をすり足で進む。

二部屋を比べたが  どちらもお世辞にも素敵とは言えない 。

田舎の臭いがする・・・    気後れするほど鄙びている !
 


 
でも、 こんな田舎宿こそ、ある意味憧れていたんではなかったか ・・

02








03.    宿の説明書きに  ” イザベルとセバスチャンは あなた様方を おもてなし

出来ることを 幸せに思います~ ”  とあった。

フランスには カップルの名前が そのまま屋号になっているオーベルジュがある。


良い悪いでなく、 日本語の語感では無理でしょうね ~

” ペンション 幸子と一郎 ” なんて ・・・      ^&^

03_2








04.      どちらが欠けても成り立たない仕事    夫婦二人三脚です!  

04

 







05.     夕食はセバスチャンが 腕を振るってくれました  down
 

飛び込みの客ですから ある程度保存が効く食材でしょうが これで十分でした。

たまには こんな気取らないフランス料理もいいものです。


ところで、ここには それほど泊り客が来るとも思えない。 商売が成り立つのだろうか・・

実は 丘を下った所に町がある。   フランス人は やっぱり食べることが好きで、 

週末や何かがあるにつけ、 町の人々が寄り合う大切な集会所として愛されているらしい。

05






06.      イザベルとセバスチャンが 築150年の田舎家を買ったのが 3年前、
 

セバスチャンが料理の修行をして、あちこち改装して オーベルジュを始めたのが2年前。

「 そうだったのですか~ まだまだ、緒についたばかりなのですね、

がんばってくださいな 」
 「 ええ、ローンを山ほど返さなければならないんですよ! 」
 

多分 都市部の建物より 格段に安い物件だったかも知れないが

若い二人にとっては 掛けがえのない夢舞台に 違いない。 

06








07.      彼らには 娘を美しい自然の中で育てたい という夢もあった。

エレーヌ 9歳は 算数と体育が得意なんですって。


フランスでは 日本のような立派な皮のランドセルは ほとんど見かけない。

実用本位のリュックで これから登校です。 
ストラップは 最近 どこの国でも共通なのですね・・・

07_3









08.     近くに 牛の牧場があって、牛糞の臭いが香しい?! が、

エレーヌにとって 大自然の遊び場は 最高なんです!

 

ブランコや滑り台、トランポリンがあって、 山羊の ” キャラメル君 ” もお友達。

学校のお友達も たくさん遊びに来るそうですよ~

 

毎朝パパが車で学校まで連れて行くが、も少し 大きくなったら 自転車通になるらしい。

08







09.       ところで、ここには 亀の番が住んでいた。 イザベルが言うことに

「 卵は食べてしまうので、子供が生まれたことはないのですよ~  」

 

卵を食べるのは イザベルとセバスチャン夫婦だと 我が夫は言う。
( 料理好きが高じて・・)

卵を食べてしまうのは 亀の夫婦だと 私は言った。

 

一晩もめたが、 翌朝イザベルに聞いてみると 彼女は涙を浮かべて 笑い転げた。

「 亀に決まってるじゃあないですか~ !! 」

09








10.     登校する エレーヌとパパを 見送ったあと 
オーベルジュを出発した。

 

朝靄の向こうに 今日と言う日が また始まる。

きっといい日になるに違いない・・・!

10



でも、山道をしばらく行くと、

その平和な心持ちが 激しく揺さぶられるような光景が待っていた。

 

何千という白い十字架の群れが 忽然と姿を現したのです・・・

 

  libra                 libra                  libra

その他のカテゴリー

bellaのアトリエ | 「アメリカ国立公園」は雄大なり! | 「チロル地方」オーストリア | やっぱり凄い モンサンミッシェル | りんごの村 | アルザス・ロレーヌ | アールヌーボー発祥の地 | イギリス 植物王国 | イタリア ウンブリア地方 アッシジなど | イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど | イタリア トスカーナ地方 | イールドフランス | オンフルールは画家の聖地 | カナダ メープル紅葉便り | カナダからの手紙 英国の香り | グラスゴーは意外とお洒落な街! | ゴッホ終焉の地 | ゴーギャンのブルターニュ | ゴージャス!「イタリア湖水地方」 | シスレー と ミレー | スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 | スコットランド エジンバラ | スコットランド中東部 歴史ある古都巡り | スペイン サラゴサとタラゴナ | スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル | スペインの「白い村」 | スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と | セビリアとコルドバ アンダルシアの華 | ドイツ 「ロマンチック街道」 | ドイツ「 古城街道 」 | ドイツ南端 「アルペン街道」 | ネッシーとハイランド | ノルマンディ(フランス) | バカラ クリスタルの町 | パンプローナとその周辺 | ピレネー山脈・大自然とその文化 | ピレネー山麓・フランス側も面白い! | フランス・中世ロマネスクの旅 | ブルゴーニュ 美食の地 | ブルターニュ どの町も個性的! | ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 | ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 | ポルトガル鷹の巣城 | マカオ ”エキゾチックタウン” | ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” | モネの色彩を育んだ町 | モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” | リヨン、フランス第2の都市 | ルノワールのセーヌ川 | ローマ 永遠の都 | 信州の風 | 光のスイスアルプス | 光のフランスアルプス | 北仏画家の町 | 南フランス コートダジュール | 南フランス プロヴァンス | 南仏画家の町 | 国内旅行 | 国内旅行 関東編 | 奇岩のイタリアアルプス | 活気のバルセロナ | 花の都フィレンツェ | 香港 びっくり見物記 | 魅惑のパリ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック