イールドフランス

2012年3月22日 (木)

フランスの出生率が高いのは何故? ある家庭の場合

フランスの出生率は 欧州先進国の中でも飛びぬけている

2008年の統計で2.00人 ( 日本は1.37人 )

 

制度が充実しているとか、経済的支援があるとか

育児環境が整っているとか 様々な原因が挙げられる

 

ちょっと変わった見方では、 移民がバンバン産むからとか
婚外カップルの子供たちの数が意外と多いから、

といった フランス的理由も挙げられる

 

今回は、 フランスのある家庭を例に

私なりの 勝手な想像を巡らしてみたいのです 

 

  ribbon                  ribbon

01. パリ郊外、とある町、
ルノワール通りにお住いの ベルナールさんちは 子だくさん

 

フランス人と言えば 夏のバカンスに命を懸けるのは有名ですが、

冬のスキーも 相変わらず なかなの人気です

01  
  
( 色素の薄い彼らに サングラスは必需品! )

 

 

 

02. ママは料理名人  今回 私達が訪問した時、

腕に撚りをかけて 家庭料理をご馳走してくださいました

 

メロンのヨット、 牛フィレと野菜の串焼き、ナスとトマトズッキーニの香草焼き・・・etc 

チーズも レストランのように 産地にこだわってます

02

03. ママは 料理好きのマダム達と 月に一度、

持ち回りで 料理研究会を開いている

調理の仕方、味や出来栄えに 忌憚ない意見を述べ合って

腕の向上に努めているという

( キッシュ downwardleft

03

( レシピや料理写真をまとめた分厚いファイルが もう何冊も出来ていました  )

04. 彼女のコレクションは フクロウの置き物

ジャパニーズ梟も 何羽かお仲間に

  shine                 shine

 

ママは ”コーラス歴”も長い         食事の後、  私たちは

ヴェルディのオペラ ”ナブッコ”の 「行け我が想いよ黄金の翼に乗って」、 

あの素敵なメロディを 彼女はフランス語で、
私は もちろん日本語とハミングで 合唱しました~

 

当たり前ながら 言葉は違ってもメロディは同じ・・

得も言われぬ共感と 感動が湧き起こりました

 

音楽は万国共通の言葉、 音楽の力は偉大ですネ~~!   note

04






05. パパは 自動車メーカーの平均的サラリーマン
 

現在は ”先祖の足跡を辿る ナントカ学”に没頭しています

 

先祖に有名なキャプテン(船長さん)がいて、

大西洋などを アフリカや南米まで航海したという・・

 

国立図書館に通い キャプテンの出身地の役場に出向き、
新聞記事なども克明に調べ、
 

その詳しい足跡、人生を知ろうとしているのです

 

楽しげに話す彼の目は キラキラしていて

まるで ”男のロマン”を 追体験しているかのようでした!

05








06. ”男のロマン”は 自分の足でも 実現しつつあります・・
 

北スペイン、「サンチャゴ デ コンポステラ巡礼」に 夫婦で挑戦中!

「巡礼」ですから 勿論 全行程を歩いて行くわけです

 

年に2回程、7~10日間の巡礼を繰り返し、数年がかりで

これまで ほぼ 三分の二を踏破している

各宿場でもらった 帆立貝の御朱印帳が なんとも誇らしげ・・

 

bellaめの場合、
飛行機で 一足飛びに サンチャゴデコンポステラ入りしましたから
 

有難味が 全然違いますね!   airplane       

( サンチャゴデコンポステラの 大聖堂 ↓)

06

07. さて、ベルナールさんちの子供は四人  前置きが長くなりましたが、

 
フランスの出生率の高さの 小さな秘密が
 

もしかして この平凡な家庭に垣間見られるかもしれません

  shine                 shine

 

この四兄妹は 今や立派な職業人 

○○大学を卒業しましたとか、××一流会社に入社しましたとか、

「何処に入るか」が 重要なのではなく、  「何になるか」が 重要!
 

それが フランス人の基本的な考え方

それを地で行くのが この ファミリーなのです

07

                                        (dessin   by bella )






08. 長男、フィリップは テレビディレクターで 国内外飛び回っている 

が、その傍ら 音楽CDのアルバムを出している ミュージシャン

  notes                                        notes

 

ママに聞いた ”ステージや 動画の中の フィリップは 

自分の子でなく、別人のように 見えるのではないですか~? ”



" いいえ、フィリップは いつも自然体なの ・・・ 

家でも、職場でも、歌っていても、いつも同じように優しくて、ナチュラル

どんな時も 彼自身であり、 私の息子なのよ・・ ”
 

08

( ボーカルの女性は彼の恋人という訳ではないそうです )  

 






09. 長女ソフィーの結婚式

  
彼女は シャンゼリゼーやニューヨークの 「シャネル」で働いていたので
香水のテスティングには うるさいという
 

現在は子育て中だが、この前も 親に子供を預けて

タンザニアに出かけて来たらしい・・

09

(両親へのプレゼントは 日本のように、披露宴のセレモニーの一環ではなく
後日、寛いだ中で 自然体で行われる)






  ring                  ring

10. ソフィーのダンナさま フランソワは 経営コンサルタントの傍ら

漫画の物語本をたくさん出していて 売れ行きも上々

巻末には 「家族と 妻ソフィーのサポートに 感謝している」 と、

カッコいいこと 書いてマス

10








11. 次女マリンは ホテルマン
 

ホテル学校を出たあと、インターン修行、 その後も
 

ワインや料理の知識 実際の客商売のノウハウを 身に付けるべく

フランス国内外 かなり旅行をして、
 

現在は 人気のレストランで働いている

 

  restaurant                restaurant

 

私が訪問した日は たまたま 昼過ぎに仕事明けでご帰宅、 

テーブルで ママの料理を取り分けたり ワインを注いだり
プロの技を披露してくれた

 

しかし、仕事は 相当な肉体労働だそうで、 ”疲労困憊”、 

お先に失礼します、と言い残し 

午後3時には 自分のベッドに倒れこみ、夜更けまで寝込んだらしい

11

( 胸の桔梗は マリンがこの日 たまたまママに贈った花  dessin by bella )

 

 

  hospital                                         hospital

 

三女アストリッドは 看護婦さん、 

看護婦学校を出て、はやり あちこちでインターンを経験し、
今は ある病院で働いている
 

寮生活が長く、 滅多に彼女には会えないでいる・・

 

  chair                                          chair

さて、フランス人が 全てこうだ、とは申しません 

ただ、フランス人は いつも 
それぞれの境遇で、 自分なりの道を模索しており
 

”個性的でありたい” ”自立した人生を送りたい” と 願っている
 

それは 子供時代から植えつけられる人生観で、

実に大袈裟に言えば  親は ”産みさえすればいい”のです

 

( 勿論 立派な大人にするために 子供時代のしつけは
群を抜いて厳しいですけど・・)

 

   school                                   school

日本の場合は 良い学校・よい大学に入れて、 よい会社に入れて、、、

職に就くにも 得意分野を 何とか 共に探してあげて、、、

よい伴侶を見つけてあげて、、、   とにかくお金がかかるし、、、

 

もう 親の肩の荷が重すぎて
 

確かに 子供を産む気力も 減退するかも知れません・・

  club                club

フランスの出生率が高水準で維持されているのは 大方は

様々な環境が整っているお陰でしょうが、

基本的には ほぼ18歳を境として 子供の自立が早く、 

” 養育の苦労 ”より ” 成長後の収穫への期待値が高い ”

という理由が  根底にあるからなのではないでしょうか・・  

 

 

ついでながら 
農業大国 フランスの食料自給率の高さ(130%)(日本は39%)も
 

陰ながらの 出生率維持に貢献しているような気もします

 

フランスのあらゆる地方で、 見渡す限りの豊かな農地を見ていると

 

不思議と  「 子供の二人や三人 なんとかなるサア 」

と言う気がしてくるのは確かです!

 

2012年2月29日 (水)

「プロヴァンの中世祭」 本日のイケメンは?

 
「 プロヴァンの中世祭 」 
Les Medievales de Provins

 

前回に引き続き その2です

  libra                                  libra                                 libra

 

14. パリの東90km、プロヴァンProvinsは、
小高い丘の上、城壁に囲まれた小さな町 

 

事前に 特に詳しくは 調べずにやって来た私たち、

 

車で なんとか町中に潜入しようと ルートを探しましたが
悉く、警察車両のバリケードに 行く手を遮られました! 

14_4








15. 結局、数キロ先の 隣町の臨時駐車場まで誘導され、

改めてそこから バスでピストン輸送されたのです  bus

 

多分 日頃は 眠ったような町が、果てしない駐車場の海と化し、 

緑の丘には 野営して祭りを楽しもうという人々の
色彩りどりのテントが 一面に咲いておりました 

15_2

(直火でクレープを焼く)






16. 哀れな豚くん、 回転用の心棒に 口からお尻まで貫かれて 

” トンだ迷惑 ! ”  pig

16








17. オオカミ狩り専用の犬、アイルランド原産のグレーハウンド

17





18. この町のシンボル、「 セザール塔 Tour Sesar 」 12C

ドンジョン (Donjon 天守閣)から 町が一望できる

18







19. この町の地下には 石切り場、倉庫や作業場として使われた

地下道が 縦横に張り巡らされています
 

( ガイドツアーでないと入れません )

19







20. 「演劇」     ベンチは麦わら製、

登場人物も コーラス隊も 観客も 中世びと・・

 

筋書きは、 
ダンナと若い男、両方からお金を巻き上げようと算段する おかみさん、

 

狡猾で、滑稽な夫婦の会話なのに、 中世だからでしょうか、

言葉が  「丁寧語(vouvoyer)」でした!

20







21. 城壁では 鷹匠のショー

地上では 黒マントの鳥男が 飛行準備!? 

21






22. まぶしい晴天が にわかに暗転、 突風と大雨が・・  rain 
thunder

そしてまた 何事もなかったように きらめく太陽・・  sun

 

西洋絵画には こうした 天空の激変から

インスピレーションを得たものが多いですよね~

22








23. 罪状はナニ?

23






24. 罪の懺悔は ボクが 承ります~ 

24







25. さて、 「本日のイケメン」は どの男性?

25







26. ところで,  プロヴァンの城壁の中には ちゃんとしたホテルは1軒しかない

当然 予約は 半年前から埋まってしまいます ・・・  

 

町を出れば 帰り道のどこかで ホテルは見つかるから、大丈夫 と 
高をくくっておりました

 

ところが、プロヴァンから10km、、20km、、離れても

街道筋のホテルやモーテル、どこもかしこも ”満室お断り”  coldsweats02

 

改めて、「プロヴァン中世祭」の人気ぶりを 思い知らされました!

26

 

結局 夜遅く パリに かなり近づいてから
 

8階建ての大規模モーテルで 空室を やっと見つけることが出来ました     

ホッ!

 

でも、レストランは閉店時刻を過ぎていて、、、 危うくピザで命拾い!

 

  shock                                 shock                                  shock


当てずっぽうで見つけたモーテルでしたが、

翌朝 広いロビーに 興奮気味の子供たちが 大勢群れていたことで 
わかりました     そこは、なんと

「パリ・ディズニーランド」目当ての 新しいモーテルだったのです!

 

昨日 ”中世時代にタイムスリップ ”して来たばかりなのに

今度は 現代の夢の国 ”ディズニーランド” かいな~

diamond                                      diamond                                    diamond

 

話は 少しそれますが、

アメリカ文化の代表格、「 DisneyLand 」を ヨーロッパで 

初めて受け入れたのが フランス、パリ

 

フランス人は保守的だ、とか

フランス人は 自国から出たがらない、とか
 

フランス人はアメリカを軽蔑している、とか

 

英語がしゃべれない、とか

英語をわかっていても プライドがあって使わない、とか・・・

 

そういう 昔からの ” ありきたりな決め付け ” は 

最近は   ” 今や昔 ”となりつつあります~

 

中世祭とディズニーランド、 たまたま 偶然の比較ではありますが 

古いものも大好き、 新しいものにも ものすごく貪欲、

フランスの二面性に 思いを馳せた朝となりました・・・!

 diamond                diamond                diamond

 

2012年2月22日 (水)

「プロヴァンの中世祭」 本日の美女は?




「 プロヴァンの中世祭 」 
Les Medievales de Provins

 

パリの東 90kmに 世界遺産として登録されている
プロヴァン Provins という中世の町がある

 

中世の生活や祭りを 丸ごと再現する 「プロヴァンの中世祭」、

 

ものは試し、「見る阿呆」となってまいりました~

  sagittarius              sagittarius               sagittarius

 

 

01. この町は 11世紀から 13世紀にかけて

シャンパーニュ地方の 商業の中心地でした

01






02. 22の塔が建ち並ぶ 城壁の外側でも、 城壁の内側でも、

人々の熱気が 燃えたぎってます・・・!

02







03. 城門から 早速 足長美女が登場!

03






04. 2000人以上の人々が 中世の衣装で参加

 

因みに 中世の人になり切っていれば 入場料は無料、

「見る阿呆」は 有料という仕組みです

 

私も ”ボンデージ衣装”でも持参すればよかった! ナンチャッテ sweat01

04






05. はい、 なり切ってま~す

05








06. 毎年6月に開かれる フランスでも有名な この祭り、

2日間で 10万人が押し寄せる

06







07. プロヴァンでは 
この大祭に限らず、年中 なんらかのイベントがある

 

一時は 歴史の闇に 埋もれてしまったプロヴァンですが、

逆に、今では ”時代遅れ”、それこそが武器、

 

パリから近いこともあり フランス人にとって

1度は訪れてみたい ワンダーランドとなっています

07







08. 私、 足首は 細いんデス!

08







09. 彼らが ↓ ”チャンバラしながら” 丘を登り下りする様子を
連写的に撮ってあげたところ、 

想像以上の出来に ”凄い!”って ものすごく 感謝されました

実は 手渡された彼のカメラは ちょっと古めの ”パナソニック”
 私は手慣れていたのです

自分のカメラが 日本製だなんて ちっとも知らなかった、と

驚いていました・・      そういうものなんですよね~

09

( ポージングは 私の振り付け! )

 

10. 私、 上の男の子たち↑を 撮るのに 熱中していたら、

コイツらの一人に 背後から 抱きつかれました~~

 

一緒に グルグルと体を回わされて、 ああ恥ずかしい・・ 

みんなに笑われましたヨ

10





11. ワン公たちも 負けていません downwardleft

左上 こんな毛並み 見たことありません アナタ何犬?

11

右下 フランスにも こんなおどおどしたカワユイ犬が いるんダ~

 「あなた フランス人じゃあないデショ !?」


 dog               dog                dog




12. さて 「本日の美女」は どの女性?

12







13. 人ごみの中でも 輝いてマス!

13



  event              
event                event

次回 「 プロヴァンの中世祭 その2 」に つづきます

  scorpius              scorpius                scorpius

(今回は 少々 写真の枚数が多いですが、 容量を落としてあります )

その他のカテゴリー

bellaのアトリエ | 「アメリカ国立公園」は雄大なり! | 「チロル地方」オーストリア | やっぱり凄い モンサンミッシェル | りんごの村 | アルザス・ロレーヌ | アールヌーボー発祥の地 | イギリス 植物王国 | イタリア ウンブリア地方 アッシジなど | イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど | イタリア トスカーナ地方 | イールドフランス | オンフルールは画家の聖地 | カナダ メープル紅葉便り | カナダからの手紙 英国の香り | グラスゴーは意外とお洒落な街! | ゴッホ終焉の地 | ゴーギャンのブルターニュ | ゴージャス!「イタリア湖水地方」 | シスレー と ミレー | スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 | スコットランド エジンバラ | スコットランド中東部 歴史ある古都巡り | スペイン サラゴサとタラゴナ | スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル | スペインの「白い村」 | スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と | セビリアとコルドバ アンダルシアの華 | ドイツ 「ロマンチック街道」 | ドイツ「 古城街道 」 | ドイツ南端 「アルペン街道」 | ネッシーとハイランド | ノルマンディ(フランス) | バカラ クリスタルの町 | パンプローナとその周辺 | ピレネー山脈・大自然とその文化 | ピレネー山麓・フランス側も面白い! | フランス・中世ロマネスクの旅 | ブルゴーニュ 美食の地 | ブルターニュ どの町も個性的! | ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 | ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 | ポルトガル鷹の巣城 | マカオ ”エキゾチックタウン” | ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” | モネの色彩を育んだ町 | モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” | リヨン、フランス第2の都市 | ルノワールのセーヌ川 | ローマ 永遠の都 | 信州の風 | 光のスイスアルプス | 光のフランスアルプス | 北仏画家の町 | 南フランス コートダジュール | 南フランス プロヴァンス | 南仏画家の町 | 国内旅行 | 国内旅行 関東編 | 奇岩のイタリアアルプス | 活気のバルセロナ | 花の都フィレンツェ | 香港 びっくり見物記 | 魅惑のパリ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック