bellaのアトリエ

2018年6月22日 (金)

今日の絵画 「 薔薇のブーケ 」

 
今日の絵画 「 Bouquet de roses 」   水彩・パステル




ヨーロッパでは6月は日も長く 最高の季節だから 

ジューン・ブライドに 一種の憧れがあるけれど、  

日本では 残念ながら梅雨の季節。



それでも


梅雨なりの趣きがあって 6月の結婚も悪くないかも知れない。

6月は華やかなバラの季節でもあるから ・・・


Roses







゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2018年6月15日 (金)

今日の絵画 「  早苗  」

 
  今日の絵画 「 早苗 」  水彩





私は 田植えが済んだばかりの 田んぼが大好きだ !

時期が来ると ソワソワする。


光る水面に早苗と共に写り込む風景は  現実なんだけどまるでアナザーワールド



Photo




また来年も 平和が続いて、  変わらず米作りが出来て、 


私もウキウキと田んぼの縁を歩けますように ・・









# # # # # # # # # # # # # # # # # # # # # # # #    
  

2018年6月 1日 (金)

今日の絵画 「 画才を授けて下さい 」


今日の絵画 「 画才を授けて下さい 」  油彩 F50






ひつじ相手の農村画家に過ぎない祖父から 


豊かな画才を引き継いで いることも つゆ知らず、   


絵が上手くなりますようにとお祈りする少女。


Photo_2

 








一方 老画家は  己の才能など微々たるもの、 どうかこの子に 

大きな画才が天から授かりますようと 願っている。



無垢の子羊は 何色にも染まる白いキャンバス
・・・


Photo

 








  巨大な作品ばかりの展覧会に出品した小品です。


東京港区六本木  国立新美術館 「 第74回 現展 」

( 2018年 5月30日 ~ 6月11日 )






.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

   
 

2018年5月 4日 (金)

今日の絵画 「 若草の頃 」


今日の絵画 「 若草の頃 」  パステル




新緑の季節、 草も 動物も 女の子も 若いっていいですね~


Photo_2



先日 

色んな動物に触ることが出来るアニマル・ランドに出かけて

山羊 羊 ラマ 亀 ニワトリ うさぎ キリン 七面鳥

ワオキツネザル 等々 動物たちとの触れ合いを楽しんだ。




入園、退園 に際しては 動物と人間双方のため

手を石鹸で洗うのが決まりだった。




小さいうさぎは何とか抱き寄せることが出来たが、


絵のように 羊も抱っこできたらよかったのに ・・ !  lovely









♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;: 

2018年3月23日 (金)

今日の絵画 ポルトガル 「 赤肌のコルクの木 」 

 
   
今日の絵画 「赤肌のコルクの木」 油彩


Photo




コルクは ポルトガル・スペイン・南フランス・イタリアなど地中海沿岸に 

群生しているが、 ポルトガルが 世界の70%のコルクを生産している。

しかも 収穫や伐採は勝手に行えず、 公有地・私有地を問わず

国の管理下にある。 




コルクは まず植えてから25年間はじっと生育を待ち、

25年たって初めて樹皮を剥ぐことが出来る。

しかも やっと採取した ’ バージンコルク ’ は ゴツゴツと目が粗く、

よい製品を作ることが出来ない。




初収穫後は 9~10年周期で樹皮が剥がされ 収穫されるが、

ワインの栓になるような良いコルクは  植えてから最低でも34年を

待たねばなければならない。

( 収穫年次の末尾が 樹皮にマークされる。




木の寿命は200年~150年といわれているから、

その間に、一体 何回収穫できるだろうか ・・・




ところで、皮を剥がれたコルクの木は 美しい赤を呈している。

痛々しいとも 若々しいともとれるが、 現地では 恥ずかしがって

頬を染める ’ 恥ずかしの木 ’ と呼ばれているそうだ。




しかし 最初の25年、 その後10年おきにしか収穫できないなんて

気の長い話だ ・・

それでも このコルク樫のドングリをエサとして 樹下で

豚や羊、牛などの放牧を兼ねれば 何とか効率が得られる。







そういう訳で 赤裸のコルクの木と羊の群れ、そして 無口な羊飼い


私が出会った ちょっと心に沁みたポルトガルを絵にしてみました ~









...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

2018年2月 9日 (金)

今日の絵画 「 晩夏 」 油彩

 


寒さも今がピークですが、 


今日の絵画は ひまわりが枯れる頃 「 晩夏 」




人の人生にも 何度か晩夏が訪れることでしょう。



Photo

 









2














・・
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆    

2017年11月17日 (金)

今日の絵画 「 牧童の夢 」


今日の絵画  「 牧童の夢 」     木炭





ヨーロッパの街々を一歩出ると たいてい農地が待っている。


作物用の農地もあれば 動物たちの牧草地もある。

牛や羊が 当たり前のように 風景の一部となっている。



そして 時として 羊飼いや牛飼いに出会う。


彼らに会うと、 きっと私の買い被りに違いないが 、、、

彼らが哲学者に見えてしまう。 


もしくは ’ ボロを纏った賢人 ’ というヤツに見えてくる。




一方、 動物たちは 畜生の身であるけれど

頼まれもせず  密かに彼を守る時もある。


Photo










★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・★゜

   

2017年10月13日 (金)

今日の絵画 「 渋柿 」 秋ですね!


主人が ご近所から柿をいただいて来た。 

しぶ柿だから 干し柿にしてからでないと食べられない。 



パクっと喰らいついてはいけないよ、 と注意された。

私ならやりかねない 。。。




では、 干されて シワシワになって 飴色になる前に

つやつや美人の姿を描いておいてあげよう !



久しぶりに 水彩絵の具を取りだした私でした ・・・

 
Photo








♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
 

2017年7月28日 (金)

今日の絵画 「 赤毛のアンを読む 」



今日の絵画 「 赤毛のアンを読む 」  油彩F8


book



時代がどんなに新しくなっても  多くの少女たちが

相変わらず 「赤毛のアン」 を読んでいる。 



そして 我が身をアンになぞらえては

楽しい空想にふける ・・



名作は人生の宝もの





そして  そんな少女たちの

つつがない成長を願ってこの絵を描きました ~

2







☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

 

2017年6月16日 (金)

4年ぶり bellaのフラワーアレンジメント



2013年以来 久しぶりに ささやかなフラワーアレンジメントを

幾つか 載せさせていただきます。 



それにしても 昨今の巨大なアレンジメントは 舞台装置のようで、

個人の生活のお花とは また別物ですね ・・






01.       梅雨時には 爽やかな色合いが気持ち良い 、、

01







02.       バレンタインデー の、イメージはこんなカナ 、、

02







03.     水仙とオンシジュームで 天使の居場所を作ってあげました ~

03






04.        幸せになれるという ’something blue’ を組み込んで

花嫁のブーケを ~

04






05.        脱力系?  枯れ枝をひょいと組み合わせて 、、

05







06.        ピンクの帽子のようにも 、、  ランプシェードのようにも 、、

06

              (  ブルーのランプも ハンドメイドです ~ )






07.       梅雨が明けたら 眩しい夏の光が待ってます。


シュロの葉を編み込んで 麦わら帽のイメージを ちょと添えました 、、

07










☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*
   

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

bellaのアトリエ | 「アメリカ国立公園」は雄大なり! | 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  | 「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント | 「チロル地方」オーストリア | やっぱり凄い モンサンミッシェル | りんごの村 | アメリカ ヨセミテ国立公園 | アルザス・ロレーヌ | アールヌーボー発祥の地 | イギリス 植物王国 | イタリア ウンブリア地方 アッシジなど | イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど | イタリア トスカーナ地方 | イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど | イールドフランス | オンフルールは画家の聖地 | カナダ メープル紅葉便り | カナダからの手紙 英国の香り | カンボジア アンコール遺跡群の旅 | グラスゴーは意外とお洒落な街! | ゴッホ終焉の地 | ゴーギャンのブルターニュ | ゴージャス!「イタリア湖水地方」 | シスレー と ミレー | スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 | スコットランド エジンバラ | スコットランド中東部 歴史ある古都巡り | スペイン サラゴサとタラゴナ | スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル | スペインの「白い村」 | スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と | セビリアとコルドバ アンダルシアの華 | ドイツ 「ロマンチック街道」 | ドイツ「 古城街道 」 | ドイツ南端 「アルペン街道」 | ネッシーとハイランド | ノルマンディ(フランス) | バカラ クリスタルの町 | パンプローナとその周辺 | ピレネー山脈・大自然とその文化 | ピレネー山麓・フランス側も面白い! | フランス・中世ロマネスクの旅 | ブルゴーニュ 美食の地 | ブルターニュ どの町も個性的! | ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 | ポルトガル コインブラ バターリャ アルコバサ | ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 | ポルトガル中部・ナザレ ファティマ トマール | ポルトガル北部 ポルト ギマランイス ブラガ | ポルトガル鷹の巣城 | マカオ ”エキゾチックタウン” | ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” | モネの色彩を育んだ町 | モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” | リヨン、フランス第2の都市 | ルノワールのセーヌ川 | ローマ 永遠の都 | 信州の風 | 光のスイスアルプス | 光のフランスアルプス | 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 | 北仏画家の町 | 南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン | 南フランス ツールーズ・アルビ・カルカソンヌ | 南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス | 南仏画家の町 | 国内旅行 | 国内旅行 中国編 | 国内旅行 九州編 | 国内旅行 北海道編 | 国内旅行 北陸編 | 国内旅行 東海編 | 国内旅行 関東編 | 奇岩のイタリアアルプス | 活気のバルセロナ | 花の都フィレンツェ | 香港 びっくり見物記 | 魅惑のパリ

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック