bellaのアトリエ

2023年6月30日 (金)

今日の絵画 「 マドモアゼル 」  仏人夫婦・入籍は同棲の15年後

少々前のことだが パリ時代の 仏人の友人が

彼女の半生記を書き それを出版した。

 

その本を 彼女の知り合いのフランス人の女の子が 

たまたま 日本に旅行に来ると言うので、

わざわざ私のところへ 届けに来てくれた。

 

その若い女の子が とても魅力的だったので

油絵に収めてみた。

En-vacances

 

 


本の著者は しばらく中学校で教師をしていたが

やがてフランスを離れ 夫と17年間も ボートで


仏領レユニオン島などを 転々とする冒険旅行に

出かけた。   その冒険には 犬一匹と、

やがて 息子一人 というメンバーが増えていった。

 


彼女が 正式に結婚したのは 同棲後15年目。  

それまで 苗字は 彼女と夫の名前を並列していた。

 

本の著者名も 並記スタイルの苗字だ。

 

何ともフランス人らしい 生き方ではある ・・!

 

En-vacances2

 

 


私も ココログに関しては 2011年8月の

第一回目以来 勤勉実直な日本人らしく!?

一週たりとも 穴を空けることなくアップし続けて来た。

 


本の著者・ミレイユ の生き方程ではないが、

私も 今夏は 少々ヴァカンスを取ろうではないか

 

と 考え、 しばらく 夏季休暇に入ることにしました~

 

 

*   *   *   

 

 

因みに ミレイユのご主人は 冒険終了後

結構早くに 亡くなられた。

 

今 ミレイユは 亡くなった旦那様の苗字で

日常生活を送っている。

 

奥深い女心というか  愛が推し量られる

彼女の生き方だと 感じている ・・

 

 

 

 

*    *    *

 

 

 

2023年6月23日 (金)

今日の絵画 「 ぶどう 」  日本の果物は高級品!

ブドウは 食用、ワイン用、 によって

粒の大きさが違うし 樹の作り方も違う。

 


これは フランスで見つけた 食用ブドウの房。

味は まあ普通に美味しい。

 

 

ブドウに限らず 日本の果物は 見栄えもいいし

甘くて 高級品だ。

 

日本の果物が どうしてこのように ’高級品への道’

を辿ることになったのかは 


何にでも 真面目に取り組み 突き詰める日本人の

モノづくりの魂が 原因の一つに違いない。

 

Photo_20230623144101

 

 


おしなべて ' 中の上くらいの産物から 

最高の料理や 製品を作り出す ’

 

不思議な フランスの文化を

 

懐かしく思い出す 今日この頃だ ・・・

 

 

 

 


*   *   *   *   *   *

 

 

 

 

 

 

 

2023年6月16日 (金)

今日の絵画 「6月の花」  梅雨時でも楽しいことはある ・・


6月は 雨が降っても ムシムシしても、 

あちこちに 綺麗な花が咲く。

 

 

花に限らず、  いろいろと、

梅雨時でも 結構 楽しいことはある ・・

 

っていう気分を 絵に描いてみました ~~

 

Tuyudoki2

 

 

 

*   *   *   *   *   *

2023年5月 5日 (金)

今日の絵画 「 赤ん坊を抱く 」  今日は子供の日

連休のさなか 今日は 「 子供の日 」 、

子供の占める割合が 先進国では最低ラインだと言う。

 


いつの世でも 子は宝だが 今の日本では

ますます その感が強い。

 

Bebe

 

 


とある じいじ が孫を抱いている。

自分の末娘が生んだ 待ちに待った赤ん坊だ。

 

 

ばあばは 出産まであと3か月というところで

この世を去った。 

 

 


至上の幸福と 哀惜の念が交差する絵となった・・

 

 

 


*   *   *   *   *   * 

 

 

 

2023年4月28日 (金)

今日の絵画 「 笑う雌牛 Vache qui rit 」  幸せそう!

とある 牧場遊園地 に遊びに行った時のこと、

 

草地で のんびり陽光を浴び 幸せそうな牛がいた。

心なし 笑っているようにも見えた。

 

Vache-qui-rit1

 

 

 


すぐ隣では もう一頭の牛が 子供たちに

お乳を搾ってもらっていた。


っと言うより 優しく 搾らせてあげていた。

Vache-qui-rit2

 

 

 

搾る前は 乳房は大きくふくらんでいるが、

搾るとおちちは 少なからず小さくなる。

Vache-qui-rit3

 

 

 


私が絵に描いた牛は お乳を搾ったあと

ほっと一息 いい気持ちで休息していたのだ。

 

だから 笑っていたんだ 、、 

 

 

私は 昔よく食べた 

「 ヴァッシ キ リ La vache qui rit 笑う雌牛 」 

というチーズを 思い出した ・・
 

Vache-qui-rit4

 

 

 


*   *   *   *   *   * 

 

 

2023年3月10日 (金)

今日の絵画 「 セーヌ左岸 」  逆光のパリ風景

パリの光は 東京のそれと比べたら弱い。

 

それでも 日が傾き出した時の 

一瞬の逆光は ドラマチックだ!

 

 

この右手がセーヌ川だが、 真下に まず

人々が歩いたり 恋人が肩を寄せる土手があって

その向こうに セーヌの流れがある。

 

Photo_20230309154001

 

 

6月のパリは 寒い時も 暑い時もある。

コートを着る人も Tシャツの人もいる。

 

個人の感覚次第の 自由なパリ風景だ ・・

 

 

 

 


*   *   *   *   *

2023年3月 3日 (金)

今日の絵画 「 茶髪のJK 」 

この可愛い女の子は ” JK ” だ。

つまり 女子高生。

 

頭髪は 現在金茶髪、 少し前はピンク系だった。

学校には制服も無く 靴もカバンも自由だ。

化粧もOKで 休日にはカラコンも入れる。

 

しかし、

自由だからと言って この偏差値72の高校

では ほぼ問題は起こらないらしい。

本人は 勉強も実に熱心だ。

 

 

自由の中で育つ 自律心と言うのが

あるようだ。

 

 

Jk

 

 

 

 

 

*   *   *   *   *

2023年1月27日 (金)

今日の絵画 「 氷上のブーツ 」  寒ッ !

日本全体が 冷凍室に入ったような

寒い日が続く 今日この頃、

 


温かいラーメンの絵でも描けばいいものを

あえて 雪と氷が溶けあうアイスバーン上の

ブーツを描いてみた。

 

Boot-on-the-ice

 

 

私たち 身体をいたわりつつ 、

 

間もなくの 春の訪れを

待とうではありませんか !

 

 

 


*   *   *   *   *

 

 

2023年1月 6日 (金)

謹賀新年 今日の絵画 「 水仙 」  夢が覚めない様!

庭の縁に ぐるりと水仙の花が咲いた。

お正月の ” 描き初め ” に水仙を選んだ。

 

花瓶に水仙を飾ったが 

あまりに良い香りで 自分が美人になった

気がした。  夢が覚めない様、

 

願わくば 一生私の側で咲いていて欲しい!

 

Photo_20230105162701

 

 

 

 

*   *   *   *   *

 

2022年12月 9日 (金)

今日の絵画 懐かしい 「 千葉港 フェリー桟橋 」


東京湾の最深部に位置する 広い意味の

「千葉港」 は  6市にまたがる 

海岸線総延長 約133kmの大型港だ。

 


貨物の総取扱量も 約1億5300万tと

全国第2位の規模。    そんな中、

 

Photo_20221208180901

 

 

千葉市中央区にある 狭い意味の 「千葉港」 

には 細々と千葉港遊覧船が運航されている。 


白く輝く颯爽としたフェリーの外観だが

港の桟橋には 錆が浮いて 古さが際立つ。

 

1

 

2_20221208180901

 


しかし それがまた何とも言えず

絵心をくすぐる。 海面を真上から覗くと

水の色も 光を反射して青いのだ!

 

 

最近は 今 流行りの ウオーターフロント

開発で 遊覧船の発着は カッコいい

新しい港に移転してしまった。

 


この絵は  古き佳き

千葉港・遊覧船・桟橋 の

懐かしい思い出となりそうだ。

 

 

 

 


*    *    *    *    *

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

スペイン サンチャゴ・デ・コンポステーラ bellaのアトリエ 「アメリカ国立公園」は雄大なり! 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント 「チロル地方」オーストリア やっぱり凄い モンサンミッシェル りんごの村 アムステルダム アメリカ サンフランシスコ アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園 アメリカ ヨセミテ国立公園 アルザスワイン街道とストラスブール アルザス・ロレーヌ アールヌーボー発祥の地 イギリス 植物王国 イタリア ウンブリア地方 アッシジなど イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど イタリア トスカーナ地方 イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど イールドフランス ウイーン 中欧・花の都 オンフルールは画家の聖地 カナダ メープル紅葉便り カナダからの手紙 英国の香り カンボジア アンコール遺跡群の旅 グラスゴーは意外とお洒落な街! ゴッホ終焉の地 ゴーギャンのブルターニュ ゴージャス!「イタリア湖水地方」 シスレー と ミレー スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 スコットランド エジンバラ スコットランド ネッシーとハイランド スコットランド中東部 歴史ある古都巡り スペイン サラゴサとタラゴナ スペイン サンチャゴ・デ・コンポステーラ スペイン マドリッド・セゴビア・アビラ・サラマンカ スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル スペインの「白い村」 スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と スロバキア ブラチスラヴァ セビリアとコルドバ アンダルシアの華 チェコ チェスキー・クルムロフと骸骨教会 チェコ プラハ チベット自治区・ラサ ダライ・ラマの宮殿 ドイツ 「ロマンチック街道」 ドイツ ドレスデン・マイセン ドイツ ベルリン・ポツダム ドイツ「 古城街道 」 ドイツワイン街道 ファルツ地方 ドイツワイン街道 モーゼル ドイツワイン街道 ライン川 ドイツ南端 「アルペン街道」 ニュージーランド ミルフォード・トラック ノルマンディ(フランス) バカラ クリスタルの町 パンプローナとその周辺 ピレネー山脈・大自然とその文化 ピレネー山麓・フランス側も面白い! フランス・中世ロマネスクの旅 ブダペスト ドナウの真珠 ブルゴーニュ 美食の地 ブルターニュ どの町も個性的! ベルギー ブラッセル ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 ポルトガル コインブラ バターリャ アルコバサ ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 ポルトガル中部・ナザレ ファティマ トマール ポルトガル北部 ポルト ギマランイス ブラガ ポルトガル鷹の巣城 マカオ ”エキゾチックタウン” ミャンマー インレー湖 ミャンマー バガン・千の仏塔がある古都 ミャンマー ヤンゴンと郊外 ミャンマー・マンダレー ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” モネの色彩を育んだ町 モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” リヨン、フランス第2の都市 ルノワールのセーヌ川 ローマ 永遠の都 中国 四川省 信州の風 光のスイスアルプス 光のフランスアルプス 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 北仏画家の町 北欧 スウェーデン・ストックホルム 北欧 ノールウェー オスロ 北欧 ノールウェー ベルゲン 北欧 ノールウェー 滝とフィヨルド 北欧 フィンランド・ヘルシンキ 南フランス これぞ憧れのプロヴァンス 南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン 南フランス カンヌ グラス 南フランス ツールーズ・アルビ・カルカソンヌ 南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス 南フランス ヴェルドン大渓谷 ムスティエ 南仏画家の町 台湾 異国情緒と懐かしさと 国内旅行 国内旅行 中国編 国内旅行 九州編 国内旅行 北海道編 国内旅行 北陸編 国内旅行 千葉の旅 国内旅行 東北編 国内旅行 東海編 国内旅行 沖縄編 国内旅行 関東編 奇岩のイタリアアルプス 活気のバルセロナ 花の都フィレンツェ 香港 びっくり見物記 魅惑のパリ

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド