bellaのアトリエ

2022年5月27日 (金)

今日の絵画 「 Old Roses 」  水彩絵の具と格闘中

梅雨入り前の 最高の季節、

美しいバラが咲き誇る季節、、、

 

 


我が家の庭の オールドローズを

画紙に写し取ってみた。

Old-roses

 

 

4月に ひょんなことから 

5人のメンバーで

水彩画のグループを立ち上げることになった。

 


水彩は 子供や絵画初歩者向けの画材だが、

ある意味で 一番扱かい難い画材でもある。

誤魔化しが効かないからだ ・・

 

 

目下 水彩絵の具攻略に夢中のわたしです~

 

 

 

*   *   *   *   *

 

2022年5月20日 (金)

今日の絵画「 カスケード 」  千葉ロッテぼろ負け・輝く朗希くん

かつてのカナダ旅行中 心に残った とある

カスケードを 水彩画にしてみた。

 

Cascade

 

 

 

 

ところで 昨日は数年ぶり マリンスタジアム

に 千葉ロッテの試合を見に行った。


試合は 先発が失点を1点に抑え 勝ち投手の

権利を得てベンチに下がったあと

 

中継ぎが 満塁押し出し四球を2回と、

満塁ホームランを浴び、逆転ぼろ負け。

 

悪夢のような試合見物となった。

 

 

 

が、 人生にはこういうこともあるものだ ・・

 

 

Sasaki2

 

 

 

Sasaki1

 

 


一方スタジアムには 完全試合と奪三振記録の

佐々木朗希のパネル写真がピカピカ輝いていた。

 


人生にはこういうことがあるものだ・・

 

 

負けて腐らず   勝っておごらず

 

元気に暮らしましょう !

 

 

 


*   *   *   *   *

2022年5月13日 (金)

今日の絵画 「  アナ雪の絵本を買ってあげる  」


「アナと雪の女王」 は 2014年制作の

アメリカ映画だ。 


一時のブームで終わるかと思いきや、 

スタンダード・名作映画の仲間入りをした。

 


最近 小さい子に アナ雪の絵本を買って

あげたら   あたりに目もくれず

即座に 食い入るように読み始めた。

 

Lia

 

気付くと

その子の 服にもバッグにもアナ雪の写真が

プリントされている。 

 

2022年にあっても  ” アナ雪は 現役なのだ! ”

 

 

ディズニーアニメの底力に感服した・・

 

 

 

*   *   *   *   *

 

2022年4月 8日 (金)

今日の絵画 「 白木蓮 」  桜に負けません・・

モクレンは 桜と ほぼ同じ季節に咲く。

 

桜の華やかさに 負けそうではあるけど

「 白木蓮 」 の 清らかな美しさは

別格で、  心に深く染み通る。

 

 

 

今回は 満開の桜をバックに従えて

白木蓮を主役で描いてみました。

 

A_20220407154701

 

 

 

 

こちらは 千葉の田舎 妙宣寺の枝垂桜

C_20220407154701

 

 

 


*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年3月25日 (金)

今日の絵画 「 Lonely sunset 」 夕方はやっぱり寂しいね

スコットランドでの ある日の夕景

 


都会に出れば別だけど、 とにかく

人に会わない スコットランドの荒野、

 

日没の早い季節の旅路は 寂しくて

しかも 気持ちが焦りがち・・

 

 

Lonely-sunset

2022年3月 4日 (金)

今日の絵画 「 コッツウォルズの風景 」


今回は イングランド・コッツウォルズ

「Calcot」 村の遠景

 


コッツウォルズ地方独特の ”ハチミツ色” 

の家並みが 雪景色と相まって輝いている。

 

 

イングランド中央部・コッツウォルズの、 

領地を仕切る ヘッジで区切られた 

なだらかな丘の風景は 英国の代表的な

美しい風景だ。

Cotswolds

 

 

コッツウォルズは ロンドンからも近く

英国で最も人気のある観光地の一つ。


バイブリ― スロータース ブロードウェイ

チッピング・カムデン ボートン・オンザ・ヒル

など 有名な町や村が目白押し。

 

 

 

イギリスびいきの日本人は多いと思うが、


”  不愛想な人間性と文化 ” の中で 

英国のとりえの一端が

 

風景とイングリッシュガーデン だ、 と

私は密かに思っている ・・

 

 

 


*   *   *   *   *

 

 

 

 

2022年2月25日 (金)

今日の写真 メジロの夫婦 「 あなたそこそこ そこなのよ」

毎日 うちの庭にやって来るメジロの夫婦は

とっても仲が悪い。 

エサを巡って いつもケンカをしている。 

 

なのに 珍しくこの日は仲がいい!

 

 

 

01. な、お前 たまには仲良くしよ・・

01_20220224165901

 

 

 

02. あなた 冷蔵庫に入れておいた

プリン 食べちゃったでしょ !

02_20220224165801

 

 

 

03. す、、すまん ごめんナ!

03_20220224165801

 

 

 

04. お詫びに 痒い所 掻いてあげるよ。

04_20220224165901

 

 

 

05. あっ そこそこ そこなのよ!

05_20220224165801

 

 

 

06. ちょっとは ご機嫌直ったかい・・

06_20220224165901

 


この夫婦 今日もエサのミカンを巡って

激しい先陣争いをしていた。

 

 

でも ホントは仲がいいんでしょ。


うちとおんなじだから ・・

 

 


*   *   *   *   *

 

 

 

 

2021年12月31日 (金)

個人のお宅での凄いクリスマスコンサート 覗いてみませんか

コロナ禍に陥って 丸2年、 私がそれまで

毎年参加した クリスマス・ホームコンサート


そこのマダムの運営力が凄いので 

ちょっと覗いてみませんか。

 

 

 

01. ここは普通の一軒家に造られた

プライベート・コンサートホール。


音大声楽科出身のマダムが 音楽サロンを

開催しておられる。

01_20211231171001

 

 

 

02. マダムは自らも歌い、多くの音楽家も

招き 音楽を楽しんでいる。 有名なプロやら

音大教授やらの他に 若い修行中の音楽家も招く。

02_20211231171001

 

 

 


03, 国際会議のあと ピアノでイマジンの

弾き語りをした 林外務大臣が話題だが


ここでも 元衆議院議員や市会議員などが

美声を披露したこともあった。

03_20211231171001

 

 

 


04. 座席数はホールの他 2階と普段の

家族のダイニングを入れて 3~40人分ある。

04_20211231171001

 

 

 


05. 歌詞プリントが配られ みんなで

合唱して盛り上がって来ると、喉に覚えのある


アマチュアが 舞台に上がり プロの伴奏で

カンツオーネを熱唱することもあった。

05_20211231171101

 

 

 


06. 音楽会の運営だけでも大変なのに

マダムのすごい所は 料理まで自前の腕を

振るい、 皆さんをもてなすところだ!


もちろん会費をお払いするが 恐らく

足らないのではないだろうか・・

06_20211231171001

 

 

 


07. 私は 音楽は元より このお料理が

楽しみでならなかった。

が、料理が大変なのは元より


ワインもあるし、グラス類から 食器

カトラリー テーブルクロス ナプキン

そして クリスマスツリーのオーナメント、


一部のお客の駅までの送迎など、

やることは 数え切れず存在する。

私にはとても出来そうにない・・

07_20211231171001

 

 

 


08. 色どりも華やに、摘まみやすく、

一人ひとりに配りやすく、、

08_20211231171001

 

 

 


09. おもてなしの時間帯に入ると

マダムはドレスを着替えて 皆さまの

テーブルを回ってご挨拶。

09_20211231171101

 

 

 

10. スイーツも ほぼホームメイトだ。


中でも 生のブドウの砂糖漬けが絶品で

作り方を 毎年教えていただくのに

私は 自分で作ったためしがない。

10_20211231171101

 

 

 

11.お料理だけでも大変なのに 食後に

ビンゴまである!   その景品の準備も

相当な手間に違いない。

 


マダムの家族のバックアップがあってこその

開催であることは言うまでもない。

11_20211231171101

 

 

 


12. 10数年通っているから 当たった景品

も 相当数 我が家のお宝になっている。

12_20211231171101

 

 

 

 

13. こうして コロナ禍で丸2年 

このコンサートは開かれてない。 音楽は

生活に必要不可欠なものではないが、


人間の心には 重要な糧である。

13_20211231171101

 


思い出の写真をくくってみて

改めて懐かしくなり 

記事にしてみた次第でした。

 

 


皆さま よいお年をお迎えくださいませ。

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

 

2021年12月17日 (金)

今日の絵画 「 Maya 小っちゃいうちからしっかり者 」

今日のデッサンは 

「 Maya 小っちゃいうちから しっかり者 」

 

 

人の性格って 芯のところは 子供の頃から

既に 出来てるような気がする。

 

Maya

 

 

今年も 慌ただしい年の瀬を迎え


年賀状、大掃除、お片付け、いろいろ

やらねばならぬことが多くて 気が重い!

 

 

この時期だけでも しっかり者になって

私も 何とか 頑張ろう!

 

 

 


*   *   *   *   *

 

 

2021年9月10日 (金)

今日の絵画 「Student」・ 粉末木炭の前でくしゃみは無用!


絵画には 印象派のように 

 

筆目・タッチを意識的に残して、

芸術的な効果を得ようとする手法と

 

タッチを残さず 滑らかな画面を

作る手法がある。 見栄えとしては 

  

後者は ややクラシックなムードだが、 

技法の本を参考に習作してみた。

 

Powder-carbon1

 


普通のデッサンは 柳の枝から作った木炭や

カーボンペンシルで タッチを残しながら

縦横に描いていくのだが、

 


この作品は 眉や目などにペンシルを使った

以外、 極力タッチの線を残さないよう


’ パウダーカーボン (粉末状の木炭)’ を

ガーゼ玉に付けて こすりながら描いた。

 

 

ガーゼ玉は 使いこなすと 手に馴染み

ちょっと太めの木炭ペンシルくらいの

存在になる。

Powder-carbon2

 

 

因みに パウダーカーボンは 

 

もの凄く軽く 微細な粉末なので

絶対 くしゃみをしてはなりません !!

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

スペイン サンチャゴ・デ・コンポステーラ bellaのアトリエ 「アメリカ国立公園」は雄大なり! 「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス  「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント 「チロル地方」オーストリア やっぱり凄い モンサンミッシェル りんごの村 アムステルダム アメリカ サンフランシスコ アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園 アメリカ ヨセミテ国立公園 アルザスワイン街道とストラスブール アルザス・ロレーヌ アールヌーボー発祥の地 イギリス 植物王国 イタリア ウンブリア地方 アッシジなど イタリア エミリア.ロマーニャ地方 ボローニャなど イタリア トスカーナ地方 イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど イールドフランス ウイーン 中欧・花の都 オンフルールは画家の聖地 カナダ メープル紅葉便り カナダからの手紙 英国の香り カンボジア アンコール遺跡群の旅 グラスゴーは意外とお洒落な街! ゴッホ終焉の地 ゴーギャンのブルターニュ ゴージャス!「イタリア湖水地方」 シスレー と ミレー スコットランド 「古城街道」と「ウイスキー街道」 スコットランド エジンバラ スコットランド ネッシーとハイランド スコットランド中東部 歴史ある古都巡り スペイン サラゴサとタラゴナ スペイン サンチャゴ・デ・コンポステーラ スペイン マドリッド・セゴビア・アビラ・サラマンカ スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル スペインの「白い村」 スペイン中西部、遥かな地平と丘陵と スロバキア ブラチスラヴァ セビリアとコルドバ アンダルシアの華 チェコ チェスキー・クルムロフと骸骨教会 チェコ プラハ チベット自治区・ラサ ダライ・ラマの宮殿 ドイツ 「ロマンチック街道」 ドイツ ドレスデン・マイセン ドイツ ベルリン・ポツダム ドイツ「 古城街道 」 ドイツ南端 「アルペン街道」 ノルマンディ(フランス) バカラ クリスタルの町 パンプローナとその周辺 ピレネー山脈・大自然とその文化 ピレネー山麓・フランス側も面白い! フランス・中世ロマネスクの旅 ブダペスト ドナウの真珠 ブルゴーニュ 美食の地 ブルターニュ どの町も個性的! ベルギー ブラッセル ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」 ポルトガル コインブラ バターリャ アルコバサ ポルトガル リスボン周辺・魅力の歴史古都 ポルトガル中部・ナザレ ファティマ トマール ポルトガル北部 ポルト ギマランイス ブラガ ポルトガル鷹の巣城 マカオ ”エキゾチックタウン” ミャンマー インレー湖 ミャンマー バガン・千の仏塔がある古都 ミャンマー ヤンゴンと郊外 ミャンマー・マンダレー ミュンヘン ” のん兵衛天国 ” モネの色彩を育んだ町 モントリオールとケベックシティ ”私は忘れない” リヨン、フランス第2の都市 ルノワールのセーヌ川 ローマ 永遠の都 信州の風 光のスイスアルプス 光のフランスアルプス 北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国 北仏画家の町 北欧 スウェーデン・ストックホルム 北欧 ノールウェー オスロ 北欧 ノールウェー ベルゲン 北欧 ノールウェー 滝とフィヨルド 北欧 フィンランド・ヘルシンキ 南フランス これぞ憧れのプロヴァンス 南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン 南フランス カンヌ グラス 南フランス ツールーズ・アルビ・カルカソンヌ 南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス 南フランス ヴェルドン大渓谷 ムスティエ 南仏画家の町 台湾 異国情緒と懐かしさと 国内旅行 国内旅行 中国編 国内旅行 九州編 国内旅行 北海道編 国内旅行 北陸編 国内旅行 千葉の旅 国内旅行 東北編 国内旅行 東海編 国内旅行 沖縄編 国内旅行 関東編 奇岩のイタリアアルプス 活気のバルセロナ 花の都フィレンツェ 香港 びっくり見物記 魅惑のパリ

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド