« 四川省 「九塞溝」 透明な神秘の青い沼 魚空を飛び鳥水を泳ぐ | トップページ | 四川省 「九塞溝」 五色に変化する五彩池 チベット族日常風景 »

2023年5月26日 (金)

四川省 「九塞溝」 珍珠灘・輝く真珠の粒 樹正群海・林間を急流が走る

四川省北部 標高3400~2000mにある

ユネスコ世界自然遺産 「九塞溝 きゅうさいこう」

 

 

01. これが 「珍珠灘 ちんじゅたん」。


五花海の地下からの湧き水が やがて 長さ189m

幅112m 平均斜度20度の 幅広い ' 灘 '

となり、 先端で 珍珠灘瀑布となって流れ落ちる。

01_20230525113301

 

 

 

02. 名前通り 灘は一面 真珠の粒で覆われている!


岩肌に生えている 多種多様の苔や藻のお陰で

こんな見事な粒が 生まれるらしい。


また 水量が少なくても多過ぎても こうはならない。

太陽の光も味方した 絶好のタイミングだった。

02_20230525113301

 

 


 
03. 「珍珠灘瀑布」

03_20230525113301

 

 

 

04. 「九寨溝民俗文化村」  九塞溝は

国立公園ではあるが  有料エリア域内にも 

チベット族など 少数民族の 幾つかの集落がある。 


その一角に お土産マーケットやレストランが作られている。

04_20230525113301

 

 


05. そもそも この地域が 「九寨溝」 と呼ばれたのは、

 

渓谷(溝)に チベット族の暮す村(寨)が 9つあったからだ。

05_20230525113301

 

 

 


06. 品物も観光客も ローカル色満載で魅力的 !

06_20230525113301

 

 

 


07. お昼ご飯

07_20230525113301

 

 

 

08. 「老虎海」  この湖では 時折 

静寂を破る 虎の大きなうなり声が湖面に響くと言う。


” 湖水に沈みし流木の叫びであろうか・・ ” と

パネルに書いてあった。

08_20230525113301

 

 

 


09. 老虎海から出た流れのほとりに チベット族の

宗教施設があった。 この地域は チベット仏教に似た


ボン教が盛んで、 マ二車は ここではマシモ車と呼ばれ

回す方向も チベット仏教とは逆の 反時計回りだ。

09_20230525113301

 

 

 


10. 施設の足元に見える マシモ車又は粉ひき車の

 羽は 水流通りに回るとしたら 確かに半時計回りだ。 


(歯車の咬み具合で 上部の回転方向は変り得るが・・)

10_20230525113301

 

 

 


11. この辺りは 全長14km余からなる

「樹正群海」 という名の渓谷で、 
 

海子と呼ばれる大小19の湖沼と 石灰質が沈殿して

固まった石灰の枠組みが 段々畑のように連なっている。


そこに生えた樹木の足を掬う様に 急流が駆け落ちる

様子は 珍しくもあり 爽快でもある。

11_20230525113301

 

 

 

12. ボン教の寺院 と 「樹正群海」 の遠景  

12_20230525113301

 

 

 

13. 石灰の段々崖を 走り抜けた急流は  

やがて 「樹正瀑布」 となる。 
 

滝口の樹木も 砕け落ちる急流に屈することなく 

平然と林立している !

13_20230525113301

 

 


 
九塞溝探訪 続きます。

 

 


*   *   *   *   *   *

 

 

« 四川省 「九塞溝」 透明な神秘の青い沼 魚空を飛び鳥水を泳ぐ | トップページ | 四川省 「九塞溝」 五色に変化する五彩池 チベット族日常風景 »

中国 四川省」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
九寨溝の旅の続き、楽しみにやって来ました(^_^)ニコッ!
珍珠灘、水って流れによってあんなに多くの水玉になるのですね。日本にも傾斜が急でそれなりに水量がある渓流はありますが、これほどの水玉‥(いやここでは真珠(珍珠)ですね)は見たことがありません。
お土産マーケットにはビックリ!さすが商魂たくましいチベットの人々!しかし、無理矢理売りつけられるより、こちらの方がいいかな・・・?
ボン教、久しぶりに聞きました。ネパールの奥地・ドルポ地方にボン教を信仰する村があるそうです。もう30年ほど前になるかもしれませんが、河口慧海氏のチベット侵入ルートを探った根深誠氏と共にTVクルーがかの地を訪れたドキュメンタリーを今でも覚えています(録画したので何度も見ました)。お寺は 12 の写真のような立派なものではなく、今にも朽ち果てそうな感じの古いお寺でした。ボン教のお祭りの様子も紹介していました。
そんなことを思い出しながら、楽しく拝見させていただきました。
ありがとうございました。続きも楽しみにしています(^_^)ニコッ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四川省 「九塞溝」 透明な神秘の青い沼 魚空を飛び鳥水を泳ぐ | トップページ | 四川省 「九塞溝」 五色に変化する五彩池 チベット族日常風景 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド