« 四川省 高山地帯で幻のブルーポピーと遭遇 チベットの牛・白いヤクと村人達 | トップページ | 四川省 名も無き一隅が 四川高地の真骨頂 花と緑と川と動物たち »

2023年3月31日 (金)

四川省 霊峰 「四姑娘山・スークーニャンシャン」 チベット族の食堂で夕食を

01. 4525mの 「巴朗山峠 ハロウサン」

を過ぎ、 6000m級の霊峰を望む町 

 

「日隆 リーロン」 へ向かう、 所どころに

チベット仏教の五色の旗・タルチョ があった。

01_20230330222701

 

 

 

02. 仏法が風に乗って運ばれるよう願う タルチョ、

よく見ると びっしりと経文が書かれている。

02_20230330222701

 

 


03. 高山域は 中国の国立公園になっている。


こんなところで インゲンの選別中!

03_20230330222701

 

 


04. その日の昼食風景。  肉・魚よりは

寧ろ野菜中心の 中華料理風 健康メニューだ。


あの山積みインゲンも 美味しく料理され

こんな食卓に乗ってるかも知れない 

04_20230330222701

 

 


05. さてやっと 「日隆 リーロン」 の宿に着いた。


頭痛がして調子悪かったが 再び宿から車と徒歩で

「長坪溝」 3200m に向かった。


渓流の奥地 「枯れ木灘」 から見えるはずの

「四姑娘山」 は 厚い雲に隠れていた。

  05_20230330222801  

 

 


06. が 一瞬、 「四姑娘山・スークーニャンシャン」 

のうちの最高峰 「末娘山・ヤオメイシャン 6250m」

の頂上が その神秘的な姿を現した。

06_20230330222801

 

 


07. さて、夕食は 現地の村長の家で食べた。

 

’招かれた’ 形ではあったが、 実質そこは 宿屋の

一種で、 少数なら客が泊まれる部屋もあった。


家族は丁寧なもてなしで エキゾチックな民族衣装が

目の保養になった。

07_20230330222801

 

 


08. 古い建物の中庭には 

かつて 動物を繋留させた痕跡もあった。 

 08_20230330222801

 

 


09. チベット・拉薩 にある 「ポタラ宮」 の

賭け軸が壁にあり、 彼らがチベット族だと分かる。

09_20230330222801

 

 

 

10. ご馳走のチベット料理が 順次運ばれた。  


何はともあれ、彼らの所作は とても美しく、  

’品’ すら感じたことが 懐かしく思い出される。

10_20230330222901

 

 

 

11. さて翌日は、 四川省の高山域到着来

やっと天気が回復した。   この地域には

 

万年雪を頂く5000m級の山が62もあるのだが、

11_20230330222801

 

 

 

12. 中でも 憧れの 「四姑娘山・スークーニャンシャン」 

には感動した! 4つの峰々は 「姑娘」 になぞらえ

 

左から 四女6250m ・ 三女5664m ・

次女5276m ・ 長女5025m 

と呼ばれている。


末娘が最高峰で 長女が一番低いのが 面白い。

12_20230330222801

 

 

 

13. 「蜀山皇后」・「東方聖山」 などとも呼ばれる 

最高峰の ’四女’ は 見るからに近づき難く、

プロの登山家にとっても 難攻不落の山だそうだ。 


一方 ’長女’ の山麓には トレッキングコースがある。  

13_20230330222901

 


青海・チベット高原の奥庭に聳え立つ 四姑娘山は

その雪解け水が やがて 中国の大河となる2つの

支流の 分水嶺となる。  

 

エヴェレストのような カタカナ表記でない

漢字の名称で呼ばれる 

 

神々しい霊峰 ・ 「四姑娘山」 には

格別の親しみを感じたものだった・・ 

 

 


*  *  *  *  *  *  *

 

 

 

 

« 四川省 高山地帯で幻のブルーポピーと遭遇 チベットの牛・白いヤクと村人達 | トップページ | 四川省 名も無き一隅が 四川高地の真骨頂 花と緑と川と動物たち »

中国 四川省」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
中国・四川省の旅の続き、楽しみにやって参りました(^_^)ニコッ!
まずは五色のタルチョ、チベット語で経文が書かれて(印刷)いるのですよね。実は私の部屋にもありますヨォw(^o^)w!洗濯したら色褪せて印刷された経文はほぼ消えてしまいました・・・(。_。)ザンネン!
標高は3000mほどのところでしょうか?それほどの高地でも野菜が育っているのですね。でもどれも美味しそう・・・!
宿泊された宿、民族衣装が素敵ですね。中庭からの外観は、かつて私がネパールを旅した時の山岳地帯のロッジと雰囲気は似ていますが、中の装飾品はずっと豪華ですw(^o^)w!(-_-)ウーン...やっぱりチベット・・行ってみたかったなぁ~・・・!

今回も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。
次回も楽しみにしています (^_^)ニコッ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四川省 高山地帯で幻のブルーポピーと遭遇 チベットの牛・白いヤクと村人達 | トップページ | 四川省 名も無き一隅が 四川高地の真骨頂 花と緑と川と動物たち »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド