« ミルフォードトラック 入山数は規制あり クリスマスにワインを奮発 | トップページ | 今日の絵画 「 茶髪のJK 」  »

2023年2月24日 (金)

ミルフォードトラック 崖崩れでヘリに乗る 北欧以上のフィヨルド

01. 前日 難所の峠を越えた トレッキング

4日目は  湖沿いの山道を 20km程歩いた。

01_20230222181301

 

 


02. 雨の多い地域だから 身も心も軽やかに、

とは行かなかったが、 そこかしこに出現する

滝の見事さに 励まされた。

02_20230222181301

 

 


03. しかしさらに進むと 我々の行く手は 

山崩れで ふさがれてしまっていた !


直前のグループは無事通り過ぎ、 我々は

あわやのタイミングで 難を逃れた形だ。

 


ガイドはヘリコプターを要請。 その手際の良さ

は驚くばかりで、 日頃から ルール・手順が

しっかりオーガナイズされているのが分かった。

03_20230222181401

 

 

 

04. とは言え、 ヘリを呼び寄せるのではなく

我々が  ヘリが停まれる平坦な箇所まで 

1時間程 歩かねばならなかった。

04_20230222181301

 

 

 


05. 数名づつのピストン輸送で 搭乗時間は

あっという間の15分程だったが


思いがけない体験をしたものだった・・

05_20230222181401

 

 

 

06.  ヘリを降りてから 

「ミルフォードサウンド」 までの道のりは 

嫌気がさすほど 実に遠かった。

 

Milford Sound では 遊覧船でフィヨルドを

周遊することになっていたので

その楽しみを頼りに 何とか頑張った!

06_20230222181401

 

 

 

07. 「ミルフォードサウンド」 は 海口から

内陸へ 16km食い込んだ フィヨルド湾で、

垂直に切り立った崖は 1200mもある。

 

特に ここの象徴的風景 マイター・ピーク 

1692m、 は カトリックの司教が被る

冠から名付けられたと言う。

07_20230222181401

 

 

 

08. 「ボーエン滝」  160mの落差を

一気に駆け落ちる。 ( 華厳の滝は97m )

08_20230222181401

 

 

 

09. ミルフォード・サウンドは 1823年

アザラシを獲りに湾に入り込んだ イギリス人が

 

故郷のウエールズの ミルフォード・ヘブンに

因んで 名付けたと言う。 

09_20230222181401

 

 

 

10, ニュージーランドが誇る ミルフォード

・サウンドは 崖の形が個性的で、 確かに

北欧のフィヨルドに 全然負けてない。

10_20230222181401

(道中 右から二人目、ディアンヌと親しくなった)

 

 

 

 

11. ”トンネルを抜けると雪国だった” と

言うのに似て、 ミルフォード・エリアを出ると

途端に ピカピカの晴天に迎えられたが、

 

フィヨルド周遊が終わる頃、ようやく虹がかかり

その晴天を予感させられた。

11_20230222181401

 

 

 

12. ディアンヌはアメリカのミネアポリス

から来ていて 後にメールのやり取りが続いた。 

 

ブロンズヘアが 黒い服によく映える。 

両側が子供夫婦だが 本人は華の独身。


特に ’地層’ に興味があり、今でも

あちこちを旅行している。

12_20230222181501

 

 

 

13. アメリカの結婚式は 少なくとも

日本よりカジュアルだと思うが、 とにかく

皆さん美しいので 掲載させていただいた。 

13_20230222181501

 

 


ニュージーランドは 日本とよく似た島国で 

見るべき箇所は 山のようにある。

 

言語は英語だし 時差も昼夜逆転感の少ない

4時間で、 非情に旅行しやすい。 さらに

 

季節が夏冬逆転することで 例えばスキーヤー

なら 両国で 通年滑ることだって出来る!


 
唯一難点は 欧州と違い エアラインの競合が

無いので 飛行機代が高くつくことだ。

 

そういうことを 踏まえつつ 

是非 また 出かけてみたい ・・

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 

 

 

« ミルフォードトラック 入山数は規制あり クリスマスにワインを奮発 | トップページ | 今日の絵画 「 茶髪のJK 」  »

ニュージーランド ミルフォード・トラック」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
前記事の予告・・・なるほど!です。山崩れが発生していたのですね。けど、災難に遭わず良かったです。
ヘリに乗れたのは珍しい体験でもあり、ラッキーと言えばラッキーなのかな・・・?
フィヨルドは見たことがなくて、bellaさんのブログでバーチャル旅行させていただいてます(^_^;;ヘヘッ!ニュージーランドのフィヨルドも素晴らしいみたいですね。
素敵なご婦人と親しくなられたのですね。カーリーがかかったブロンズヘアがステキな方ですネw(^o^)w!末永くお付き合いが続くと良いです。
ふと・・・私はドイツのエルマー&アンジュラ夫妻と知り合ってすでに30年以上経っていることに気がつきました。

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。
続きも楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミルフォードトラック 入山数は規制あり クリスマスにワインを奮発 | トップページ | 今日の絵画 「 茶髪のJK 」  »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド