« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

2022年11月

2022年11月25日 (金)

横須賀湾 日露戦争で大活躍・軍艦三笠の「三笠記念艦」

01. 横須賀湾の三笠公園には 軍艦三笠を

港に復元設置した 「三笠記念艦」 がある。 

01_20221125144201
( 銅像は 司令長官東郷平八郎 )

 

 

 


02. 日清戦争に勝利したあと、東洋への進出を

窺うロシアを警戒して 日英同盟を結んだ日本は 


1905年までに 多くの軍艦を

造船技術に優れたイギリスで建造した。

02_20221125144301
    ( 三笠船首の菊の紋章が印象的 )

 

 

 


03. その軍艦は、 30cmの主砲を4門備えた 

当時世界最大級の ’戦艦三笠’ を含む 


6艘の戦艦艦隊と 6隻の装甲巡洋艦艦隊

から成る 計12隻の 対ロシア艦隊だった。

03_20221125144201

 

 


04. ところで 歴史上 語り継がれて

来た 世界三大記念艦と言うのがある。


一つが日本の 「三笠」 上、  と


トラファルガーの海戦(1805)で戦った  

英国の「ヴィクトリー」 左下 と

米英戦争(1815)で活躍した 米国の

「コンスティチューション」 右下 だ。

04_20221125144201
 

 

 


05. さて 日露戦争の勃発前 戦いに備え

 

ロシアは 旅順に 「旅順艦隊」、

ロシア本国に 「バルチック艦隊」という

 

二つの強力な艦隊組織を構築していた。

05_20221125144301

 

 


06. 1904年の黄海海戦 (日露戦争)で 

連合艦隊の旗艦として出港した三笠は 


20か所以上被弾しながらも、  まずは 

ロシア 「旅順艦隊」 の方を 辛くも退ける。

06_20221125144301

 

 


07. 続いて 艦艇の修復を終えた連合艦隊は

1905年対馬海峡で ロシア 「バルチック艦隊」

の大半を撃沈・拿捕することに成功し、 

 

「日本海海戦」に於ける 大勝利を収めた。

07_20221125144301
( 海上に浮かぶのは 古来より様々な軍事勢力

の基地となった 「猿島」 )

 

 

 

 

08. この時 司令長官東郷平八郎は 仲間の艦隊に 

”皇国の荒廃この一戦にあり。各員一層奮闘努力せよ”

という有名な文章を送った。

08_20221125144301

 

 


09. また 東郷平八郎は艦隊の指揮を執るため、

 

吹きさらしの 敵の砲弾が集中する旗艦指揮司令塔に

立ち続け 全艦を鼓舞したと言われている。

09_20221125144301

( 羅針盤はレプリカだが 立ち位置はこの辺り。

羅針盤は 鉄類が近づき誤差が生ずるのを防ぐため

実際は 釣床で覆われていた。)

 

 

 


10. 甲板には 強大なロシアのバルチック艦隊を

迎え撃つべく 長剣 (一文字吉房) を突いて立つ

東郷の姿を描いた ”三笠艦橋の図 ” があった。
 


人形などによる展示もあり 当時のアナログ的な

人海戦術の苦労が偲ばれた。

10_20221125144301

 

 


11. 日露戦争で大役を果たした三笠だったが 

終戦直後1905年9月 国内 佐世保港内で

皮肉にも 爆発事故により沈没してしまう。

 

後に 引き上げられ 修復を経て 旗艦として

復帰したものの、 やがて廃艦・解体へと

向かう運命が待っていた。

11_20221125144501

 

 


12. が、日本海海戦の旗艦として栄光に輝いた

三笠の保存を望む声は大きく、  結局 


港にコンクリートで固定される形で復活、

1961年 日本海海戦に勝利した日に

「三笠記念艦」 の復元記念式が行われた。

12_20221125144501

 

 

 

13. 因みに敗戦後 連合国の占領下に入ると、

娯楽施設が少ない横須賀で、三笠に 将兵向けの

キャバレーや水族館が作られたこともあった。右下


左上と右上は ロシアの 「旅順艦隊」 と

「バルチック艦隊」 に属していた旗艦戦艦。

13_20221125144501


左下は 日露戦争後 さらに大きな船が必要だと

痛感したイギリスが 英知を傾けて建造した

戦艦 「ドレッドノート」。

 

従来の戦艦の2倍の砲力があり、 私たちが

たまに使う ”超ド級 ” という表現のド、

は 識者によれば 戦艦ドレッドノートが 

由来だそうだ。 

 

 

 

 

*    *    *    *    *

 

2022年11月18日 (金)

横須賀軍港クルーズ 奇抜なスタイル! 世界最新ステルス型米軍艦

01. 一艘の横須賀湾軍港クルーズ船が 

港に帰って来た。 さて次は私たちの番だ。

 

 

進行方向右手、横須賀湾北東側の米軍基地、

南西側の 日本の海上自衛隊基地を抜けて


そのあと 長浦湾米軍基地・吾妻島を回って 

再び自衛隊基地側に帰るというコースだ。

01_20221117142801

 

 


02. 「 シャイロー・ミサイル巡洋艦 」 


ミサイル防衛対応の米国イージス艦。八角形の

板状アンテナが イージス艦の印しだそうだ。

 

原子力空母ロナルド・レーガン 333m

は米韓軍事演習のため 9月12日に出港、

当27日は 残念ながら 姿が無かった。  

02_20221117142801

 

 

 

03. しかし その代わり 私たちは

’満艦飾の’ 「 ミサイル駆逐艦ハワード 」 左側

と 右側の 世界最新ステルス軍艦に会えたのだ!

 


実はこの日は 安倍前首相の国葬の日、 式後

ヘリでこの艦に降り立つ 米副大統領ハリスを

歓迎するための 珍しい満艦飾だった。

03_20221117142901

 

 

 

04. 「 ミサイル駆逐艦・ズムウォルト 」185m。

 

世界でまだ2隻の最新型駆逐艦、 その一つが 

前日 サンディエゴからやって来ていた。

 

極超音速ミサイルを搭載した戦艦は レーダー探知

され難い 凸凹の無い ステルス性の極めて高い

デザイン、 SF映画の様な驚くべき姿だった! 

04_20221117142801

 

 


05. 「 沿海域戦闘艦 オークランド 」

( インディペンデンス級 )


こちらもステルスタイプで トリマラン・三胴船型

という 袴をまとったような奇抜な姿だ。

 

ズムウォルトは 対地攻撃能力も水中探知能力も

優れており 米海軍は32艘を目標としたが

五千億円という建造費に  結局 3艘しか

造られないことになりそうだとか・・・。

05_20221117142901

 

 

 

06.湾の出口に設置、 日米共用の

 四角いコンクリートの ’ 消磁所 ’。


木造船・プラスチック船以外の 鋼鉄船は

地磁気等によって磁気を帯びるので 

定期的な消磁作業が必要なのだそうだ。

 

下は 日本の 「 護衛艦あまぎり 」

船名やナンバーが薄いのは 味方だけに

分かればよい、からだとか。

06_20221117142901

 

 

 

07. あまぎりには ヘリポートと

その収納庫がある。 

 

’海上自衛隊日章旗’ がはためいている。

07_20221117142901

 

 

 

08. クルーズ船は 吾妻島を回って既に

長浦湾に入っているが 米軍基地の一角に


日本の海上自衛隊の 三艘の潜水艦が 列を

なして停泊していた。 正に日米共同体だ・・

08_20221117142901

 

 

 

09. 「 新井掘割水路 」


長浦湾と横須賀湾の往来を便利にするため 

半島の付け根に水路が築かれたのだが、

 

130年前の明治時代に 重機なし手掘りで

この水路は開かれたという。


地図上の吾妻島は 現在米軍基地である。

09_20221117142901

 

 


10. 掘割水路を通って自衛隊基地側に戻ると

なんと海上自衛隊の ’最新鋭ステルス軍艦’ 

が待っていた。 日本もこれを持っていたのだ!

 

ロシアに隣接している北欧型を手本として

建造 装備した最新ステルスタイプの軍艦で 

将来的に22艘を持つ予定だそうだが 

日本の経済状況が許すかどうか・・

10_20221117142901

 

 


11. 「最新鋭護衛艦FFM くまの」 左 と

「同型 もがみ」 右 は 外見はほぼ同じ。

船首とお尻 同時に見られるのが面白い。

 

二艘の武装性能は 対艦ミサイル 魚雷探知

レーダー 哨戒ヘリコプター等々 もの凄く高性能。

 

特にこの一角獣の角には 最新鋭の超高性能

レーダー・アンテナ・ソナー等が 備わっている。

11_20221117142901

 

 


12. 「護衛艦 いかづち」 右 1999年

「護衛艦 おおなみ」 左 2000年


両艦船共 ソマリア インド洋など 海外の海域

にて数々の任務を果たした従来型の軍艦だ。

 

そして

朱赤の船が 「 南極観測船 しらせ 」。

12_20221117142901

 

 


13. 「しらせ」 はこのあと 晴海ふ頭に移り、

 

11月11日 観測隊員など67人を乗せ

南極に向け出港した。 行ってらっしゃ~い !

13_20221117143001

 

 

ところで ミサイル駆逐艦ズムウォルト や

オークランドが 横須賀港に入港するや

 

遊覧船の運航会社のサーバーが

検索・問い合わせ殺到で ダウンしたそうだ。

 


軍艦マニアでなくても ステルスタイプの

こんな奇抜な軍艦は 一度は見てみたいもの。

 

 

なかなか面白い体験となりました!

 

 

 

*    *    *    *    *

 

 

 

 

2022年11月11日 (金)

横須賀・どぶ板通り スカジャンと 海軍バーガー海軍カレー

01, ここは 横須賀市中心部にある

 

” 横須賀 どぶ板通り Dobuita Street  ” 。

01_20221107175701

 

 


02. 全長300mほどの短い通りだが

150軒ほどの 店屋・飲食店がひしめいている。

02_20221107175701

 

 


03. 名物 ・ 横須賀海軍バーガーの中でも 

巨大な  ’ 第七艦隊バーガー ’ は


高さが25cm、 重さ1,8kg

値段が 4800円もする!

03_20221107175801

 

 


04. ’ 横須賀海軍カレー ’ もお馴染み。


海上で日々を過ごす米軍人が 曜日を忘れぬよう

決まった曜日にカレーを出すようになったのが

横須賀海軍カレーの始まりだと言う。

04_20221107175701

 

 


05. 日本の自衛隊の ’ 金曜カレー ’ も

有名だが、 そもそもカレーはインドから英国に、 

英国からアメリカや日本に 別々に伝わったと言う。

 

日本のものだと思っていたライスカレーと

米国のカリーライスが 横須賀で合体とは !

05_20221107175701

 

 


06. 横須賀は ヨコスカジャンパー 

’ スカジャン発祥の地 ’ だ。

 


スカジャンは 戦後米兵向けに派手な刺繍を

入れて お土産として作られたもの。


鷲や虎など強そうな図柄と 日本の刺繍技術の

高さが相まって 爆発的な人気品となった。

06_20221107175801

 

 


07. 1947年開業の この専門店は

1962年の白黒写真より古いことになる。

07_20221107175801

 

 


08. この店は 刺繍専門店。


この町全体が 昼と夜では別の顔となるので、

 

古着から小物まで扱う隣りの店も 夜になると

豆電球が輝き 不思議な様相を呈するらしい。

08_20221107175801

 

 

 

09. 現在も横須賀には 米海軍横須賀基地、

在日米海軍司令部が置かれており、 


どぶ板通りにも 実際多くの米兵がやって

来るが、  最近は 日本人にとっての

有名な観光名所となったと 言えそうだ。

09_20221107175801

 

 

 

10. 第二次大戦前は、この通りの中央に

どぶ川が流れていたが、 米海軍が 

厚い鉄板を提供し、どぶ川に蓋をしたことで

「どぶ板通り」 と呼ばれるようになった。

 

今はどぶ川も撤去、どぶ板は想像すら出来ない。

10_20221107175901

 

 


11. 水子供養のお地蔵様

11_20221107180001

 

 

 

12. 横須賀は 戦後日本のジャズ発祥の地

の一つとも言われている。

12_20221107175901

 

 

 

13. 潜水艦のオブジェ

13_20221107175901

 


潜水艦もそうだが、  横須賀港には

最近  珍しい軍艦が寄港しているらしい。

 

 

この後 " YOKOSUKA軍港めぐり "  に出かけた。

 

 

 


*    *    *    *    *

 

2022年11月 4日 (金)

今日の絵画 「  Sakurako 2 」


以前 髪の毛をアップした Sakurako を

 

ブログにアップしたことがあったが、

 

 


本日は 髪をおろした Sakurako をアップ。

 

Sakurako2

 

 


*    *    *    *    *

 

 

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド