« 今日の絵画   「 ポルト 夏の昼下がり 」 | トップページ | リューデスハイム・つぐみ横丁 飲兵衛天国 脳天に沁みる陽気な音楽 »

2022年10月 7日 (金)

モーゼル川からライン川へ移動 ローレライの岩から湾曲部を見下した!

今回は引き続き 車でモーゼル川の下流域を

進み、 モーゼル川がライン川に合流する

コブレンツからは ラインに沿って南下、

 

途中 「ローレライの岩」 に登ってみた。

 

 

 

01.モーゼル河畔  「バイルシュタイン城 Beilstein」


城壁に囲まれた小さな町の背に 巨大な城と

教会が乗っているような構図だった ・・

01_20221007113101

 

 

 

02. 名勝 「コッヘム Cochem」 には

10C頃のお城  「ライヒスブルク城」 がある。

 


街角や川岸から眺める ブドウ畑越しの

お城の姿が美しい。

02_20221007113101

 

 

 

03. 聖マルティン教会を背に 川岸には

多くのクルーズ船が停泊していた。

03_20221007113101

 

 

 

04. 手前の川岸にも乗船客が並んでいる。

コッヘムの人気の程が窺える。

04_20221007113101

 

 

 

05.きちんと整ったぶどう畑ばかりでなく

斜面を開墾したぶどう畑も 時々出現。


日本の高速道沿いの茶畑をふと思い出した・・

05_20221007113101

 

 

 

06. 2本の塔がシンボルとなる古城、

「 ブレイデンベルク Bleidenberg 」

06_20221007113101

 

 

 

07. いよいよ 2つの河川の合流点、

コブレンツ城を頂く 「コブレンツ Coblenz」

に到着。 


モーゼル川に別れを告げ

ライン川沿いに 南下し始めた。

 


コブレンツ市内には モーゼルとラインの合流点

「ドイチェス・エック Deutsches・Eck」 がある。


今回は立ち寄らなかったが くちばし状のこの広場

結構広く 雄大な風景に圧倒された思い出がある。

07_20221007113101

 

 

 


08. 「マルクスブルク城 Marksburg」 13C


ラインの風景はより雄大になる。 中流地域で

敵の攻撃による破壊を免れた数少ない中世の城だ。

08_20221007113101

 

 

 


09. 敵の攻撃も届かない高台にそびえる城塞

だから 当然 その見晴らしは 鳥観図のごとし!

09_20221007113101

 

 

 


10. そしてとうとう これまで車や船から

見上げていた 「 ローレライの岩 Loreley 」 

に登ってみた !

 


この岩山は スイスと北海をつなぐライン川の中で

一番狭いところにあり、 流れが速く川底に岩礁が


潜んでおり、 かつて 多くの舟が事故を起こした

ことは 歴史上有名な話だ。

10_20221007113101

               ( 岩からの眺め )

 

 


11. 高さ130mのローレライの岩山は

斜めに幾筋もの地層が走り 

ゴツゴツと 危なっかしい展望台だった。

11_20221007113101

      ( 右上は 対岸から眺めた ローレライの岩)

 

 

 


12. 美しいローレライに魂を奪われた船頭が

事故を起こすというこの湾曲部、


カーブがきつく 見るからに船の操縦が難しく 

流れが運ぶ土砂が堆積しそうだ。

 

現代は 幾度となく浚渫され 川幅も広がり

安全が確保されていると言う。

12_20221007113101

 

 


13. 母なる川といわれる モーゼル川から

父なる川といわれる ライン川沿いに進み、

 

ローレライの岩から 危険そうな湾曲と

慎重に行き交う船影を見た。

 


こういうのは ’ 鳥観図 ’ と言わず


’ ローレライ観図 ’ と言うのだろう !!

13_20221007113201

 

 

 

 

*    *    *    *    *

 

 

 

 

« 今日の絵画   「 ポルト 夏の昼下がり 」 | トップページ | リューデスハイム・つぐみ横丁 飲兵衛天国 脳天に沁みる陽気な音楽 »

ドイツワイン街道 ライン川」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
ワ、ワァ~!コ・コヘム城だぁ~!
母を連れてドイツへ行ったとき、エルマー&アンジュラとエルマーのご両親と皆でツェルへとドライブした時に見たお城です。bellaさんが見た方とは反対側から見ました。お城を見下ろすようなところで皆で写真を撮りましたヨ (^_^)ニコッ!
モーゼル川とライン川の合流点のコブレンツ。ライン川にあのような嘴があるとは?!写真に写っているロープウェイ(Zeilbahn)も気になりますが・・・。
ローレライの岩、たぶんフランクフルトからエルマー宅へ向かう途中など、何度か近くを通ったことはあるはずですが、全く分かりませんでした。登ることができるのですね。
ライン川観光でローレライの岩を見た日本人はたくさんいるでしょうが、登られたのは・・きっと稀なのでは?貴重な体験のおすそ分け、ありがとうございます。

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。
次も楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の絵画   「 ポルト 夏の昼下がり 」 | トップページ | リューデスハイム・つぐみ横丁 飲兵衛天国 脳天に沁みる陽気な音楽 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド