« 今日の絵画 「 ウイーン夏の校外学習 観光イラストマップを作る 」 | トップページ | ドイツワイン街道から寄り道 アルザス・ヴィサンブール 無名でも一級の華やかさ »

2022年8月12日 (金)

ドイツワイン街道 ファルツ地方の絶景 ぶどう畑とぶどうのアーチ

ドイツには ライン川沿岸を主として 

全土で13か所のワイン産地がある。

 

 


01. 今回は ライン川の西側 ラインと

並行して南北に伸びる 「ファルツ地方 」 

を訪ねた。

 


そのほぼ中央に位置する 「ダイデスハイム」

から南下したが、 丘の古城が 如何にも 

ドイツ的で ブドウ畑とマッチしていた。 

01_20220811175001

 

 

02. 「ノイシュタット」 の歴史的な

ワインステューベを 通ったあとも

02_20220811175001

 

 


03. ブドウの村がいくつも続き、


ブドウの木から伸びたツルが 横断幕となり

誇らしげに通りを飾っていた。

03_20220811175001

 

 


04. ホテル 兼 ワインステューベ

04_20220811175001

 

 


05. ワイナリーと 収穫したてのブドウ。


ファルツ地方は ドイツで最も温暖な地域で、

年間日照時間も1800時間、

穏やかな日差しに 幸福感を覚える。

05_20220811175001

 

 

 

06. ファルツ地方では 白ワインの王者

・リースリングの栽培が盛んだが、  近年


赤ワイン種の作付面積が 全体の

約40%にもなり、 規模としては 

ドイツ最大の赤ワイン生産地となった。

06_20220811175001

 

 


07. 「マイルカンマ―村」 でブドウの収穫

に遭遇。   始めから トラクターの高さに

合わせて ぶどうの木が作られている。

 

村人が大勢集まり 一気に収穫し 

その喜びを分かち合う 収穫祭の形は

徐々に変わっていくかも知れない。

07_20220811175001

 

 


08. よく見ると 運転席にちびっ子が!


生産形態や 品種の変化があったとしても、

ワイン農家の魂は こうして 代々 確実に

受け継がれていくのですね。

08_20220811175001

 

 


09.  ブドウ畑と教会

09_20220811175001

 

 


10. 続く  「ランダウ町」 でも

ブドウのアーチがお出迎え。

10_20220811175301

 

 


11.  「 マーデンブルク町 」 

 

絵の様な ’ 泉・ブルンネンのほとり  ’

11_20220811175001

 

 


12. ドイツ人が買うワインのうち 3本に

1本はファルツ産だと言うが、 日本人には

馴染みが薄い地域ではないだろうか。

 


団体旅行では行かない地域も なかなか

魅力的ではありました ・・・

12_20220811175001

 

 

 

13. さて ファルツ地方の南端あたりにやって来た。


ファルツワインは 大小のワイナリー 協同組合

販売網 ワインステューベ・レストラン等の充実

により 繁栄を維持しているが、

13_20220811175701

 

アルザス地方に至近距離であることも、

観光産業が充実している一因かも知れない。

 

 

このあと せっかくなので 私もアルザス側に 

一歩踏み入れてみた。

 

 


*    *    *    *    *

 

 

« 今日の絵画 「 ウイーン夏の校外学習 観光イラストマップを作る 」 | トップページ | ドイツワイン街道から寄り道 アルザス・ヴィサンブール 無名でも一級の華やかさ »

ドイツワイン街道 ファルツ地方」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
ここ最近PCがご機嫌斜めで、今夜やっとたどり着けました (^_^;;アセッ!
Deutschland の Pfalz 地方・・・、私がかつて訪れたモーゼル川沿いの街 Zell の南側の地方ですね。
”ノイシュタット””ワインステューベ”、懐かしいドイツ語の響きです (^_^)ニコッ!
私がドイツを最後訪れたのが2005年です。その時 Zell の街でも赤ワインが作られていました。2002年に訪れた時は白ワインしかなかったのですが・・・。
広大なブドウ畑と収穫の様子、拝見できて嬉しくなりました。
ファルツ産のワイン、ドイツではそんなにポピュラーなのですね。知らなかったです。ドイツへ行ったときは、ツェル産のワインしか飲んだことがなくて (^_^;;ヘヘッ!
今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。
続きも楽しみにしています (^o^)/!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の絵画 「 ウイーン夏の校外学習 観光イラストマップを作る 」 | トップページ | ドイツワイン街道から寄り道 アルザス・ヴィサンブール 無名でも一級の華やかさ »

2022年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド