« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

2022年8月

2022年8月26日 (金)

アルザス・アンスパック レトロな凸型ガラスの村はテレビ局人気投票一位

ドイツワイン街道を南下し 国境を越え

フランスの小さな村に立ち寄った。

 

 


01. 「 アンスパック村 Hunspach 」


白壁を梁が縁取る アルザス風の

ハーフティンバーの家並みが軒を連ねる。 

 

三角屋根が寄り添う姿と 清潔な風情が

何故か日本の合掌造りを思い起こさせる。

01_20220826122101

 

 

 

02. とりわけ 各階に庇 poutrage が付いて

いるのがアルザスでも珍しい。 この日本風な

造りも 親近感を抱かせる理由だろうか。

02_20220826122101

 

 


03. 教会や墓地も 美しく愛らしい。

03_20220826122101

 

 


04. 美しい 「 村役場 Mairie 」 

 

人口630人余の小さな村の業務だが

現在は 内部は IT化されているのだろう。

 

古井戸があり、屋根にはコウノトリの巣がある。

04_20220826122101

 

 

 

05. 村の歴史は長く、 古い写真には 

民族衣装の村人や ド・ゴール大統領が

演説する姿もある。    

05_20220826122101

 

 

 

06. 納屋を持つ農家


清潔で 整然と整った姿にも 

ちょっぴり日本を感じる。

06_20220826122101

 

 

 

07. ピストンポンプの水汲み場、


凸型ガラス vitres bombees のレトロな小窓。

07_20220826122101

 

 

 

08. シャンブル・ドット 民宿ホテル


この村は 基本的に観光地ではない。

 

普通の人が普通に暮らす村だから 

店もホテルも 必要最小限度しかない。

08_20220826122101

 

 

 

09. さて、アンスパックは こんなに

小さな村なのに ミシュラン旅行本で二つ星、 

 

’ フランスの最も美しい村 ’ にも

1985年に 既に選ばれているのだが、

 

TV局主催の ’ フランス人のお気に入りの村 ’

(Le Village Prefere des Francais ) にも

2021年に 選ばれたのだ !

 


You Tubeで TV局フランス2が 視聴者に

投票する際の参考になるよう アンスパック

を候補地として訪れた際の様子が見られる。

09_20220826122301

 

 

 

10. 2012年発足の この賞は 

数百万人を巻き込む 結構大きなもので 

投票結果が出るまで数か月かかる。

 

ここ10回のうち アルザス地方は人気が高く 

エギスハイム2013年 カイゼルブルク2017年

に続き アンスパックが3か所目となった。

10_20220826122201

 

 


11. 結果を待ちわびていた人々は 喜びを

爆発させ お祝いの行事が続いたと言う。

11_20220826122201

 

 

 

12. 実は訪れた当時は 村は静まり返り

人っ子一人 否 子供ら5人しか見かけなかった。


正に Sleeping village 状態だった。

 

 


コロナもやり過ごし お気に入りの村にも

選ばれ、現在は どっと観光客が来てるだろうか。


日本の白川郷のように 敷地を荒らされたり

しないと良いのだが・・

12_20220826122201

 

 

 

13. テレビのインタヴューを受けた村人に

よれば  壁の色が白いのは 夏 熱いから、 

( 日本の夏の暑さは比べようもないが・・ )


そして18世紀の改修の際 費用の倹約上

壁は白、と 役所が決めたのだそうだ。

 

 

窓辺の凸型ガラスは 外から中が見えない

という利点があり、このレトロな窓ガラスは 

現在も製造され流通している、のだとか。
13_20220826122201  

 

 


万一 観光客が 押し寄せたとしても

この凸型ガラスがあれば

中を覗かれずに済むだろうし

 

 

美しいものを愛し、個人の権利を重んじる

フランス人なら アンスパックを汚さず

大切にするだろうけれど ・・

 

 

 


*    *    *    *    *

2022年8月19日 (金)

ドイツワイン街道から寄り道 アルザス・ヴィサンブール 無名でも一級の華やかさ

ドイツワイン街道を南下し 国境を越えると

すぐそこに  フランスの小さな街

「Wissenbourg ヴィサンブール」 があった。

 

 

01. ライン川の支流ローター川が 

街のど真ん中を流れており 水辺の風景は

どこを切り取っても美しい。
 

 

日本ではほぼ無名だが、 こんな街こそ

絵描きさんが来ればいいのにと感じる。

01_20220819144001

 

 


02. ドイツ語読みでは ヴァイセンブルク、

 

ドイツ軍から解放された1945年以降は

仏国・アルザスの一員として繁栄している。

02_20220819144001

 

 


03. 右手は ワイン地下蔵という名のバー


左手は 「メゾン・ド・ラミ・フリッツ 

Maison de l'ami friz」 1550年

 


中世時代  ’皮なめし屋’ だったこの家、

1932年制作の ここが舞台となった映画の

タイトルを引用し 今はそう呼ばれている。

03_20220819144001

 

 


04. なるほど映画に出てきそうな魅力的な

外観だ。 それに 皮なめしに必要な 川の流れ、 


皮を乾かす日当たりのよい大きな窓 等も

確かに 備わっている ・・

04_20220819144001

 

 

 

05. 「メゾン・デュ・セル Maison du sel」


1448年に建てられた当時は 病院だったが

1610年頃には肉屋、 次に塩の倉庫となり 


最後は打ち捨てられたが、 今は 塩の家と

呼ばれる文化財として保全されている。

 

4層になった屋根の窓は 換気を促すのに

役立ったと言う。

05_20220819144101

 

 

 

06. ソモン広場で太陽を浴びる人々

06_20220819144001

 

 

 

07. 「サン・ピエール・エ・サン・ポール教会」

07_20220819144001

 

 

 

08. ローター川 Lauter には 水利上

分流や堰などが施され 街を潤している。

08_20220819144001

 

 

 

09. 川辺と花の風景

09_20220819144101

 

 

 

10. そもそもヴィサンブールは 7世紀

ローター川に浮かぶ島に 修道院が築かれ、


それを発端に 村が出来て、 さらに

華やかな街へと発展した経緯がある。

10_20220819144101

 

 

 

11. 水路を渡った先には

修道院とそれに付随した壁の 廃墟がある。 

11_20220819144101

 

 

 

12. 13世紀には 修道院はアルザスで

最も裕福な修道院となったが、  以後

数々の宗教対立・領土争いの戦火に巻き込まれ、


遂に フランス革命後

聖職者たちは追放され修道院資産は売却された。

 

今日では この一角は ヴィサンブールでも

指折りの美しい風景の一つとして輝いている。

12_20220819144201
 

 

 


13. さて、 ヴィサンブールを出て 

さらに もう一つの小さな村に向ったが、


おじさんが 梨を袋からボトボトっと 落とす

場面に遭遇した。

13_20220819144101

 


まるで 古い映画に登場する 

田舎の一場面のよう!

 

 

競馬場はあちら、という看板と共に

妙に惹かれる光景となりました ・・・

 

 

 

*    *    *    *    *

 

2022年8月12日 (金)

ドイツワイン街道 ファルツ地方の絶景 ぶどう畑とぶどうのアーチ

ドイツには ライン川沿岸を主として 

全土で13か所のワイン産地がある。

 

 


01. 今回は ライン川の西側 ラインと

並行して南北に伸びる 「ファルツ地方 」 

を訪ねた。

 


そのほぼ中央に位置する 「ダイデスハイム」

から南下したが、 丘の古城が 如何にも 

ドイツ的で ブドウ畑とマッチしていた。 

01_20220811175001

 

 

02. 「ノイシュタット」 の歴史的な

ワインステューベを 通ったあとも

02_20220811175001

 

 


03. ブドウの村がいくつも続き、


ブドウの木から伸びたツルが 横断幕となり

誇らしげに通りを飾っていた。

03_20220811175001

 

 


04. ホテル 兼 ワインステューベ

04_20220811175001

 

 


05. ワイナリーと 収穫したてのブドウ。


ファルツ地方は ドイツで最も温暖な地域で、

年間日照時間も1800時間、

穏やかな日差しに 幸福感を覚える。

05_20220811175001

 

 

 

06. ファルツ地方では 白ワインの王者

・リースリングの栽培が盛んだが、  近年


赤ワイン種の作付面積が 全体の

約40%にもなり、 規模としては 

ドイツ最大の赤ワイン生産地となった。

06_20220811175001

 

 


07. 「マイルカンマ―村」 でブドウの収穫

に遭遇。   始めから トラクターの高さに

合わせて ぶどうの木が作られている。

 

村人が大勢集まり 一気に収穫し 

その喜びを分かち合う 収穫祭の形は

徐々に変わっていくかも知れない。

07_20220811175001

 

 


08. よく見ると 運転席にちびっ子が!


生産形態や 品種の変化があったとしても、

ワイン農家の魂は こうして 代々 確実に

受け継がれていくのですね。

08_20220811175001

 

 


09.  ブドウ畑と教会

09_20220811175001

 

 


10. 続く  「ランダウ町」 でも

ブドウのアーチがお出迎え。

10_20220811175301

 

 


11.  「 マーデンブルク町 」 

 

絵の様な ’ 泉・ブルンネンのほとり  ’

11_20220811175001

 

 


12. ドイツ人が買うワインのうち 3本に

1本はファルツ産だと言うが、 日本人には

馴染みが薄い地域ではないだろうか。

 


団体旅行では行かない地域も なかなか

魅力的ではありました ・・・

12_20220811175001

 

 

 

13. さて ファルツ地方の南端あたりにやって来た。


ファルツワインは 大小のワイナリー 協同組合

販売網 ワインステューベ・レストラン等の充実

により 繁栄を維持しているが、

13_20220811175701

 

アルザス地方に至近距離であることも、

観光産業が充実している一因かも知れない。

 

 

このあと せっかくなので 私もアルザス側に 

一歩踏み入れてみた。

 

 


*    *    *    *    *

 

 

2022年8月 5日 (金)

今日の絵画 「 ウイーン夏の校外学習 観光イラストマップを作る 」

ウイーン シュテファン寺院前広場に

校外学習の学生たちがいた。

 


何を描いているのか聞いてみたら

ウイーン市の観光マップを イラスト入りで

描いているのだとか。

 


厚手の模造紙の裏表に びっしり イラストと

説明文を書き込んでいて、  


シュテファン寺院はもとより     

映画 「第三の男」 1949年に登場した

大観覧車を描く子もいた。

 

Wine

 


服装は自由で 貴重な太陽光を 肌いっぱい

浴びる子、  また 輝く夏の光が眩しくて

サングラスをかける子 も多かった。  

 

 

観光マップと共に 彼女らの夏の姿にも

大いに興味を覚えたひと時だった !

 

 

 


*    *    *    *    *

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

2022年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド