« ストラスブール・イル川クルーズ 楽しい閘門体験 EUの国際会議場も | トップページ | 今日の絵画 「 ウイーン夏の校外学習 観光イラストマップを作る 」 »

2022年7月29日 (金)

ストラスブール ロマンチック市内見物 炎舞うタルト・フランベ

01.独仏国境に位置する古都、ストラスブール

 

イル川クルーズのあと、 大聖堂前広場から

プチトランに乗って市内見物に出かけた。

01_20220728210901

 

 


02.  「 プティット フランス 」

中世の木組みの家々が残る イル川沿いの

最も美しい地区。 

02_20220728210901

 

 


03. 川沿いに建つ 昔の皮なめし業者の家

(Maison des Tanneurs 1572年)


現在は雨戸が設けられているが かつては

皮を干すために窓が大きく開けられていた。

03_20220728210901

 

 


04. 「ブレッツェル」  岩塩とクミンの種が

まぶされた塩味の硬いパン。 

 

今 ここに 皮なめし産業がある訳ではないけれど

皮ベルトを売る人がいた !

04_20220728210901

 

 

 

05. クルーズ船で体験した 楽しい閘門通過。


木橋が渡されており 陸側からも水位の上げ下げ

を見物出来る。  素晴らしいアトラクションだ。

05_20220728211001

 

 

 

06. 「ヴォーバン・ダム」 17世紀、 

ダムだが 屋根付きの建物の様にも見える。

 

これは 敵に襲われた時の防御拠点で、

水門を一挙に開けると 南側に洪水が起こり

敵を襲う仕組みとなっている。

06_20220728211001

 

 


07. クルーズ船から街を、 街から船を見る。

 

どちらも最高の風景画 !

07_20220728211001

 

 


08.   校外学習

08_20220728211001

 

 


09. ロマンチックな風景画 !?

09_20220728211001

 

 


10.  プチトランは 街の中心部に戻り ~

10_20220728211001

 

 


11. やがて

ストラスブールは 宵闇をまとう

11_20220728211001

 

 

 

12. レストランでは アルザス特有の料理を

アルザス特有の 白ワイングラスで楽しんだ。

 

’キャラフ壺’ は 意図的に ワインを空気に

触れさせる役割があるのだが、 

 

ボトル一本では多過ぎるが グラス一杯では

少な過ぎる、 という時に便利なアイテムだ。

12_20220728211001

 

 

 

13. 当夜のデザートは 「タルト・フランベ」

Tarte Flambee は アルザス特有の焼き菓子だ。

 

チーズ 玉ねぎ サワークリームなどを乗せた

ピザ系のタルトもあるが、

 


何といっても アップル・フランベ が最高だ !

薄切りのりんごに シナモンをまぶし、

カルヴァドスを振り掛けたら 火を付ける。

 

薄紫の炎が 小さな妖精のように舞う。

13_20220728211001

 

 

隣りのテーブルのフランス人たちと 親しくなり

一くさり レクチャーしてもらった。

 

私たちは この半分の大きさを注文して

” 炎の舞 ” を動画に収め、


ストラスブールの 実に佳き思い出となった。

 

 

 

*    *    *    *    *

 

 

 

 

« ストラスブール・イル川クルーズ 楽しい閘門体験 EUの国際会議場も | トップページ | 今日の絵画 「 ウイーン夏の校外学習 観光イラストマップを作る 」 »

アルザスワイン街道とストラスブール」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
ストラスブールの旅、本当に楽しく過ごされたようですネ (^_^)ニコッ!
ストラスブールの名はうんと若いころ、ファンだった女性歌手のLPの曲で聞いたことがあったので、一度は訪れてみたいと思っていたのに、行けずにいます。ドイツを訪れた際、行こうと思えば行けたのに…(>_<)!
プチトランに木組みの家、ブレッツェル・・どれも私にも懐かしいです。そして皮ベルトを売る商人さん・・インドやネパールでもベルトではないけどあのような商人がいたナァ!
"ロマンチックな風景画"、どれも素敵ですネ!私にもあのような頃があったような・・・(^_^;;ヘヘッ!
で、その夜のディナーも美味しそう・・・(・_・)イイナァ!動画も見てみたいです。

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
ストラスブールの旅、本当に楽しく過ごされたようですネ (^_^)ニコッ!
ストラスブールの名はうんと若いころ、ファンだった女性歌手のLPの曲で聞いたことがあったので、一度は訪れてみたいと思っていたのに、行けずにいます。ドイツを訪れた際、行こうと思えば行けたのに…(>_<)!
プチトランに木組みの家、ブレッツェル・・どれも私にも懐かしいです。そして皮ベルトを売る商人さん・・インドやネパールでもベルトではないけどあのような商人がいたナァ!
"ロマンチックな風景画"、どれも素敵ですネ!私にもあのような頃があったような・・・(^_^;;ヘヘッ!
で、その夜のディナーも美味しそう・・・(・_・)イイナァ!動画も見てみたいです。

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ストラスブール・イル川クルーズ 楽しい閘門体験 EUの国際会議場も | トップページ | 今日の絵画 「 ウイーン夏の校外学習 観光イラストマップを作る 」 »

2022年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド