« アルザスワイン街道 古城建つヴォ―ジュ山麓の素朴で美しいブドウ畑 | トップページ | コルマール ジブリ映画と自由の女神像と レストラン「シェ・アンシ」 »

2022年6月24日 (金)

アルザスワイン街道 珠玉の観光地コルマール 花と運河と中世の街

仏国東部アルザス地方の 「コルマール Colmar」 

は 13世紀来 神聖ローマ帝国の自由都市で、


ドイツ色が強いものの、 戦争の度に 独仏間で 

取ったり取られたりした 現在フランスの街だ。

 

 


01.大通り Grand Rue に面したホテルの

洒落た看板が 目の前にある部屋に宿泊。


夜の帳が下りる頃、それなりの趣きがある。 

01_20220624160401

 

 


02. 翌朝 朝日が昇ると

我が部屋の窓が 暖色に染められた。

02_20220624160401

 

 


03.部屋からは 540年も前からそこにある

旧税関の美しい色瓦の屋根と時計台が見えた。

03_20220624160401

 

 


04. 観光の手始めに訪れたのが 

ロシュ川から水を引いて 街中に張り巡らせた運河。

04_20220624160501

 

 


05. ここは ’小ヴェニス La Petite Venise’

と呼ばれる魅力満載の運河で、 ボートに揺られて

見物も出来る。  丁度 TVカメラも来ていた。

05_20220624160401

 

 


06. 白鳥がいると ムードに華が添えられる。


フランスには ヴェニスの運河を連想させる

これと似た地区が アヌシー ストラスブルクなど 

計7か所あるのだが、   かつてはどこも


汚物が流れ込んだり 工場の匂いがしたり

一般市民が住むのには適さない地域だった。

06_20220624160501

 

 


07. コルマールの運河は 基本 船で農作物や

魚河岸の魚を運搬するのに使われたが、


運河沿いには 皮なめし工場からの ペストの死臭

を思わせるような悪臭が満ちた箇所も あった。

07_20220624160501

 

 

 

08.今日の 絵のように美しい情景からは 

そうした悪夢のような過去は想像出来ない。

 

さて、橋を挟んで反対側の風景も 滅法美しい!

コルマール観光の代表的シーンとして 

ポスターになるのは たいていこのアングルだ。

08_20220624160501

 

 

 

09. ボートによる遊覧は 1150mを60分、

もっと短い距離を25分で巡るなど 様々だ。

 

私は 残念ながら運河巡りは逃したが、

プチトランで市内を見物した。  


中世からのコロンバージュ・木骨組の家々と 

鉄細工の看板に 何度も目を奪われた。

09_20220624160701

 

 

 

10. 「頭の家 Maison des Tetes」 1609年

建物のファサード一面に 106のグロテスクな

頭の彫刻が施されている。

 

かつてはワイン取引所だったが 今は 百年の歴史を

持つレストランと ホテルになっている。

10_20220624160501

 

 

 

11. 仏語版ウイキペディアから写真を借りたが、

確かに面白い。    因みに現在の頭の家は 


すっかり綺麗に整備され オレンジ色の外観だ。

私が見た頃の 渋さは失われている・・

 


建物の頂上に立つ像は、ニューヨークの

自由の女神の作者である コルマールの建築家

バルトルディが製作した樽職人の像 1902年。

11_20220624160701

 

 

 

12. 「 旧税関 Ancienne douane 」 1480年

現在は コルマールワイン博物館となっている。

12_20220624160701

 

 

 

13. コルマールの街中風景


バルトルディが自由の女神と共に 建物の壁に

描かれていました~
 13_20220624160701

 

 


次回 コルマール散策 その2に続きます。

 

 


*   *   *   *   *

« アルザスワイン街道 古城建つヴォ―ジュ山麓の素朴で美しいブドウ畑 | トップページ | コルマール ジブリ映画と自由の女神像と レストラン「シェ・アンシ」 »

アルザスワイン街道とストラスブール」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!

フランス・アルザスワイン街道の続き、楽しみにやって来ましたぁ w(^o^)w!
私はフランスへは訪れたことはないのですが、建物を見るとドイツの景色と全く変わらず・・・と思うのですが、歴史的な背景があるからなのでしょうか?フランスでもドイツに影響されていない地域は、こことは違う光景なのでしょうか・・・?

運河めぐり、ずいぶん前のVシネマのラストのほうでヴェネツィアの運河を巡るシーンがあって、当時は憧れたものです (^_^;;ヘヘッ!bellaさんも今回は時間的にできなくてプチトランで‥私もあのようなプチトラン、ケルンとケーニヒスヴィンターの街で乗ったことがあります。環境的にエコですし、何よりも”童心”に返ることができて楽しかったです (^_^)ニコッ!

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。
続きも楽しみにしています w(^o^)w!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルザスワイン街道 古城建つヴォ―ジュ山麓の素朴で美しいブドウ畑 | トップページ | コルマール ジブリ映画と自由の女神像と レストラン「シェ・アンシ」 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド