« 今日の絵画 「 コッツウォルズの風景 」 | トップページ | 三保の松原・羽衣の松 70年も昔パリで能を演じたフランス女性がいた! »

2022年3月11日 (金)

豊川稲荷 千体のきつね塚 びっくり!高校生の一団が祈る風景

01. 「豊川稲荷」 は 愛知県豊川市にある

曹洞宗のお寺。  仏教寺院ではあるが

守り神がきつねというお稲荷さんで、

 


’霊狐塚 れいこづか’ には1000体以上 

の狐の石像が安置されている。

01_20220310112701

 

 


02.豊川稲荷は 写真の赤い提灯に記されて

いるように、 荼枳尼天(だきにてん) を

鎮守としている。

02_20220310112601

 

 


03.荼枳尼天は 稲束を担ぎ宝珠を持って 

白狐の背に乗り 岩の上を飛ぶ仏教の女神だが


その天女が乗るきつねの方が 

分かりやすい お寺のシンボルとなっている。

03_20220310112601

 

 


04. お寺とお稲荷さんは 別物なのではと

私は思っていたが、 神仏分離令に基づいて

厳しく神仏を分離した 明治の一時期を除いて、


日本人は古来より ゆるやかに 上手に

神仏を混在させ 信仰してきたのだなあと

改めて 感じさせられた。

04_20220310112601

 

 


05. 境内には 本殿のほか 各所に

鎮守堂 鐘楼堂 宝雲殿 万燈堂 三重塔等が

 

配され、 幾筋の小路に 紅白の千本のぼりが

居並び、 別世界に入り込んだ気分となる。

05_20220310112601

 

 

 

06. さて 本殿の階段を上がり お祈りを

していると、 何やら 静かなるざわめきを

感じて 振り向いた。

06_20220310112601

 

 

 

07. 高校生の一団がお祈りを捧げる、

想像を遥かに超えた 不思議な光景だった!

07_20220310112701

 

 


08. 豊川稲荷で信者が 7回唱える真言は

” おんしらばった にりうんそわか ” だが、

 

こちらの生徒さん達が唱えるのは 全文暗記する

よう 学校で指導される ”寒巌禅師発願文・

かんがんぜんじほつがんもん” かも知れない。

08_20220310112601

 

 

 

09. 彼らは豊川高校の生徒さん。


もともと曹洞宗寺院・豊川稲荷を母体とした 

僧侶の教育機関として創立された学校で、


現在も仏教精神に基づく教育が行われており

学生専用の座禅堂もあると言う。

 

お祈りのあと 彼らは並んで堂内に入った。

週一の仏教授業の一環だろう。

09_20220310112801

 

 

 

10. さて境内には 何やら柱が建っていた。

丁度翌日から 秋季大祭・別名ちょうちん祭り

が開かれるところだ。

 


大屋根を設置して 直径5m高さ10mの

大提灯を2基 吊るすのだ。 吊り方は

毎年のことで 人力による合理的な組み立て

手順が決まっているらしい。

10_20220310112801

 

 

 

11. 準備の様子はホームページから。

11_20220310112801

 

 

 

12. 帰り道 今度はデジカメを持った

小学生の一団に遭遇した。  境内には

’ 映えスポット ’ が溢れてる。

 

お稲荷さんは こうして着々と 若人や

子供たちの心の故郷となっていく ・・

12_20220310112801

 

 

 

13. お祭りは 残念ながら一日違いで

見られなかったので、

 

せめてもと 名物の稲荷寿司を買って帰った。

13_20220310112801

 

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 



« 今日の絵画 「 コッツウォルズの風景 」 | トップページ | 三保の松原・羽衣の松 70年も昔パリで能を演じたフランス女性がいた! »

国内旅行 東海編」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
ようこそ!我が愛知県へ (^_^)ニコッ!
豊川稲荷は訪れたことはありますが、おそらく中学か高校生の時に訪れたのが最後だと思います。20代のころに仕事で豊川へは週一で行っていたのですが、あくまで”仕事”ですからお稲荷さんへ立ち寄ったことはありませんでした。
霊狐塚をはじめ境内の様子は私の記憶からはもう消え去っています (。_。)ザンネン!
しかし、ここで拝見し”豊川稲荷”の雰囲気を味わうことができました。今さら’初詣’に行った気分です。って・・・少し前のブログのお伊勢さんでも’初詣’させていただきましたっけ・・・( ´艸`)!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の絵画 「 コッツウォルズの風景 」 | トップページ | 三保の松原・羽衣の松 70年も昔パリで能を演じたフランス女性がいた! »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド