« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月28日 (金)

伊勢神宮 おかげ横丁・大人気 おかげ犬・主人に代わり伊勢詣!

01. ここは伊勢神宮門前 「おかげ横丁」


1993年に お伊勢さんのお陰で繁盛する、

という感謝を込めて整備された門前町だ。

01_20220128115901

 

 

 

02. かつてお伊勢詣は 人生の一大目標、

真剣な巡礼の旅だったが 同時に いわゆる

団体旅行の楽しみや 日頃の憂さを晴らす

遊興の旅でもあった。

 


従って伊勢は 全国からの ’講の連中’ 

が泊まる旅籠や茶屋 宴会場を備えた

料亭旅館、 その他諸々の店々が集積する 

日本一の観光地だった。

02_20220128115901

 

 

 

03. 現代の私達には 参拝の真剣味

は 少々薄いかも知れないが、 

こと横丁巡りとなると かなり熱が入る。

 

おかげ横丁 各観光スポットには

マスコットのネコが待っていた。 

03_20220128115901

 

 

 

04. こんなネコもいた。

果報は寝て待て、ってこと?

04_20220128115901

 

 

 


05. 牛鍋屋には「牛」、 岩戸屋には

福来る、の願いを込めた 「お多福」 がいた。

05_20220128120001

 

 

 


06. さて、 通りで 一番人気の店が 「赤福」

06_20220128115901

 

 

 


07. 押し寄せるお客をさばくのに 

店が決めた売り方のルールがあった。


土産用の箱買いの列と その場で食べる

ばら売りの列とは 別系統で、 

知らないばかりに この小さな2個を手に

入れるのに 右往左往してしまった !

07_20220128115901

 

 

 


08. 地元テレビ局の食レポ。 お兄さん

元気な声で 少々大げさな反応をしていたが、 

街頭ロケって きっとそういうものでしょう。

08_20220128115901

 

 

 


09.  定番 「伊勢うどん」

私のは 醤油たれとカレーの合わせ技 !

 

うどんに限らず 関東と関西の中間域にある

東海地方の文化は 本当に興味深かった。

09_20220128120101

 

 

 

 

10. さて 江戸時代の 伊勢神宮参詣は

「おかげ参り」 と呼ばれ、人々はお金を貯めて

旅に出たものだった。


しかし、経済 健康 家族の事情などで

断念せざるを得ない人もいた訳で、

なんと 代わりに ’犬’ が 

参詣の旅に出ることがあったのだ。

 

彼らは 「おかげ犬」 と呼ばれた !

10_20220128120101

 

 

 

 

11. 犬は野良犬でなく 主人の代参だと

わかるように 伊勢参りの書付やお金を添えた

しめ縄を首に巻いていた。

 

そして不思議なことに、誰も犬のお金を盗む者

はなく、 むしろ代わる代わる エサや寝床

時には 付け足しのお金まで与え、 

連れづれ 伊勢神宮まで導いたと言う。

 


本当の話かどうかわからないが、 おかげ犬は

歌川広重の作品にも登場するし、 

江戸人の豊かな人情からして 何頭かは 

本当に実在したのではないだろうか・・

11_20220128120101

 

 

 

 

12. さて最後に  伊勢地方には 

正月だけでなく 一年中飾るという 

’伊勢のしめ縄’ がある。

 

材料が稲藁 馬酔木 柊 ゆずり葉 橙 

あけびなど自然物で作られ 素朴な雰囲気だ。


そのしめ縄を 私はとても気に入った。

12_20220128120101

 

 

 

 

13. まず 笑う門 「笑門」 という

明るい響きが とっても良い。

 

これは 貧しいながら スサノオノミコトに 

一夜の宿を提供した 「蘇民将来」 に 

スサノオノミコトが 感謝の印しとして書き

残した言葉に由来する。


子孫まで代々栄える 「蘇民将来子孫家門」→ 

将門 → 笑門 という流れだ。

13_20220128120101

 


「おかげ犬」 のマスコット人形 と


「笑門」 の伊勢のしめ縄 が


現在でも 我が家の守り神となっている。

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 

 

 

2022年1月21日 (金)

伊勢神宮 全国10万神社の頂点 権威と質素な舎殿のギャップ

01. 朝6時半集合で 伊勢神宮内宮の

早朝ツアーに参加。 案内は神宮会館の支配人。

 

お正月でなくても 鳥居越しの日の出を

拝するのは気持ちがいいことだ。

01_20220121153801

 

 

 

02. 朝食のあと10時頃 再度内宮を訪れた。


五十鈴川に架かる宇治橋 側に居並ぶ杭は 

大水の時 流木などを受け止め橋を守るもの。

 


宇治橋の北側二本目の擬宝珠(ぎぼし)の中には

1万度祈願した分のご利益があるお札萬度麻

(まんどぬさ)が収められている。

02_20220121153801

 

 

 


03. 心身を清める手水舎、“お手水” 用の

柄杓はコロナ禍のもと 撤去されていた。

03_20220121153801

 

 

 


04.  五十鈴川の御手洗場で 

手を清めることも古来からの習わしだ。

04_20220121153801

 

 

 


05. 杉などのご神木が保護されているのは

お守りにと樹皮を剥がす人が いるからだとか。

05_20220121153801

 

 

 

06. いよいよ正宮にお参りする。 鳥居の

向こう側は聖域。 木立に囲まれた本殿の屋根が 

別の方向から 漸くちらりと望まれるのみだ。

06_20220121153901

 

 

 


07. 双子のようにそっくりな石段が

向こう側にもある。 2033年に行われる

20年ごとの 「神宮式年遷宮」 の舞台が

整っているのだ。

07_20220121153801

 

 

 

08. 遷宮は内宮・外宮の正殿、14の別宮の

全舎殿を 定期的に造り替えて神座を遷すこと。

 

同時に 宝殿外幣殿 鳥居 御垣 宇治橋 等

計65棟の殿舎のほか、1576点の装束や太刀等

の神宝も造り替えられる。

 

自ずと 何百憶という費用がかかるが 

これが 1300年も続くしきたりなのだ。

08_20220121153801

 ( 左側2033年用地  右側現在の舎殿 )

 

 

 

 

09. それだけの費用と手間がかかる割に

敷地内に配されたお宮の 素朴・質素な佇まい

には驚くばかり!

 


木造建築の宿命と言えばそれまでだが、

まるで 天皇の神聖かつ深遠な権威は 

立派な建築物によって表されるのでなく 

大自然にこだまする見えざるスピリットの中に

存在すると言わんばかりだ。

09_20220121153901

 

 

 

10. 現在の令和天皇の即位時の 「大嘗宮」も 

式後 解体され焼却されたことが記憶に新しい。

 


あの時は せっかく建てた舎殿を壊すことに

納得がいかなかったが、 伊勢神宮の習わしを

知れば 何とか腑に落ちた次第だ。

10_20220121153901
     ( 写真は 伊勢神宮遷宮の儀式 wikipedia )

 

 

 

 

11. ところで 権威を象徴する豪華絢爛

たる石の建築物に囲まれた西洋人は こういう

文化をどう感じ どう理解するのだろうか。

 

日本文化の神髄を様々な手段で 流布・宣伝

できる様になった今日、 案外 どはまりする

外人がいるかも知れないし  この素朴な

 

佇まいの意味をちゃんと理解できる日本人が

私を含めて ひょっとして少いかも知れない。

11_20220121153901

 

 

 


12.  遠足の生徒さん達

12_20220121153901

 

 

 


13. 因みに 早朝ツアーのガイド、

神宮会館の支配人によれば、 伊勢神宮は

全国10万余の数ある神社の頂点に君臨する、


有名な明治神宮や熱田神宮などと 比ぶるに

能わぬ別格なのだ、 従って 伊勢神宮は

 

固有名詞抜きで 単に ” 神宮 ” とだけ

呼ばれるべき存在なのだそうだ。

13_20220121153901

 

確かに 

前回の遷宮費用 550億円を調達し切った

伊勢神宮の実力は 測り知れない凄さだ!

 

 

 

舎殿の質素な佇まいと 巨大な権威のギャップ

が凄くて 驚きの訪問となりました ~~

 

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年1月14日 (金)

伊勢参り 「二見浦夫婦岩」にも似た夫婦愛 荷物一式置き忘れ!

01. ここは 三重県伊勢市伊勢湾に注ぐ

五十鈴川の河口にある 「二見浦」。

 


お伊勢参りの禊場として まずお参する所だ。

01_20220114113401

 

 

 

02. 11月のこの日、寒風が吹きすさみ

岩壁に打ち付ける波に 攫われそうな気がした。

02_20220114113601

 

 

 

03. 二見浦海岸には 「二見興玉神社」 が

鎮座しており、 ここから 人々が

有名な「夫婦岩」 を拝むのだ。

 

2020年、コロナが春先から蔓延し始めており

どの人もマスク姿であるのが印象的・・

 


思い返せば この旅は Go to~ の一環だった。

3年目に突入したコロナ禍、 感慨深い ・・
03_20220114113401  

 

 

 

04. 夫婦岩と共に いくつか蛙の像もある。


神の使いとされる二見蛙は、 無事かえる

貸したものがかえる 若がえるなど、

縁起のいい御守りとして親しまれている。

04_20220114113401

 

 


05. こちらは 広重の 「二見の浦の図」


浮世絵は 写真の無い時代、山や岩を大きく

描き 構図も自在にドラマティックに演出し、

人々の想像力をかき立てたことが分かる。 

05_20220114113701

 

 


06. しめ縄が張られた夫婦岩は 

この鳥居越しに 拝むのが正式とされる。


夫婦岩越しの サンライズやサンセットも

名物となっている。

06_20220114113401

 

 


07. 「男岩」と「女岩」、 情報によると

1918年の台風で女岩が転倒し 修復した際、

岩の向きを変えて据え付けたため 岩の縞模様

の方向が それぞれ違うのだそうだ。

07_20220114113401

 

 


08. 当日は レインボーブリッジ、 東名高速で

富士山 名港トリトン ナガシマスーパーランド

などを眺めつつ、 昼過ぎに二見浦に着き、 

08_20220114113401

 

 

 

09. 午後3時頃に 伊勢神宮外宮参拝

09_20220114113701

 

 

 


10. 伊勢神宮内宮は 翌朝

清らかな心地で 参拝する予定だった。

10_20220114113701

 

 


11. ところが 宿泊先の「神宮会館」 に

着いた時 とんでもない事態が発覚した!


旅の荷物一式が入った私専用のボストンバッグを

自宅のリビングに 置いてきたのだ!

 


カメラ スマホ お金 サングラス

などの手回り品以外 な~~んにも無い。


頭は真っ白に、 顔面は蒼白になった!

11_20220114113701

 

 

 

12. 女には それが無いと

生きてゆけないモノが沢山ある。 

ショックと疲労で 動かない足に鞭打って 

イオン伊勢店に向かった。

 


パジャマ 下着 Tシャツ 着替えの服

靴下 基礎化粧品一式 日焼け止め 口紅

ファンデーション その他もろもろ・・

 


疲れを癒すべく 風呂に入り一杯やろうと

した主人が 土気色の顔で買い物に付き合って

くれたのには 感謝しかなかった・・ 


夫婦岩のごとき夫婦愛!?

12_20220114113701

 

 

結局 総額何万円もの買い物となり、

イオン伊勢店の ナントカ祭りの抽選券が

沢山手に入ったが、  イオン店を 

 

示唆してくれたホテルの支配人に

それらは差し上げた。


化粧品は 幸いオンラインで 

マイアカウントにポイントを貯められた。

 

 

 


荷物を家に置いてきた ショックと後悔と


買い物をして 僅かにホッとした その夜の

ご馳走は 甘くもしょっぱくもありました。

 

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 

2022年1月 7日 (金)

謹賀新年 初雪です 雪が物珍しい関東人のつぶやき・・

2022年 令和4年

新年あけましておめでとうございます。

 

 


新年早々 関東地方は積雪に見舞われた。

関東人としては 正直嬉しかった 。。

 

 

 

01. 夜のしじまに 雪が舞い降り 、、

01_20220107160801

 

 

 

02. 色を放つは ただ 滑り台 、、

02_20220107160801

 

 

 

03. やがて 朝日に染まる樹々 、、

03_20220107160801

 

 

 

04.  早朝の 幾筋の轍と

嬉々として散歩に向かう ワン公ども 、、

04_20220107160801

 

 

 

05. ひとり 子を待つ滑り台 、、 

05_20220107160801

 

 


06. さくらと見まがう雪の花 、、

06_20220107160801

 

 


07. 日に溶けて 崩れ舞い散る花しぶき 、、

07_20220107160801

 

 

こうして雪は溶け、 あっという間に 

いつもの日常が戻る 物足りなさと安堵感

 

 


雪が物珍しい 関東人の 


年初のつぶやきでした~

 

 

 


*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

 

 

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド