« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月26日 (金)

台湾・十分のランタン上げ  ”減肥成功””希望課業能順順”

台北市の東20km、「十分 シーフェン」

は ’天燈・ランタン上げ ’ で有名だ。

 

 


01. 本来は旧正月の行事なのだが、今や

観光の目玉として 季節・昼夜 を問わず

十分駅で天燈が上げられるようになった。

01_20211125163101

 

 

 

02. 天燈に願い事を書いて飛ばすのだが、

乙女の願いは万国共通!?  ”減肥成功”

02_20211125163001

 

 

 


03. 単線の平渓線は、日中約1時間毎に

上下線1本の列車がこの駅で交差する。


列車が来ない時間帯は 沿線約300mに

観光客が入ることが許されている。

03_20211125163001

 

 

 

04. 構内・沿線には140軒もの店が

ズラリと並ぶが、 中には 店と台所


山積みの天燈と自分の食事、 が

混沌と溶け合う個人商店もあった。   

04_20211125163001

 

 

 


05. 洋服の陳列パイプが丁度いい高さ!

天燈に 願い事を書きましょう。

05_20211125163001

 

 

 


06. 天燈は 色によって願い事の種類が

違うらしい。   真っ赤なこの天燈、

愛する二人のハートを代弁するかのようだ。

06_20211125163001

 

 

 

 

07. 天燈の真ん中に点燈するのだが、

真っすぐ天に上るよう 見知らぬ人も


手伝って、  平衡に枠を持ち合い 

一 二 三 の掛け声と共に手を放す。

07_20211125163001

 

 

 


08.漢字の意味が分かると嬉しいものだ。

08_20211125163001

 

 

 


09. 線路をまたぐ陸橋にも 

青や赤の照明が チカチカと輝く。

09_20211125163101

 

 

 

10. ” 美麗人になれますよう! ”

10_20211125163101

 

 

 

11. 台湾ランタンの店。

11_20211125163101

 

 

 

12. 旅行は 日程上自由がきかず

真昼間に天燈上げをする観光客も多い。

 

が、やっぱり天燈上げの醍醐味は夜だ!

8時半過ぎ   いつの間にか 

線路に人が集まり出した。 そんな中

 


” 飛ばしたランタン何処に行ってんやろ? ”

という大阪弁が聞こえて来た・・

12_20211125163101

 

 

 

13. 台湾の旧暦・元宵節には ランタン

フェスティバルが大々的に行われ、

十分に数万人の観光客がやって来ると言う。

 

よく目にする 夜空に満艦飾のランタンが

飛ぶ写真は その折のものだ。

13_20211125163101

 

年間で何枚飛ぶのか分からないが、

ようやく台湾でも 自然環境への影響を

考えるようになって来たらしい。

 


ランタンは紙でなく 燃え尽きもしない。

薄いプラスティックのランタンは

台湾の観光局の写真によれば


森林に 多数 残骸が引っかかったり

生き物が絡まったりすることがある。

 

 


観光による経済効果と環境破壊の問題は

どの国にとっても 大きな課題だ。


最早 私達観光客も 無邪気にランタンを

飛ばせる時代では無いのかも知れない。

 

 

 


*   *   *   *   *

 

 

2021年11月19日 (金)

台湾・九份その2「悲情城市」と「千と千尋の神隠し」映画がきっかけ

台湾観光のハイライト 「九份 ジョウフェン」

は台湾最北部 太平洋を望む小高い山あいにある。

 

 

 


01. 金鉱産業で栄えた頃は3~4万の人口があり

山全体に 幾筋も生活道が走っている。

 

そのうち何本かが 今や有名な観光小路となった。

 

東西に走る「基山街」と「軽便路」に 南北に走る 

「豎崎路」が それぞれ緩やかに絡み合っている。

01_20211117103901

 

 

 


02. ここ 「豎崎路 シューチールー」 には 

赤い色と 日本語のカタカナひらがなが目立つ。

 

この辺が 日本統治時代が終わり 第二次世界大戦

で勝利した中華民国が 台北を支配するに至るまで

の台湾社会を描いた映画 「悲情城市」 の

ロケ地の一つだ。

02_20211117103901

 

 

 

03. 「昇平戯院 シェンピンシーユエン」 

ゴールドラッシュ時代の娯楽の殿堂・映画館。

 

日本でも ラーメン博物館のように昭和初期の

街並み・生活を再現したり 昔を懐かしむ

ノスタルジックなムーブメントがあるが、


この建物は 場内 スクリーン 売店 ポスター

など 本物のレトロのままで時が止まっている。 

03_20211117103901

 

 

 

 

04.「阿妹茶酒館 アメチャージョウグァン」


が右手にある。ジブリ映画 「千と千尋の神隠し」

の湯婆婆の油屋のモデルになったと噂され、 

日本人・台湾人問わず

多くのファンの注目の的となった建物だ。

04_20211117103901

 

 

 

 

05.ジブリ側はモデル説を全面否定してるが

阿妹茶酒館側は これ以上の好機はないと、

自ら それを宣伝材料としている様だ。

 

元々金鉱工場だったこの建物は 「悲情城市」

のロケ地としても 時代背景としても重要で、


ジブリファンの動向は別としても

赤提灯が映える この魅力的な建物が

九份にとってかけがえのないシンボルである

ことに違いはない。

05_20211117103901

 

 

 

06.  自撮り棒の競演 !

06_20211117103901

 

 

 

07. 映画やアニメのイマジネーションの元と

なったとされる建物や街やらが 世界のあちこち

にあるが、 その姿・形が ドンピシャ作品と

同じという訳ではない。    ただ、


そう言う場所が 魅力ある強いオーラを

放っていることだけは確かだと思う。

07_20211117103901

 

 

 

08. 「九戸茶語 チウフーチャーユィ」


豎崎路と軽便路 二つの小路が交差するこの辺

は ちょっとした広場になっている。 


上のジブリ作品の 「阿妹茶酒館」にも面して

いるので カメラ小僧には絶好のポジションだ。

 08_20211117103901

 

 

 


09. 「九戸茶語」で夕食休憩を取ったが、

中華料理らしい立派な食事だった。

09_20211117103901

 

 

 

 

10.  外に出てみると 

一層多くの観光客が群れていた !


「悲情城市」 ファンだろか、「千と千尋の神隠し」

のアニメファンだろか、 とりあえず有名な物は

見ておかなくちゃ! の観光客だろか 、、   

10_20211117103901

 

 

 

11.ところで 映画「悲情城市」では冒頭から

日本の天皇の終戦宣言がラジオから流れて来る。


さらに 日本人も登場し、日本語の台詞もあり、 

情緒ある台湾メロディと共に  夕焼け小焼け 

ふるさと ローレライなどの唱歌も聞こえて来る。

 


台湾の歴史は非常に複雑で バックグラウンドを

もっとよく勉強しておかないといけないと

思わされた作品だった。 (Youtubeで放映)

11_20211117103901

 

 

 


12. すっかり日が暮れた。 


最近の中国と台湾の関係には 日本にとっても

目が離せない 緊迫感がある。


もし、万一、 中国が台湾を占拠したら・・・

12_20211117103901
 

 

一つ言えることは

 

この島の向こう わずか110kmのところに

 

日本の与那国島がある、ということだ。

 

 

 

 

*   *   *   *   *

 

2021年11月12日 (金)

台湾・九份その1 一度は行きたい赤提灯 押すな押すなと狭い路地

台湾の北部 基隆の南の山間部に 日本でも

大人気の 「九份 ジョウフェン」 がある。

 

 


01. 19世紀末に金の採掘で発展した町は 

金鉱の閉山と共に衰退、 一時忘れ去られたが


ある映画のロケをきっかけに 九份ブームが

起こり 今日のこの様な盛況に至った。

01_20211108185101

 

 

 


02. 九份の街並みは 日本統治時代の面影を

残しており、この路地や石段 酒家の建物等は

日本の藤田組の仕事だと言う。


人影がまばらで ホッとしたのも束の間、、、

02_20211108185101

 

 

 


03. 路地は細くなり、 石段は急角度、

人の流れも ぎゅっと密になって来た!

03_20211108185101  

 

 

 

 

04. ボンヤリしてたら落ちます!

04_20211108185301

 

 

 

 

05. 清の統治時代 この辺りの山あいを

開墾したのが たった九戸だけ、 町からものを


買う時は 常にまとめて九個分と言って注文

したので この名が付いたと言う。

05_20211108185101

 

 

 

 

06.「非情城市」 はタブーとされていた 

地元の台湾人と中華民国の官憲との間に生じた

二・二八事件を 1947年 映画化した時の

タイトルだ。  


映画が大ヒットしたことで ロケ地だった

九分の人気が爆発したきっかけとなった。 

06_20211108185101

 

 

 

 

07.少し平らな路地では 少々気が緩む。


招き猫は 1990年代の台湾に於ける

日本ブーム期に 商売繁盛のコンセプトが

受け入れられ 定着したもの。

07_20211108185101

 

 

 

 

08. こんなところに小学校!


小学校正門の通学階段や敷地を守る石垣は

すごく立派だ。 有名な観光地となるずっと

前から 村人が通っていた学校に違いない。

08_20211108185101

 

 

 

 

09. 九份の丘から 北の海辺が見える。

09_20211108185101

 

 

 

 

10.  そして はっと驚いた !
 

ド派手な 台湾らしいお宮が頭を出している。

10_20211108185101

 

 

 

 


11.「聖明宮」 ここでも商売繁盛の神・

関公が 祭られている。

11_20211108185401

 

 

 

 

12. 日本の七福神のように幸福感が漂う神様だ。


ところで ”忠義千秋” は右から左へ、

”北極紫微大帝” は左から右へ、、


融通無碍で 全てがド派手で気持ちいい!

12_20211108185401

 

 

 

 


13.「阿柑姨芋圓 (アーガンイーユーユェン)」

は 九份で大行列の人気店。


タロイモの粉と小麦粉、サツマイモや小豆・緑豆

などを練って茹で モチモチのお団子にしたもの。

 

タピオカより腹持ちが良さそうだが、

日本での ネックスト流行フードになるだろか。

13_20211108185401

 

 

「 九份 その1 」 でした。


次回は 「 九份 その2 」 です~

 

 

 


*   *   *   *   *

 

2021年11月 5日 (金)

台湾・台北 日本女性に大人気 台湾流のお祓いとおみくじと占いと

「台北」 は台湾の首都。 人口では 台北の

隣に出来た衛星都市・新北市、そして台中、高雄

に抜かれたものの、当然アジア屈指の大都市だ。

 

 

 


01. なんとなく 日本の街とよく似ている。

でも 車は右側通行、中国の支配下にある所以だ。


一方、 長く英国の影響下にあった 「香港」 は 

左側通行。  香港が中国に戻ったあかつきには

真っ先に 右側通行にさせられるかも知れない。

01_20211105093301

 

 

 

02. 街のほぼ中央にある 「台北車站(台北駅)」

は あらゆる交通機関が集中し、ショッピング街や

ホテル等 街らしい機能全てが備わる巨大な箱ものだ。

02_20211105093301
          ( 台北は人口260万余の大都市 )

 

 

 

 


03.そんな台北で一番人気の寺が 「行天宮」。

三国志で有名な「関羽」が奉られている。


商売繁盛が主たるご利益だが、基本的に真面目で

誠実な生き方が 人間の生活の全てを向上させる、

という教えが 多くの人々を引き付けている。

03_20211105093301

 

 

 

04. 中国風の 見事な龍飾りの屋根

04_20211105093301

 

 

 

05. 中央が絶大な人気を誇る関羽、右が人々の

心に巣食う貪・怒・痴の三毒を断ち切る太刀を持つ

呂恩主、  左はかまどの神さまとされる張恩主。

05_20211105093301

 

 

 


06.本殿の向かい側には 大屋根が掛けられ 

その下で 多くの群衆が祈りの順番を待つ。


真夏にはミストが出るそうで、 この日は 

冬だったが 扇風機がスタンバイしていた。

 


ところで 中国のお寺では 長ーいお線香と

もうもうたる煙が付き物だが、 ここでは

線香の煙も匂いも無かった。


大気汚染への配慮で 線香は禁止されていた。

コロナ対策もそうだが 先進国らしい一端だ。

06_20211105093301

 

 

 


07. さて 青い服を着ている人々がいる。

彼らは 「収驚 (ショウジン)」 というお祓いをする。


台湾のお祓いは ひどく悪いことが続いたから、

というより、日常的お参りの別形態のようだ。

 

赤ちゃんの夜泣きが酷いとか ベビー服にも

お祓いをしてくれる。

因みにお祓いは右側から行われるので 荷物は

みんな 左側に寄せている。

 

背中をふわーっと撫でられると 心も

すぅーっと 軽くなると言う。

07_20211105093301

 

 

 


08. ショウジンを行う人々 彼ら自身が

神仏だという訳ではない。 仲介者または

伝達者として 彼ら自身も真剣に祈る姿が

印象的だった。

 

コロナ流行前の時期だったが 皆マスク姿だ。

人々と密接するにあたり 神仏上と衛生面と

両面の配慮があるのではなかろうか。

08_20211105093301
( 人々はお参りの一環として 読経する )

 

 

 

 


09. 祈り方は 掌の方向など男女で異なる。

09_20211105093301

 

 

 


10.台湾版のおみくじ「求籤」は手続きが複雑だ。


氏名 生年月日 住所と 願い事を一つだけ

念じ、 赤い三日月型の木片杯2枚を掌で包み、

それを放り投げる。

 

うまく表裏が揃うまで繰り返す。2枚とも

表だとか裏ではダメ。 上手くいったら

やっとおみくじ竹が引ける。


引いた竹に番号が書かれているので 

その番号のおみくじ紙を取りに行く。

 


おみくじには 色々な文が書かれているが

日本人には読めないので 先程の青い服の

日本語の分かる人々に翻訳・説明してもらうか、

10_20211105093301

 

 

 


11. 地下街に並んでいる 占い館の

占い師に説明を乞うことになる。


この複雑なルーティーンが 有難みを

一層増すことになるのだと思う。

11_20211105093301

 

 

 

12. 台湾の占いは日本人が最大のお客様。

いかにも 占い好きの日本人女性たちが

大挙して訪れそうな雰囲気だ ・・

 

” 日本語OK、 開運ゲッター!in台湾、

日本語が堪能な占い師、 30年経験あり、

台湾の歩き方で紹介された・・  ”


お誘いのアピールワードが並びます。

12_20211105093301

 

 

 


13. 占い館の ’屋号’ が それぞれ

とても個性的だ。 それにこの地下街には


”占い横丁” という日本名も付いてました !

13_20211105093301

 

 


コロナ禍が明けたら 彼らは早く日本人に

来てもらいたいことでしょう。

 

日本人も 早く

楽しい台湾旅行に出かけたいですね!

 

 

 


*   *   *   *   *

 

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド