« 台湾・高雄市「六合夜市」 台湾から来る次の流行は何でしょう | トップページ | 台湾・台東 水が上へと流れる! 台湾は元はアミ族のものだった。 »

2021年10月15日 (金)

東北「栗駒山の紅葉」神が作った絨毯 溶岩丘の温泉は神秘の青緑色

「栗駒山」 は岩手県と秋田県の県境にある

宮城県最北の山麓で、春夏秋冬 それぞれの

魅力がある。

 

 


01. 今回は 東北地方 紅葉に染まる

秋の 「栗駒山」 の日帰り登山を敢行。

 

疲れ果てた最後の行程で 

写真のような 奇岩の溶岩丘から湧き出る 

有名な温泉の 露天風呂に入る計画だ。  

01_20211013161801

 

 

 


02.早朝東京駅を出て 新幹線・送迎バス

を乗り継いで 標高1100mの登山口に

やって来た。 11時25分登山開始!   

 

2021年10月、コロナ禍で 登山や

キャンプなど アウトドアの人気が高いようだ。


登山口の駐車場は 観光バスや送迎バス、

普通乗用車で満杯だった。

02_20211013161901


 

 

 

03. 遥か先の栗駒山は 標高1627m、

活火山ではあるが   現在は 

見るからに穏やかな稜線を見せている。

03_20211013161801

 

 

 


04. 山頂の 標識と「駒形根神社」

04_20211013161801

 

 

 


05. 栗駒山麓は 標高こそ高くないが

地球の第四紀に噴出した 複式火山の痕跡が 

あちこちに残り、異色の景観を呈する箇所が

ある。      しかし、

 

今回は火山ガス発生で ルートが閉鎖、

その奇観を見ることは出来なかった。

05_20211013161801

 

 

 


06. 「産沼 うぶぬま」

このあたりは まだ緑深い風景だが、、

06_20211013161801

 

 

 

 

07. ゴールの温泉まであと3km地点、

秋の栗駒ならではの 絶景紅葉が見えてきた。


ブナ ミズナラ カエデ ナナカマド 

オオカメノキ ハゼノキなど 

 

全山真っ赤に染まる様は 感動的だ !

07_20211013161801

 

 

 


08.栗駒の紅葉は ”神が作った絨毯” と

称される。        普通は

 

頂上から麓へと 時期がずれるものだが、

栗駒では 全山が 一気に燃え盛る。

08_20211013161801

 

 

 

 

09.「名残が原湿原」、 木道が ずっと

奥まで敷いてあるのだが、  当日は 

霧で 全貌を見渡せなかった。

 

夏季は高山植物の宝庫で 栗駒全域で

80種もの高山植物がリストアップされている。

09_20211013161801

 

 

 

 

10. 「剣岳 1397m」を背景に

ゴツゴツした奇岩の間から わずかに

水蒸気の噴出が続く 「ゆげ山」

 

今回は この剣岳に近いルートを降りる

予定だったが、 火山ガス噴出でルート閉鎖

「地獄窯」 など奇観見物はお預けとなった。

10_20211013161901

 

 

 


11.16時40分 「須川温泉」にやっと

到着。  約5時間の山歩きだった。

 

霧と温泉の湯気がもうもうと立ち込める

神秘的な ’溶岩丘’ の風景だ ・・

11_20211013161901

 

 

 


12. 泉質は 日本でも稀有な強酸性の

ミョウバン緑ばん泉で、 摂氏50度ある。
 

奇岩の隙間や川床から 毎分6000ℓ も

湧出すると言う。

 

須川温泉は 300年前、徳川時代から

湯治場として有名だった

歴史ある みちのくの秘湯だ。

12_20211013161901

 

 

 


13. 右側の溶岩の山の真下に露天風呂がある。


少々匂いがあって 多少ヒリヒリしたが

不思議な青い色に しばし癒された。 が、


すぐさま我に返り、 やおら一ノ関駅に向かい 

一路 新幹線で帰京した。

13_20211013162001

 

 

朝 東京駅7時発、 夜 東京駅着22時、 

同じ一日でも相当濃密な一日だった。 


東北日帰り登山が 可能だったのは

やっぱり 新幹線と送迎バスのお陰!?

 

 

コロナが落ち着けば また泊りがけの旅も

出来そうだが、   何はともあれ


マスク・手洗い・ディスタンス

きちんと対策は続けよう !

 

 

 


*   *   *   *   *

 

 

« 台湾・高雄市「六合夜市」 台湾から来る次の流行は何でしょう | トップページ | 台湾・台東 水が上へと流れる! 台湾は元はアミ族のものだった。 »

国内旅行 東北編」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
東北地方へ日帰り登山ですか?いやはや・・・スゴイ行動力 w(^o^)w!
栗駒岳の名は存じていますが、その辺りを訪れたことはありません。
東京からでも新幹線を使えば日帰りできるほどの距離になったのですね。高速道路も日本全国を網羅するほど開通していますから、マイカー利用でもかつてとはずいぶん違うでしょうね。
最初の写真の登山者の行列にはちょっとビックリ!ですが、紅葉は素晴らしいですネ (^_^)ニコッ!それらを見ながらの露天風呂でしょうか?サイコー!だったでしょう !!!それまでの疲れも吹き飛び癒されたことと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾・高雄市「六合夜市」 台湾から来る次の流行は何でしょう | トップページ | 台湾・台東 水が上へと流れる! 台湾は元はアミ族のものだった。 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド