« 東北「栗駒山の紅葉」神が作った絨毯 溶岩丘の温泉は神秘の青緑色 | トップページ | 台湾・花蓮 血と汗と涙、大理石手掘りの山岳道 殉死者の慰霊堂 »

2021年10月22日 (金)

台湾・台東 水が上へと流れる! 台湾は元はアミ族のものだった。

台湾島の東海岸にやって来た。


島の東側は開発から取り残されたため かえって

汚染を免れ 美しい原風景が残っている。

 

 

 

01. 台東市は もともと原住民が

住んでいた地域に発展した街で、 今でも

人口の半数が 原住民・アミ族で構成されている。

 

「水往上流」、 何の変哲もない丘の水路、

実は 水が上に向かって 流れている !

01_20211021161201

 

 


02. 水路は どう見ても右側の道路面より

高い所にある。 やっぱり ” 奇観だ ! ”


( YouTubeに 台湾人が出した動画が

幾つか出ています ) 

02_20211021161201

 

 

 

03. ここは 都蘭・ドーラン部落の

阿美・アミ族が 1870年代に土地を開墾し 

敷いた農業水路の一環だ。

 

実際は目の錯覚に過ぎないと 看板の英文で

説明されているが、 やっぱり上に向かって

流れているようにしか見えない !

03_20211021161201

 

 

 

04.「水往上流」 は 台湾人や中国人に

とって人気の観光地で、  大挙して

観光バスがやって来る時もあるようだ。

04_20211021161201
                     ( 右下写真は 台湾人のSNSから)

 

 

 


05. さて、台東市と花蓮を結ぶ169kmの

ルートは 「花東公路・海線」 と呼ばれ

美しい海岸風景が続く。

05_20211021161201

 

 

 

06. 台湾の東海岸 台東~花蓮~台北、 

南から北へと ただいま移動中 ・・

06_20211021161201

 

 

 

07. 花東公路には 何箇所か名所があるが、 

中でも 「三仙台」 にびっくり。  以前は 


干潮時に歩いて対岸に渡れたそうだが サンゴ

保護のため 現在は美しい橋が架けられている。

07_20211021161201

 

 

 

08. 山口県の錦帯橋とよく似ているものの

木造橋の趣きと全く異なる 中華の華やかさだ。

08_20211021161201

 

 

 

09.さて、原住民が穏やかに暮らしていた台湾に

15世紀末 目をつけ渡来したのが

スペイン オランダ、  そして17世紀初頭


中国大陸南部から 堰を切ったように漢民族が

台湾南部に移住して来る。 漢民族の台湾支配の

始まりはこのあたりにある。

09_20211021161201

           ( アミ族民族舞踊劇場にて )

 

 

 


10. 漢民族が数で凌駕した面と 原住民との

結婚で民族が融合した面と 両方ありそうだが、


いずれにせよ 旅行して初めて、  台湾が

本来 原住民のものだったことに気付かされた。

 

農耕を営み 歌や踊りが大好きなアミ族、

ショーでは豊年を祝う踊りなどを見せてくれた。

10_20211021161201

 

 


11. 歌も踊りも穏やかで 特別テクニカルな

ものではなかったが、 一つ言えるのは

女が目立つ女中心の構成だったと言うことだ。

 


そもそも母系制社会のアミ族では 家の相続権が

女性にあり、 全般的に女性の力が強い。

その風習は 現在の台湾の社会にも根付いている。

11_20211021161301

 

 

 

12. 従って もし日本女性が台湾男性と付き

合ったら もの凄く優しく接してもらえると言う。

 


台湾の男性が 卓球の愛ちゃんと結婚したのも

”逆玉の輿” を わざわざ狙った訳ではなく、

ごく自然な成り行きだったのかも知れない。

12_20211021161301

 


また これも 私の勝手な憶測だが、 


台湾の蔡英文総統が 女性でありながら 

見事に国をまとめ 中国に対峙出来るのは
 

根底にアミ族の母系社会 母親に対する如き

モノの考え方が あるからかも知れない。

 

 


もちろん 事はそう単純ではなく、

蔡英文には 日々相当な重圧・困難が

内外から のしかかってはいるだろうが・・

 

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

 

« 東北「栗駒山の紅葉」神が作った絨毯 溶岩丘の温泉は神秘の青緑色 | トップページ | 台湾・花蓮 血と汗と涙、大理石手掘りの山岳道 殉死者の慰霊堂 »

台湾 異国情緒と懐かしさと」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
台湾の旅の続きですね。

”水が上に向かって流れる”なんて絶対にありえないのですが、そう見えるのは何でかな‥?これは実際に現地で見てみないと分からないでしょうね。
三仙台の橋、趣は全然違いますが形だけは錦帯橋そっくりですね。真似たのかな・・・?

近頃、中国の戦闘機が台湾領空を飛んだり習近平が台湾統合を声高に説くなど、中国の台湾に対する圧力が激しさを増しています。それに対し日米欧は断固として反対の意を表しています。
けど今回のbellaさんのブログを読んで私はやはり「台湾は中国とは異なる民族が元の一つの国」だとあらためて認識しました。
原住民であるアミ族の島であり国、それが台湾!漢民族が多く入って来たとはいえ元々は違う民族であるならば、台湾は台湾として一つの国家と認めるのが一番だなぁ!と思う私です。
けど、そう言うならば北海道はアイヌ民族の島でしたから、”蝦夷”という名の国として独立すべき・・・と言われそう...?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東北「栗駒山の紅葉」神が作った絨毯 溶岩丘の温泉は神秘の青緑色 | トップページ | 台湾・花蓮 血と汗と涙、大理石手掘りの山岳道 殉死者の慰霊堂 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド