« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月

2021年10月29日 (金)

台湾・花蓮 血と汗と涙、大理石手掘りの山岳道 殉死者の慰霊堂

台湾の東海岸 花蓮・ホワリエン市の北

20kmに 台湾を代表する景勝地

「 太魯閣・タロコ国家公園 」 がある。

 

 


01. 台湾島の真ん中には 険しい山脈が

立ちはだかり、古来 東西の往来は不自由だった。


しかし最大の難所 中央山脈の太魯閣渓谷沿いに 

1960年 東西を横貫する国道が開通した。

01_20211029163201

                                      ( 険しい 太魯閣・タロコ渓谷の風景 )

 

 

 

 

02.もともと 海底が隆起した硬い岩石の

層を 簡素な道具と手作業で掘り進めて 

道路を作ったのだ。 

 

想像を絶する難工事だったに違いない。

 

断崖に 水平に走る一本の道筋が見える。

所々トンネルが穿たれ 見るからに

危なっかしい崖路だ ・・

02_20211029163201

 

 

 


03.台湾を東西に横断する山岳道路は 全長

192km。 そもそもは国防上 敵の襲来に

備え 国土を横断する時間を短縮するのが

第一の目的だった。   しかし現在は 


その美しさ故に 観光地としても

人気が一層高まっている。

 

 

対岸のお寺には 易々とは辿り着けない。

観光客は 手前側の台から見晴るかす。

03_20211029163201

 

 

 

 

04.1959年に始まった工事には 主に

退役軍人等 一日当り5~6千人招集されたが


アナログな道具と手作業だけが頼りの難工事、 

3年10か月で 殉職者は226人にのぼった。

 


人々の ”血と汗と涙 ” で完成した道路だった。

旧トンネルは閉鎖され 祭壇なども設えてあった。

04_20211029163201

 

 

 

05. 彼らの霊を慰めようと1957年に

建てられたのが 対岸に見えた 「長春祠」 だ。


寺の足元 岩の裂け目を這って 幾筋も流れ

落ちるのが 「長春滝」。

 

 

この寺は 台風や洪水・地滑りなどで 2度

破壊・再建され、現在のは1989年のもの。

05_20211029163201

 

 

 

06. 200km弱の 山岳道路の中で 

険しい断崖絶壁の部分は 約20km続く、


谷の一番深い所は 壁の高さ600m。

06_20211029163201

 

 

 

07.特に 岩壁の美しい縞模様の大理石が

観光の目玉だが、


やはり硬くて素掘りには向かなそう !

07_20211029163201

 

 

 


08. 地域には 大理石や御影石の工場もある。

08_20211029163201

 

 

 

09. 大理石を加工するとなると

機械も なかなか大仕掛けだ。

09_20211029163201

 

 

 

10. 大理石工場には 土産物もあったが、 

石像の雰囲気を見て分かる通り 

お国柄の違いは明らかだ。

10_20211029163201

 

 

 


11. さて次は 「花蓮駅」から特急列車で

首都の 「台北駅」 に向かう。


たまたまかも知れないが、プラットホーム

では 若い女性駅員が目に付いた。

11_20211029163301

 

 

 


12. 旅行は12月だったが、電光掲示板

によれば 12月には どうやら 

’燃料使用費’ が課せられているようだ。

12_20211029163301

 

 

 


13. さて、今年 2021年の4月

花蓮~台北間で、特急列車太魯閣・タロコ号が

トラックと衝突して脱線、乗客など49人が

死亡した事故があった。

13_20211029163301

 

車体は日本の日立製だったが、 事故原因は

台湾現地側の 様々なファクターにあったようだ。


とりわけ急峻な崖を走る 山岳鉄道や山岳道路

の運航は どこの国でも慎重さが求められる。

 

 


同じ特急列車に乗った身としては 改めて 

日頃の旅の無事を祈らずにおられない。

 

 

 


次は 首都台北市 です

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

 

 

2021年10月22日 (金)

台湾・台東 水が上へと流れる! 台湾は元はアミ族のものだった。

台湾島の東海岸にやって来た。


島の東側は開発から取り残されたため かえって

汚染を免れ 美しい原風景が残っている。

 

 

 

01. 台東市は もともと原住民が

住んでいた地域に発展した街で、 今でも

人口の半数が 原住民・アミ族で構成されている。

 

「水往上流」、 何の変哲もない丘の水路、

実は 水が上に向かって 流れている !

01_20211021161201

 

 


02. 水路は どう見ても右側の道路面より

高い所にある。 やっぱり ” 奇観だ ! ”


( YouTubeに 台湾人が出した動画が

幾つか出ています ) 

02_20211021161201

 

 

 

03. ここは 都蘭・ドーラン部落の

阿美・アミ族が 1870年代に土地を開墾し 

敷いた農業水路の一環だ。

 

実際は目の錯覚に過ぎないと 看板の英文で

説明されているが、 やっぱり上に向かって

流れているようにしか見えない !

03_20211021161201

 

 

 

04.「水往上流」 は 台湾人や中国人に

とって人気の観光地で、  大挙して

観光バスがやって来る時もあるようだ。

04_20211021161201
                     ( 右下写真は 台湾人のSNSから)

 

 

 


05. さて、台東市と花蓮を結ぶ169kmの

ルートは 「花東公路・海線」 と呼ばれ

美しい海岸風景が続く。

05_20211021161201

 

 

 

06. 台湾の東海岸 台東~花蓮~台北、 

南から北へと ただいま移動中 ・・

06_20211021161201

 

 

 

07. 花東公路には 何箇所か名所があるが、 

中でも 「三仙台」 にびっくり。  以前は 


干潮時に歩いて対岸に渡れたそうだが サンゴ

保護のため 現在は美しい橋が架けられている。

07_20211021161201

 

 

 

08. 山口県の錦帯橋とよく似ているものの

木造橋の趣きと全く異なる 中華の華やかさだ。

08_20211021161201

 

 

 

09.さて、原住民が穏やかに暮らしていた台湾に

15世紀末 目をつけ渡来したのが

スペイン オランダ、  そして17世紀初頭


中国大陸南部から 堰を切ったように漢民族が

台湾南部に移住して来る。 漢民族の台湾支配の

始まりはこのあたりにある。

09_20211021161201

           ( アミ族民族舞踊劇場にて )

 

 

 


10. 漢民族が数で凌駕した面と 原住民との

結婚で民族が融合した面と 両方ありそうだが、


いずれにせよ 旅行して初めて、  台湾が

本来 原住民のものだったことに気付かされた。

 

農耕を営み 歌や踊りが大好きなアミ族、

ショーでは豊年を祝う踊りなどを見せてくれた。

10_20211021161201

 

 


11. 歌も踊りも穏やかで 特別テクニカルな

ものではなかったが、 一つ言えるのは

女が目立つ女中心の構成だったと言うことだ。

 


そもそも母系制社会のアミ族では 家の相続権が

女性にあり、 全般的に女性の力が強い。

その風習は 現在の台湾の社会にも根付いている。

11_20211021161301

 

 

 

12. 従って もし日本女性が台湾男性と付き

合ったら もの凄く優しく接してもらえると言う。

 


台湾の男性が 卓球の愛ちゃんと結婚したのも

”逆玉の輿” を わざわざ狙った訳ではなく、

ごく自然な成り行きだったのかも知れない。

12_20211021161301

 


また これも 私の勝手な憶測だが、 


台湾の蔡英文総統が 女性でありながら 

見事に国をまとめ 中国に対峙出来るのは
 

根底にアミ族の母系社会 母親に対する如き

モノの考え方が あるからかも知れない。

 

 


もちろん 事はそう単純ではなく、

蔡英文には 日々相当な重圧・困難が

内外から のしかかってはいるだろうが・・

 

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

 

2021年10月15日 (金)

東北「栗駒山の紅葉」神が作った絨毯 溶岩丘の温泉は神秘の青緑色

「栗駒山」 は岩手県と秋田県の県境にある

宮城県最北の山麓で、春夏秋冬 それぞれの

魅力がある。

 

 


01. 今回は 東北地方 紅葉に染まる

秋の 「栗駒山」 の日帰り登山を敢行。

 

疲れ果てた最後の行程で 

写真のような 奇岩の溶岩丘から湧き出る 

有名な温泉の 露天風呂に入る計画だ。  

01_20211013161801

 

 

 


02.早朝東京駅を出て 新幹線・送迎バス

を乗り継いで 標高1100mの登山口に

やって来た。 11時25分登山開始!   

 

2021年10月、コロナ禍で 登山や

キャンプなど アウトドアの人気が高いようだ。


登山口の駐車場は 観光バスや送迎バス、

普通乗用車で満杯だった。

02_20211013161901


 

 

 

03. 遥か先の栗駒山は 標高1627m、

活火山ではあるが   現在は 

見るからに穏やかな稜線を見せている。

03_20211013161801

 

 

 


04. 山頂の 標識と「駒形根神社」

04_20211013161801

 

 

 


05. 栗駒山麓は 標高こそ高くないが

地球の第四紀に噴出した 複式火山の痕跡が 

あちこちに残り、異色の景観を呈する箇所が

ある。      しかし、

 

今回は火山ガス発生で ルートが閉鎖、

その奇観を見ることは出来なかった。

05_20211013161801

 

 

 


06. 「産沼 うぶぬま」

このあたりは まだ緑深い風景だが、、

06_20211013161801

 

 

 

 

07. ゴールの温泉まであと3km地点、

秋の栗駒ならではの 絶景紅葉が見えてきた。


ブナ ミズナラ カエデ ナナカマド 

オオカメノキ ハゼノキなど 

 

全山真っ赤に染まる様は 感動的だ !

07_20211013161801

 

 

 


08.栗駒の紅葉は ”神が作った絨毯” と

称される。        普通は

 

頂上から麓へと 時期がずれるものだが、

栗駒では 全山が 一気に燃え盛る。

08_20211013161801

 

 

 

 

09.「名残が原湿原」、 木道が ずっと

奥まで敷いてあるのだが、  当日は 

霧で 全貌を見渡せなかった。

 

夏季は高山植物の宝庫で 栗駒全域で

80種もの高山植物がリストアップされている。

09_20211013161801

 

 

 

 

10. 「剣岳 1397m」を背景に

ゴツゴツした奇岩の間から わずかに

水蒸気の噴出が続く 「ゆげ山」

 

今回は この剣岳に近いルートを降りる

予定だったが、 火山ガス噴出でルート閉鎖

「地獄窯」 など奇観見物はお預けとなった。

10_20211013161901

 

 

 


11.16時40分 「須川温泉」にやっと

到着。  約5時間の山歩きだった。

 

霧と温泉の湯気がもうもうと立ち込める

神秘的な ’溶岩丘’ の風景だ ・・

11_20211013161901

 

 

 


12. 泉質は 日本でも稀有な強酸性の

ミョウバン緑ばん泉で、 摂氏50度ある。
 

奇岩の隙間や川床から 毎分6000ℓ も

湧出すると言う。

 

須川温泉は 300年前、徳川時代から

湯治場として有名だった

歴史ある みちのくの秘湯だ。

12_20211013161901

 

 

 


13. 右側の溶岩の山の真下に露天風呂がある。


少々匂いがあって 多少ヒリヒリしたが

不思議な青い色に しばし癒された。 が、


すぐさま我に返り、 やおら一ノ関駅に向かい 

一路 新幹線で帰京した。

13_20211013162001

 

 

朝 東京駅7時発、 夜 東京駅着22時、 

同じ一日でも相当濃密な一日だった。 


東北日帰り登山が 可能だったのは

やっぱり 新幹線と送迎バスのお陰!?

 

 

コロナが落ち着けば また泊りがけの旅も

出来そうだが、   何はともあれ


マスク・手洗い・ディスタンス

きちんと対策は続けよう !

 

 

 


*   *   *   *   *

 

 

2021年10月 8日 (金)

台湾・高雄市「六合夜市」 台湾から来る次の流行は何でしょう

台湾と言えば ” 夜市 ”、

台湾第三の都市 高雄(がおしおん)の夜市を

ぶらぶらしてみた。

 

 

01. ここは 高雄中心部 「六合夜市」、


観光客ばかりでなく 地元の家族連れが

多いのが 本場の証拠だ。


夕方になると車が止められ 道路に卓が並び

夜市天国 となる。

01_20211007143801

 

 


02. もともと高雄港の空き地に 屋台が

数軒並んだのが始まりだが、  近年は


無いものは無い程 多種の屋台がひしめき、

特に漁港からの海産物は 新鮮で豊富だ。

02_20211007143801

 

 

 

03.  高級カラスミ、 台湾カラスミは

日本でも大人気。  この店には品質保証の

検定マークみたいものが 掲げてあった。

 

淡水のタニシや 何かの幼虫の佃煮もある。

03_20211007143801

 

 

 


04. 肉類も食べ歩きの人気アイテム。

ホルモン類と野菜を組み合わせる肉麺屋。
 


ところで、 自分の経験では アジアの

国々の屋台の食べ物は 清潔感が乏しく、


お腹を壊すのではとおじけづいて 手が

出せないこともあったが、 さすが台湾

04_20211007143801

 

 

 


05. 屋台のレイアウト 店主の佇まい、

清潔な食文化を持っているように感じた。


もしかして 日本的なきれい好き流儀が

統治時代に根付いたかも知れない。

 

こちらも 豪華な伊勢海老やホタテだ。

05_20211007143801

 

 

 


06. 有名な 水餃子酸辣湯の店では 

餃子を作る手が 片時も休むことは無い。


その見事な手さばきに 暫し見入った!

06_20211007143801

 

 

 

 

07. 鴨かアヒルの首も 残さず食する!

 

近くの店では香水の特売会 ・・

07_20211007143801

 

 

 


08. 子供も交えた一族の食事会。

楽しそう、、 美味しそう、、

 

中華料理のターンテーブル 本領発揮 !

08_20211007143801

 

 

 

 

09.大仏の螺髪に似た果物 釈迦頭しゃかとう 

(左端 緑色)は甘く口当たりが良い。 右側の

赤いドラゴンフルーツも 日本への本格的輸出が

期待されていると言う。

 

板栗は甘栗という意味。 隣は刺青屋さん。

09_20211007143801

 

 

 

 

10. 台湾で大人気 パパイヤミルクの店。


色々な味付けがあるが 基本はパパイヤだ。

意外と癖のない 美味しいジュースでした。

 

日本同様 有名人の写真やサインがびっしり!


タピオカのあと 台湾からもたらされる名物は

このパパイヤ !?

10_20211007151901

 

 

 

 

11. 「愛狛衣」 ペットウエア

愛犬愛は いずこの国も同じ。

 

大看板の写真に登場の ’ご本人’ が

入口でお出迎えしてました ~ 

11_20211007151901

 

 

 

 

12.今日本で流行の兆しありが 台湾カステラ。


なんで台湾から次々 トレンドがやって来るの、

なんで日本が台湾の真似をしなければならないの、


なんて 古~~い観念を 私は持ってました。

 


しかし、 台湾は豊かな産物に恵まれ 

中華料理など食文化の素地があり、

加えて 流行を発信するエネルギーもある、と


感じさせられた 夜市見聞でありました~

12_20211007151901

 

 

 

 

13.「六合夜市」 の最寄駅 「美麗島駅」


昼間の街の雰囲気は 一変するが

地下鉄の構内は 夜市を彷彿させる華やかさだ。

13_20211007151901

                      ( 地下鉄入り口 )

 

 

 

台湾は コロナ対策も首尾よく駆け抜けた。


九州よりやや小い国土に 2385万人が住む。

 


まだ 日本の様な高齢化社会ではなく

労働人口が60%を占める。

 

 

中国との微妙な関係を踏まえつつ

独自の政治経済文化を発展させる力と熱を持つ国、

 


そんな敬意も感じつつ 旅を続けます・・

 

 

 


*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年10月 1日 (金)

台湾・高雄市 湖上に龍と虎の七重の塔 百万ドルの夜景が見える丘

台湾島の西海岸を南下、 人口台湾3位

「高雄 がおしおん」 にやって来た。

 

 


01.高雄随一の観光名所 「蓮池潭 れんちたん」、


湖のほとりに建つ 如何にも中国風の塔から

下を覗くと 、、


観光客たち 虎に食べられそう ?!

01_20210930110301

 

 

 


02.湖には 龍と虎を象徴とする七重の塔が

並んで建っている。   お参りの順路は


龍の口から入り 虎の口から出ると

邪気が払えるのだとか。

02_20210930110301

 

 

 


03. 塔の内部は 陶製の歴史画やゴテゴテ

した装飾が満艦飾!  が、わびさび文化の

日本人には かえって元気の源になる。

03_20210930110501

 

 

 


04. 塔からは 湖が360度見渡せ、

足元のジグザグの参道・九曲橋もよく見える。


参道がジグザグなのは 急角度で進むと 

悪霊を振り落とせるから !

 


画面奥 参道の起点にあるのが 「慈済宮」

04_20210930110301

 

 

 

05. ツインタワーを 04.の逆側から見る。


塔の階段は下から上まで 百段ある。 従って

龍塔と虎塔それぞれ踏破したら 合計400段、

かなりのエクササイズとなる。

05_20210930110301

 

 

 

06.伝説上の生き物 「贔屓ひいき(龍亀)」

のご利益を願って 皆 触って行く。

06_20210930110301

 

 

 

07. 湖には 春秋閣 五里亭 北極玄帝等々 

他にも楽しい! 施設が ぐるりと配されている。

 


あずまや的なもの、 英雄の塔には体内階段が

あり、、  お参りと観光が上手くミックス

された 大人気のエリアとなっている。

07_20210930110301

 

 

 

08. 「慈済宮」 

医学の神 保生大帝が祭られている。


なんでも おみくじは ’薬箋’ と呼ばれ、

何種類かの漢方薬を進言する処方箋が 出ると言う。

08_20210930110301

 

 

 

09. 湖の龍虎塔は20世紀の新しい施設だが、

この慈済宮は 1661年建立の 本格的寺院で

こちらの方が 実は偉い!? のだ。

 

従って 内部の設えは目を見張るほど精工・豪華で

本物の重みがある。

09_20210930110301

 

 

 

10. 「慈済宮」の門前風景。


日本の石垣島や 最も近い与那国島との距離は

約110km、 時差も日本と1時間、


沖縄の植生に似て ガジュマル類の樹々が

茂っていた。

10_20210930110301

 

 

 

11. 街に出ると よくある東南アジア風の 

親しみある下町風景も見られたが、

11_20210930110501

 

 

 


12. 百万ドルの夜景の名所、テーブル状の台地

「寿山」 から見た高雄は かなりの大都会だ!

12_20210930110501

 

 

 

13. 高雄は 台湾を代表する貿易港を持ち、

 

台北に次ぐ 第2の経済・文化都市

’台湾の大阪 ’ とも呼ばれている。

13_20210930110501

 


そもそもは16世紀に オランダ東インド会社の

植民地時代  高雄に港が拓かれたのが発端だが、
 

 

ここでも  日本統治時代に 


海洋技術に優れた日本が 近代的な港の開発を

進めたことで 今日の高雄がある と言えそうだ。

 

 

 

台湾、 次は東海岸へと 移動します~

 

 

 


*   *   *   *   *

 

 

 

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド