« 台湾「日月潭・日本統治時代の湖」「文武廟・孔子と関羽と岳飛」 | トップページ | 台湾・高雄市 湖上に龍と虎の七重の塔 百万ドルの夜景が見える丘 »

2021年9月24日 (金)

台湾「台中・宝覚寺 日本人遺骨」「台南・赤嵌楼 日本人修学旅行」


01. 台湾のちょうど真ん中あたり、「台中」

は 人口280万を有する台湾第二の都市だ。 


日本の統治時代に 街は碁盤の目状に整備され

今日まで 経済文化の中心地となっている。

01_20210923161801

 

 

 

02. 街の看板は読めそうで読めないが、


’洗腎’ は透析、 セブンイレブンもあり、

’康是美’ は 健康こそ美なり。

02_20210923161801

 

 

 


03. 「宝覚寺」 日本統治時代1927年に

建立された 臨済宗派のお寺。 笑顔一杯の


金色の大仏は 布袋風だが弥勒仏と呼ばれて

いる。    日本にない大らかさだ!

03_20210923162001

 

 

 


04. 老朽化が進んだ木造の宝覚寺の本堂を覆う

巨大な石造りの大雄寶殿は 後から造られたもの。

 

さて宝覚寺には 「日本人遺骨安置所」 がある。

 

統治時代に亡くなった日本人の遺骨14000柱

が あちこちの共同墓地から集められた。

04_20210923161801

 

 

 


05. 一方 大東亜戦争時、大日本帝国軍に

志願または応召によって 従軍した台湾人が 

20万余、うち3万3千が戦死したと言う。

 

戦後しばらく放っておかれた彼らの 英霊鎮魂碑

の建立が 1997年に 日台の有志によって

やっと実現した。

 


今更ながら 日台の関係の深さが感じられる。

05_20210923161801

 

 

 

 

06.次は 人口188万 第六の都市 「台南」

へ移動。  クリーニング屋 ペットクリニック


髪型設計美容室ヘアサロン 鳥料理食堂など、

読めなさそうで 読める!?

06_20210923162401

 

 

 

 

07.台南での見どころは 「赤嵌楼せきかんろう」


1624年から台湾を統治していたオランダが

築城した当時は ’ プロヴィンティア城 ’ 

と呼ばれていたが

 

清の統治時代になると 「赤嵌楼」 となった。


前の建物が 「海神廟」 後ろ側が 「文昌閣」。

07_20210923161801

 

 

 


08.大きな石碑を背負った9匹の生き物は

亀ではなく 「贔屓ひいき」 という龍の子共だとか。

08_20210923161801

 

 

 

 

09.「赤嵌楼」 の東北側には 築城当時の

稜堡部分 (防衛のため 城から外に向かって

突き出した部分) が保存されている。

09_20210923161801

 

 

 

 

10.「鄭成功の像」 1661年に 鄭成功が

オランダ軍を降伏させ 38年に及ぶオランダ統治

を終焉させたことを記念する像。

 

因みに 鄭は日本・肥前国松浦郡の平戸生まれ

日本名は福松、台湾に渡り鄭氏政権の祖となった

人物というから 驚きだ!

 


ここでも 多くの 日本の修学旅行生に遭遇。

10_20210923162101

 

 

 

 

11. 制服が微妙にそれぞれ違う。 校名を

聞いたが忘れてしまった。 コロナ前は 相当

多くの学校が来ていたに違いない。

 

現代も 日台交流は続いているのだ ・・

11_20210923162101

 

 

 

 

12. 今回の旅は 図のように 

台湾島の主たる街を ぐるりと回った。 

 

台南に続いて 次は 高雄を訪ねます。

12_20210923162101

 

 

 

 

13. 最後に おまけのショット。

 

何か罪を犯した人・・

後ろ姿を,  プライバシーに配慮しつつ。

 

 

男子トイレで。 用足しはもう一歩前に出て!

水滴が外に落ちないよう。 

13_20210923162101

 

 


台湾 続きます。

 

 

 

*   *   *   *   *

 

« 台湾「日月潭・日本統治時代の湖」「文武廟・孔子と関羽と岳飛」 | トップページ | 台湾・高雄市 湖上に龍と虎の七重の塔 百万ドルの夜景が見える丘 »

台湾 異国情緒と懐かしさと」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
台湾の旅、続きを楽しみにやって来ましたぁ w(^o^)w!
近代の一時期は日本領だった台湾、当時の高校野球にも台湾代表の嘉義農林高校が参加したそうですね。けど今は相変わらず中国が・・・!まずは”TPP”参加を認めて中国から引き離したいと思います。
と、話が逸れてしまった・・・(^_^;;アセッ!

台中の街の様子、英語と漢字の看板が溢れていますね。漢字と言っても、日本とは意味が微妙に違うでしょうし、日本での意味と同じにはとらえてはいけなかったのではないでしょうか?でも「洗腎=透析」はむしろ「洗腎」のほうが分かりやすいですね ( ´艸`)!
金色の大仏様、日本に数ある大仏の中にあのようなにこやかに笑っておられる大仏様はいらっしゃるでしょうか?!私が知る限りではいらっしゃらないかと・・・?!この大仏様、魅入られます (*^o^*)!
大東亜戦争時、戦死した日本人遺骨安置所や日本軍に従軍して戦死した台湾の人々を慰霊する石碑、やはり私も台湾とのつながりの深さを感じます。

台南の街、 ”鄭成功”という名はもちろん日本人であることも初めて知りました。日本の江戸時代に台湾に渡りそのような功績を残した日本人がいたとは驚きました。

台湾が同じ漢民族であるはずの中国より日本に対して親近感を持ってくれているのは、このようなかつての歴史があるからなのでしょうね。

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。
続きも楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾「日月潭・日本統治時代の湖」「文武廟・孔子と関羽と岳飛」 | トップページ | 台湾・高雄市 湖上に龍と虎の七重の塔 百万ドルの夜景が見える丘 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド