« 今日の絵画 「Student」・ 粉末木炭の前でくしゃみは無用! | トップページ | 台湾「台中・宝覚寺 日本人遺骨」「台南・赤嵌楼 日本人修学旅行」 »

2021年9月17日 (金)

台湾「日月潭・日本統治時代の湖」「文武廟・孔子と関羽と岳飛」

日本人にも人気の観光都市、香港に続いて 

台湾も にわかに 中国との関係が

不穏な状況となって来た。


これから どうなっていくだろうか。

 

以下は コロナ前 2018年12月の

台湾の旅の記録です~

 

 

 

01. 台湾のちょうど真ん中あたり

台湾第二の都市 「中台」 の南東40kmに

ダム湖 「日月潭 にちげつたん」 がある。


湖に面して建つのが 「文武廟 ぶんぶびょう」、

これがその廟門だ。

01_20210916153301

 

 

 


02.門前に 台湾の修学旅行の一団が。

制服のデザインも 学生たちの雰囲気も 

日本と とても良く似ている。

 

文武廟は 丘の裾から上へ 建物が三段に

建てられている。  広場の先の階段を

上ると まず 前殿に当たる「拝殿」がある。 

02_20210916153301

 

 

 

 

03. 拝殿では普段様々な祭祀が行われる。


とりあえず 中央の祭壇に 文武廟の三人の

主役の像が飾られているので、 観光客にも 

この廟の性格が端的に伝わってくる。

03_20210916153301

 

 

 

 

04.2段目の建物 正殿にあたる「式聖殿」 

との間にある 黒龍のレリーフは迫力満点だ!

04_20210916153301

 

 

 


05. この廟にお参りする人々が捧げるのが

金色の鈴、 赤い糸と相まってとても華やかだ。

 

写真のように 廟は漢字の ”日” の形に

三段に配置されている。

05_20210916153301

 

 

 

 

06. 式聖殿には ほぼ 神格化された 

三国志の英雄「関羽」と 彼から千年も後代の

英雄 「岳飛」 が祀られている。

 

丸天井には びっしりと金色の仏像が居並び、

二人の英雄武人も 華やかな金の装飾額に

おさまっている。

06_20210916153301

 

 

 


07.像の前にはアクリル板があり、近づいて

金箔を貼ったりは出来ない。    岳飛は

髭の英雄と言うが 二人共長い髭を蓄えている。

 

プレートの説明で 左が岳飛 右が関羽 と

分かった。キリスト教の聖人が飾りや持ち物で


分かるように、 中国の英雄も 顔や衣服 

物語設定で それが誰か分るに違いない。

07_20210916153301

 

 

 


08. 後殿にあたる 「大成殿」との

あいだにある 龍のプレートはカラフルで

モダンアートのようだ。

08b_20210916153401

 

 

 


09. 最も高いところ 三段目の建物・大成殿

に祀られているのが 「孔子」 だ。


儒教の創始者・孔子が 三人の英雄の中で

最高位に祀られるのは 当然と言えるだろう。

 

文武廟では ’文’ が ’武’ の上にある。

09_20210916153401

 

 

 

 

10.大成殿のさらに奥には 美しく品のいい

階段と塀が設えられている。  


その丘から 風光明媚な日月潭湖が一望出来る。

10_20210916153401

 

 

 

 

11. レリーフ彫刻には 中国四千年の歴史、

故事 戦 教えなど様々な場面が満載だ。

 

台湾の根っ子は やっぱり中国そのものだなあ 

と感じた。

11_20210916153401

 

 

 


12. 台湾最大の日月潭湖は ちょっと形が

北海道のよう。 右側を太陽に 左側の柄の様な

部分を三日月に見立て その名が付いたらしい。

 


日月潭は 日本統治時代の1932年 水力発電

事業で 元からの湖の水位が上げられた為


湖畔にあって 水没しかけた二つの廟が 合併し 

1938年 現在の場所に 豪華な廟として

再建された ということだ。

 


湖畔にホテルも増え 観光事業も盛んになったが

コロナ禍や中国との軋轢で 観光客の数も

伸び悩むのではと 気になるところだ。

12_20210916153401

 

 

 

 

13.門前のミュージシャン、辺りを気にせず

スピーカーで流す音楽は 明るく大らか、

中国風なのにハワイアン的 ・・

 

中国人は 公園で体操や太極拳をするけれど

台湾人も ’屋外健康オタク’ でしょか。

 

誰も気にしてないところが  いかにも

日常的な風景 と見えました ~

13_20210916153401
  

 


台湾続きます。

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 



« 今日の絵画 「Student」・ 粉末木炭の前でくしゃみは無用! | トップページ | 台湾「台中・宝覚寺 日本人遺骨」「台南・赤嵌楼 日本人修学旅行」 »

台湾 異国情緒と懐かしさと」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
台湾、東京オリンピック・パラリンピックの入場行進の際、NHKが「台湾です」と紹介したことを、まず初めに思い出しました。香港があのような事態に追い込まれてしまいましたので、その二の舞は絶対に踏ませたくないです。
と・・・、話はそれましたが (^_^;;アセッ!
日本統治時代があったにせよ、やはり中国文化が色濃く息づいていますね。
しかし、社会主義であり習近平の思想を押し付ける中国とは完全に”似て非なる”一つの国家なのだと思います。

なんだか中国批判にも似たコメントになってしまいました (^_^;;アセッ!
続きも楽しみにしています!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の絵画 「Student」・ 粉末木炭の前でくしゃみは無用! | トップページ | 台湾「台中・宝覚寺 日本人遺骨」「台南・赤嵌楼 日本人修学旅行」 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド