« 百年前のフランスの婦人誌・女はいつも綺麗でいたい! | トップページ | 台湾「日月潭・日本統治時代の湖」「文武廟・孔子と関羽と岳飛」 »

2021年9月10日 (金)

今日の絵画 「Student」・ 粉末木炭の前でくしゃみは無用!


絵画には 印象派のように 

 

筆目・タッチを意識的に残して、

芸術的な効果を得ようとする手法と

 

タッチを残さず 滑らかな画面を

作る手法がある。 見栄えとしては 

  

後者は ややクラシックなムードだが、 

技法の本を参考に習作してみた。

 

Powder-carbon1

 


普通のデッサンは 柳の枝から作った木炭や

カーボンペンシルで タッチを残しながら

縦横に描いていくのだが、

 


この作品は 眉や目などにペンシルを使った

以外、 極力タッチの線を残さないよう


’ パウダーカーボン (粉末状の木炭)’ を

ガーゼ玉に付けて こすりながら描いた。

 

 

ガーゼ玉は 使いこなすと 手に馴染み

ちょっと太めの木炭ペンシルくらいの

存在になる。

Powder-carbon2

 

 

因みに パウダーカーボンは 

 

もの凄く軽く 微細な粉末なので

絶対 くしゃみをしてはなりません !!

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 

 

« 百年前のフランスの婦人誌・女はいつも綺麗でいたい! | トップページ | 台湾「日月潭・日本統治時代の湖」「文武廟・孔子と関羽と岳飛」 »

bellaのアトリエ」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
いやはや・・・(^_^;;アセッ!絵のことは全くと言っていいほど無知な私・・・。
この絵、高校の卒業アルバムの写真をふと思い出しました。
みんな、このような表情をしていたような・・・。
すごく”写真”ぽくてリアルな感じです。

bella さん こんばんは。
良いですね、木炭デッサンもされるのですね。

2ヶ月ぶりにブログを更新しましたが、
現在、六本木の国立新美術館で開催中の
日展に初出品、初入選できました。
4年越しの出品でしたが、ようやく念願が叶いました。
諦めずにやって来て良かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 百年前のフランスの婦人誌・女はいつも綺麗でいたい! | トップページ | 台湾「日月潭・日本統治時代の湖」「文武廟・孔子と関羽と岳飛」 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド