« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月

2021年9月24日 (金)

台湾「台中・宝覚寺 日本人遺骨」「台南・赤嵌楼 日本人修学旅行」


01. 台湾のちょうど真ん中あたり、「台中」

は 人口280万を有する台湾第二の都市だ。 


日本の統治時代に 街は碁盤の目状に整備され

今日まで 経済文化の中心地となっている。

01_20210923161801

 

 

 

02. 街の看板は読めそうで読めないが、


’洗腎’ は透析、 セブンイレブンもあり、

’康是美’ は 健康こそ美なり。

02_20210923161801

 

 

 


03. 「宝覚寺」 日本統治時代1927年に

建立された 臨済宗派のお寺。 笑顔一杯の


金色の大仏は 布袋風だが弥勒仏と呼ばれて

いる。    日本にない大らかさだ!

03_20210923162001

 

 

 


04. 老朽化が進んだ木造の宝覚寺の本堂を覆う

巨大な石造りの大雄寶殿は 後から造られたもの。

 

さて宝覚寺には 「日本人遺骨安置所」 がある。

 

統治時代に亡くなった日本人の遺骨14000柱

が あちこちの共同墓地から集められた。

04_20210923161801

 

 

 


05. 一方 大東亜戦争時、大日本帝国軍に

志願または応召によって 従軍した台湾人が 

20万余、うち3万3千が戦死したと言う。

 

戦後しばらく放っておかれた彼らの 英霊鎮魂碑

の建立が 1997年に 日台の有志によって

やっと実現した。

 


今更ながら 日台の関係の深さが感じられる。

05_20210923161801

 

 

 

 

06.次は 人口188万 第六の都市 「台南」

へ移動。  クリーニング屋 ペットクリニック


髪型設計美容室ヘアサロン 鳥料理食堂など、

読めなさそうで 読める!?

06_20210923162401

 

 

 

 

07.台南での見どころは 「赤嵌楼せきかんろう」


1624年から台湾を統治していたオランダが

築城した当時は ’ プロヴィンティア城 ’ 

と呼ばれていたが

 

清の統治時代になると 「赤嵌楼」 となった。


前の建物が 「海神廟」 後ろ側が 「文昌閣」。

07_20210923161801

 

 

 


08.大きな石碑を背負った9匹の生き物は

亀ではなく 「贔屓ひいき」 という龍の子共だとか。

08_20210923161801

 

 

 

 

09.「赤嵌楼」 の東北側には 築城当時の

稜堡部分 (防衛のため 城から外に向かって

突き出した部分) が保存されている。

09_20210923161801

 

 

 

 

10.「鄭成功の像」 1661年に 鄭成功が

オランダ軍を降伏させ 38年に及ぶオランダ統治

を終焉させたことを記念する像。

 

因みに 鄭は日本・肥前国松浦郡の平戸生まれ

日本名は福松、台湾に渡り鄭氏政権の祖となった

人物というから 驚きだ!

 


ここでも 多くの 日本の修学旅行生に遭遇。

10_20210923162101

 

 

 

 

11. 制服が微妙にそれぞれ違う。 校名を

聞いたが忘れてしまった。 コロナ前は 相当

多くの学校が来ていたに違いない。

 

現代も 日台交流は続いているのだ ・・

11_20210923162101

 

 

 

 

12. 今回の旅は 図のように 

台湾島の主たる街を ぐるりと回った。 

 

台南に続いて 次は 高雄を訪ねます。

12_20210923162101

 

 

 

 

13. 最後に おまけのショット。

 

何か罪を犯した人・・

後ろ姿を,  プライバシーに配慮しつつ。

 

 

男子トイレで。 用足しはもう一歩前に出て!

水滴が外に落ちないよう。 

13_20210923162101

 

 


台湾 続きます。

 

 

 

*   *   *   *   *

 

2021年9月17日 (金)

台湾「日月潭・日本統治時代の湖」「文武廟・孔子と関羽と岳飛」

日本人にも人気の観光都市、香港に続いて 

台湾も にわかに 中国との関係が

不穏な状況となって来た。


これから どうなっていくだろうか。

 

以下は コロナ前 2018年12月の

台湾の旅の記録です~

 

 

 

01. 台湾のちょうど真ん中あたり

台湾第二の都市 「中台」 の南東40kmに

ダム湖 「日月潭 にちげつたん」 がある。


湖に面して建つのが 「文武廟 ぶんぶびょう」、

これがその廟門だ。

01_20210916153301

 

 

 


02.門前に 台湾の修学旅行の一団が。

制服のデザインも 学生たちの雰囲気も 

日本と とても良く似ている。

 

文武廟は 丘の裾から上へ 建物が三段に

建てられている。  広場の先の階段を

上ると まず 前殿に当たる「拝殿」がある。 

02_20210916153301

 

 

 

 

03. 拝殿では普段様々な祭祀が行われる。


とりあえず 中央の祭壇に 文武廟の三人の

主役の像が飾られているので、 観光客にも 

この廟の性格が端的に伝わってくる。

03_20210916153301

 

 

 

 

04.2段目の建物 正殿にあたる「式聖殿」 

との間にある 黒龍のレリーフは迫力満点だ!

04_20210916153301

 

 

 


05. この廟にお参りする人々が捧げるのが

金色の鈴、 赤い糸と相まってとても華やかだ。

 

写真のように 廟は漢字の ”日” の形に

三段に配置されている。

05_20210916153301

 

 

 

 

06. 式聖殿には ほぼ 神格化された 

三国志の英雄「関羽」と 彼から千年も後代の

英雄 「岳飛」 が祀られている。

 

丸天井には びっしりと金色の仏像が居並び、

二人の英雄武人も 華やかな金の装飾額に

おさまっている。

06_20210916153301

 

 

 


07.像の前にはアクリル板があり、近づいて

金箔を貼ったりは出来ない。    岳飛は

髭の英雄と言うが 二人共長い髭を蓄えている。

 

プレートの説明で 左が岳飛 右が関羽 と

分かった。キリスト教の聖人が飾りや持ち物で


分かるように、 中国の英雄も 顔や衣服 

物語設定で それが誰か分るに違いない。

07_20210916153301

 

 

 


08. 後殿にあたる 「大成殿」との

あいだにある 龍のプレートはカラフルで

モダンアートのようだ。

08b_20210916153401

 

 

 


09. 最も高いところ 三段目の建物・大成殿

に祀られているのが 「孔子」 だ。


儒教の創始者・孔子が 三人の英雄の中で

最高位に祀られるのは 当然と言えるだろう。

 

文武廟では ’文’ が ’武’ の上にある。

09_20210916153401

 

 

 

 

10.大成殿のさらに奥には 美しく品のいい

階段と塀が設えられている。  


その丘から 風光明媚な日月潭湖が一望出来る。

10_20210916153401

 

 

 

 

11. レリーフ彫刻には 中国四千年の歴史、

故事 戦 教えなど様々な場面が満載だ。

 

台湾の根っ子は やっぱり中国そのものだなあ 

と感じた。

11_20210916153401

 

 

 


12. 台湾最大の日月潭湖は ちょっと形が

北海道のよう。 右側を太陽に 左側の柄の様な

部分を三日月に見立て その名が付いたらしい。

 


日月潭は 日本統治時代の1932年 水力発電

事業で 元からの湖の水位が上げられた為


湖畔にあって 水没しかけた二つの廟が 合併し 

1938年 現在の場所に 豪華な廟として

再建された ということだ。

 


湖畔にホテルも増え 観光事業も盛んになったが

コロナ禍や中国との軋轢で 観光客の数も

伸び悩むのではと 気になるところだ。

12_20210916153401

 

 

 

 

13.門前のミュージシャン、辺りを気にせず

スピーカーで流す音楽は 明るく大らか、

中国風なのにハワイアン的 ・・

 

中国人は 公園で体操や太極拳をするけれど

台湾人も ’屋外健康オタク’ でしょか。

 

誰も気にしてないところが  いかにも

日常的な風景 と見えました ~

13_20210916153401
  

 


台湾続きます。

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 



2021年9月10日 (金)

今日の絵画 「Student」・ 粉末木炭の前でくしゃみは無用!


絵画には 印象派のように 

 

筆目・タッチを意識的に残して、

芸術的な効果を得ようとする手法と

 

タッチを残さず 滑らかな画面を

作る手法がある。 見栄えとしては 

  

後者は ややクラシックなムードだが、 

技法の本を参考に習作してみた。

 

Powder-carbon1

 


普通のデッサンは 柳の枝から作った木炭や

カーボンペンシルで タッチを残しながら

縦横に描いていくのだが、

 


この作品は 眉や目などにペンシルを使った

以外、 極力タッチの線を残さないよう


’ パウダーカーボン (粉末状の木炭)’ を

ガーゼ玉に付けて こすりながら描いた。

 

 

ガーゼ玉は 使いこなすと 手に馴染み

ちょっと太めの木炭ペンシルくらいの

存在になる。

Powder-carbon2

 

 

因みに パウダーカーボンは 

 

もの凄く軽く 微細な粉末なので

絶対 くしゃみをしてはなりません !!

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 

 

2021年9月 3日 (金)

百年前のフランスの婦人誌・女はいつも綺麗でいたい!

先日 西洋輸入品・雑貨店の片隅で

フランスの昔の婦人誌を 3部見つけた。

色褪せた新聞紙みたいな レトロな様相だ。

 

 

それでも ネットに出品されたら すぐ

売れてしまうらしいが、 店の奥で 

幸い 人目につかず 私を待っていてくれた。

 

 

 

01.「Mode Pratique」 は全12ページ、

 

新聞タイプの婦人誌。 モードを中心に

女性が興味を持つ生活記事を載せている。

01_20210903154001

 

 

 


02. 個性豊かなデザインの婦人用帽子、

動きやすく しかもエレガントな子供服。

02_20210903154001

 

 

 


03. このモード誌、 なんと今から

ちょうど百年前 1920年2月の発刊日だ !

 

百年前の女性たちも 現代の我々と 

何ら変わりなく 便利でお洒落なものを

熱心に求めていた !?

03_20210903154001

 

 

 

 

04. 何とゆったりしたデザインなのだろう。


女性たちは ウエストを絞るコルセットを

既に脱ぎ捨てている。 スリーピースという

TPOで脱ぎ着する発想も 考案されている。

 


ココ・シャネルが 婦人服のデザインで

女性を解放したのは この婦人誌の時代より 

後のことだ。

04_20210903154001

 

 

 


05. テーブルクロスなどに施される

花籠飾りと呼ばれる刺繍手芸

05_20210903154001

 

 

 


06. クロスステッチ刺繡用の 実物大型紙

 

さらに 社会情勢に関する予測、日々の生き方、

食べ物と栄養、ファッションに伴う手や腕の

お手入れ、 などについての記事が続く。

06_20210903154001
 

 

 


07. 末尾に多くの広告が載っている。

現代と同様 広告は重要な運営資金だ。

 


ところで ページの下の方に 四角く切り

取られ 穴が開いているところがある。 


これは恐らく 10枚集めたら何かと

交換出来るといった類のものだろう。

現代の仕組みと同じだ!

07_20210903154001

 

 

 

08.「Mode Pratique モードプラティーク」 

は1891年から1939年まで 約50年

続いた 人気の女性誌だった。

 

当時の女性たちも今日の私達も 興味の先は

本質的にはそう変わらないのかも知れない。


” 女はいつでも綺麗でいたい ! ”

08_20210903154001

 

 

因みに 広告は 靴クリーム、はちみつ、

更年期を軽く過ごす薬、ヘアーポマード、

あかぎれしもやけ用クリーム、便秘薬、

美容クリーム、洗濯石鹸、歯磨き粉、

痩せぐすり、粉ミルク、シャンプー、消毒液、

 


やはり日用品が多いようですね ~

 

 


*   *   *   *   *

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド