« 沖縄・首里城 2年前の火災で失ったもの 残ったもの | トップページ | 沖縄・ジンベイザメの美ら海水族館 亜熱帯の海岸風景 »

2021年7月23日 (金)

沖縄・勝連城 原風景フクギの並木 パイナップルパーク

01.首里城の北東20km 勝連半島の付け根に

「 勝連城跡 」 がある。 首里城跡地と共に

 

ユネスコ世界遺産に登録された旧跡だ。

01_20210723111901

 

 


02. 琉球王国の王権が安定していく過程にも

国王に最後まで抵抗した勢力があった。


14世紀初頭に ここに城を建てた勝連按司

・かつれんあじ から始まり 10代続いた豪族だと

言うから 首里城の王国と拮抗した 相当な力を

誇った勢力だったのだろう。

02_20210723111901

 

 


03. 60~100mの丘陵に建つ勝連城には

五つの曲輪・くるわが造成された。 第二の曲輪には 

大きな舎利殿の礎石や柱跡も見つかっている。


再現されれば 首里城と同じような城が

出現したかも知れない。

 

くねくねと各所を丸く囲む城壁の作りも 首里城に

似ているが 勝連城の方が 少し雄大に見えた。 

03_20210723111901

 

 

 

04. 城跡の山から 北に金武湾 南に中城湾

が一望出来、見事な景勝地となっていた。

 

西洋の円形闘技場のように 城壁の石が道路工事

の石材として持ち去られた時代もあった様だが、

 

ちゃんと整備されれば ユネスコ世界遺産として

もっと有名な観光地になるに違いない。

04_20210723111901

 

 

 

05. 一番高いところにあるのが第一の曲輪。


見学には 足元の危ない スリリングな箇所

もあった。

05_20210723111901

 

 

 

06. つづいては 沖縄本島北部に移動、


「美ら海水族館」の近くに 備瀬という4百年

も続く集落があるのだが、 特にその 

福木・フクギの 見事な並木が有名だ。

 

2万本にも及ぶフクギの緑のトンネルは 

集落の防風林・防潮林の役割を果たしている。

06_20210723111901

 

 

 

07.今も人は住んでいるが 沖縄の原風景が

見られる村落として 人気の観光地となっている。

 


私は適当に途中で引き返したが 水牛に引かれた

牛車ツアーに出くわすこともあるらしい。 

07_20210723111901
( 備瀬神殿跡 )

 

 

 

 

08.台湾やフィリピンを原産地とするフクギは

沖縄が北限という 熱帯性常緑高木で、 樹には

雌雄があり 二本がくっついて育つこともある。

 


見るからに逞しい根っこの塊は 

ガジュマル風で いかにも南国だ。

08_20210723111901

 

 

 

09. フクギ地区にも こんな建物があった。


昔からの民家は瓦屋根を低く構え台風に備えたが、


現代の沖縄では 防災には やはりコンクリートが

合理的で 手軽な建材なのだろう。

09_20210723112001

 

 

 

10. 移動の途中の風景。 沖縄ではお墓も

屋根付きコンクリート製、 とても立派だった!

10_20210723111901

 

 

 

11. 最後に 「ナゴパイナップルパーク」 で

ひと遊び。

11_20210723112001

 

 

 

12. 園内には徒歩コースもあったが、自動運転の

パイナップルカーが可愛く つい 乗ってしまった。


園内には試食コーナー シーサーの絵付けコーナー

売店など色々あり、  ダイエットが気になったが

つい パイナップルの砂糖漬けを買ってしまった。

 

が、 甘すぎて 未だに家にある ・・

12_20210723112001

 

 

 

13, 自動運転のライン通りに進む たった

9分間のライドだったが 大人にも結構楽しめた。


フォト・スポットでは 強制的に記念写真を

撮られた。   絶対買わない積りだったのに

つい 買ってしまった ・・

13_20210723112001

 

いろいろ プラスアルファの出費をしてしまったが

今では 結構良い思い出となっている。

 

それが 旅の楽しさの一つでしょう ・・

 

 


次は 美ら海水族館を訪ねます ~

 

 

 

*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

« 沖縄・首里城 2年前の火災で失ったもの 残ったもの | トップページ | 沖縄・ジンベイザメの美ら海水族館 亜熱帯の海岸風景 »

国内旅行 沖縄編」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
今、東京オリンピック開会式を見ながら訪問中です (^_^;;ヘヘッ!

沖縄へは一度も訪れたことがなく、勝連城という名さえ知らない私・・・(^_^;;(^_^;;ハズイ!
中世のころには、さぞ立派なお城があったのだろうと想像できますね。歴史の中で失われてしまうのも諸行無常の理なのでしょうね。
フクギのトンネルに沖縄の原風景と言われる村、そして何よりビックリしたのは”お墓”!屋根付きのあのような立派なお墓・・・、見たことさえありません!
パイナップルカー、私がもし現地に行けば同じように乗ってしまいそうです (^_^)ニコッ!こういうのって、2~30代の頃はためらっていましたが、年齢とともに逆に懐かしいような気持ちになってくるのですよね。子供のころに乗った遊園地のアトラクションのように・・・!

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。
続きの”美ら海水族館”、ものすごく楽しみです (^_^)ニコッ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄・首里城 2年前の火災で失ったもの 残ったもの | トップページ | 沖縄・ジンベイザメの美ら海水族館 亜熱帯の海岸風景 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド