« 房総半島・館山 地層が面白い・太平洋戦争地下塹壕編 | トップページ | 南仏・ ゴルジュデュタルン大渓谷 美しすぎる風景 »

2021年5月28日 (金)

日本が真中にない世界地図 でも世界史がよく分かる地図


前回の記事で 世界地図について触れたが、

 

せっかくなので 世界の多くの人々が 普通に

見慣れている 世界地図を 見てみよう。

 

 

 

 

01. これが 欧米で最も普通に使われる世界地図

01-cartedumonde

 

 

 


02. 北大西洋航路 ロンドン・ニューヨーク間で

二十世紀初め 豪華客船のスピード競争があった話、

 

二十世紀末 超音速旅客機コンコルドが 

2時間53分で パリ・ニューヨーク間を飛んだ話、 

 


この地図を見ると

何故人々が速さを競ったのか 容易に理解出来る。 

02_20210527163601

 

 

 

 

03. 1914年頃の 列強国の勢力地図

日本がまだ朝鮮や台湾に力を持っていた時代だが、

 

世界地図全体からいうと 中心が どの国々で、


地図の端っこにあるのが 日の出ずる国・日本、

囚人が流されたオーストラリア、 西部劇のアメリカ

大陸西海岸、 そして忘れられた植民地南米大陸、

と言う事が よく分かる。

03_20210527163601

 

 

 

 


04. 私達の学生時代 歴史であんなに勉強させ

られた大航海時代、 各国列強が どんな経路で

植民地を開拓したかも 一目で分かる。

 

アフリカと南米は ヨーロッパから案外近いのだ!

 

 

太平洋が真ん中にある世界地図では  正直

どうにも 航路を想像しづらかった ・・・

04_20210527163601

 

 

 

 

05. 国土が狭いのに 商売上手なオランダ人

05_20210527163601

 

 

 

 


06. そして 現代の 国別幸福度 ・・・

( 色が濃い方が より幸福 )

06_20210527163601

 

 

 

 


07. 現代の 国別工業特産物 ・・・

07_20210527163601

 

 

 


現在で言えば コロナ患者 ワクチン接種などに

関する世界地図が 当たり前のように

まとめられているだろう。

 

 

いずれにせよ 欧米版世界地図は見やすく 

歴史上の事柄を理解しやすいのは 事実だ。

 

 

 

また 日本が端っこにあるのは 悔しいと言うより、


どうしてヨーロッパ人が あんなに日本に憧れて

神秘的に感じるのか、 ’ 遠くて小さいから’ 

が  理由の一端だと 分かる一面もある。

 

 

 

 


” 日本の常識は世界の非常識 ” と 言われても

一向に構わないが、 世界地図のからくりだけは

 

これからの 日本の子供たちに是非知らせて

おかねばならないのではないだろうか。

 

 

 

 

*     *    *    *    *

 

 

 

« 房総半島・館山 地層が面白い・太平洋戦争地下塹壕編 | トップページ | 南仏・ ゴルジュデュタルン大渓谷 美しすぎる風景 »

bellaのアトリエ」カテゴリの記事

国内旅行 千葉の旅」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
私は真ん中に太平洋がドーンと居座る世界地図ばかり見て育ちましたが、
ヨーロッパへ行ったときに向こうの世界地図を見て、日本のものとの違い、
そして何よりも日本が”極東”と呼ばれる所以を感じました。
平面の世界地図ではなく球体の地球儀を持っていても、ヨーロッパとアメリカ・南アメリカの距離ってあまり意識したことがなく、ヨーロッパが真ん中の世界地図だからこそ、距離の近さが分かりますね。日本の世界地図では、とても分かりにくい距離です。
面白い地図を色々拝見しふと思ったのは・・・日本の小・中学校にヨーロッパ中心の世界地図を普及させたら・・・?です。日本が極東であり、それ故”日出ずる国”でもあることがよく解かります (^_^;;ヘヘッ!

コロナ禍の中、海外旅行はしばらくしていないでしょうか?
行きたくてうずうずしていませんか?
次のブログも楽しみにしています (^_^)ニコッ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 房総半島・館山 地層が面白い・太平洋戦争地下塹壕編 | トップページ | 南仏・ ゴルジュデュタルン大渓谷 美しすぎる風景 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド