« 南仏・川と水車の町リルシュルラソルグ 買い物の小さな後悔 | トップページ | 牛久大仏 ギネス登録 世界一のブロンズ立像大仏 »

2021年4月 9日 (金)

南仏・レ・ボー・ド・プロヴァンス 軍艦型の岩山に凄い遺跡群

軍艦のような形の岩山 「レ・ボー・ド・プロヴァンス

 Les Baux de Provance」 には 幾層にも城塞が 

築かれ、 支配者達の栄枯盛衰の舞台となって来た。

 

 

 

 

01. 北側の小高い城塞を調査したら、 紀元元年前後

5~6世紀 そして本格的なドンジョン・塔 が築かれた

中世、  と3つの建築層があると 分かったそうだ。

01_20210409105801

 

 

 

 

02. レ・ボーは 南北の長さ900m 幅200mの

岩山で、  見る方角によって 形がかなり違う。

 


城を築くには いかにも打ってつけの地形だが、

同時に 敵の兵糧攻めにも遭いそうではある。

02_20210409105801
( 01.の写真は 緑の矢印方向から撮ったもの )

 

 

 

 

 


03. 北側にある城塞の一番高いパラヴェル塔から 

南端方向と、 西側の村落を望む。

 


東側の城壁は 谷からそそり立つ岩壁がそのまま

利用されている。 

03_20210409105801

 

 

 

 


04. その城壁を下から見ると 屏風のように連なり

実に堅固な防護壁だったことが分かる。


谷側には オリーブや名産ワインのブドウ畑が広がる。

 

 

南端には詩人の像と 丸い水車跡。 数千の人間が

暮らしたこの城塞、 水車に沿って敷石があり 雨水が

一千立方mの貯水池に 流れ込むようになっていた。

04_20210409105801

 

 

 

 

05. レ・ボー家は 15Cにルイ11世に反乱を起こし、

17Cには ルイ13世に反旗をひるがえした。


その時は 業を煮やした枢機卿リシリューによって

城と城壁を取り壊させられたのだが、 

罰金と その解体費まで 取り立てられたと言う。

踏んだり蹴ったりだ !

 


本丸の城塞は元より 教会や病院 修道院などの

廃墟が こうしてそこらじゅうに 散らばっていた。

05_20210409105801

 

 

 


06.  広場では  様々な兵器を用いた 

中世の戦い方のデモンストレーションがあった。 

06_20210409105801

 

 

 


07.  大きな石や鉄球を 出来るだけ遠くに

投げる方法。

07_20210409105801

 

 

 


08.  ’ トロイの木馬 ’ みたい ! 

08_20210409105801

 

 

 

 

09.  実はこの村落から 丘に登ったのだが、


道は想像以上の急勾配で、 

まるで ロッククライミングのように苦しかった !

09_20210409105801

 

 

 

 

10.   歴史博物館、 お土産屋さん、

プロヴァンスの石鹸屋さんなど 観光客のお楽しみ。

10_20210409105801

 

 

 

 

11.  アトリエがある小道 ・・


因みに ’ボーキサイト Bauxite’ という アルミニウム

を作る鉱石があるが、  その名は発見の地である

このレ・ボーから付けられた。  ボーキサイト原石は

 

写真の 壁に掛る植木鉢の様な赤褐色なので、

レ・ボーの遺跡群を形作る白い石灰岩とは 別物だ。

11_20210409105801

 

 

 

 


12.  軍艦型の岩山全体には ほぼ日影が無い。

加えてハードで危険な遺跡巡りのあとは 脱水症状を

来し、   ふもとのカフェに飛び込んだ !

 

テーブルから 城塞の塔が見えた。 コーラを頼むと

当たり前のように パンとオリーブが付いて来る。 

 

店主の初孫だと言う男の子は いかにもフランス的

洒落た顔つきで、グランマの愛を一身に受けていた。

 


そうこうするうち 死にそうな面持ちで もう一人

マダムと一匹の犬が カフェに辿り着いた・・

12_20210409105801

 

 

 

 

13. レ・ボーを出ると 再びプラタナスの並木道が

続いた。    ポプラや銀杏 桜や杉 色々あるが

プラタナスの並木道は また格別お洒落だ。

13_20210409105801

 


北のアヴィニョンから ゴッホの病院の町サン・レミ

レ・ボー そして 南のアルルまで 弓なりに降りて来る

という位置関係にある。

 

 

 

大都市観光のついでに レ・ボーを訪ねる価値は

充分あるでしょう ・・ 

 

 

 


*     *    *   *    *

« 南仏・川と水車の町リルシュルラソルグ 買い物の小さな後悔 | トップページ | 牛久大仏 ギネス登録 世界一のブロンズ立像大仏 »

南フランス これぞ憧れのプロヴァンス」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
南フランス・プロヴァンスの旅、続きを楽しみにやって来ました w(^o^)w!
プロヴァンスと聞くと、どうしても「エーゲ海望む高級リゾート地」というイメージですが、こういったところもあるのだと、感慨深く拝見しました。
軍艦型の岩山、たしかに見る方向によって軍艦のように見えます。けど、このような地形の岩山の天辺に、かつては素敵なお城があったのですね。歴史上のことですから仕方がありませんが、もしお城が今の時代まで残っていたとしたら・・・、きっととても美しい”白亜のお城”だったのでは?と思わずにはいられません。
中世の戦い方のデモンストレーション、このようなイベントを見られたこと、ラッキーですね。さすが bella さん、持ってますネ!中世ヨーロッパにタイムスリップしそうです (^_^;;ヘヘッ!
白い石灰岩の街並みがあまりに美しく、今すぐにでも飛んで行ってみたいような気にさせられます。

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南仏・川と水車の町リルシュルラソルグ 買い物の小さな後悔 | トップページ | 牛久大仏 ギネス登録 世界一のブロンズ立像大仏 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド